弁護人の作品情報・感想・評価・動画配信

「弁護人」に投稿された感想・評価

minohachi

minohachiの感想・評価

3.8
ソン・ガンホ主演。
1980年代初め、独裁政府時代の釜山が舞台。
高卒で司法試験に受かったソン・ウソクは、地方裁判官を経て釜山で不動産登記や税金を扱う弁護士となる。
ブルジョア弁護士として順調に暮らしていたソン弁護士は、昔の恩がある食堂のおばさんから行方不明になった息子ジヌのことを頼まれる。
ジヌは多数の若者とともに社会運動家として拘留され拷問をうけていた。ソン弁護士は彼らの弁護人を引き受けることになる。

この事件は実際におきた釜林事件に取材したもので、ソン弁護士のモデルは第16代大統領ノ・ムヒョン大統領。直近の人をモデルにして作品を作ってしまうあたり韓国映画らしい。

軍事政権のなかで民主化運動が高まった光州事件からつながる釜林事件。
以前ソン・ガンホ主演『タクシー運転手』を観たときにも感じたが、韓国が民主化されたのはついこのあいだで、そこまで多くの血が流されていたことを痛感させられた。
愛国とは何なのか。国とは誰のためにあるのかを考えさせられる。

このレビューはネタバレを含みます

盧武鉉大統領の実話と聴いてびっくり

大統領が任期終了後、何故勇退できないのか。

またここまで国に勤めた人を何故自殺まで追い込むのか。

日本のマスコミもひどいが、隣もすごいものがある。
すう

すうの感想・評価

3.8
熱演。
コミカルじゃないソン・ガンホが好き。
あと、声がいい。
法的のシーンはしびれる。
ふと思ったけど、韓国映画って食べてるシーンがやたら多い。
かほ

かほの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

実話をもとに作られてるとは知らずに鑑賞。無罪を勝ち取れなかった事も、軍医さんが捕まってしまうのもフィクションじゃないもどかしさに納得。
映画として見た感想は、ソン弁護士が弁護士として認められるストーリーとしてまとまってたと思う。
よー

よーの感想・評価

4.0
ソン・ガンホがかっこよかったけど、どうしても髪型の違和感が凄かった。
muka

mukaの感想・評価

3.7
ソン・ガンホの魅力が前面に出た作品だと思う。ホントにこのソン・ガンホという役者さんのような人は日本にはいないよな。

邦画だとスタイルの良いイケメン俳優が主演の弁護士役を演じてしまうんだろうな。
忘れてはいけない、
国家のために
国民がいるわけでは
ないのだという事を。

僕は、あの食堂で、
彼らと語り合いたい。

この料理は、
何故こんなに
美味しいのか?と。

食堂のその味が、
国家のためではなく
国民のために
丁寧に仕込んでくれた
ものなのだという事を。
cube631

cube631の感想・評価

3.2
結構難しい話で理解するのには自分には勉強が必要だった。

理不尽で腹立たしい裁判は酷い。

韓国の映画はよく理解出来なくても、何故か凄いと感じる不思議さがあります。
ただ、役者がいつも同じだなぁとも感じます。
しゅん

しゅんの感想・評価

3.7
韓国の歴史も分かるいい映画だった。
カク・ドウォンの悪役が腹からむかつくぐらいの演技力ですごいなって思った。
meramera

merameraの感想・評価

2.6
韓国って映画俳優10人くらいしかいない?

ってくらい、よく見る知ってるキャストが勢ぞろい、内容も韓国のお国事情がよくわかる

よかった!
>|

あなたにおすすめの記事