あしたは最高のはじまりの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

あしたは最高のはじまり2016年製作の映画)

Demain tout commence

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救っ…

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救ったのは、地下鉄で出会った敏腕プロデューサーでゲイのベルニーだった。8 年後、すっかり家族となったサミュエルとグロリアとベルニーの前に、グロリアの母親クリスティンが現れる

「あしたは最高のはじまり」に投稿された感想・評価

Aya

Ayaの感想・評価

2.6
ジャケットがジェイミーフォックスのアニーの丸パクリ感
詳しく説明が必要なところを飛ばしてて、脚本の雑さが酷かった
オムツも変えたことない男が突然乳児を押し付けられて言葉も通じないロンドンで急に娘を育てることになるのに、どうやって育てたのか、その過程で芽生える父性や絆すっ飛ばして急に8年後ってwwwえwww
腑に落ちないし非常に物足りなかった
オマール・ショーは毎度毎度同じような演技(役柄)で面白くないなあ
しかしどのツラ下げて親権欲しいとか言ってんのこいつ( ゚д゚)、、、と苛々で爆発しそうだった
子役の演技が自然で良かったことと、お部屋が可愛かったことが救い
kim

kimの感想・評価

4.0
最高に娘を愛してるお父さんのお話。子どもの味方で、子ども第一で、子どもを愛してて。
誰かのために何かしてあげたいという気持ちは、それだけ自分のために親にしてもらわんと育たんよな〜〜と。。。

雰囲気は、最強のふたりっぽくて、良かった!!!
途中少し切なかったけど、総じて素敵な映画だった!
花心

花心の感想・評価

3.0
素直に素敵な父娘関係でよかったです。 
娘の成長途中の様子をもう少し見せてくれたらよかったかな。 
母親の心境はわからなくもないが、共感はできないと思います。
Ryuji

Ryujiの感想・評価

4.0
なにも最後あんな展開にしなくても。ちょっと狙いすぎ?逆にあんま感動できず。裁判あたりで終わってたほうが良かった気がする。てか、あの母親最低やな。
涙腺崩壊。素直な気持ちで見ると涙腺崩壊。
心が引き裂かれるってこういう気持ちなんだろうなぁ。って感じです。
久しぶりにいい話系の映画を見た気がします。少し綺麗すぎる感じもあるけど、中々いい映画でした。色々ややこしいけど、素敵な美しい親子のお話です。

あのなんかようわからん無線担当(?)の撮影スタッフが個人的には好きです。笑
さくら

さくらの感想・評価

2.3
人間ってこんなに変われるんだね。
子供、家族だからなのかもしれないけど…
家族愛に溢れていた。
子供を思う父親の姿が本当に素敵でした。
最後はまさかの結末…
字幕で出るだけだったけど…
最後に複雑な気持ちになった。
なんだかあまり後味良くなかったかな…
それなりの評判だったから残念だったな。
竹犬

竹犬の感想・評価

3.2
プレイボーイが一晩遊んだ女との間に出来た赤子を押し付けられて、からの父と娘の親子愛を描いたお話。フランス映画。
主役の黒人さんは最強の二人とかショコラの主演やってた方でフランス映画でよく見かける気がする。とにかく表情豊かで大きな目からの愛情ビームがたまらない。
「彼女は僕の全てになった」そう訴えかける言葉が印象的だった。
愛情溢れる思わず涙腺が緩くなる映画でした。

育ての母親役(?)のゲイのプロデューサーも良いキャラしてた。
イギリスで財布もなんもかんも無くして、貧乏だけど父娘二人で工夫して生活していくんだろなぁ〜と思ってたらあっというまに裕福になっちゃって、そんな馬鹿なと思わずツッコミを入れる。
娘を捨てた母親が登場してのお約束展開なんだけど、彼氏が黒人さんでね。娘も裸黒くてハーフだから父親も黒人なんだよね。あぁ、この母親は黒人が好きなのが良く分かる。
パンダ5

パンダ5の感想・評価

3.7
オマールシーの明るさ最高!
母親の身勝手さには最後まで驚いたけど。
どうせ引き取ったって、また自分が何かにつまづいたら理由をつけて娘捨てるんだろーなー、なんて毒づきながら観てました。
まあ、そこじゃないよね。
この映画が言いたいのは。
じゅん

じゅんの感想・評価

3.8
いろいろ都合よすぎな展開に冷めてきちゃって、感動できなかった
泣き要素とラスト約15分なくしたら、都合よすぎな展開も良かった!って思えたかも

「悪党のウォン・カーウァイをつかまえる」ってセリフにふきだしちゃった
るー

るーの感想・評価

3.5

主人公二人が愛おしい。
最後は一人で観にいってよかったと思うくらい号泣してた。

そんな予定ではなかったのに。
>|