あしたは最高のはじまりの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

あしたは最高のはじまり2016年製作の映画)

Demain tout commence

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救っ…

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救ったのは、地下鉄で出会った敏腕プロデューサーでゲイのベルニーだった。8 年後、すっかり家族となったサミュエルとグロリアとベルニーの前に、グロリアの母親クリスティンが現れる

「あしたは最高のはじまり」に投稿された感想・評価

Teto

Tetoの感想・評価

4.0
2018-62

一緒にいれば、いつもハッピー。
毎日を大切な人と笑って生きる。
なんて素敵なことなんだろう。
可愛いアニメーションとジェームス・ブラウンのファンクをフィーチャーしたオープニングから、もうめちゃくちゃお洒落。

一夜を共にした女性から突然「自分の娘」を託された男が、次第に彼女を生きがいにして責任ある父親へと成長する過程を、コミカルかつドラマティックに描いたフランス映画。主演は「最強のふたり」のオマール・シー。

オマールに預けられた娘グロリアは、まだ1歳にも満たない程度か。冒頭はフランス映画お得意の赤ちゃん泥棒っぽいドタバタでスタート。そこからグロリアが成長し、8年後に、娘を返して欲しいと母親が再び現れて、親権を争う裁判へと発展する。

オマールの友人であるゲイのベルニーや、グロリアが通う学校の校長等、脇を固める人物もみんな魅力的。最近は映画で泣く事も減っていたけど、本作終盤の「階段での競争」シーンは泣いた~。父親だからこそ娘の行動心理が分かるという事を、とても映画的に描いた名シーンだった。

現実ではあり得ない事が次々に起こるので、例えば実話映画なんかと比べれば、ある種の軽さや嘘っぽさを感じる人もいるだろうけど、僕は全然気にならない、っていうか、それこそが、僕が映画に求めているものなのだ。大満足!
seira

seiraの感想・評価

4.1
映画館でも涙をこらえるがきつかったのだけど、改めて内容を知った上で自宅で見返しても号泣。
夢がいっぱいのお部屋と、元気な娘に、イカしたお父さん。
ほっこり観られるのだけど、ラストは少ししんどくなる。
UENO

UENOの感想・評価

3.8
涙腺崩壊必須の「愛情」が表現されていて、見終わった後のカタルシス感すごい。

色々な場面でミスリードが仕掛けられていて、展開が最後まで予測できなかったし、どんでん返しが想像以上に念入りに仕組まれていて、そういう意味でも秀逸な作品。

あまり多くを語らず、顔の表情などで表現する場面が多かったので、視聴者の想像が膨らみやすい。

主人公目線でやっぱり見てしまうので、母親の今さらの態度にイラッとしてしまうこともあったけど、育児が人によっては追い詰められるほど壮絶だという話も聞くからなぁ。
親権争いって、一番影響を受ける子どもの意見は反映されないんだろうか…

あと、2人の家のデザインが遊び心のあるオモチャの世界で、めちゃくちゃ可愛い。

感動で泣きたい時に観るのはもちろん、大切な人と観るのがオススメかと。
親子のつながりを、素敵に描いた作品だと思います。もう一度みたくなります!
みほ

みほの感想・評価

4.0
本日ワンダーに続き2本目の鑑賞。
これもか…。
感受性が強いわたしは眠れそうにない。
とむ

とむの感想・評価

3.2
なんだこのクソ女!!!
ムキィィィィ!!!ってなる位にムカつきすぎて涙が止まらなかった。
こんなのあんまりだ…。
父娘の可愛らしさで乗り切る。
TakaC

TakaCの感想・評価

3.8
死を恐れずに生きること

今 この瞬間は
決して消えることはない

後悔は何もない

明日は 新しい1日だ

もし何かの歯車が狂い
運命が 心臓を止めるとしても
医学で解明できなくても
それが人生だ
さとう

さとうの感想・評価

3.7
オマール・シーはホントいい役やるなぁと。

人生は辛いことが多いけど、大切な人がいればなんとかなる。
明るくて前向きになれる映画だった。
まつ

まつの感想・評価

3.8
父と娘の愛情が素晴らしく描かれていて泣きたい人にはおススメの映画。母親の身勝手さに腹が立って仕方がなかったけれどこの母がいなければ父と娘も出会えていなかったわけだし…親って子供に育てられてるんだなと思った映画だった。
>|