ルージュの手紙の作品情報・感想・評価

ルージュの手紙2017年製作の映画)

Sage femme/The Midwife

上映日:2017年12月09日

製作国:

上映時間:117分

3.7

あらすじ

セーヌ川流れるパリ郊外に暮らすクレール(カトリーヌ・フロ)の元に、何の痕跡もなく30年間姿を消していた血のつながらない母、ベアトリス(カトリーヌ・ドヌーヴ)から電話があり、「会いたい!」と言われる。クレールは今でも、大事な父を捨てた彼女のことは許せなかった。父はその後、自殺をしてしまったのだ。真面目すぎるクレールと自由で人生を謳歌しているベアトリス。性格が全く違う二人だが、互いを受け入れ、ベアト…

セーヌ川流れるパリ郊外に暮らすクレール(カトリーヌ・フロ)の元に、何の痕跡もなく30年間姿を消していた血のつながらない母、ベアトリス(カトリーヌ・ドヌーヴ)から電話があり、「会いたい!」と言われる。クレールは今でも、大事な父を捨てた彼女のことは許せなかった。父はその後、自殺をしてしまったのだ。真面目すぎるクレールと自由で人生を謳歌しているベアトリス。性格が全く違う二人だが、互いを受け入れ、ベアトリスの古い秘密が明らかになることによって失われた年月が埋まっていく。いつしかクレールは、ベアトリスの生き方に影響され人生の扉を少しずつ開きはじめるー。 母と娘のユーモアのあるやりとりや、年齢を重ねたからこそ変化する女同士の絆が、共感と感動を呼び起こす!

「ルージュの手紙」に投稿された感想・評価

タカミ

タカミの感想・評価

2.5
げに難しきは「母娘の仲」死が二人を分かつ時、優しい決着がつけられると良いなと思う。
あつ

あつの感想・評価

3.5
ポール良い人。
この映画を観て、自分が自由気ままな女性に憧れる歳じゃなくなったんだな〜と実感した。
PalmaRosa

PalmaRosaの感想・評価

4.5
ピンク色のジャケットに惹かれて。
わかりやすくハートフルなフランス映画。女性向けだと思います。
セーヌ河沿いが美しい〜。
カトリーヌ・ドヌーヴの奔放ぶりが面白かったです。
まなか

まなかの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

血の繋がらない親娘。
でも似てる部分があったよ。
娘には優しい彼氏がいて。
自分の気持ちに躊躇して(母が末期の腫瘍で預かっているからもある)男が入り込む隙なんかないよと言った彼女に、君に何を求めた?さ、菜園に行こう!と言うトラック運転手の彼。良い男だな、余裕がある。
血のつながりなんか関係ないよ。二人は友人でもある。ラストのあのボートの意味はやっぱり...あのセリフからかな...

ベアトリスは最期は一人だったんだろう。でもトラックでみんなで歌ったことは忘れていないよ。
また良作に巡り会えました、最高!
ベアトリスみたいに生きれたら最高にハッピーなんだろうな!一回しかない人生なんだから
ayumi

ayumiの感想・評価

3.5
血の繋がりのない母、ベラトリスは自由奔放で好き放題。
それにひきかえ、娘クレールは真面目で質素な生活。
対照的で何度もぶつかりあう2人だけど最後にはお互いを認め合うラストにかけてはジーンとくるものがあった。
3人でトラックに乗っている時のベラトリスの表情は切なげだけど、あのシーンは好きでした。
例えるなら猫のような生き方。
自由に生きて、人には見つからないように密かに消えていく。
人の生き方について考えさせられる作品。
seikit

seikitの感想・評価

3.8
血の繋がらない母と娘。

再会した時はギクシャク、母のワガママに振り回される娘。

しかし時間が経つにつれ友達のような関係に、本当の親子の関係になった所に和んだ。

母が娘に対する優しさ。

娘が母に対する優しさ。

最後はワガママだけど、娘の前から姿を消す事が母の優しさだったのかなと思った。

随所で出産シーンがあるのだけど、最近観ると感動する。

カトリーヌ・ドヌーヴさん74かぁ〜って思いました。
ひろ

ひろの感想・評価

3.3
2人の名女優、ルージュの使い方がオシャレ(о´∀`о)がんじがらめだった主人公、自由な母と再会し戸惑いながらも心を解されていく。役を超えた2人の信頼感みたいなものが見えた気がした。
30年もの間に2人がどんな風に暮らしてきたかが対照的に描かれたうえで、こころを近づけていくことができたのかは、共通の思い出という宝物があったから。
フランス映画の分かりにくさなんてなくて、そして、ラストはとても胸を打ちました。
ぱ

ぱの感想・評価

3.3
やはり人には人間が必要...嫌な人でも構えば愛?情?が芽生えて最終的にハッピーなん?難しい、そんなレベルにいくともうみんな家族やん、、?まあこの映画は家族なんですけども、、
WAKO

WAKOの感想・評価

-
フランス映画感は薄め。
生と死を強く意識する中で、自分が苦手と感じてる相手との人間関係。
母の自由奔放な性格は悪くはないんやけど、私には苦手なタイプ。自由にするならあんなに人に依存しない方が良いのに、と思ってしまう。
2人の関係は2人にとって大切だった父という存在を介して縺れていたのが、その父の存在によって近づいていく、スライドを泣きながら見るシーンが最高。
タイトル『ルージュの手紙』を理解するラストもまた最高。
もう少し歳をとって見たときの感想を楽しみに。
>|