64 ロクヨン 前編の作品情報・感想・評価

64 ロクヨン 前編2016年製作の映画)

上映日:2016年05月07日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.6

あらすじ

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発…

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発生。刑事部と警務部の軋轢、未解決のロクヨンと新たな誘拐事件の関係、そして三上の一人娘の行方——。怒涛の、そして驚愕の展開が次々と三上を襲う。

「64 ロクヨン 前編」に投稿された感想・評価

「昭和64年に、今も取り残されている」

豪華キャストが迫真の演技。
佐藤浩市の独白シーンには涙。

記者クラブとか警察庁?って本当にあんななの?幼稚すぎて少し引いた。




2018年鑑賞70本目
【☆☆☆】
Amazon primeで一度観て満足できる作品。

とにかくキャストもストーリーも豪華です。面白いです。

ただ個人的には話が長い。
じわじわ進むので私のようなせっかちさんには向かないかもです。
要点絞って1本にまとめても良かったんじゃん?と思ってしまいました。

タグは観て惹かれたキャストさんをまとめています。
好きな方は是非ともご覧ください。
山田

山田の感想・評価

4.0
面白かった
元刑事が追憶する64事件
新たに発生する誘拐事件
広報官の葛藤が刑事の血を疼かせる
なんてね
SILVER

SILVERの感想・評価

4.0
キャストが豪華すぎる。
前後編に分かれてるので、それぞれの登場人物の立場や葛藤が時間をかけて描かれてました。
前編の方が見応えがあった。
佐藤浩市と瑛太の張り詰めた
空気感がスクリーン越しでも
ビシビシ伝わって凄かった
kobaemi79

kobaemi79の感想・評価

3.8
サスペンス系はたまにしか見ないけど、人に勧められ鑑賞

しんどいけど、途中から世界にかなり引き込まれて、後編が絶対に見たくなるつくりだった

最近の瑛太、太々しい役多い気がする。笑

主役級の役者さんはもちろん素晴らしいけど、脇の俳優さんたちの豪華さも負けてなくて安心して観れました
KU

KUの感想・評価

3.8
広報官として責務を全うする中で、胸中にある我が娘への思い、そして葛藤する佐藤浩市さんの姿が印象的だった。
はる

はるの感想・評価

3.5
難しかったけど、心理描写がすごかった。続きが気になる感じだった
事件の発端とその後の警察広報と記者クラブのやり取りに重点をおいた前編。
豪華なキャストで見応えはあるが、やや解りづらいのが難点。

やっと観れた!
前編はなんだか苦しかった。。

綾野剛がとてもすてき
>|