空飛ぶタイヤの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

空飛ぶタイヤ2018年製作の映画)

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

あらすじ

ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、車両の欠陥に気づき、製造元である大手自動車会社のホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)に再調査を要求。同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査を開始する。 それぞれが突き止めた先にあった真実は大…

ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、車両の欠陥に気づき、製造元である大手自動車会社のホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)に再調査を要求。同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査を開始する。 それぞれが突き止めた先にあった真実は大企業の“リコール隠し”ー。 果たしてそれは事故なのか事件なのか。 男たちは大企業にどう立ち向かっていくのか。正義とはなにか、守るべきものはなにか――。 日本を代表するオールスターキャストによる世紀の大逆転エンタテインメント!!!

「空飛ぶタイヤ」に投稿された感想・評価

TomomiAbe

TomomiAbeの感想・評価

4.1
トラック脱輪事故が起きたところからストーリーは始まる。
大企業のリコール隠しから、車両欠陥を知っていて何年もの間、販売していた。
その間、何件も同じような事故があった事をつきとめた、運送会社の社長と大企業の悪を突き止める為の闘い。
その大企業の中で仕事をしている中でも、悪を突き止め暴く為に尽力し、会社を正すスッキリ感はラストの醍醐味の内容でした。
長瀬智也の社長役も、頼りなさがありながら、徐々に頼りになる社長役に変わっていくとこ見所ですね。
大企業のリコール隠しって、こんなに凄いの⁉︎っと、恐ろしさを感じました!
実話を元にと言っても、映画なんですけどね〜(^^;;

最初から最後まで、緊張感が凄い!
疲れました〜(^^;;
もちろん、いい意味でね(^^)

見応えありの映画でした(^^)

エンディング、サザンの、
『闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて』。
この歌の歌詞と凄いリンクしてました!
全然ネタバレしてないから、観る前に歌詞に目を通しておく事 お勧めします!
実話に基づく映画

この事故のニュースは、よく覚えていました。

加害者、被害者共に苦しかっただろうなあ。

池井戸潤先生の初映画作品
松竹

音楽か、ちとピンと来なかった。
なかだるみは、ない。
issy20

issy20の感想・評価

3.6
コンパクトになってたけどまあまとまってた
会社の中て大変やな
238

238の感想・評価

3.7
シンプルに面白かった。いつもの池井戸潤作品ではあるが、それでも組織と闘う男を書かせたら右に出るものはいないな。

原作を読んでいたため、多少のズレや詰めの甘さは感じたが、キャスティングの絶妙さや、その方々が演じる技術に誇りを持ったオッサン達の2時間の闘いは非常に見応えがあった。

サザンのエンディングテーマもハマってた。耳に残るキャッチーな歌作る天才だと思う。
まぁ

まぁの感想・評価

3.9
あっという間だった…☆

池井戸潤原作のドラマは殆ど観ていて…
原作未読でも、
展開はなんとなく分かる…(笑)

「組織」…というのは「大きくなれば大きくなるほど」…「複雑」…なんだな…と思う…

「真実」は何か?
「正義」とは何か?

企業、銀行、警察、マスコミ、そして…
被害者家族…
それぞれの「立場」がよく描かれていたと思う…

「保身」「隠蔽」…嫌いな言葉…

テレビドラマでじっくり観たいな…と鑑賞中は思っていたけれど…
「映画は映画の良さがある」…☆

エンドロールの「歌詞」も印象的…♪

見応えある作品だった…(o^^o)
たかし

たかしの感想・評価

3.8
小説、ドラマともに観てて「映画版はどうだ〜?」って感じで観に行ったんですが、普通に面白かったです!
よく2時間でここまでまとめました!
また小説、ドラマを観直したくなってます(^^)v
岸部一徳の性悪社長が何ともリアリティがあった。
過去のリコール隠しが、これ程隠しきれるものか、疑問も残るが、程のよいスッキリ感がある。
nana

nanaの感想・評価

3.7

主人公のセリフの言い回しが所々不自然だった。門田演じる顕嵐君の顔面がかっこよすぎて出てくる度に嬉しかった。。財閥ほど怖いものは無いな〜と感じたと同時に現実はこんなに上手くいかないからこそ、終わりは爽快というよりかはより現実的な気分になってしまった。
nakatsugi

nakatsugiの感想・評価

3.5
おなじみの池井戸節だが、TVドラマでのあざとい演出に慣れてしまってるせいか、淡白に感じてしまった。クライマックスで長瀬が岸辺と対決してやり込めるという図式にならないため、カタルシスが弱いと思われる。
>|