ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめのネタバレレビュー・内容・結末

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ2017年製作の映画)

The Big Sick

上映日:2018年02月23日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

パキスタンで生まれシカゴに移住したコメディアンのクメイルは、アメリカ人大学院生のエミリーと付き合っている。ある日、同郷の花嫁しか認めない厳格な母親に言われるまま、見合いをしていたことがエミリーにバレて、2人は破局を迎える。ところが数日後、エミリーは原因不明の病で昏睡状態に。病院へ駆けつけたクメイルは、彼がエミリーを傷つけたことに腹を立てている両親テリーとベスに出会う。最初はクメイルへの敵意をあら…

パキスタンで生まれシカゴに移住したコメディアンのクメイルは、アメリカ人大学院生のエミリーと付き合っている。ある日、同郷の花嫁しか認めない厳格な母親に言われるまま、見合いをしていたことがエミリーにバレて、2人は破局を迎える。ところが数日後、エミリーは原因不明の病で昏睡状態に。病院へ駆けつけたクメイルは、彼がエミリーを傷つけたことに腹を立てている両親テリーとベスに出会う。最初はクメイルへの敵意をあらわにしていたベスが、気分転換に訪れたコメディクラブで、クメイルに人種差別的なヤジを飛ばす観客と毅然と闘ったことから、3人は心を通わせ始める。彼らのエミリーへの深い愛に心を動かされ、自分にとってもエミリーがいかに大切な存在かに気付いていくクメイル。果たして、エミリーは目覚めるのか? その時、2人の未来の行方は?

「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

民族、宗教観の違いで結婚の捉え方は全く別のものになりますね。
日本における結婚でもあくまで両家となりますから。
それを乗り越えていく、映画が終えてからのエピソードが気になります。

エミリーの入院中に主人公と彼女の家族との距離の変化がとても暖かくて微笑ましい。
優しい気持ちになれる映画です。
本人主演だっっっったん!?!?
すごい
前情報いれなかったから実話ベースていうのにエンドロールでびっくりしたのにさらにびっくりした

ストーリーの大筋も、細かなところも素敵だった
最後、クメイルの親のお見合いについての会話があったことになんか救われた感じがした
途中のパキスタン人の女の子とのことでも感じたけど、お見合い結婚とはいえ押し付けられるものではないし、イスラムが当たり前という考え方に嫌気がさしたクメイルはめちゃくちゃ否定してたけど制度としてはそんな悪いものでもないのかなぁって思った
もちろんパキスタン人以外は許さないて姿勢は悪いけれども



26
素晴らしい映画だった!!!

これまで先入観でアメリカンジョークってベタだし、別に面白くはないよねくらいに失礼なことを思っていましたが、この映画によってあらゆる困難に立ち向かうためにユーモアがいかに重要かと考えさせられた。特にこの映画で描かれるジョークは、タイミングを選ばずいつ何時でも挟み込むことができ、性別・年齢・人種関係なく広く届けられるため、心の支えとして機能し、感動的に映るものと思います。
ラストに、父親が全快したエミリーに言うジョークがくだらなくも、そんなジョークが言えるような状況の尊さを感じました。
お互いの家族や病気等重くなりそうなところを面白おかしくみせてくれる。
あのジョークはアメリカならではで日本だと叩かれそう。
日本は小さい島国なのでアメリカみたいに宗教や人種問題を身近に感じたことはありませんが、それでも観ているだけでその複雑さと難しさが伝わってくるこの作品。
そんな中でも主演クメイルの直向きさと誠実さにホッコリしたり感動したりした作品でした。
映画とは関係ないかもですが現在はどうなってるのかな?と気になってしまった個性豊かな家族達でした。

実はエンドロールの写真を見て、映画と同じクメイルの隣が映画の中のエミリーじゃ無かったのを見て、なぜか別人と結婚!?と勘違いして、現在はどうなってるのかな?との感想になりました。あのまま2人は結婚して今も幸せなんですよね。じゃ無かったら共同脚本なんて書けないですよね。フォロアー様のレビューでスッキリしました(*'▽'*)
いろんなしがらみとか問題も見えたけど、最後はやっぱり愛、な話だった〜〜!
エミリーの両親とクメイルがだんだん打ち解けていくところが素敵。
あとはいろんなフレーズになるほど確かにってなった!
テリー(エミリーの父ちゃん)の言葉がよかった、いま一緒にいる相手が一生の相手かどうかは浮気してからわかるとか、、、悲しいけどそうなのかもなあと思ったなあ

ラストシーンじんわりくるし、ゾーイ・カザン、めちゃくちゃかわいい。☺️
登場人物がとにかくみんなかわいくて、終始ほっこり、時に爆笑しながら鑑賞。主人公2人やその家族、芸人仲間、お見合いさせられる女性たち。相容れない色々な価値観があり、それぞれ癖がある人たちが出てきて、決して「良い人風」に描いているわけではないし、名言をいうわけではないのに、みんなが魅力的に見えるから不思議。

また、恋人の病気!人種問題!家族!実話!といくらでもエモーショナルにもできるのにツッコミどころも説教臭さもないし、映画の中で無理に問題を解決しようともせず、爽やかに、そしてじわっと感動した。

ポテト多めのマトンビリヤニを作ってくれるクメイルのお母さんが大好きです。
これめっちゃおもろかった。友達に勧められて、その友達も見たことなかったのに、みんなしてよかったって言える映画ってそうそうないからほんまによかった。よかったしかゆうてへん笑

彼女と険悪な間に彼女の親と仲良くなるとか、入れ替わり立ち替わり次々来るお見合い相手とかツッコミどころ笑いどころもありながらの、心温まる話。

そしてこれがノンフィクションっていうのがまたすごい。もちろん映画用に脚色した部分もあるんだろうけど、基本実話ベースってのがまたすごい。

9/11の話とかを冗談のように使ったり、ちょっと昔やったらモラル的に絶対に許されなかったけど、時間の風化で少し、ほんの少しましになってきたりしてるとことか、なんか分からんけど、今のリアルな感じがする。うん。アメリカ人の友達も言うてたし。

これは当たり。日本ではまだ上映中なんだね。なんか得した気分。笑
いい話。病気のお陰ということもあるけどハッピーエンドで良かった。両親と交流が深まっていくところが楽しかった。
こういうのにとても弱いのです。大好き。ストラクゾーンど真ん中。
障害だらけの恋、突然の彼女の病、というとただの泣けるラブストーリーみたいですが、文化や宗教、結婚の慣習、家族の問題など、センシティブな話をコメディタッチで描いていたのが興味深かったです。要所要所のシリアスな部分はピリッと引き立ってました。

実話に基づく話とのことで、展開や結末はある程度予測できましたけど、ちょっと泣いてしまった(笑)
ゾーイ・カザン可愛すぎますね。

悔しいのは、自分の英語力のなさ…。些細なセリフ回しひとつひとつにも沢山の魅力が詰まっていたんだろうなぁと。字幕なしで理解できたならばさぞかし面白さも増したことでしょう…。