14の夜(2016年製作の映画)

上映日:2016年12月24日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:114分
    監督
    足立紳
    脚本
    足立紳
    キャスト
    犬飼直紀
    濱田マリ
    門脇麦
    和田正人
    浅川梨奈
    健太郎
    青木柚
    中島来星
    河口瑛将
    稲川実代子
    後藤ユウミ
    駒木根隆介
    内田慈
    坂田聡
    宇野祥平
    ガダルカナル・タカ
    光石研
    あらすじ
    1987年の田舎町。中学生のタカシは、ずっと家でうじうじしている父親(光石研)がカッコ悪くて嫌いだ。今日も婚約者を連れて帰って来た姉に対して情けない態度で見ていられない。町を歩いてるとすぐ絡んでくるヤンキーたちも鬱陶しいし、隣に住む幼な じみで巨乳のメグミがちょっと気になっている。そんなどうにもならない悶々とした日々を送っているタカシが柔道部の仲間たちと入り浸っている、町に一軒だけあるレンタルビデオ屋があった。そしてそこにAV女優のよくしまる今日子がサイン会にやって来るという噂が聞こえてきて…。予期せぬ事態、大騒動の果てにタカシはよくしまる今日子に会う事ができるのか―?

    「14の夜」に投稿された感想・評価

    寝ても冷めてもおっぱい! なおっぱい男子がモーレツに出てくるおっぱい映画。14の夜っていうかおっぱいの夜。正直バカばっかり。でもそんなバカが愛おしい。

    惜しいと思うのは、予告編通りの展開すぎて、面白さが失われていること。予告編詐欺じゃない分マシだけど、驚きという所は特になくて、これじゃあ あまりにももったいない。
    しゅん
    4.5
    童貞たちのおっぱい揉みたい気持ちに胸が熱くなる作品。
    不良でもなくガリ勉でもない自分たちを居ても居なくても大差ないんじゃないかと思い卑下する感じ、そんなに悪いわけではない家庭環境やかっこ悪い親父への不満、初めてやった喧嘩で負けた時のカッコ悪さ、そんな思いを重ねて『おっぱい揉みたい』という気持ちを爆発させる。
    そう童貞中学生はおっぱいが全てなのだ。将来の不安はおっぱい揉んでるか揉んでないかである。
    飯島愛や瞳リョウ、宝来みゆきや夢野まりあがドンピシャ世代のオジさんはノスタルジーな気持ちにさせてくれる作品。20年ぐらい前、同級生と一緒に宅配裏ビデオ屋に騙されて届いたビデオは画面を覆い尽くすぐらいのモザイクがかかっていて15000円取られた、という甘酸っぱい思い出を思い出させられました。
    この作品は、脇を固める役者も最高だった。特に光石研と内田滋。内田滋が出てる作品は当たりが多い気がする。それに加えて内田滋のおっぱいが 気になって気になって、まだまだ中学生の頃の気持ちが抜けきってないなと思い知らされました。
    ILC
    4.2
    エブリバディウォンツよくしまる今日子
    FT24Chika
    4.5
    めちゃくちゃ好き☆彡
    よくしまる今日子の
    おっぱいを求めて14歳のいけてない男子が青春する妄想ムービー!
    多分14歳の男の子ってあんな感じだろうね!
    おそらく当時女子はそんな風にみてたよ...♪*゚
    あの年代の上下関係は
    暴走族>ヤンキーグループ>いけてない普通以下の普通グループってな具合いに振り分けられてて何時も威張ってるヤンキーも暴走族には…描けてないが暴走族もヤクザには…ヤクザも警察には…ってな具合に誰かが常に上にいる(><)
    そしてお父さんが余りに情けないです…威厳を取り戻して(๑•̀o•́๑)۶ FIGHT☆
    でもなんだかんだで性春がメインで。。。
    あの懐かしい最近は無くなった個人のビデオレンタル屋さん
    1000円は値段高いね…
    店員さんが
    駒木根さんだぁ
    いっくんだぁって感動して
    他にも沢山好きな役者さん出ててたまんない作品でした。
    淺川梨奈さんの幼馴染みうんこ漏らし暴露事件のシーンで必死に彼女のおっぱいを…
    本当に面白かったし懐かしくも甘い青春性春を堪能しました。
    超当たり新作2泊3日でしたが借りて良かった(*´˘`*)♡
    こうして大人の階段上るのだよね☆彡

    『沖田杏梨さん=よくしまる今日子』
    おっぱいは人類を救い、時に狂わせる...
    良きお馬鹿映画
    ジャパニーズ80'sスタンドバイミー。
    色々あり過ぎて散らかりすぎかな。
    ちなみにこの世代です。

    よくしまる今日子...
    チェルシー
    揉め、タカシ
    すっごい一日
    かず
    3.7
    昔も今も中学生って変わらないんだなぁ。

    中学生の夏休みにAVだけが置いてるUFOキャッチャーをしに夜な夜な友達とチャリで行った事を思い出した。笑

    かなり遠かったけどあの時のパワーはきっとタカシのもみくちゃシーンに匹敵すると思う😂

    昔のビデオレンタルが一本1000円ってほんとだったんかな?
    M.K.
    3.1
    このタイトルを聞いて思い出されるのは尾崎豊の15の夜。
    かの曲の歌詞といえば学校や日常に抗いながら、愛しい彼女を置いて盗んだバイクで走り出すって言うヤツ。
    かたや映画は田舎のうだつのあがらない、たぶん、クラスでもイケてない地味なグループの地味な青春。
    しかもエネルギッシュな青春の活力はほぼ性に向けられる、ある意味リアルな中学生日記。
    確かに14才って思い出すと微妙だな。
    死ぬほど続きそうな平凡な毎日と何者にもなれないような鬱屈とした気持ち。
    何か変えたいけど何も変えられない、でもちょっとドキドキして何か変わった気がする、そんな共感できる14の夜だった。
    notitle
    4.1
    スクールカーストの上も下も冷めた目で見つめ、自分は特別と思ってた。気付くと自分が何より普通だった時の、絶望に似た哀しさ。人のせいにして、逃げていた虚しさ。
    唯、この年代は一晩で一気に物事が展開し、一変することもある。駆け抜けて、性春。
    >|