弁護人の作品情報・感想・評価

弁護人2013年製作の映画)

변호인/The Attorney

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:127分

3.9

あらすじ

1980年代初めの釜山。学歴はないが、様々な案件を抱える売れっ子、税務弁護士ソン・ウソク(ソン・ガンホ)。大手企業からのスカウトを受け、全国区の弁護士デビューを目の前にしていた。ある日、駆け出しの頃にお世話になったクッパ店の息子ジヌ(イム・シワン)が事件に巻き込まれ、裁判を控えているという情報を耳にする。クッパ店の店主スネ(キム・ヨンエ)の切実な訴えを無視出来ず、拘置所の面会に行くが、そこで待ち…

1980年代初めの釜山。学歴はないが、様々な案件を抱える売れっ子、税務弁護士ソン・ウソク(ソン・ガンホ)。大手企業からのスカウトを受け、全国区の弁護士デビューを目の前にしていた。ある日、駆け出しの頃にお世話になったクッパ店の息子ジヌ(イム・シワン)が事件に巻き込まれ、裁判を控えているという情報を耳にする。クッパ店の店主スネ(キム・ヨンエ)の切実な訴えを無視出来ず、拘置所の面会に行くが、そこで待ち受けていたジヌの信じがたい姿に衝撃を受ける。多くの弁護士が引き受けようとしない事件の弁護を請け負うことに決めるが…。

「弁護人」に投稿された感想・評価

行きつけの食堂の息子が不当に逮捕されたために高卒で苦労人の弁護士が立ち上がるお話
れな

れなの感想・評価

3.5
弁護士時代の故・盧武鉉大統領の話。
実話。
大統領選でこういう人に投票できる国を素直に羨ましく思います。

けど正直、ソンガンホが主演でなければ琴線に触れずに観なかったな。
あ、でもチェ刑事役のクァクドゥオンがとってもいいです!
りさ

りさの感想・評価

4.3
想像以上の映画だった!
これが実話を基にした映画なんて
信じられないし恐ろしい。

ソン・ガンホは学力も地位もなくて
でも正義のために
一生懸命勉強して法廷にたって。

自分も高卒だからこそ
余計にかっこよく思えた!

警察も裁判官もムカつく!!!
最後のシーンはとってもよかった(*_*)
おすすめしたい映画のひとつになりました(*^^*)
oboe

oboeの感想・評価

5.0
ソン・ガンホさんの演技が最高
ノ・ムヒョン前大統領の弁護士時代の実話話
韓国で最も尊敬されて愛された大統領
国民が最も欠場する大統領
盧武鉉は独裁政府と戦った約漢字たちのために戦った。
既得権権力者たちと戦った。
尊敬される人であった。
最後に白黒映像で出てくるときに涙が出た。
このような人々のために独裁者を低下させ、民主主義と今の発展した姿がある。
感謝する心がある。
jin

jinの感想・評価

4.0
はぁ…すごいなぁ。。ソンガンホの演技。
法廷での気迫溢れる演技に、もう釘付けで息もできないぐらい 笑
同じ韓国映画の「息が出来ない」より息ができないですw
脇を固める俳優の皆さん。
やはり韓国の俳優さんたちの演技は、素晴らしいです!
オダルスさんも良いし、そしてクァク・ドウォン。
もう、顔を見てるだけで「イッラ〜〜💢」てくる。
顔だけじゃ無くて、体型、仕草、話し方。
全て「イッラ〜〜💢」
他の映画を見たときも、そうだったわ〜
本当に、こういう役がピッタリですね。

見応えのある、本当に良い映画でした。
まい

まいの感想・評価

4.2
裁判所と捜査機関の癒着、権力サイドの書いた筋書き通りに話を進めていく姿は、日本も韓国も同じなんだなあとある意味感慨深いものがあった。
拷問と公安警察のあり方などは、この作品(のベースになった事件)当時の政治情勢も多分にあるだろうけれど、本質は今もほとんど変わらない。
弁護人が尋問中に演説したり、感情を露わにするところは映画としての演出として仕方がないと思うとして、相弁護人との不和なんかは現実にも普通にあるよなあという感じ。証人保護の姿勢に著しく欠ける部分があったけれど、実際にはどうだったのか気になるところ。
C

Cの感想・評価

-
到底納得出来ない理由で逮捕され拷問を受ける理不尽さが現実離れしてるよねって冷めるけど実際にあった話なのかよ…拷問描写怖すぎ
kaito.m

kaito.mの感想・評価

4.2
裁判所、検察、警察がぐるになってしまえば、どんな犯罪事実も操作されてしまう。そんな中、すべてを失う覚悟で闘う一介の弁護士の姿に感動を覚える。そんな大昔の話でもないし、完全に他人事でもない。おそろしや。
後に大統領となるこの弁護士には更なる苦難があると考えると何とも複雑な気分になる。あまりイメージの良い大統領ではなかったが、高尚な理想があっても協調性がなさすぎたのかな、なんて想像した。
モロ

モロの感想・評価

3.8
韓国映画お得意の体制側の腐敗や強権を描いております。
取り調べで拷問シーンが出てきても、もはや驚かない笑
本作も事実を基にしてるというのが韓国の闇を感じる。
韓国での警察とか政治家って信頼されてるんやろか、、大統領の行き着く先が逮捕か自殺というところにも深い闇を感じる。
韓国で最も愛された大統領、ノ・ムヒョン大統領の弁護士時代をモデルに、韓国の不当な国家単位での司法の闇を描いたお話。と同時に、主人公が貧乏だった時に食い逃げをした店主の息子を弁護し、無罪を勝ち取ることで恩返しを遂げようとする感動ストーリー。

まず、ソンガンホの熱意たるや演技力たるや、これは間違いなく韓国No.1の俳優ですね。情熱的な役をやらせたら一番です。それから、悪役のイメージがない「コクソン」のクァクドンウォン。あの贅肉と憎たらしい二重顎の肉、あの顔、いい目つきでしたね。

後半の法廷シーンからは安定したものの、前半部での編集の雑なとこ、気になりました。素材が合わなかったんだか、なんだったんだか、動きが不自然なつなぎだったんでいろいろな箇所で違和感がありました。
>|