ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめの作品情報・感想・評価・動画配信

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ2017年製作の映画)

The Big Sick

上映日:2018年02月23日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」に投稿された感想・評価

DamKeeper

DamKeeperの感想・評価

4.5
これ最高だよね。しかも実話。
トランプが大統領時に人種ネタの映画が大ヒットするって素晴らしい。

笑いのセンスが抜群だし優しい。
新しいアメリカ映画の予感。
mmm

mmmの感想・評価

-
めちゃくちゃ良かった〜〜また見る。ゾーイカザンのユーモアある彼女だいすき、こんな彼女ほしいしできればなりたい🦒
せと

せとの感想・評価

4.1
あんまり意識せずになんとなくコメディみたいなと思って見始めたけど、かなり良かった。
あんまり下調べしてなかったから、人種の壁ネタがメインなのかなあと思ってたけど、題名通り実は難病ものだった。
でもそれを期に、大切なものを再認識する主人公とか、家族と絆が芽生えできちゃう感じとかほっこりで、ラストの清涼感たるや最高でした。
多分コメディじゃないかも。笑

21
いまだに見合い結婚が主流なパキスタンの風習に驚きながらも、日本だって昭和の半ば位までは見合い結婚は普通だったんだよね。
恋愛映画でありながら家族の絆や文化の壁などいろんな問題を盛り込んで、闘病ものでもありながら深刻になりすぎないライトな感じが良かった。
タケ

タケの感想・評価

3.5
人種や文化の違いがコメディとして日常と地続きな感じで描かれていて良かった。
ギャス

ギャスの感想・評価

3.2
元は実話ということで、これを映画化すべきだと思うのは当然な、とても良い話。

人種や宗教についてより身近に感じられるエピソードがいっぱい。
楽しく見つつ考えさせられる。

いつもながら、"これをぜひ見てほしい人たち"にはなかなか見てもらえないだろうことが残念だ。
torakage

torakageの感想・評価

3.5
パキスタン人のコメディアン・クメイルはエイミーと出会い恋に落ちるが、クメイルの家族はパキスタン女性との結婚を望んでいる。それを知ったエイミーはクメイルと別れるが、直後に重篤な病気で昏睡状態に陥る。

実話?国や宗教・習慣の違いって難しい。
papapaisen

papapaisenの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

どうしよう、平日やのに良い映画見ちゃった。

異文化間の融和について、深く訴えかけてくるような社会派映画よりではなかったけど、シンプルなストーリーが好きで、登場人物みんなを好きになった。これができる作品って映画としてすごく魅力があるってことや思う。

特に主役の人と両親役を演じた二人がものすごい素敵でファンになった。

エンドロールに驚き。マジですか。全然予想してなかった。

あと、宗教からくる家族の在り方について、あんまり口を挟むつもりはないけど、ルールを守ることに必死になりすぎて、本来1番に優先すべきことを見失うのは悲しいな。つまり家族を愛することがおざなりにならんとええなって思った。
chn126

chn126の感想・評価

3.5
彼女が突然昏睡状態な展開は実話と聞いてびっくりだったけどちょいちょい笑えつつ楽しめた
確かなにかの映画DVDを観た時に予告で何連続か興味ある!と思ってクリップしたうちの一つ

ぼんやりあらすじ把握してて見始めたけど
想像してたより2人の出会いからつきあいを丁寧に描いてたし
闘病に入ってからも、しっかり尺があって

快方に向かってからも案外長いという

全パート的に密度が高い印象を受けてたが

エンドロールでまさかの主演の方の実話だったという笑
知らなかった笑笑

しかも主演コメディアンからの役者さんということでしょう?
この方けっこう若いから違うかもだけど
日本でいうとカズレーザーとかが自伝を自分で映画としてやるみたいなことじゃないかな?

ドロップやホームレス中学生、ジャンル違うがキセキみたいに
(イケメン)俳優が有名人の自伝を演じることはあっても
なかなか邦画では目にしなさそう


物語として2人の恋、よりか
それぞれの家族とのそれぞれの形での絆と問題が
実話だからかいくらか生々しさがあって

でも根底嫌な人はいなくて、どの人物もある程度の好感はもてて
なんだか登場人物みんなが幸せになってほしいなぁと思える映画だった

個人的にはヒロインの両親の方が好きかな、自分は
>|