空飛ぶタイヤのネタバレレビュー・内容・結末

空飛ぶタイヤ2018年製作の映画)

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.7

あらすじ

ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、車両の欠陥に気づき、製造元である大手自動車会社のホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)に再調査を要求。同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査を開始する。 それぞれが突き止めた先にあった真実は大…

ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、車両の欠陥に気づき、製造元である大手自動車会社のホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)に再調査を要求。同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査を開始する。 それぞれが突き止めた先にあった真実は大企業の“リコール隠し”ー。 果たしてそれは事故なのか事件なのか。 男たちは大企業にどう立ち向かっていくのか。正義とはなにか、守るべきものはなにか――。 日本を代表するオールスターキャストによる世紀の大逆転エンタテインメント!!!

「空飛ぶタイヤ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

めちゃ面白い
リコールの話
ANAのほうじ茶美味すぎじゃない?
さわださんかっこいい
高橋一生かっこいい
富山のひとかっこいい 名前がわからん
方言がすごい
警察の人こわい
リコールってなんなんかね
「よりを戻すか?」
「付き合ったこともないわよ」
タイヤが飛ぶシーンこわいよね
高橋一生の笑顔おおお
「今日もいい天気ですね」
「ああ いい天気だ」
音楽も挿入歌も好き
バグパイプ
まってディーンだっだの?さわださん
ムロツヨシ良かったな
佐々木蔵之介だ!富山のひと
EDサザンだった
作曲は誰じゃ
ドラマ版に比べてあっさりしてた。
尺的に仕方の無い事かもしれないが、少し物足りなく感じてしまった。
家帰ったら家族がいなくなっていると想像したら、悲しくなった。
大企業こえー。
金髪ボーイめっちゃしっかりしとる笑
見えない相手に立ち向かう勇気とあきらめない心意気にグッとくる映画よ👍
長瀬かっけぇ


出てくる俳優さん豪華〜〜!!!
それもあって観てて楽しかった!!
社長のストレスは尋常じゃなかったんだろうなあと見てて辛くなった
けど、奥さんが前向きで社長の気持ちを考えて行動できる素敵な人だったから心折れずに戦えたと思う😭そんな人になりたい😭✨
見えないところで自分たちのために動いてくれる人がいるのはすごいし、分からないけど希望を持つことも良いのかもなあ。

赤松運送が報われて良かった!好きでした!
王道、安定。最後もーちょっとホープが堕ちる描写あってもいいかな
面白かったんだけど、盛り上がりに欠けたというか、(そもそも盛り上がりに期待していたいたことが間違いなんだけれど)
淡々と進んでいく中で、足掻き駆けずり、希望を掴んでいく工場側と、自分の野心のために行動を起こしたら良くない結果になったから暴露する……みたいな展開だった。
なんか、期待していたのと違っていたのだけれど、最後は解決できて良かったなぁと思う映画だった。
池井戸作品初の映画化ってことで期待してましたが、結論から言うと池井戸作品はドラマでやった方が良い気がしました。
ドラマになった「半沢直樹」でも「下町ロケット」でも「陸王」でもそうですが、視聴者が毎週登場人物たちと一緒に悔しい気持ちを味わって、その気持ちを積み重ねていって最後に大きな敵を見返す。当たり前ですがその積み重ねが映画の2時間では到底出来ないわけで…。だから登場人物に感情移入もしづらいし、最後に問題が解決してもそれほど「よっしゃぁぁぁぁぁぁ」って感じがしませんでした。

今回の映画も最後まで見ると「赤松による回想録」みたいな手法で描かれていますが、開始1分くらいでいきなり事故るし、赤松がどんな社長なのか、赤松運送の社風がどんななのかの説明もなく唐突に話が始まっちゃうため、途中で「赤松社長にはついていきます!」みたいになっても、「なんで?」ってなっちゃいました。
例えば今、「半沢直樹」の続編を映画でやります!ってなっても、ドラマで全てセットアップが終わってるので、いきなり事件が起きても置いていかれることは、ドラマを見ていればまず無いと思います。
でも今回はいきなり映画だったから、導入はもっと丁寧にやるべきじゃなかったのかなーと。期待してたからこそちょっとがっかりだったかな…

役者さんたちも悪くはないですが、あまり惹きつけられる感じもなく、メインの2人(長瀬、ディーン)が思ったよりも静かめな演技をしていたので、余計最後の爽快感がなかったかも。私としては「半沢直樹」並の顔芸を期待してたんだけども。笑

長瀬さんはやっぱり赤松社長ではなかったかな…頑張ってたけど、小説読んだときに真っ先に役所広司さんのお顔が浮かんだくらい、「くたびれたおっさん」のイメージが強くて。中小企業の社長にしては全体的に洗練されすぎていて、どちらかというと沢田の方が合ってそうでした。
問題が解決した時にみんなと喜ぶんじゃなくて、ホッとしたあまり力が抜けちゃう感じの表情がやけにリアルで上手かったです。
ディーンフジオカさんは沢田のイメージ通りでした。

高橋一生は、言い方が悪いですが客寄せパンダでしかなかったです。あの感じだと多分1日か2日で撮影終わってるな…。小説だと井崎も結構頑張ってたんだけどなぁ…まぁ映画でそこまで描くのは無理だとは思ってましたが、本当に「稟議を止める」だけで終わりって…笑

あと申し訳ないですか、サザンの主題歌がズッコケそうな勢いで合ってなくて、耐えられずにエンドロール途中で帰りました。観たあとの雰囲気にそぐわなすぎ。

…ってなんか文句ばっかりですが(笑)このメンツで日曜21時の連ドラやってほしかったなー。
すごく面白かった!!
池井戸潤らしいストーリー、
こうゆうの大好きです〇

人が1人亡くなっている、
そんな事実をもリコール隠しの為に、
自身の立場の為に、、、
本当に大人は汚いなと。
組織の人間って、こんなに無力で、
右なら右でしか動けない、
不自由な身分なんだと。

銀行からの融資も受けられず、
被害者遺族からは裁判を起こすと言われ、
従業員も離れていく、、
どん底の状況で為す術もなく、
それでも正しい道を、
真っ直ぐに闘う赤松社長には
そんな姿を信じ、ついてきてくれる仲間も、
側で支えてくれる家族の存在もあり、
そして何より、その信念に心揺るがされ、
諦めかけていた組織の一員の良心があり、

正しく生きてくことの大切さ、
その先に見える景色を信じる強さ、、

豪華俳優陣の演技力にも魅せられ、
とても素敵な作品でした**
サザンの主題歌もピッタリ⭐️
個人的に、有名人(有名俳優)がたくさん出ている映画はあんまり集中できない気がした。。。 実際にあったストーリーを元にしているとのこと、立派に自分たちの無実を証明した社長さんたちが素敵でした。
面白い。が、前半は小説のダイジェスト版にしか感じられない。池井戸潤作品の映画化の難しさを感じた一本。とても好きだけど。
>|