ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ2017年製作の映画)

The Big Sick

上映日:2018年02月23日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

パキスタンで生まれシカゴに移住したコメディアンのクメイルは、アメリカ人大学院生のエミリーと付き合っている。ある日、同郷の花嫁しか認めない厳格な母親に言われるまま、見合いをしていたことがエミリーにバレて、2人は破局を迎える。ところが数日後、エミリーは原因不明の病で昏睡状態に。病院へ駆けつけたクメイルは、彼がエミリーを傷つけたことに腹を立てている両親テリーとベスに出会う。最初はクメイルへの敵意をあら…

パキスタンで生まれシカゴに移住したコメディアンのクメイルは、アメリカ人大学院生のエミリーと付き合っている。ある日、同郷の花嫁しか認めない厳格な母親に言われるまま、見合いをしていたことがエミリーにバレて、2人は破局を迎える。ところが数日後、エミリーは原因不明の病で昏睡状態に。病院へ駆けつけたクメイルは、彼がエミリーを傷つけたことに腹を立てている両親テリーとベスに出会う。最初はクメイルへの敵意をあらわにしていたベスが、気分転換に訪れたコメディクラブで、クメイルに人種差別的なヤジを飛ばす観客と毅然と闘ったことから、3人は心を通わせ始める。彼らのエミリーへの深い愛に心を動かされ、自分にとってもエミリーがいかに大切な存在かに気付いていくクメイル。果たして、エミリーは目覚めるのか? その時、2人の未来の行方は?

「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」に投稿された感想・評価

Inori

Inoriの感想・評価

3.5
なんだか心がポカポカする話。クメイル本人に実際に起きたことを元にしているからか各キャラクターに人間味がある。話が軽いラブコメ調に作られているんだけど、内容はなかなか深くて、アメリカで生きる移民が文化の狭間で経験する苦労や葛藤などが上手く描かれていたと思う。
Haruna

Harunaの感想・評価

3.1
アメリカでは「告白」のフローがないというのはこういうことかな、など。
缶タイプのホイップクリームを口に流し込みたい。
一歩間違えれば、結婚式で見せられるような“ぬるい”映画になってしまうが、“笑い”というものを俯瞰しているようなスマートな印象を受けた。
苦難や不安な時に笑いは支えになり、壁を乗り越える手助けにもなる。大抵の物事は笑いのネタに昇華できるが、心が折れると笑えなくなる。ただ、アメリカという国では人種や宗教ですらも笑いのネタになる。
Misato

Misatoの感想・評価

3.5
you are wrongと何度もはっきり言われて家族に否定される主人公が可哀想に見えた。お互い行動を起こしている所やパキスタンの家族が否定をしながらも段々と寄り添っていく感じも良かった。
一

一の感想・評価

-
現代アメリカロマコメの名作じゃないの。難病に人種民族宗教、くどくなりそうな題材も軽やかなステップでクリアしてロマンスを物語る。昔のあだ名が"ビートルジュース"な元ゴス少女ゾーイ・カザン最高にキュート。
本作の脚本、主演を務めるクメイルさんによる半自叙伝。
アメリカの多人種について描かれた作品は無数にあるが、中でも本作はかなり風変わりなのではないだろうか。
パキスタンとアメリカ、コメディアンの彼と昏睡状態の彼女。対比の振り幅が飛び過ぎて、まるで異種格闘技のような混ざり合いにクラクラする。

テーマに難病が扱われている為、涙を強いられるかと嫌な予感がしていたのだが、杞憂に終わった。むしろ要所要所で挟み込まれる独特な笑いが功を奏し、昏睡状態であることが逆に絶妙なスパイスとなって、全体はとてもドライな味に仕上がっている。
こんな表現が可能なのかと驚嘆する一方、おそらくアメリカでは異人種間の差異なんて日常茶飯事なのだろうとの思いに至り、法律や制度よりもまず個人や家族間で乗り越えるべき問題はたくさんあるのかもな、と想像した。

ところでパキスタン料理にハマっているわたしとしては、クメイルさんの実家の食事がとても気になっている。ブラウンライスやらハリームらしき皿が並ぶ食卓が映るたび、クメイルさんは家族(食卓)を取るべき!と心で念じた。ニューヨークに移住するクメイルさんにマトンビリヤニを持たせてくれながら、視線を合わせない母の強さに打たれる。
そして本作の影の主役はなんと言ってもエミリーの両親、ベス&テリー夫妻。素晴らしいコンビネーション&ナイスキャラ過ぎて、笑いながらも心がジワジワと解れていった。
Yuumi

Yuumiの感想・評価

4.0
機会を逃して逃して、ようやく早稲田松竹の最終日に観に行ってきました!俳優クメイルナンジアニと妻であり脚本家のエミリーゴードンが自分たちの体験をもとに脚本を共同執筆。実話と分かっていたけど、これを120分に収めるのは無理なことで、よくここまで仕上がったなと感心しました。きっと映画に描かれていないこともあっただろうし、国境を越えて、宗教を越えて、これからの人生を共に過ごしていくのにどれだけの覚悟と勇気と愛情があったことだろう。それだけでお腹いっぱいで感動します。

重くならないように色々と工夫がされているのはきっとご夫婦の人柄だと思います。笑えるほうが強いけど感動も出来て、心がホカホカする作品でした。観に行って正解です。
たぬ

たぬの感想・評価

4.5
広告でよくありがちな"笑いあり、涙ありの感動恋愛映画!"を地でいく作品。
大概の例の広告の作品は笑えないし、涙なんて一滴もでやしないし、ましてや感動のkの字もないなんてことは良くあるけれど、この作品はすごい。本当に。

しかも、家族や人種、偏見に身近な人の病気、仕事や結婚の悩みなんかが全部入ってる。しかも実話で、本人が主演しちゃってる。
もう全部乗っけ丼状態。こんな全部乗っけてるのに話がダレない上に、オチが素晴らしい。

本人がコメディアンのため、5分に1回はジョークが入ってきて、ちゃんと笑える。何回か声出して笑ってしまった。

いやはや、久しぶりに大当たりな映画が観られました。
gojyappe

gojyappeの感想・評価

4.5
やっと見られた♪
なんか、良かった~
現実に結ばれて良かったですね~
幸せでいて欲しい♪
Shoei

Shoeiの感想・評価

3.3
ゾーイカザン観に行ったのにほぼずっと昏睡状態で出番少ねえな!!!怒
>|