ルージュの手紙の作品情報・感想・評価

ルージュの手紙2017年製作の映画)

Sage femme/The Midwife

上映日:2017年12月09日

製作国:

上映時間:117分

3.7

あらすじ

セーヌ川流れるパリ郊外に暮らすクレール(カトリーヌ・フロ)の元に、何の痕跡もなく30年間姿を消していた血のつながらない母、ベアトリス(カトリーヌ・ドヌーヴ)から電話があり、「会いたい!」と言われる。クレールは今でも、大事な父を捨てた彼女のことは許せなかった。父はその後、自殺をしてしまったのだ。真面目すぎるクレールと自由で人生を謳歌しているベアトリス。性格が全く違う二人だが、互いを受け入れ、ベアト…

セーヌ川流れるパリ郊外に暮らすクレール(カトリーヌ・フロ)の元に、何の痕跡もなく30年間姿を消していた血のつながらない母、ベアトリス(カトリーヌ・ドヌーヴ)から電話があり、「会いたい!」と言われる。クレールは今でも、大事な父を捨てた彼女のことは許せなかった。父はその後、自殺をしてしまったのだ。真面目すぎるクレールと自由で人生を謳歌しているベアトリス。性格が全く違う二人だが、互いを受け入れ、ベアトリスの古い秘密が明らかになることによって失われた年月が埋まっていく。いつしかクレールは、ベアトリスの生き方に影響され人生の扉を少しずつ開きはじめるー。 母と娘のユーモアのあるやりとりや、年齢を重ねたからこそ変化する女同士の絆が、共感と感動を呼び起こす!

「ルージュの手紙」に投稿された感想・評価

いお

いおの感想・評価

3.5
カトリーヌドヌーヴだよと思わず見に行った。
原題通りが良かった気がする。
竹犬

竹犬の感想・評価

3.5
フランス映画って「人生は素晴らしい」感があって良いよね。
30年前に失踪した自由奔放に生きる義理の母親ベアトリスがふらりと娘クレールの元に現れて…

堅実な生活を送っているクレールが欲望のまま生きるベアトリスに影響されていくのは定番な流れだけど、ポールといい仲になるのは影響の最たるものだろうね〜
フランス映画らしくなんだかラブシーンが艶めかしい。

いろんな男と付き合ったが本当に愛してたのは捨てた夫だけ。でもつまらなかったのよ。自由に生きるベアトリスには刺激が少なかったのだろうけど一番の男だった。歳をとらないと分からないこともあるよね。

キスで人を幸せにする人のフレーズがなんだか心に残った。
沈みかけたボートがベアトリスを暗喩してたのかな。

観終わるとなんだか切なくて人恋しくなる良い映画でした。
『The Midwife』
自由奔放な継母ベアトレスとの思いがけない再会に 心中穏やかではないクレール。彼女に振り回されながらも徐々に心を開いて行く。ポールは見た目冴えないけど あたたかくて素敵。夜勤に出かける彼女を窓から見送るシーンがなんとも言えずきゅんとした。それぞれの出産シーンも感動的。ラストは色々想像してしまう。生きることと死ぬこと。許し。
とてもとても良い映画だった。
knee你好

knee你好の感想・評価

3.5
1つ。ボートについて。よくわからないあのボートは何が言いたいの?と問うても回答はなく、最後以外でボートがでてきたシーンを思い出す。母ベアトリスがサイレントの中じっとそれを見つめていたときだ。あそこで彼女はボートに乗り込んでいて、最後 ポールだけに見守られながら敢えて言わないが、セーヌ川。を渡っていった。天国といった菜園の桟橋から旅立った。この世からか娘の元からかはわからないが。フランス映画の小洒落たエンディングと片付けてしまうことはやめておく。

正直10代にはそれなりに難しいし手前までしか入り込めない。でもテンポの良さというか映さない映さないのスタンスだったので画面のスピードは見ていて楽だった。

あの目眩のところの音響、ピーンの音は妙にリアルで目眩をしたくなった。この世に取り残されてるあの感じ。

病院閉鎖前日の晩に駆け込んできた妊婦さん。医者求めて奥へと声が聞こえる部屋を覗いたら夜勤のクレールと同僚が一杯呑んで女子会のようなものをしていたのは好きなシーン。すぐ画面が切り替わってみな嬉しそうに出産に立ち会っていた。
colga

colgaの感想・評価

3.0
そんなに悪い人生じゃない

自由奔放に生きる女と
真面目に現実に生きる女。

緩急のないストーリで平凡なのか
途中でものすごく眠気が…

嫌いではないけど
YY

YYの感想・評価

1.5
「いい映画」風な感じを受けてしまった。

シモンが河に飛び込む時に対岸からのロングショットになるのは、おおっと思った。

スクリーンに映る祖父と孫を重ねるのとかも良かった。

すごく すごく良かった。
家族は切っても切り離せないもの
歳を重ねて、色んなことに気づかされるそんな感じ。
mink

minkの感想・評価

2.3
歳を重ねてから見直したら全く異なる印象をもつだろうな、という映画。20代の私には少し切なすぎて、何十年か後の私には…どう見えるんだろう。
私があなたの母親ならあなたを産んだことを誇りに思うに違いないわ、みたいなセリフは、本当の母親じゃないからこそ、全く違う生き方をしてきた女性からだからこそ、心に刺さるんだよね。

ポールのような彼氏がほしいな。クレールとポール、シモンとシモンの彼女、ベアトリスとアントワーヌという三組のカップルがいて、そのうちのそれぞれに自分の思い出を重ねてしまった。
死の間際に私はどんな男性のことを思うのだろう。
Fumi

Fumiの感想・評価

-

はっきりと描写せずに観ている人に想像させていた。

過去についても全く描写はなかったものの、登場人物たちの会話から思い浮かべることができた。

けれど内容は単調、、子供なわたしにはまだ早かった。。

ベアトリスは死ぬまで自分の意思を貫いた人なんだとは思った。
ゲル

ゲルの感想・評価

3.8
最後まで観たら、なかなかかっこいいタイトルの付け方だなぁと思えた。
対象年齢高めだとは思うけれど、とても観やすかった。
親もひとりの人間である、と考えることのできる人なら理解しやすい作品だと思う。
血のつながらない母親に振り回されるちょっとお堅い娘、二人の対比がおもしろい。
音楽も上品で良かった。
ポールが普通のおじさんにしか見えなかったので、ベアトリスも褒めていた彼の魅力がもっとわかるようなエピソードがあれば更に良かった。
>|