パパは奮闘中!の作品情報・感想・評価・動画配信

「パパは奮闘中!」に投稿された感想・評価

aya

ayaの感想・評価

2.5
想像してたものとはちょっと違ったかな…
子育てって一人じゃできないよねぇ。
mellow

mellowの感想・評価

3.0
ヨーロッパ特有の暗さが悲しみを増幅させ過ぎた。突然妻に失踪された夫と子供の物語。
決して暗い話でなく、それぞれがどうにかもがいて生きていこうってゆう熱量みたいなものを感じました。
父親と子供ってどうしても母親より距離があるからそれを埋める努力って大変だなーって思いました。
欧米ってほんと仕事の保証がなくて怖いな。
ゆうり

ゆうりの感想・評価

2.9
2021年101作目
他の方がコメントされている通りですが、邦題とビジュアルと全然異なる内容でちょっと期待外れだったかな。
菜の花

菜の花の感想・評価

3.5
ある日突然、奥さんが失踪。残された子供たちの世話、慣れない家事、仕事との間でイライラする旦那さん。
奥さんを探す話ではなく、残された3人で生きていこうとする話。
そんなパパ頑張ってます!っていうような簡単な話ではなかったです。真面目に見る映画。
HopeKN

HopeKNの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

で、お母さん大丈夫なの?
ローラいないのに同僚と寝ちゃうし…

男性の目線から見ると違う感想なのかもね…
mArikO

mArikOの感想・評価

3.7
よかった
ケンローチみたいなアプローチ
邦画のようにグダグダ吐露せず、淡々と進行していくのが良い(笑)
皆抱えているのものがあり、近い存在ほど見えにくいもの。
初鑑賞、字幕版にて。
ポップなタイトルついてるし、たしかに奮闘中だけど…
作品情報見てなかったので思ってた感じではなくてちょっとしんどかった。
タイトルもう少しなんとかならんかったのかな…

真面目に働いている父親、仲間と良いチームワークが築けてる。
職場の組合活動に力をいれてて、家族の事を愛してるけど家庭の事を少し奥さんに任せきりなのかな。
そしてある日、奥さんがいなくなってしまう。

突然ワンオペがはじまる。合間に奥さんを探し。
フルタイムで働いてるから子供の学校のお迎えも難しく、シッターを雇いたいけどお金もない。
生活も苦しい。普段やらない家事もある。もちろん仕事も。
いっぺんにいろんな問題が平行して起きて、泣きたくなるのめちゃわかる。
自分の事も一杯一杯で、家族の事もみて、他人のこともみて…
一人でキャパオーバー。

誰が悪いわけでなく、間が悪いというか、一気にいろんな事が来て。
辛くて逃げたくなる。逃げ出さなければ自分がダメになるときもある。
もう少しパートナーが自分達の事を見てくれたら。誰かに相談できたら。
一人ではもう限界で。父親は困って自分の親や妹を頼ったけど…
皆がそうできるとは限らない。
皆ギリギリを生きてて、何かの拍子に悪い方向へ進んでしまうことだってある。
母親はきっともう限界だったのかなと思う。


お兄ちゃんがとても頑張ってて、早くなんとかしてあげて~!ってなってしまった。
そして弟かと思ったら妹ちゃんだったのに途中で気づいた(確かにはじめの方でお人形さんで遊んでたわ)。
そんな妹ちゃんも、家族なのになにも教えてもらえず、ただ会いたい気持ちとストレスだけが募って。
結局家族で分かち合える辛さを共有したことで、少し家の中のことが改善したのは良かったかな。
新しい生活に向かって新たな一歩踏み出した家族にほっとした。
KentF

KentFの感想・評価

3.4
職場も家族も守れない。闘争(Bataille)に満ち溢れたこの薄暗い社会。同僚も、妻も子どもも、妹も自分も、上司でさえも。

“物語は必ずハッピーエンド”
家出(Fugue)した彼女の言葉が虚しく響く。しかし、それでもなお、一片の輝きを放ち続けるのはなぜだろう。

この作品から聞こえてくる主張や叫び、価値そのものを蔑み、貶め、無に帰す邦題と興行主義的キャッチコピー。是枝裕和やKen Loachの真摯な作品が他国で泥を塗られたようなもの。
原題は「Our battle」ということで、邦題からイメージする「おとーさん頑張るけんね!」みたいな朗らかドタバタホームコメディではないです。暗くはないけど。

確か糸井重里氏だったと思うんだけど、「大人になるとトラブルが複数同時にやってくる」というのは確かにな、と思います。学生の頃まではまぁしょーもない男女関係とかしょーもない自分自身とか…あんまり生活には直結しない悩みに割く時間がある。ある意味子供の特権。

でも大人になると生活のために働かなくてはならない。奥さんが家出しても、探すことに100%力は注げない。仕事や子供や家事や…そして仕事もいつも順風満帆な訳では全くない。子供も子供なりにトラブルを起こす。どこで息抜きをしたらいいのか。近しい人の力を借りながら、全部自分でやっていくしかない。

そういうのが分かるから、出てっちゃった奥さんのことも、家族へのケアを怠りがちだった男のこともあまり責められない。大人になったもんだ。

そういう意味ではリアルな映画かもしれません。めっちゃ元気になるとかはないです(笑)
おかゆ

おかゆの感想・評価

2.9
邦題と内容が合ってなくて。
もっとコミカルなのを想像していたけど、中身は意外と重たかった。
子供たちは健気でほんとに可愛い。
>|