空飛ぶタイヤの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

空飛ぶタイヤ2018年製作の映画)

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「空飛ぶタイヤ」に投稿された感想・評価

to

toの感想・評価

2.7
悪くないんだろけど。
もう少し、突っ込めたのではないだろうか?
エリンブロコビッチの域まで入ってない。ま、原作どーりっちゃ、そうなんだけども。
悪くない。
人が悪意によって死ぬ話っていうのはどんな結末だとしても後味が悪くなるので苦手。池井戸作品なので、例によって勧善懲悪で弱者が強者に打ち克つ内容だが、上記の理由から他の同原作者作品と違って観終わった後の爽快感が十分に感じられなかった。
池井戸作品といえば、積み重ねたストレスが最後に発散されるカタルシスが持ち味。ドラマだと尺があるので爽快感があるが、二時間の映画だと積み重ねが足りない分それも今ひとつのような印象。
自分としても会社組織内の政治活動等々人ごとではないように思う。「なぜ今の会社で仕事をしているのか」ということは常に考えて仕事での立ち振る舞いを決めようと思った。
1人
下町ロケットの池井戸潤の映画。予告を見て原作を、読んでから観た!
原作が長くて辛かったけど、正義は勝つのは気持ちいい!
はつみ

はつみの感想・評価

3.6
普通に面白かった。大企業の痛いところをどんどん突いてくる。展開は読めるけど最後はスッキリ爽快。最後の展開の種明かしが無いのはわざとなのかな?時間なくて最後急にまとめた感があった。パッケージは高橋一生おディーン様長瀬くんの3人が中心だけど、高橋一生そんなに目立ってたかな…?という印象でした。
あと推しの岡山天音くんも出てて◎
LizyGray

LizyGrayの感想・評価

4.2
映画好きな友人に勧められて期待せずに観たのですが、暑苦しくなりすぎない演出での正義追求に、鑑賞後爽やかな気分になりました。池井戸潤作品、映画でも楽しめることが実証されました。
晴希

晴希の感想・評価

4.0
銀翼のイカロスやバブル入行組でも思ったけど池井戸潤の描く大企業像はことごとく大きな組織の痛い所を突いてくる。それを2時間で見事に表現したと言える。
ストーリー展開は本当に胸糞展開が続き、見ていて辛くなる。ただ、蠢く不調和がドカンと爆発する所は最高に気持ちいい。展開や結末は容易に想像できるけど、その過程をじっくり楽しめる2時間だったと思う。
大企業に勤めるサラリーマンには凄く痛い話。でも、だからこそ、観て仕事に対する価値観や意識を再認識することを勧めたい。
mankichi

mankichiの感想・評価

3.2
意外に面白かった。
なんか知ってる話だな、と思ったら恐らく小説で読んでいた。
HarryT

HarryTの感想・評価

3.4
私には、ディーン フジオカがやった役の人が許せなかったけどなあ。
友達に勧められ、ポイントで鑑賞
普通に見やすかった
ストーリー的には若干暗かったけど
日本の社会を上手く捉えていたかなぁと
ただ登場人物が多すぎて
誰が誰の話してるのかよく分からない
部分が多々あった。
麦と草

麦と草の感想・評価

3.6
最初、わぁぁぁとなって、、

大企業すごい怖いなと
思った小企業な人。
>|