シカゴ7裁判の作品情報・感想・評価・動画配信

シカゴ7裁判2020年製作の映画)

The Trial of the Chicago 7

上映日:2020年10月09日

製作国:

上映時間:129分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「シカゴ7裁判」に投稿された感想・評価

よつ

よつの感想・評価

3.6
本作の配給は当初パラマウントだったが、新型コロナの影響でNetflixに売却されたとのこと。
またスピルバーグの降板により脚本担当のアーロン・ソーキンが監督を務めた。スピルバーグは無名の俳優で固めるつもりだったので、色々な巡り合せが本作を名作たらしめたのかもしれない。

実話だと言うのが信じがたいほど不当で恣意的な裁判を描いた作品。

裁判長が駆使する法廷侮辱罪便利すぎる。
裁判長本人は自らの悪意や偏見を自覚していないのがまた憎たらしくて良い。
「私を人種差別者と呼ぶ者は初めてだよ!」
「なら私が二人目になります」
の会話ウケた。

7(8)人の被告たちも一枚岩でなく、それぞれの思惑が交錯するのが面白い。

ジョセフ・ゴードン=レヴィット演じるシュルツ検事がとても好き。
不当な裁判に疑問を抱きつつも、職務を全うしようと葛藤する姿が良かった。

ともすると暗くなりそうな題材だが、ジェリー・ルービンの愛らしい言動がオアシスになっていた。
ハニートラップ仕掛けたFBIのお姉さんと何やかんや良い感じにならないかな…と期待する。
matsuD

matsuDの感想・評価

4.2
実話に基づく映画の中ではかなりの良作。
理不尽な判事に対して、あくまで裁判の中で抵抗していくメンバーがカッコ良い。

あのデイヴィッドが思わず手を出してしまうシーンは思わず息を飲んでしまった。
テツ

テツの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ベトナム戦争に対する反戦デモが、警官隊と衝突。

デモ首謀者7人の裁判を描いた実話で、興味深いストーリーでした。

初めから判事が横暴で、人を公平に裁く気が全く無さげ‼️

最後、裁判中に戦死した兵士の名前と年齢を読み上げるシーンに胸が熱くなった。

この頃は日本でも学生運動が盛んでした。安保反対のデモが大学を占拠してて、子供ながらに怖かった‼️

反戦デモは構わないけど、非暴力的にやって欲しい😃。
Takato

Takatoの感想・評価

4.0
なんか難しい政治の話かなと思ったら男たちの熱い友情物語だった

笑いあり涙あり怒りあり…いやもういかったよ。さるぐつわにはいかったよ。

50年前のアメリカの話であり今のアメリカの話であるという現実。結局何も変わってないのでは!?と思いつつも「4年に一度、俺たちはこの国を変えることができるんだろ?」というアビーの言葉が刺さった。アメリカ人じゃなくても刺さった。
素晴らしい作品でした。

硬派な題材ですが、リズミカルに展開するので飽きません。

特筆すべきは判事の汚い理不尽ぷり。観ながら「いやっ話聞けや!ボケ!」と感情移入してしまいました。
ボールドウィンを読んでる人間に対する信頼よ。「ボールドウィンを読み続けて」
がっつり予備知識入れとかないとどっかで引っかかる映画。
軽快なオープニングにキレのある編集とサウンドスコア。
豪華キャストが無駄なく機能してて、アーロンソーキンの実力を目の当たりにする。
「面白い」というのに理屈が必要な映画だと思った。
MALCO

MALCOの感想・評価

5.0
Netflix入っててよかった👏
説明不要🤫
久しぶりに入り込んでしまった🎞
派手さは無いが、内容、展開、セリフ、俳優陣、どれをとってもよかった👯‍♂️
最後は胸を打たれた🫀
見て欲しい1作🎬
にぴこ

にぴこの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ラストシーン、まさか名前を読み上げているだけでワンワン泣くとは思わなかった。
これぞ脚本の力だと思う。
誰のために彼らは戦ったのか。胸に響いた。
アビーが最高にイカしてた。検事の質問に対しての答え、聞きたかったな。
sayo

sayoの感想・評価

4.0
反戦を訴えるために平和的に行われるはずだった抗議のデモが、徐々に激しくなっていき、警察との衝突へと発展する。
その首謀者とされた7人が罪に問われ、裁判にかけられる…。

最初から有罪にすると決めてかかっている裁判。
裁判長が理不尽すぎていらいらした。

マークライランス演じる弁護人のクンスラーがかっこよかった。怒りながらも冷静に、弁護人としての仕事を全うする。

エディレッドメイン演じる首謀者の1人とされるトムヘイデンの陳述をきけて、やっと少し納得できた。

裁判の映画みていると、こういう状況って日常茶飯事なのでは、と不安になるなぁ。

2021.93.◯
>|

あなたにおすすめの記事