森のリトル・ギャングの作品情報・感想・評価・動画配信

「森のリトル・ギャング」に投稿された感想・評価

阪上

阪上の感想・評価

3.5
(45)
動物から見た人間世界の描写ってどの作品も本当に面白いしワクワクする
露骨なほどに登場人物の人間が嫌なヤツで、自然界の中の人間の傲慢さをこれでもかと自覚させられる、本当に露骨に笑

このレビューはネタバレを含みます

やっぱ面白い!!

可愛い動物たちとわくわくドキドキほっこりなストーリー。

家族がいなかったあーるじぇいにも家族できてよかったね、、。みんなで仲良く協力して暮らしてね、、!!

動物だいすきです。
ちろる

ちろるの感想・評価

3.6
ずる賢くて、食いしん坊のアライグマRJが、初めて出逢った本当の仲間たちとの大奮闘。

森の動物たちの視点で描かれる人間たちの身勝手さが見ていて心苦しい。

冬眠から目が覚めて気がついたら自分たちの家が奪われたなんて自分たちに置き換えたら恐ろしい。
めげないでなんとか立ち向かう森のリトルギャングが頼もしい。

それにしてもさすがドリームワークスアニメ。
所々に映画愛あふれる遊び心が隠されているのが面白い。
名作映画を模したようなキャラクターネームや設定をパロってみたり、セリフをそのまま入れ込んだりしてるのでそういうのを見つけるだけでも楽しいかもしれません。

RJはもちろんですが、ハコガメのヴァーンをはじめとする森の家族たちの純粋さに心が洗われて元気になれるアニメーション。
GWのファミリー映画としてもおすすめです。
ホッソ

ホッソの感想・評価

2.7

このレビューはネタバレを含みます

音楽・キャラ・映像、全てにおいて平均点というか並の映画でしたね。ドリームワークス全般に言えますが、時間が短いのはグッド。
最後のカメのセリフの「最初にクマのことを聞いていたら、君に食べ物をあげていたよ」っていうセリフがシンプルだけどすごいよかったですね。
KS

KSの感想・評価

2.0
図らずも昨日に続き、郊外新興住宅モノ映画。あとETとかもそうだなぁ。

今日は冬眠中に周りの森を奪われた動物たちの物語。多様性のある家族像だが、男女の間には格差があるように見えた。
monaka

monakaの感想・評価

3.2
吹き替え版で視聴。
演技が所々引っかかる場面があった。
早過ぎて周りが遅れる演出ってここから?
あれ、これマークしてなかった?

もう10年以上前に観ました。
当時の3Dアニメでは一番、動物のフサフサな毛並みの表現が出来てて、それも見所だった覚えがあります(人間の造作はそうでもないけど)。

これも『自己中な主人公がいろんな仲間に出会い成長する』系なんだけど、そこはやはり役所広司の腕前で、憎たらしさも可愛さも激増なんですよ。
いつも思うけど役所広司ほんと凄いよね。

人間の勝手な土地開発で行き場をなくした動物たちが必死に生きる様を描いてもいるし、その勝手で自己中な人間が痛い目を見る「勧善懲悪」的な要素もある。
家族や友達を大事にする気持ちが高まるし、動物達とも共存していきたいという気持ちも芽生える。
さり気なくいいメッセージが込められているいい映画だと思います。

因みに観てるとスナックなどのお菓子が食べたくなるので注意が必要です。
何なら最初からポテチやチョコチップクッキー等を用意して鑑賞するのが良いでしょう。
nanami

nanamiの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

何故か記憶に残る。なんか好きなんだよね、特にいい映画でもないのに。。笑 でも全体的に話はまとまってるし、ちゃんとメッセージというものがあるからいいと思う。動物たちがそれぞれ成長して最後には友達!みたいなありがちなパターンだけどそれなりに面白かった。
nock

nockの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

寝る前は、明るく楽しいものを観たい。

仲間を騙そうとしたR・Jだけど、ヴァーンの仲間たちに親切にされるうちに、自分のしたことを悔いた。
堅物なヴァーンと衝突することもあったけど、R・Jは「家族」を得る。

動物たちも餌集めに大変なんだな。
ジャンクフードに目覚めてしまった彼らはこれからも人さまのおやつを狙うのかしら。

彼らの敵は「地区委員会」の奥様。

お菓子の味を占めちゃった彼らの主食は何になるのでしょうね。

明るい気持ちで観られました。
よく眠れそうです。
akari

akariの感想・評価

2.8
結構前に見た記憶あったけど、ストーリー全く覚えてなかった。
ハミーが可愛い。
>|