ルージュの手紙の作品情報・感想・評価

ルージュの手紙2017年製作の映画)

Sage femme/The Midwife

上映日:2017年12月09日

製作国:

上映時間:117分

あらすじ

セーヌ川流れるパリ郊外に暮らすクレール(カトリーヌ・フロ)の元に、何の痕跡もなく30年間姿を消していた血のつながらない母、ベアトリス(カトリーヌ・ドヌーヴ)から電話があり、「会いたい!」と言われる。クレールは今でも、大事な父を捨てた彼女のことは許せなかった。父はその後、自殺をしてしまったのだ。真面目すぎるクレールと自由で人生を謳歌しているベアトリス。性格が全く違う二人だが、互いを受け入れ、ベアト…

セーヌ川流れるパリ郊外に暮らすクレール(カトリーヌ・フロ)の元に、何の痕跡もなく30年間姿を消していた血のつながらない母、ベアトリス(カトリーヌ・ドヌーヴ)から電話があり、「会いたい!」と言われる。クレールは今でも、大事な父を捨てた彼女のことは許せなかった。父はその後、自殺をしてしまったのだ。真面目すぎるクレールと自由で人生を謳歌しているベアトリス。性格が全く違う二人だが、互いを受け入れ、ベアトリスの古い秘密が明らかになることによって失われた年月が埋まっていく。いつしかクレールは、ベアトリスの生き方に影響され人生の扉を少しずつ開きはじめるー。 母と娘のユーモアのあるやりとりや、年齢を重ねたからこそ変化する女同士の絆が、共感と感動を呼び起こす!

「ルージュの手紙」に投稿された感想・評価

「ルージュの手紙」観了。とっても真面目な助産師と、かつてその父親と不倫関係にあった奔放で爛漫な女性との再会を描いたドラマ。フランスらしく、はっきりと「母娘」と言い切ってなかったのだけど、まぁ、母娘ですね。

久しぶりに拝見したカトリーヌ・ドヌーヴが、まぁステキなお年の召し方をされていて。

音楽少なめ、でも画が綺麗。フランス映画苦手って方にもお薦めできる、良作でした。観てよかった。
Solaris8

Solaris8の感想・評価

4.3
12/10 シネスイッチ銀座で「ルージュの手紙」を観てきた。

6/22 有楽町のフランス映画祭で、オープニングを飾った作品で、英題は「助産婦」という映画になるが、映画の冒頭で、助産婦に捧げるという字幕を見る。

映画を製作したプロヴォ監督が生まれた時に、助産婦に命を救って貰った事を監督の母から聴いて感謝しているそうなのだが、身を尽くして他人のために働く女性のために、この映画を捧げようと思ったと云う。映画の主人公の職業が文字通り、助産師で、その言葉には賢い女性という意味が有り、根底には、自分の職業に愛着や誇りを持ち真摯に働く人を応援する人生賛歌がある。

物語はパリで血の繋がらない継母と娘が30年ぶりに再開する。真面目で地味な助産師の娘は、突然、ふらりと現れた自由奔放で派手好きな母と対峙し戸惑うが病気の継母を責任感から受け入れる。

主人公の助産師の女性は子供も独立し、49歳の独り身なのだが、将来的な心細さで、誰かと寄り添い合いたくなる年齢で、一人で暮らす寂しさが、人を許す気持ちに繋がっていく。

人は自分が持っていないものを持っている人に惹かれ魅力を感じるもので、途中、娘が継母の口紅を借りてお洒落するシーンがある。徐々に継母の奔放だが嘘の無い性格を許す事になるが、二人の女優の息の合った演技も素晴らしかった。

エンディングの菜園の傍に在る緑の若葉がそよぎ、陸に繋がれていたボートが外れ、傍には恋人が居て、主人公が手紙の封筒を開けようとするシーンがとても意味あるもので、美しかった。
土曜の昼にこの映画を観るためにはじめてシネスイッチに行ったんだけど、銀座のど真ん中って感じで、劇場の内も外もマダムな雰囲気に満ちている。そこにきて74歳のカトリーヌ・ドヌーブと61歳のカトリーヌ・フロW主演の映画なので、もう客席の8割ぐらいが女性の完全マダム空間が出現していた。女性の付添じゃなくて、男一人で観に来る男性客なんて凄く場違いで、アウェー感ハンパない。
 
