弁護人の作品情報・感想・評価

弁護人2013年製作の映画)

변호인/The Attorney

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:127分

3.9

あらすじ

1980年代初めの釜山。学歴はないが、様々な案件を抱える売れっ子、税務弁護士ソン・ウソク(ソン・ガンホ)。大手企業からのスカウトを受け、全国区の弁護士デビューを目の前にしていた。ある日、駆け出しの頃にお世話になったクッパ店の息子ジヌ(イム・シワン)が事件に巻き込まれ、裁判を控えているという情報を耳にする。クッパ店の店主スネ(キム・ヨンエ)の切実な訴えを無視出来ず、拘置所の面会に行くが、そこで待ち…

1980年代初めの釜山。学歴はないが、様々な案件を抱える売れっ子、税務弁護士ソン・ウソク(ソン・ガンホ)。大手企業からのスカウトを受け、全国区の弁護士デビューを目の前にしていた。ある日、駆け出しの頃にお世話になったクッパ店の息子ジヌ(イム・シワン)が事件に巻き込まれ、裁判を控えているという情報を耳にする。クッパ店の店主スネ(キム・ヨンエ)の切実な訴えを無視出来ず、拘置所の面会に行くが、そこで待ち受けていたジヌの信じがたい姿に衝撃を受ける。多くの弁護士が引き受けようとしない事件の弁護を請け負うことに決めるが…。

「弁護人」に投稿された感想・評価

国家権力相手に戦った弁護士の話、久しぶりに真っ直ぐなストーリーの韓国映画で面白かった。

法廷ものとしては特にひねりのないストーリーだけど、真っ直ぐな心を持った主人公とそれを際立たせるソン・ガンホの演技力、ホロリと来るような小さなエピソードを挟みつつ見せ場を作り盛り上げた所でラストシーン、涙腺をガンガン刺激させられた。
Rin

Rinの感想・評価

3.8
実話を元にした法廷劇!
前半はコミカルに進んでいったため、けっこう重めなのを予想してたので面食らったが、後半に進むにつれて前半で出てきた人間関係が絡んで裁判に入っていくので、感情移入すごくしやすかったと思う^_^
後半はソン・ガンホの演技力でグイグイ持ってかれました!

民主主義とは何かと言うのを考えさせる出来でした。
軍国主義の時代の日本もあんなんやったんやろなぁ〜〜

個人的には前半の部分を少し短くして、後半の裁判部分をもう少し詳細に描いてもいいのかなとは思いましたがいい作品でした^_^
カ

カの感想・評価

2.5
「密偵」観たら、ソンガンホをもっと観たくなり「弁護人」借りました。

1980年代初頭の韓国が、民主化へ加速する時代背景。国家が民主化勢力を弾圧させようと捏造事件が起こる。それにただ1人で立ち向かう弁護士の話。

映画自体はよくある、諦めずに悪へ立ち向かう映画。
前半は比較的コミカルに進みます。後半で、シリアスのスイッチが入ったソンガンホの演技に、全身が身震いするほどゾクゾクして、映画に引き込まれます。私はソンガンホだけにこの現象が起きるんだなぁ。

旧友である、記者との関係が良かった。
クァクドウォンの憎たらしさが、ソンガンホの演技に引けを取らず、良かった。

盧武鉉大統領の青年時代がモチーフとの事ですが、弁護人をきっかけに盧武鉉大統領の事を少しだけ調べました。映画には関係ない部分ではありますが…複雑な思いは残ります。

実話ですが、ラストの演出には残念。
主演がソンガンホでなかったら、よくある映画。
mii

miiの感想・評価

3.9
あまりにも理不尽で腹立たしい。
悪に立ち向かう弁護人の法廷でのシーンは見ていて熱くなった。
拷問を受けるジヌを演じたシワンの存在感もすごい👏
Husky

Huskyの感想・評価

3.9
すごい見応えと終わったあとの充実感。
やっぱりこういう腐った権力に立ち向かうスタイルの話は面白くないわけがない。
非常に見応えのある映画だった!

役者さんが素晴らしく
熱が伝わってきて
引き込まれた

事実を元にした映画だけど
淡々となりすぎず、
シナリオがうまいなぁと。

韓国の歴史も学べて勉強になりました。
alpacino

alpacinoの感想・評価

3.7
これを熱演と言わずしてなにを熱演と言うのか。とにかくソン・ガンホの演技が凄い!簡単に終わらせない展開の脚本もいい!
nazmad

nazmadの感想・評価

3.6
ソン・ガンホさすがの熱演が光る弁護士ヒューマンドラマ。筋としてはシンプルでとにかく熱演で見せる。
驚くのは30年前の韓国でこれが本当に起きていたということ。そしてこの弁護士が盧武鉉元大統領であるということ。韓国人にとっては特別な映画であることはまちがい無い。
TSUBASA

TSUBASAの感想・評価

3.9
【拷問による自白の惨さ】82点
ーーーーーーーーーー
監督:ヤン・ウソク
製作国:韓国
ジャンル:サスペンス
収録時間:127分
ーーーーーーーーーー
1981年に実際に釜山で発生した釜林事件をモデルにしている作品。主人公のソン・ウトクは元大統領である盧武鉉の弁護士時代をモデルにしている模様。韓国の社会問題を扱った濃厚な法定映画として仕上がっていて、まずまずの出来です。

弁護士であるソン・ウトクは高卒であるというコンプレックスを抱きながらも、司法書士に負けじまいと個人営業をはじめ出す。ビジネスとしてはかなりうまいこといき、それなりの収入を得るソン・ウトクだが。。

最初は能天気な彼のサクセスストーリーを描いています。司法書士たちに糾弾する!とクレームされながらもよじ登っていくバイタリティは見習わないといけない箇所かもしれません。しかし、中盤からはシリアスな内容となっていきます。なんと、大学生9人が公安により拷問をうけて、嘘の自白を迫られるのです。共産党を弾圧するべく、大学生がターゲットとされたのです。大学生というのは自分たちで考え行動するアカデミックな存在であるため、歴史的においてもよく公権力から弾圧されていました。その公権力に立ち向かう一界の弁護士であるソン・ウトク。果たして彼に勝ち目はあるのか。

日本国憲法においても、拷問による自白が絶対に禁止されていますが改めてその重要度を理解させられました。そして国家に権力をかざすとこんなことになってしまうのかという恐怖さえ覚えました。この時期、日本においても大学生によるデモ運動は盛んだったことでしょう。現代においても権力の濫用が完全になくなっているかといえば微妙なところなので、今作は30年以上前のことを扱ってはいますが、ある意味ホットな話題であると思われます。

後半の法廷劇はかなりの迫力であり、夢中になってしまいます。やはり法廷劇の力強さは言葉にあります。ソン・ウトクを演じるソン・ガンホの演技は素晴らしかったです。法廷映画が好きな方にはオススメできる一品です。
もえ

もえの感想・評価

3.7
ノ・ムヒョンさんがモデルなのですね
そう考えると後々の展開がツライ…
>|