あしたは最高のはじまりの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

あしたは最高のはじまり2016年製作の映画)

Demain tout commence

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救っ…

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救ったのは、地下鉄で出会った敏腕プロデューサーでゲイのベルニーだった。8 年後、すっかり家族となったサミュエルとグロリアとベルニーの前に、グロリアの母親クリスティンが現れる

「あしたは最高のはじまり」に投稿された感想・評価

オマール・シー主演

フランス映画
話の展開がひねってある感

遊び人だったお兄さんが
自分の娘と言われて赤ちゃん置いてかれて
ゲイのプロデューサーのお兄さんと出会ってドラマのスタントマンとして働きながら一緒に育てるんだけど
8年後に突然そのお母さんが現れて
って話かと思えば色々伏線張られてて泣ける

部屋の賑やかさの理由とか、スタントの飛び降りのシーンとか、細かいところがイイ

主演は「最高のふたり」のオマール・シー
お母さん役は「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」から登場した
フラー・デラクール役のクレマンス・ポエジー
そっちかーーー。
なんじゃこの馬鹿げた部屋はと思ってたら、娘の為に必死に楽しい環境を作ってたのなーー。

男側から見るとクリスティンが近年稀に見るクズ。

なんでそれ先にクリスティンに言わないのってのや、そう言う設定だけどとてもそうは見えないとかは置いといて。
感動するだろ?って安易にあのラストを選んでる気がして嫌。
嫌なんだけど、お父さんの最期の表情がもう反則過ぎてなぁ畜生。
GoUeno

GoUenoの感想・評価

3.8
アップテンポでみやすい。
フランス映画ぽくなく、フランス映画が苦手な人でも楽しく鑑賞できると思う。
オススメ!
RIKU

RIKUの感想・評価

4.2
最強のふたりのオマール・シーが出演している親子愛が描かれている映画。やっぱりオマール・シーはいい人役がよく似合う。
笑って泣ける久しぶりの良作。
オマール・シーが一層好きになる作品でした。

自由にいきていたサミュエルがある日、突然、昔関係を持った女クリスティンから「あなたの娘よ」と子供を渡され彼女が消えてしまい男手一つで娘を育てる話。
娘グロリアと出会ってからサミュエルがだんだんと変わっていき、娘の笑顔を第一に考えるようになっていく姿がとても素敵だった。

怪我にマヨネーズを塗ったり、お互いに歯を磨いたりといった家での二人の様子やビルの屋上から飛び降りるシーンのスタントでの様子などは微笑ましくかっこよかった。
ゲイのベルニーもいい味を出していた。

ただクリスティンの身勝手さだけは理解ができなかった。あと、終盤だけは解さない。4分の3くらいまでは本当に良かっただけに終盤の丸投げ感がもったいないと感じた。
グロリアの病気の原因とかも描いてくれればもっと良かった。

嘘は良くないが相手を思った嘘なら良いこともあるというのを二人が学び、サミュエルの嘘に怒ったグロリアが、嘘をついてタクシーを降りてサミュエルに会いにいく姿は嬉しかった。


飛び降りたら進むだけ!!
kaede

kaedeの感想・評価

5.0
レンタルして見終えたあと、ポチッとしてた(購入)
なんといってもオマールシーの演技がたまらん!あの表情に見入ってしまう。イケメン〜〜〜〜♡

プレイボーイだったのに、一人の子の親になってからはきちんとお父さんして、でもプレイボーイの時からの遊び心は根本にあるから楽しんで子育てをして、でもでもその中には複雑な事情を複数抱えてて…

あんなお父さんいたら楽しいだろうなぁと羨ましくなった。
笑いあり涙ありっていうすごいタイプな映画だった。
GIN

GINの感想・評価

4.3
最強の二人で主演したオマール・シーが印象に残ってて、気になって観たフランス映画。
笑って、泣かされた💧
親って子供に育てられてるのかも!
人生精一杯生きなきゃって思わせてくれる(^3^)/
いい映画に出会えた(^^)
あおい

あおいの感想・評価

3.4
裁判からずっと胸糞悪い映画だった、残酷過ぎるけど主人公が娘と暮らした8年は消えないと思います。自分の立場が父親だったり、女だったりしたら違う見方になったのか分からないけど、胸糞悪かった。
amiicho

amiichoの感想・評価

3.8
オマール・シーが出ていたので鑑賞。最強のふたりを観て、良かったので!!
プレイボーイな男が、ある日突然父親に。子育てなんて全くわからないながらも、ふとっちょゲイのおちゃめなパートナーと上手くやっていくんですね。8年って大きいよ。全部子供のことを1番に考えてる。心が暖かくなった。
The waste of time!
さすがにこれは…ひどい
子育てだけでなく◯◯とか◯◯とか
要素を詰め込みすぎて、ついていけない
欲張りすぎ!なんでも足せば良い映画になると思ったら大間違い!
こういった物語の作品はオマール・シーでなく子役に主点を置くべきなのではないかな?(クレイマー×2やI am samから考えると)
比べるものではないが
ダコタには敵わないぐらいの差があると感じた。
Tommy

Tommyの感想・評価

3.5
【2018.04.13.FRI】

途中でもしかして、
とは思いましたが…
家族の愛を感じる映画でした。

私的には母親の行動が
自分勝手すぎて腑に落ちず。

サミュエルに
段々父性が芽生えていくのと
同じ目線で見ていました。

愛情はちゃんと子どもに伝わる。
一生懸命愛していることを、
子どもはちゃんとわかっている。
グロリアの行動がその全てを
物語っていました。

それにしても。
オマールシーはこういった
ちょっと調子が良いけど、
ちゃんといい人っていう役が
似合いますね。笑
>|