14の夜の作品情報・感想・評価

14の夜2016年製作の映画)

上映日:2016年12月24日

製作国:

上映時間:114分

3.7

あらすじ

1987年の田舎町。中学生のタカシは、ずっと家でうじうじしている父親(光石研)がカッコ悪くて嫌いだ。今日も婚約者を連れて帰って来た姉に対して情けない態度で見ていられない。町を歩いてるとすぐ絡んでくるヤンキーたちも鬱陶しいし、隣に住む幼な じみで巨乳のメグミがちょっと気になっている。そんなどうにもならない悶々とした日々を送っているタカシが柔道部の仲間たちと入り浸っている、町に一軒だけあるレンタルビ…

1987年の田舎町。中学生のタカシは、ずっと家でうじうじしている父親(光石研)がカッコ悪くて嫌いだ。今日も婚約者を連れて帰って来た姉に対して情けない態度で見ていられない。町を歩いてるとすぐ絡んでくるヤンキーたちも鬱陶しいし、隣に住む幼な じみで巨乳のメグミがちょっと気になっている。そんなどうにもならない悶々とした日々を送っているタカシが柔道部の仲間たちと入り浸っている、町に一軒だけあるレンタルビデオ屋があった。そしてそこにAV女優のよくしまる今日子がサイン会にやって来るという噂が聞こえてきて…。予期せぬ事態、大騒動の果てにタカシはよくしまる今日子に会う事ができるのか―?

「14の夜」に投稿された感想・評価


青臭い感じがたまらない。
映画にするようなストーリーでも、展開でもない、クソしょぼい1日の話。


豪華な俳優陣を使ってる割には、技術面がクソすぎる。学生の自主制作の方がもっと上手く撮れてる。
しまいには、カメラの影がガッツリ映り込んでるシーンも。
それは 流石に冷める。
プロとしてありえない。

題材が面白い分、もったいなすぎる。
しげ

しげの感想・評価

4.1
中学生の頃を思い出した。
自分もタカシと同じような感じだった。
無駄にリアルすぎる。
これは名作。
Husky

Huskyの感想・評価

3.5
性への執着や欲望へのエネルギー、主人公たちのヒエラルキー的立ち位置など多くの男が通ってきた道じゃないかな。
自由でいて不自由な鬱屈感がリアルでよかった。
これぞ青春。
青と黒

青と黒の感想・評価

3.4
私は女だから全くわからなかったが男子はこれはあるあるなんだろうか?エロもヤンキーも嫌いなので途中辛かったが朝が来て晴れていてちょっとサッパリしたラストまで見て良かったな。少年が間違いなく成長した一晩だったんだろうな。それにしても父親が最後までクズ過ぎた
frOm

frOmの感想・評価

3.8
浅川梨奈目当て
19の夕方に見ました
よくしまるさんLカップなんは笑う
姑ってくそだるいな頑張れ嫁
光石さん相変わらずうっざいなあほんと上手やなあ恥ずかしい父親うますぎ
門脇麦こんな普通の役もできるんや珍しいな普段一癖しかない役ばっかだから珍しい
浅川梨奈様意外と演技上手くて最高私もあのおっぱいは揉みたいです
最後のキュウソ合ってる
意外とよかった
古臭い映画だと思ったけど、2年前だからつい最近なのね(^_^;)

懐かしい描写はあるものの【こんなの、映画でわざわざ観る必要無い】

現代人は共感できないし、女性もキビシイかと。

久しぶりに時間を無駄にした。
※本当のスコアは0.1
春21号

春21号の感想・評価

2.7
もう色々使い果たされた感がある題材に使い果たされた描き方しかされていませんでした。
2010年以降ほんと頻繁に見るようになった文化系男子の童貞リビドーもの
なんか凄い中途半端で新鮮さが皆無
これがもし2005年あたりなら新しかったのかもしれませんね
ひで

ひでの感想・評価

5.0
血と涙と汗と尿の理由は、大概どれも理不尽なんだって直球のメッセージが突き刺さった。

他の綺麗な青春映画を圧倒してくれた。
テアトル新宿

がびがびになったエロ本が落ちている。

子供の頃は公園とかで遭遇していたが、
東京に来てからは未知との遭遇レベル。
これはインターネット普及の弊害だろうか。
これを体験しているのとしていないとでは
彼らと一緒に突っ走れるか置いてけぼりになるかの分かれ道。

なにもかもがスマートで快適になっている現在にない
あの、がびがびによってのみ生まれるパワーがあったはず。
失われてしまったものを思い出させていただきました。
佑実

佑実の感想・評価

3.0
「あのグループには勝てないけどあの人には勝てるよね、文化系は弱いよね、でも足速ければモテるよね、でもあいつには負けたくない」みたいなカーストを作りたがる中学生時代は今も昔も変わらないんだなあ!
>|