64 ロクヨン 前編の作品情報・感想・評価

64 ロクヨン 前編2016年製作の映画)

上映日:2016年05月07日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.6

あらすじ

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発…

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発生。刑事部と警務部の軋轢、未解決のロクヨンと新たな誘拐事件の関係、そして三上の一人娘の行方——。怒涛の、そして驚愕の展開が次々と三上を襲う。

「64 ロクヨン 前編」に投稿された感想・評価

2018/7/16

本で読むのが正解なんだろうな、と感じた。豪華な俳優陣の割にはうーん、って感じ。
ぽー

ぽーの感想・評価

3.4
脇まで含めてキャストが豪華で実力派なので、安心して話に入り込めた。

この、ど大作の日本の刑事モノって、基本は団塊世代にウケるのかな。なんか、今の10代、20代前半とかはあんまり好きじゃなさそうに感じるのは私だけ?
うめ

うめの感想・評価

3.5
テレビドラマ版を観ていたから、いろいろ詰め込み過ぎたのかな?って感じ。
警察内の権力争いとか、自己保身のための偽装とか、キャリアとノンキャリの対立とか、記者クラブとのゴタゴタとか…。

最近は大企業の様々な偽装が発覚して社会問題になってるので、警察も似たようなところがあるのかもしれないけど、そんな内輪のメンツみたいな事ばっかり一生懸命やってないで本来の仕事して!
とか思ってしまう時点で、私に警察モノを見る資格がなかったのかもしれない。

横山秀夫原作は半落ちも全くハマらなかったしな…。
くろ

くろの感想・評価

2.9
話は面白いけど、ドラマくらいの尺がないと詰め込んだ感が否めない。キャストが豪華だから役柄がわかるけど、知らない俳優がやっていたら誰が誰だかわからない。
次から次へといろんな人が登場しすぎ。4時間に納めるには何かを削らないと。
仏壇に手を合わせるシーンでボロボロ泣いた
それ以降ほぼ泣いてた
小説、ドラマ版も全て観ていても楽しめる。
どれも面白すぎる。

佐藤浩市と永瀬正敏の名演が光る作品である。
それを固める脇役も三浦友和、中村トオル等々。
いやぁ最高だ!

何度観てもあきない。

邦画もすてたもんじゃないと思う作品。
かな

かなの感想・評価

3.4
出演者豪華すぎる、、、
理解が追いつかなかったけど

2時間あっとゆう間にすぎた。
後編が楽しみ
こうだ

こうだの感想・評価

3.7

ずーっとずーっと観たかった作品。

佐藤浩市が大好きで、ストーリーも好きなタイプで、、、


それ以外の俳優は知らなかったけど、もう脱帽(笑)

まず三浦友和出てきた瞬間テンションが爆上げです。

ちょい役まで全てが豪華すぎんかい、、、(笑)


皆さんさすがに演技がお上手で、あっつい芝居が続いてたんだけども。

思ってたのとは違った!
もっと謎解きな刑事モノを期待していたから拍子抜け。

でも、警察の番記者っていうのかな?広報部との関係性とか全く知らなかったから、そこらへんは面白かったな!


最初から最後まで、ウワッと驚くような演出は全く無いにも関わらず、なーんかビクビクしながら観てしまう。

それだけ終始緊張感を演出できていて凄かった。
そら

そらの感想・評価

3.3
【TV鑑賞】
原作未読 
出演:佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々 
とにかくくゃストが豪華。出てくる人出てくる人知ってる人ばかりという。
昭和64年にあった未解決少女誘拐事件から14年後、広報課に移動になった主人公は14年前と酷似した事件に出会う。
人物の関係をきちんと把握していると面白い。
前半は警察の広報とマスコミのやりとりがメイン。
>|