Fukushima 50の作品情報・感想・評価

「Fukushima 50」に投稿された感想・評価

mtorakichi

mtorakichiの感想・評価

2.5
現場の社員のみなさんが決死の覚悟でやってくださったこと、感謝いたします。しかし、当時の経営陣がひどすぎた。慢心以外のなにものでもない。
加えて当時の政府もひどすぎた。家を追われた福島の方々、政府に見捨てられた動物たちのことを思うと、ただただ虚しいです。

このレビューはネタバレを含みます

あの震災の時、原子力発電所の人たちの尽力とあの奇跡がなければ、自分は死んでいたのだと痛感しました。
BOUさん

BOUさんの感想・評価

4.0

ただ、見れて良かった!
ただ、知って良かった!

『アルマゲドン』はフィクションだけど、これはノンフィクションであり、史実だ!

何だろう?!
想像以上にずっしり心の中にくる‥‥
ibuko

ibukoの感想・評価

4.5
公開時 観たかったけど自粛していて 今1週間限定上映。映画館で観れて良かった(^^)

コロナ渦の今と重なる。
予期しない事が起きたときどうなるか。問われるリーダーの力量。
信頼してついていけるリーダーか。
渡辺謙さんも佐藤浩市さんも立派なリーダーだわ。

ニュースでは観ていたけれど、こんな大変な事が起きていたなんて。
本当に命懸けの作業。
死をも覚悟したかのような場面も。
ドキュメンタリーではないけれど、過酷さがよくわかる。作業にあたられた方々は本当にそんな状況だったんだろう。

日本を守ってくれてありがとうございます。これは知っておかないと 観ておかないといけない。
そして忘れてはいけない。。
地震大国日本
阪神淡路大震災の時は3歳位だったから鮮明には思い出せない。
月日は早いもので東日本大震災から9年経ってる事に驚く。
関西に住む私でも揺れを感じた強い地震
連日余震や福島のニュースをやっていた。
CMはACのポポポポーンが宗教のように流れていた。
原発についても自分の住む近くにはないもので今まで考えたことも無かった。
エネルギーや食品の自給率についても昔学んで資源が乏しい国日本というものが植え付けられていた。
映画は美化されてる部分があると思う。
現場の緊迫した空気は感じるが負の感情はかなり抑えられているように見えた。
東電や官僚に関して言及もなされていない。
津波被害の街だって大して映ってない。
最後もちょっと御涙頂戴になっている。
だがこの映画で見せたかったものは事故当時対応に当たった人間達そのもの
日本が終わらなかったのは命を張ったFukushima50のおかげなのも一理ある。
BT

BTの感想・評価

3.5
めちゃくちゃ豪華キャスト!福島の原発事故を追体験してしまう感覚。水蒸気爆発が起こる事を知っていて見る訳だが「どうなるの?」ってのとまた違ったドキドキ。
msk

mskの感想・評価

4.3
あの大震災のとき、こんなにも決死の覚悟で戦ってくれた人たちがいたなんて知らず、私はなんてのうのうと生きてたんだろうと思うとなんだか泣けて仕方なかった。
もちろん地震や津波の被害で大変な思いをした方はたくさんいらっしゃるんだろうし、私が見たものなんてほんの一部かもしれないけど、自分はなんて恵まれてるんだと実感した。
コロナ禍の今、自分の命の危険に晒されながらも必死に戦ってくれてる方への感謝の気持ちも、この映画を見る前とあとではずいぶん変わりました。
み

みの感想・評価

4.5
9年も経ったのにこんな事実があることを知らなかった、色んな人に見てほしい
欧米メディアからはFukushima50と呼ばれていたけど、実際最後まで命を懸けて現場に残ったのは69人だったらしい

現場の方の責任感に終始涙が止まらなかった

日本を救った男-吉田昌郎元所長の原発との壮絶な闘いと死
https://www.nippon.com/ja/currents/d00093/

そして映画としては名俳優揃いですごかった!!!
20200713イオンシネマ新百合ヶ丘で視聴。発災当初、被災地支援活動のことが頭一杯で、何が起こっていたのか、理解するには、必見の映画。無知だった自分にも反省。現場の人々が命懸けだったことが伝わってきます
Torotoro

Torotoroの感想・評価

4.5
命をかけて、原発被害の削減をして頂いた功績をよく表現できていた。感謝と感動の名作。
>|