1987、ある闘いの真実の作品情報・感想・評価

1987、ある闘いの真実2017年製作の映画)

1987: When the Day Comes

上映日:2018年09月08日

製作国:

上映時間:129分

あらすじ

1987年1月、全斗煥大統領による軍事政権下の韓国。徹底的に北分子を排除したい南営洞警察のパク所長(キム・ユンソク)が指揮する取り調べは、日に日に激化していた。そんな中、ソウル大学の学生が行き過ぎた取り調べ中に死亡する。隠ぺいのために警察は親にも遺体を見せず火葬を申請するが、何かおかしいと感じたチェ検事(ハ・ジョンウ)は検死解剖を命じる。解剖により学生は拷問致死であったことが判明するが、政府は取…

1987年1月、全斗煥大統領による軍事政権下の韓国。徹底的に北分子を排除したい南営洞警察のパク所長(キム・ユンソク)が指揮する取り調べは、日に日に激化していた。そんな中、ソウル大学の学生が行き過ぎた取り調べ中に死亡する。隠ぺいのために警察は親にも遺体を見せず火葬を申請するが、何かおかしいと感じたチェ検事(ハ・ジョンウ)は検死解剖を命じる。解剖により学生は拷問致死であったことが判明するが、政府は取り調べをした刑事二人を逮捕することで事件を終わらせようと画策する。これに気付いた新聞記者、刑務所看守らは、事実を白日のもとにさらそうと奔走するが、警察による妨害もエスカレートしていく。また、拷問で仲間を失った大学生たち(カン・ドンウォン)も立ち上がろうとしていたー。一人の大学生の死から始まった、韓国全土を巻き込む民主化闘争を描く衝撃の実話。

「1987、ある闘いの真実」に投稿された感想・評価

rumrum

rumrumの感想・評価

5.0
最高でした。
泣いたー。
これが31年前の事件だなんて。
ハジョンウさん、素晴らしかった。
お嬢さんの女優さんも良かった。
重厚な作品。
タクシー運転手観といて良かった。
はせ

はせの感想・評価

4.0
1987年、全斗煥大統領による軍事政権下の韓国。パク所長(キム・ユンソク)率いる南営洞警察は"北の不穏分子"を徹底的に排除するべく、取り調べを日ごとに激化させていた。捜査員による行き過ぎた取り調べによってソウル大学の学生が死亡してしまう。彼らは隠蔽のため遺体の即時火葬を申請するが、疑念を抱いたチェ検事(ハ・ジョンウ)が検死解剖を命じ、拷問致死だったことが判明。さらに警察と政府は真実を隠そうとするが、新聞記者や刑務所看守らは、真実を公表するべく命がけで奔走する。事態は韓国全土を巻き込む民主化闘争へと展開し…

チャン・ジュナン監督による韓国民主化闘争の実話を描いた社会派ドラマ。『チェイサー』『哀しき獣』で死闘を演じたキム・ユンソクが特殊メイクで梅宮辰夫に変身。存在感と威圧感が凄まじい。『チェイサー』のせいでハ・ジョンウがちょっと怖いけど、正義感に燃えるやさぐれ検事ぶりが非常に良かった。

静かだが圧倒的な熱量を帯びた作品だった。これが韓国の現代史か。『タクシー運転手』でも人々の希望がなんとか紡がれていくという燃える展開で、脚本にしやすそうだ。事実を脚色していること自体は飽くまで映画としてのエンタメ性を確保し、多くの人々に韓国で現実にあった歴史を見つめてもらうことに繋がると思う。パンフによると、そもそもこの作品の製作自体が危ぶまれていたそうだが、日本で劇場公開するまでに至って本当に良かった。
すいか

