64 ロクヨン 後編の作品情報・感想・評価

64 ロクヨン 後編2016年製作の映画)

上映日:2016年06月11日

製作国:

上映時間:119分

3.5

あらすじ

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発…

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発生。刑事部と警務部の軋轢、未解決のロクヨンと新たな誘拐事件の関係、そして三上の一人娘の行方——。怒涛の、そして驚愕の展開が次々と三上を襲う。

「64 ロクヨン 後編」に投稿された感想・評価

エモさがもっさりぼんやりしてトーンダウン。
泣かずに済んだ後編でした。でもドラマは重かった。

誘拐において目崎は過去を準えさせられているのだから「もしかしてあいつか!?」という勘繰りが無いのはおかしいと思う、秀逸なゲス顔があったけれど今一つ物足りない。

三上の顔が(刑事の目)がイヤだと言う娘ちゃんにも違和感が。
佐藤浩市ですよ。かっこいい父ちゃんでは。
(そういうことじゃない)
ドラマ版はピエール瀧さんで「鬼瓦」とか言われてて納得できるんですが(すいません)

あと幸田君、吉岡秀隆。
思いっきりサイコな役をやってくれないかなあと思いました。あの眉毛芸と温厚を絵に描いた顔立ちと口調。ギャップ効果ありそうでぞくぞくしそう。

そしてやっぱり、諏訪君(綾野剛)と蔵前君(金井勇太)が揃ってると可愛かった。
santasan

santasanの感想・評価

3.8
模倣犯がどのように「64事件」に集約していくのかという意味では面白かった。熱すぎる元刑事の広報官もよかったが、なぜ捜査一課が模倣事件の本質を見抜けていたのかは不明だった。警察内部、記者クラブ、被害者遺族に真犯人とそれぞれの複雑な人生や人間関係がドラマに厚みを与えている。
あのー1つ確認したいことがあるんですが、犯人の声って被害者父しか聞いてなかったんでしたっけ??
録音してなかった??
あれ?

前編の加速感は失速
この映画のテーマが犯人と遺族、警察とのやりとりじゃないからなんだろうけど、大変失礼ですが、ワクワク感はないですね。

解決はするんだけど、後味良いように見せかけて後味良くなかったなぁ
重い

最後の公衆電話からかかってくる電話が、良い方に向かうのを期待します。
jucson

jucsonの感想・評価

3.9
前半ではストーリー進展が少なかったので、この後半では一気に引き込まれる。

三上が最後に犯人にとってしまう行動はやはりNOだと思うが、それだけの熱い思いが凄く伝わる。

ただ、犯人の犯行に対する深い理由や想いをもっと映して欲しかったなー。
ただの金目的の思い立ち犯行みたく感じてしまう。
窪田正孝後編ワンシーンだけだったけど、すげーいいシーンだったなあ
いい映画
記者たち民度低すぎて引く…

にしてもキャスト豪華〜

次から次へと困ったこと起こって大変
三上さんの感情の揺れとか真っ直ぐな正義感とかが前面に出てていいなと思った

どんど焼きってあんな大規模でやるんやって思ったラストシーン
面白かったけど、解決ぽくなってからが長いような
豪華キャスト
mrfuujii

mrfuujiiの感想・評価

3.3
前編はあれ?ノンフィクション?と思ってしまったけど、後編は少しシナリオに無理も有りトーンダウンしたけど全体としては楽しめました。
佐藤浩市が良いですね。
炒飯

炒飯の感想・評価

3.0
失速

盛大に広げた骨太邦画がとっ散らかったまま終わった。。


期待しすぎた僕もよくないのですが、なんか後半は乗り切れなかった。。

途中までは良かったんだけど犯人がわかり始めたくらいからダメでした。。

前半のラストがピーク

残念。。
cap

capの感想・評価

4.4
久しぶりに緒方直人を観たが、昔の軽い演技でなくて素晴らしい気迫でした。
佐藤浩市との対決は見応えがありました。
>|