ルージュの手紙の作品情報・感想・評価

ルージュの手紙2017年製作の映画)

Sage femme/The Midwife

上映日:2017年12月09日

製作国:

上映時間:117分

3.6

あらすじ

セーヌ川流れるパリ郊外に暮らすクレール(カトリーヌ・フロ)の元に、何の痕跡もなく30年間姿を消していた血のつながらない母、ベアトリス(カトリーヌ・ドヌーヴ)から電話があり、「会いたい!」と言われる。クレールは今でも、大事な父を捨てた彼女のことは許せなかった。父はその後、自殺をしてしまったのだ。真面目すぎるクレールと自由で人生を謳歌しているベアトリス。性格が全く違う二人だが、互いを受け入れ、ベアト…

セーヌ川流れるパリ郊外に暮らすクレール(カトリーヌ・フロ)の元に、何の痕跡もなく30年間姿を消していた血のつながらない母、ベアトリス(カトリーヌ・ドヌーヴ)から電話があり、「会いたい!」と言われる。クレールは今でも、大事な父を捨てた彼女のことは許せなかった。父はその後、自殺をしてしまったのだ。真面目すぎるクレールと自由で人生を謳歌しているベアトリス。性格が全く違う二人だが、互いを受け入れ、ベアトリスの古い秘密が明らかになることによって失われた年月が埋まっていく。いつしかクレールは、ベアトリスの生き方に影響され人生の扉を少しずつ開きはじめるー。 母と娘のユーモアのあるやりとりや、年齢を重ねたからこそ変化する女同士の絆が、共感と感動を呼び起こす!

「ルージュの手紙」に投稿された感想・評価

自由奔放、ちょっとイライラ、周りの人達を振り回す。
生と死を扱っているが重くないのが良かった。
なんとなく、わかるようで、わからないようなストーリー。
けど、飽きずに見進められた。
やっぱりカトリーヌドヌーブは凄いんだな。
切身

切身の感想・評価

4.0
ドヌーヴとフロだなんて仏女優の二大巨塔と言っても過言ではないよね。すごいな。

女優の力で最後まで飽きずに鑑賞できた。
名はというか顔つき?も性格を表すよね。
この2人でよかった。
mo

moの感想・評価

3.2
ドヌーヴ相変わらず魅力的!
家族とか仕事とかどうするのが正解なのかわからないな。
自分がやりたいようにやると大切な人にとんでもない悪影響を及ぼすことも。難しいな。
でもハッピーエンドな感じでよかった。

このレビューはネタバレを含みます

ベアトリスに影響を受けたクレールが変わっていく、それだけのことなのにこれほど心が動かされるのはなぜだろう?
それはたぶん心が変化するその過程が「生」と「死」を絡めながら、さらに二人の性格を対比させながら丹念に描かれているからだと思う。カトリーヌ・ドヌーブ、カトリーヌ・フロ、二人の大女優がとても生き生きとして、存在感があるので、二人の関係が一層密度濃く印象的だった。

自由奔放に生きてきたベアトリスが病気でも自分のやり方を貫こうとし、最後も孤独を自ら受け入れて去っていったところも心に残った。一貫性があってとても良かった。そしてベアトリスの方もクレールから何かの影響を受けていたのだと思う。置き手紙は優しかった「……あなたも私もそう悪い人生じゃない」

最後に指輪が届き、ボートがセーヌ川に流れて行くことで、ベアトリスの思いと状況の変化を表していて、何とも切ない気持ちになった。
Myriam

Myriamの感想・評価

3.5
何気ない会話と仕草がさすが名女優二人。見入ってしまう作品で、フランス語勉強もとても良かったです。
りょう

りょうの感想・評価

3.9
フランス映画祭 オープニング
上映前、ドヌーヴの舞台挨拶あり。
J

Jの感想・評価

3.3
美しい映画🎞
「駐車違反ぐらいなによ」と型にはまらないベアトリスが自由でいい
75点
319

ああフランス映画だなぁという感じ。起承転結はないけれどじんわり伝わる。
2018年6月22日
昭和館2にて鑑賞。
助産婦として働いているクレールは、女手一つで医学生の息子のシモンと普通の日々を過ごしていた。
そんな彼女の前に30年ぶりに音信不通だった血の繋がりのない母親のベアトリスが現れる。
クレールとベアトリス、クレール好意を持っているポール、シモン達の日常を描いた作品。
自由奔放に生きるベアトリスと対立しながらも心通わせていくクレールの様子が実に良い。
色んな考察をさせてくれる結末に驚かされました。
>|