善惡の刃の作品情報・感想・評価

「善惡の刃」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

これが事実に基づいた話で更に2000年台の話だというのだから韓国って恐ろしい…。でもなんか盛り上がりに欠けた感じ。正直途中から面白くなくなっちゃった。なんだろう、料理に余計に味付けしたら元の美味しさがぼけちゃったのと同じで、変に話を盛ったら余計に面白くなくなっちゃったみたいな。犯人があっさりわかっちゃって拍子抜け。そして突然人格が変わる友人にびっくり。それでいて案外あっさりな味付けだった。
ぴぃ

ぴぃの感想・評価

3.8
みんな、一生懸命生きているから泣けた。

ドラマミセンを見た後だったのでカン・ハヌルのギャップが良かった。
gosunny

gosunnyの感想・評価

3.5
いい映画…って…
実話なんだよな…
マジかぁ
yuki

yukiの感想・評価

3.8
見応えのある韓国実話モノ。拝金主義の利を吹聴する弁護士が、金と評判のために請けた10年以上前の殺人事件の真相に迫る中で、自らが内に秘めた正義に気づき始める。事件の裏に潜むいかにもな悪徳警官と、これまた拝金主義・権威主義的な検察の存在に苛立ちを覚える。金持ちにのみ有利に働き、本質的に全く機能していない韓国(に留まらないと思うが、)の法を皮肉る社会派映画ながら、主人公の大泉洋的なだらしなさによる絶妙なバランス感で魅せる。冤罪を訴える青年と共に事件の真相を追究する、バディ・ムービーとしても良い。面白かった。
善悪以前に貧困に抗うゆえに悲劇が起きていることが根本的な問題かと思う。
よっち

よっちの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

裁判のあと、ヒョヌとお母さんが嬉しい顔でカムサハムニダって言うところまで見たかった
Ringo

Ringoの感想・評価

-
ホンマにこんなんあるんやったら
ひどい話や
冤罪の実話ということで重い作品を観る覚悟で観始めたけど、大泉洋感のあるテンポ感と、重さ暗さの強弱がとても観やすい◎

最後はもっと欲しかったけど、実話に対する敬意ということでこれはこれで良いのかな。
>|