13th 憲法修正第13条の作品情報・感想・評価・動画配信

「13th 憲法修正第13条」に投稿された感想・評価

かおる

かおるの感想・評価

3.8
知らなかったことが沢山あって勉強になった。
全然自由の国じゃないな、、と思いました。
ohno

ohnoの感想・評価

4.5
黒人差別の歴史的背景を学ぶには本当に良いドキュメンタリー映画。
もちろん、これを見て全てが学べるなんてことはないけれど、本当に信じられないような事実や数字ばかりで、今まで知らなかった自分が恥ずかしいくらい。自分は本当に生温い世界で生きてるんだなと思う。
自分の家族が自分の目の前で警官に殺されるってことを想像するだけで胸が痛い。

多くの日本人は差別問題を他人事のように捉えている。
だけど、人種、性別、性的指向、、
多くの日本人だって様々な差別に加担してる。
ありのままの自分を肯定できないようなシステムが日本にも存在してる。
日本人にとって差別問題は本当に他人事と言えるのだろうか。
dsqu23

dsqu23の感想・評価

-
“ it’ll show up in another form “

いまもBLMの中心で活動している人が、その人種的なヒエラルキーは今後も形を変えて現れてくる、と自覚しているのが印象的でもあり、根深さを感じる。

ALECの事など殆ど知らなくて、ゾッとした。Strange fruitの写真はいつもはっとさせられる。

監督のインタビューも併せて見てほしい。
K

Kの感想・評価

-
これは何世代にも受け継がれるべきとても価値のあるドキュメンタリーです。
アメリカは本当に”自由の国”なのか。
BLMの運動にどれだけの意義があるのかを知ることができます。
一度だけ、一度だけでいいので見てください。
授業の一環で鑑賞。
内容的に点数がどうのこうのという映画ではないと思いますが、非常に勉強になったうえに、途中でラップが入る演出など構成面でも工夫がされていてとても良かったので、一応点数をつけさせてもらいました。

この作品を観ると、いかに人種差別問題が根深いもので、そして意図的なものであったのかがよく分かります。長い歴史の中でつもりにつもってきたことが、今ようやくこうして世間で語られるようになった…それだけでも進歩してきてはいるのでしょう。
とはいえ、未だに差別はなくならないし、解決は本当に難しい問題だと思います。日本人でも他人事ではないし、人種差別問題はあらゆる場所に存在しているとも思います。すぐに出来ることはあまりないかもしれませんが、日々こうした問題と向き合って、考え続けていくということが大切だなと思いました。
もな

もなの感想・評価

4.2
なぜこうなったのか薄くではあるけど知れた
自由の国って誰がつけたんだろう
面白さとは別に見るべき作品。

言葉を額面として理解をしている“差別”だが、自分も含め本質を理解できていない人が多いのではないかと思った。

この作品を他の映画同様に評価する事はできない。
差別は制度の廃止だけを意識しても、形を変えながら生き延びてしまう。
でも、今は社会の根本から変えようという大きなうねりを感じていて、少しでもいい方向に進んでほしい。
問題が顕在化するほど、それは変化の過程でありチャンスだと思う。

このレビューはネタバレを含みます

授業の課題のために見たけど、衝撃的だった。自分が知らなかったことばっかり、、、憲法の目をかいくぐって黒人を犯罪者にすることで実質奴隷の扱いをし労働力搾取であったり、政治戦略、ビジネスにまで利用していた。刑務所産業ってあったことも知らなかった。
黒人の凶暴的なイメージの元は映画から作られていた。犯罪率が高いのも軽犯罪を取り締まったり、冤罪だったりした。メディアの力って思って大きい分、そのまま受け止めてしまうのは危ないことだとわかった。
ちょっと悲惨な写真や映像もあって心が痛むけど、アメリカの実情を知るためにも見てよかった
ヤコ

ヤコの感想・評価

4.5
FBIというか権力のあるマジョリティは人権を求める活動家のことをすーぐ危険人物扱いするよな
黒人指導者然りジェーンアダムズ然り
>|