内容は、助産婦として働く娘(といっても50ぐらいの設定だけど)のところに30年前に失踪した義理の母親から連絡が来て、忙しくも堅実に過ぎて行った娘の暮らしが変わり始める、といった感じ。伝説的女優のカトリーヌ・ドヌーブが言動もお金も男関係もめちゃくちゃな老女の役柄を演じるのがすごいインパクト。娘との噛み合わない掛け合いも楽しい。
 
これ日本で撮ろうとすると、どうしても男兄弟に置きかえられる内容だと思う。山崎努とかが父役かなー。ちょっと前に観た『おじいちゃん、死んじゃったって。』も岩松了と光石研の兄弟だったし、日本だと歳取った後って男同士の家族関係の方が濃くなるよね。それに対して、女性がここまで前面に出て来るフランスの社会が純粋に気持ち良く感じたな。
 
途中、ふっとシーンが途切れたら数カ月経っていたり、最後のところもスクリーンで描かれた部分の後も時間が続くことを感じさせるの、フランス映画らしくてとても良いと思う。
いち麦

いち麦の感想・評価

5.0
寂しさへの共感や熟年に達してからの変容を台詞の外側の演技で表現するC.フロの名演。病に屈しない、なお奔放な姿はC.ドヌーブに嵌る。暗喩的な映像表現も秀逸。穏やかにじんわり描く演出だが味わい深い秀作ドラマ。
まゆ

まゆの感想・評価

3.6
2人の関係とか状況を読み取るのに時間がかかった。何かが変わっているようで変わってないようにも見える。建前の優しさかと思ったら、違うような気もする。最後まで掴みどころがなかった。
tumugi

tumugiの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

フランス映画。
好き?
わかんない?
やっぱり好き?
ってなるけど、たぶん好き。

全く正反対っていうのは、なんだかお互い気になってしまうものなんだろうな。
私は、あんなに自由を貫けないけど、
どちらかといえば自由奔放のお母さんの方が近いかな。

スライドに重なる息子
指輪が入ったルージュの手紙
トラック運転手の彼のあの顔(笑)
やっぱり、あのセンスにフランスを感じちゃう。
たくさんの命の誕生を見ていたら、
子供を持つってどんな感じなんだろうかと考えた。
Wonkavator

Wonkavatorの感想・評価

3.8
そこまでベタベタなフランス臭は無いので、フランス映画苦手なんですよねえ...
と言う人にも観れると思うが、ある程度年齢を重ねた、特に女性にオススメの作品。

残念ながら、日本人女性にはあまり感じることが少ない「フランス人って幾つになっても女を捨てないよなあ」という事を、良い意味で感じられるし、その辺りは社会的な背景ももちろんあるので、一概に日本人女性を責められないけど、往々に日本人女性っておばさんではなくおじさん化しちゃうのが残念。

というか、これガチでしょ?!と言う出産シーンを映画に入れ込むだけでなく、あの状況下で演技もさせてるところがすごい。
今まで蓋をしていた人が突然目の前に現れ、その世話と仕事と、毎日が慌ただしく、ため息に似た深呼吸を、何度もしないとやってられない日々。

その日常の隙間に、ミルフィーユのように写し出される、自然の美しさ。

そこで観客である私たちも、やっと一息つける。美しい木々、鳥たち、花々。

息子が川を泳ぐシーンで、なぜか心が震え、最後のボートは、なぜか温かかった。

主人公が取り上げる、新しい命たちもまた、ミルフィーユのように積み重なり、そこに流れる血は、過去から未来へ、ずっと続いているんだと思った。
knn

knnの感想・評価

3.8
ザフランス映画って感じ
最後が非常に良い
憎んでいたはずの「母」との関係が、父、息子、彼との日常を通じて、少しずつ変化していく。その過程を、登場人物それぞれの立場から追ってみると、この作品の良さがわかる。ルージュの手紙に母が込めた思い、考えさせられるラストシーンでした。
>|