64 ロクヨン 前編の作品情報・感想・評価

64 ロクヨン 前編2016年製作の映画)

上映日:2016年05月07日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「64 ロクヨン 前編」に投稿された感想・評価

マツイ

マツイの感想・評価

3.4
原作では主人公は醜いという設定。美人の母親に嫉妬する父親似の娘。佐藤浩市も娘役の顔も醜くない。まぁそこまで求めなくてもいっか!
早く続きが知りたくなる映画です。ちょいむずかしい
ぽ

ぽの感想・評価

3.6
前編は記者クラブが不愉快すぎるけど演技はみんなすごい上手かった〜
小説版を昔読んだの忘れてたから割と新鮮!
工藤

工藤の感想・評価

2.0
前評判が思わしくなかったので避けていた。
瀬々監督の作品は自分と合わないだろうと思っていたのもある。
ただ、今作において問題はそこじゃない。
64という題名の通り、昭和最後の年に起こった誘拐事件の謎を追うのが今作の中心であるはず。しかし、前後編と分けているばかりに前編は記者クラブと広報官の喧嘩というクッソどうでも良い話が殆どを占める。
それも、内容を簡単に例えると反抗期の中学生が授業をボイコットして金八先生に涙ながら説教されるということ。
しょうもない上に長いので、後編への興味は消え失せました。まあ観るけど。
くぼ

くぼの感想・評価

3.5
報道でしか私たちは世の中の事件を知り得ない
令和の発表で隠れてしまった事件もあったりするのかな、て
yum

yumの感想・評価

3.3
前編後編を続けて観て、警察の広報官という職と、記者クラブという独特な関係に理解がなくて最初は⁇と思うところが多いものの、後半にはその内容も理解でき、段々と話の深みを増して行った。
トータルで、登場人物への理解が進み、話の展開がある後編のが良かった、と思ってしまう作りなので、前編での役者さんの演技が霞む。全ては後編への伏線。
saori

saoriの感想・評価

3.0
前から見たいなと思っていた作品。
とりあえず役者が豪華すぎてびっくり。

前編は警察vs.報道陣って感じ
ちょっと報道陣がヤクザすぎて笑った
実際にあんなんやったらやめてほしいなと思う。
誰のための報道なんって感じた。

綾野剛の役がめちゃ好き
忠実な部下

そして警察内部もぐちゃぐちゃで
組織に属するってこんな感じなんかな
今、実習のいざこざで学校に屈服しそうな自分と重なった。
もも

ももの感想・評価

3.2
キャストが豪華。
自分と同じくらい、人を思える広報官。
三上が記者クラブの前で、実名公表するシーンでは、三上の熱意が伝わった。
一言で救われる。日吉に立ち直って欲しい。
感情が表情だけでわかる、俳優陣の演技が素晴らしい。
KENKOTAKU

KENKOTAKUの感想・評価

3.0
平成から令和へ。

そんなこんなで前編後編まとめて鑑賞。

クライマーズハイの横山秀夫原作らしい
ハイテンションな演技合戦かと思いきや
前編は警察内部の権力闘争と
警務広報官 VS マスコミ記者という
やや後編に向けての説明、伏線的内容
に終始した感じでした。

これは、劇場で見た人はさぞや
モヤモヤとしただろうとお察しします。

というわけで感想は後編へつづく…
み

みの感想・評価

3.0
集められるだけの素敵な俳優さんを集めて…勢揃い!オールキャスト感、その中でもとっておきの輝きと貫禄を見せつける佐藤浩市さんがやっぱり好きよ。一気に見たので前半の印象は薄いかも。最初で惹きつけて、あとはちょっと退屈に進むかも…だからといって流し見してたらキーを逃しちゃうので1シーン1シーンちゃんと見てないとだめ。
ドーニ

ドーニの感想・評価

4.4
展開は非常に良かったし、こんなご時世に、息子たちには三上広報官のような人柄に出会って欲しいと思えた。
>|