すいかの感想・評価

4.2
軍が支配する国家権力と、民主化を求めた一般市民の闘い。
ソウル大生の警察による拷問死とその隠蔽事件、そして6月民主抗争ーー大統領の直接選挙制改憲を中心とした民主化を要求するデモを中心とした韓国における民主化運動の名称(Wikipediaより)を描いた作品。観ていて気分が悪くなるほどの暴力、隠蔽、保身、捏造…そういったものにまみれた世界の中で、少数の正義と勇気が、徐々に大きなうねりとなって国を動かしていく様が、非常にストレートに、わかりやすく伝わってきた。真剣に国を思い、暴力に屈せず勇気を持って行動した人々、犠牲の痛み…
エンドロールで、ああ、これは本当に現実に起こっていたのだと再確認して、胸に、ずん、ときた。
この映画を観なければ、知らないまま過ぎてしまったかもしれない。お隣韓国で、ついこの間あった出来事。知ることは大事だと改めて思う。観てよかった。
韓国民主化運動中に起こった事件をベースにしたドラマ。ちょっと前の「タクシー運転手」の光州事件に直接繋がる話なのでセットで観ると尚良い感じ。 「タクシー~」もそうだけど、それほど時間が経ってない歴史的事件に‘真実’と言っちゃうのはなかなか微妙。でも面白い。
みや

みやの感想・評価

4.0
主役が変わっていく事で、それぞれの立場で正しいと信じる行為が繋がり、政権を変える大きな力となる様子が分かる。
出演者の顔ぶれが豪華で、この事実を今広めたいという意志を感じます。

大好きカンドンウォンの配役年齢に驚いたけど、そう言われたら見えるかも。贔屓目で、またしても心中穏やかでない状態だった。
mikazuki44

mikazuki44の感想・評価

4.6
構成がすごくいいなぁ。
もうとにかく言葉が出ないよ
キャストも豪華やし、全然長さを感じなかった

真実よりも激しくて悲劇的で
劇的なことはないのかもね
かぼす

かぼすの感想・評価

4.5
韓国にこんな時代があったなんて知らなかった。こんな闘いがあったなんて知らなかった。それもたった30年ほど前に。
一つの事件が大きなうねりになってラストに押し寄せる。ただ涙が溢れた。
見てる間に、鼻血が出そうなほど面白い!!!!
政治とか歴史とか、ヤダーメンドイ映画嫌い〜〜とか観る前は思ってたけど、観たら、完全に『帝国軍がメッチャ強い、しかも拷問がえげつなくて、全然抵抗軍に勝ち目が無さそうなスター・ウォーズin韓国』なんでとにかく観てくれ、最高に面白い、あとエグい、怖い、緊張感がある、どうなるか分からなくてハラハラしどうしのスーパースーパースーパースリリングな展開。
抵抗軍のマジで勝ち目無さそうなのによう勝てたわ、序盤で出くる検察のハンソロが途中で退場するたあ、思わなかったし、帝国軍のダースベイダーとか、その上の大統領とかマジで強過ぎてビビる、頑張ったよ、韓国の人たち……。
あとイケメン可哀想……とか、韓国映画に付き物の拷問シーンは「わりと誇張じゃないっぽい」とか、「軍事政権、まじでこえええええええ」とか色々とすんごく興味深いのでとにかく観てほしい、損はさせない。
一房

一房の感想・評価

4.5
隠蔽、捏造 こんな事されてたら政治や政府の事信じられなくなる。
みんなで団結して掴み取ったその力。良く韓国でデモがあるのがよく分かる。
発言して、消されそうでも小さい一言が大きな言葉になって世の中を変える力になる。
この力強さは日本にはないものだ。
日本は江戸時代からお上の事政治の事と日常は別と考えているから政府の問題より個人の問題が重要度が高いからね。
信じて行動を起こすって事、韓国の力だと思う。
日本もそろそろ首相の直接投票した方が良いと思う。
この時代を生きてきた韓国の人達にはちょっと昔の事だからまだ記憶も新しいだろうな。
韓国も個人的な考えも増えてきてるけど団結する力を忘れずに掴み取っていって欲しい。
ゆか

ゆかの感想・評価

4.1
神の子ユノが下界に降り立った時の韓国でこんなことがあったなんて、マジで信じられないですね。

タクシー運転手観た時も思ったけど、この時代の韓国についてもっと勉強せなあきません。エンドロールが一番泣けました。
>|