64 ロクヨン 前編の作品情報・感想・評価・動画配信

64 ロクヨン 前編2016年製作の映画)

上映日:2016年05月07日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.5

あらすじ

「64 ロクヨン 前編」に投稿された感想・評価

たった七日間しかなかった、昭和64年。
その7日間の間に起こった幼女誘拐殺害事件。

重いんだろうな。。。と思いながら観始めると意外にもハマる。

犯人に指定された場所へ身代金を持ち運ぶも転々と場所が変わり、最後は川に投げ入れる。。。
も、娘は変わり果てた姿で帰ってくる。。。
この父親役に永瀬正敏という陰の表情が刺さる。特に、未解決のまま14年が経過し、完全に生気を失っている表情。

担当刑事だった佐藤浩市が、広報官という立場になって、記者クラブへの対応や上司からの無茶な指示、うまく行かない家族関係など人間ドラマが面白いと思えてくる。
じわじわとこの誘拐事件の真相が明るみに出始めてくる。
後半にうまく引き継ぐ感じでそのまま後半を再生してしまう。

でも、やっぱり重かった・・
ふ

ふの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

なんでか評判が悪いからなんでかと思ってみたけれど、メイン軸であろうとされた推理パートが全くなかったからっぽいな、、、笑

ただなんかめちゃくちゃ前半の締め付きの分最後の解放はめちゃくちゃ響いたし、後編しだいだなと

靴の下り最高すぎる、佐藤浩市だいすき
随分前に見たけど書いてなかった

豪華な役者陣と、警察VS記者のやり取りに緊迫感があった
ミステリとしての引きも良かった
けど…(後編に続く)
きた

きたの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

記者にイライラした分、三上の言葉が記者に響いた時の感動はひとしお。
前後編通して観て、前編で心に残っているのはこのシーン。

警察内部にも問題あり。
sakura

sakuraの感想・評価

-
原作を読んでいたので観たかった。
後編と同日鑑賞。
本で泣けた所では泣けず。。
佐藤浩市はやっぱり好きな役者さんです。

movix
tacky

tackyの感想・評価

3.0
一週間しかなかった、昭和最後の64年に起こった未解決誘拐事件。天皇崩御の影に隠れて、目立たず忘れ去られた事件。
とくれば、非常に興味をそそられるが、

実際は県警と報道の板挟みに苦しむ、広報官のお話だった。
まるで中間管理職の悲哀物語である。

原作者は元新聞記者らしいが、出てくる報道陣はまるで全員ヒールで、描き方に悪意があるみたいだ。それでも、最後のクライマックスの広報官とのやりとりは、非常に緊張感があり、素晴らしい演出だったが‥

でも誘拐事件が観たかった。これはこれで、別の映画にするべきだ。後編に期待したい。
plumeria

plumeriaの感想・評価

4.6
キャストがいい
記者クラブはうるさいがこーゆーものだったんだろうなあと
SHOTAROH

SHOTAROHの感想・評価

3.0
報道と警察の間を上手く描いてるけど、胸に来るようなものは特になかった。原作小説はきっと面白いのかもしれない
一週間しかなかった昭和64年。その年に起きた女児誘拐事件、ロクヨン。女児は遺体で発見され、身代金2000万円も奪われた。事件が時効に近づいた頃、ロクヨン事件に似た誘拐事件が発生する。
ヒっロ

ヒっロの感想・評価

3.4
WOWOW版が好きだったので比べてしまうとこちらの方が評価が下がる。
物足りない感じがあった。
>|

あなたにおすすめの記事