ルージュの手紙の作品情報・感想・評価

ルージュの手紙2017年製作の映画)

Sage femme/The Midwife

上映日:2017年12月09日

製作国:

上映時間:117分

3.6

あらすじ

セーヌ川流れるパリ郊外に暮らすクレール(カトリーヌ・フロ)の元に、何の痕跡もなく30年間姿を消していた血のつながらない母、ベアトリス(カトリーヌ・ドヌーヴ)から電話があり、「会いたい!」と言われる。クレールは今でも、大事な父を捨てた彼女のことは許せなかった。父はその後、自殺をしてしまったのだ。真面目すぎるクレールと自由で人生を謳歌しているベアトリス。性格が全く違う二人だが、互いを受け入れ、ベアト…

セーヌ川流れるパリ郊外に暮らすクレール(カトリーヌ・フロ)の元に、何の痕跡もなく30年間姿を消していた血のつながらない母、ベアトリス(カトリーヌ・ドヌーヴ)から電話があり、「会いたい!」と言われる。クレールは今でも、大事な父を捨てた彼女のことは許せなかった。父はその後、自殺をしてしまったのだ。真面目すぎるクレールと自由で人生を謳歌しているベアトリス。性格が全く違う二人だが、互いを受け入れ、ベアトリスの古い秘密が明らかになることによって失われた年月が埋まっていく。いつしかクレールは、ベアトリスの生き方に影響され人生の扉を少しずつ開きはじめるー。 母と娘のユーモアのあるやりとりや、年齢を重ねたからこそ変化する女同士の絆が、共感と感動を呼び起こす!

「ルージュの手紙」に投稿された感想・評価

75点
319

ああフランス映画だなぁという感じ。起承転結はないけれどじんわり伝わる。
2018年6月22日
昭和館2にて鑑賞。
助産婦として働いているクレールは、女手一つで医学生の息子のシモンと普通の日々を過ごしていた。
そんな彼女の前に30年ぶりに音信不通だった血の繋がりのない母親のベアトリスが現れる。
クレールとベアトリス、クレール好意を持っているポール、シモン達の日常を描いた作品。
自由奔放に生きるベアトリスと対立しながらも心通わせていくクレールの様子が実に良い。
色んな考察をさせてくれる結末に驚かされました。
あかね

あかねの感想・評価

3.7
主役二人名前がカトリーヌってとこも素敵な映画でした(*´ω`*)!

フランスを代表するニ大女優。
シェールブールの雨傘、ロシュホールの恋人たちがが私は大好きすぎて今もお美しいですがあの頃可愛かったなぁ!!

かたやお相手は大統領の料理人などの
カトリーヌフロ!!
この人も雰囲気が好きです〜

結末とか結構不思議でしたが
でもフランス映画の大人お洒落な感じで
みていて楽しめました〜!
雰囲気映画ですね(*´ω`*)!

あと、カトリーヌが疲れているところを
そっと支えてくれるポール!
この人本当素敵。決してイケメンではないですが疲れた心を察してくれて
なんでも許してくれる寛大な心。
こんな人と付き合いたい笑。

本作は、継母とのお話ですが..
私も母にはワガママばっかり。。
感謝を元気なうちに伝えたいなぁ
と思う作品でした。
asuka

asukaの感想・評価

4.3
こちらの作品の原題をぜひ見て。
あっ(察し ってなったやつ(笑)

割とリアルで、思ってた以上!ってなった。
いや、本来の筋は私の言うところとは違うけど。

とても静かだけど、熱い作品。
心にずしんと響く感じ。
akrutm

akrutmの感想・評価

4.0
自分や父を捨てて出ていった義母からの連絡で30年ぶりに再会した助産婦のクレールが、自由奔放な生き方をしている義母ベアトリスとの関わり方に戸惑いながらも、彼女の影響を受けて自分自身を開放していく様子を描いた映画です。助産婦役のカトリーヌ・フロはもちろん、自分自身と重なるようなキャラクターを演じるカトリーヌ・ドヌーヴの演技がこの映画を説得力あるものにしています。パリ郊外にある家庭農園やその周辺の景色も素敵で、映画を見ているうちにこんなところに住んでみたくなります。

陽には表現されていませんが、それまでのベアトリスとの会話を考えると、結末もなかなか衝撃的です。それにしても、邦題のネタバレ感というか頭の悪さは半端ないです。なんでこんなタイトルを付けるのでしょうか?こんなことをやっている限り、日本の芸術レベルは向上しないですよ。
rudy

rudyの感想・評価

4.0
とっても素敵な作品!

言葉は少ないし、派手な事が起こるわけでもないし、分かりやすい説明じみたものも無い。
でもだからこそ、こちらの感情を動かし、想像力を掻き立ててくれる。
久々に心が満たされた。

カトリーヌ・ドヌーヴ、凄いなあ。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.0
30年ぶりに病気の義母に再会するんだけど、性格も考え方も真逆のふたり。
クレールはそんな自由奔放なベアトリスを嫌ってたんだけど、ベアトリスにしてみれば、ただただクレールの幸せを願ってるだけなんだよねー。
そんな気持ちが徐々に通じるようになった途端、又、姿を消してしまう。
クレールもベアトリスのおかげで、自分の生きたいように生きることがどんなに素晴らしいことか気がついて....。
ふたりの関係が変わっていくようすが、とっても素敵だった。
カトリーヌドヌーヴ、すっごいねー。
Haruka

Harukaの感想・評価

3.8
父を捨てた父の元恋人が、ある日突然電話をかけてきて…それがトンデモババアで…そんなトンデモババアと心通じていく、クソ真面目助産師のクレール。

女同士の、友達のような、母娘のような、そんな心の分かち合い。それが2人の素晴らしい演技によって描かれる。大女優さんたちはほんとすごい。
2人のまったく性格の違う女の比較も面白いけれど、それを超えたヒューマンドラマにちゃんと仕上がっている。
生まれてきて死ぬまで、そんな短いドラマのような人生の、素朴さと美しさに揺さぶられた。
音楽や何気ない川や木々の映像が、とってもしみた。心が慈しみでいっぱい。
あみん

あみんの感想・評価

2.5
二人の演技合戦が怖かった。特に序盤は過去にどんなことがあったか妄想が膨らむ演技で素晴らしい。
演技だけならとてもすばらしい映画だけど過去をああも許していけるのか私には理解できなかった。
ただいい人なだけに見えてなぜそうする、ああする、と入っていけなかった。

個人的にああいう人が苦手だからというのもあるけど。

そういう意味では気持ちを「嫌だな」という方向へかき乱してきたよくできた映画だと思う。出産シーンがどれもリアルだったり遠景のセーヌ川がとても印象的だったり記憶には残る。
たぶん私が受け入れられないだけ。
何十年間か後に見直したい。
yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.7
助産師というハードな仕事をしながら、ひとりで息子を育ててきた真面目な主人公クレール

自由奔放な父の元恋人ベアトリスとの再会で、彼女に刺激を受け、表情が柔らかくなり、心を開き、笑い、歌ったり、人生は美しいって声に出して言えるように変わっていく。

昔憎んでた人でも、自分が大人になって、色んな経験を積むと、相手への見方が変化し、受け入れることもでき、自分にとって大切な存在になったりもするのね。
友情とも愛情にも似た感情がふたりから感じられてよかった〜
>|