私はあなたのニグロではないの作品情報・感想・評価

私はあなたのニグロではない2016年製作の映画)

I AM NOT YOUR NEGRO

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

アメリカ黒人文学を代表する作家、ジェームズ・ボールドウィンの原作を映画化した本作。ボールドウィンの盟友であり、30代の若さで暗殺された公民権運動のリーダー、メドガー・エヴァース、マルコムX、マーティン・ルーサー・キング牧師の生き様を追いながら、60年代の公民権運動から現在のブラック・ライブズ・マターに至るまで、連綿と続くアメリカの人種差別と暗殺の歴史に迫る。

「私はあなたのニグロではない」に投稿された感想・評価

差別は白人が白人であることによるとか、白ありきの黒とか分厚い本で歴史を勉強して分かることがさらっと語られてた
Xxxzzy

Xxxzzyの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

アメリカに生きる黒人の環境は60年代と大して変わってない。その中で生きる黒人のタフさをやはり讃えずにはおれないと同時に劇中にもあった通り、何かできることは常にあるはず。エンディングのケンドリック・ラマーがパンチ効いてた。
棺桶に入った著名人の姿がこんなに映像で残されてるのに驚いた。白人黒人関係なくお国柄によるものなのかなあ、、?
昔の差別は露骨だけど、今も根っこは変わってなさそう。やられた側にしかわからない。
mikaramu

mikaramuの感想・評価

3.9
動くボールドウィンをたくさん観れた。何度か繰り返される、「黒人問題」ではないのだ、というメッセージを抽象化して自分が生まれ暮らす現在日本に置いてみる。キーワードは「黒人」ではなく「奴隷」なのだろう。
「私はあなたの奴隷ではない」。
「パリでは、こんな思いはしなかった」のセリフ、一緒に観た家族に「ヨーロッパ圏では、黒人問題はあまりないのかな?」と話したら、「韓国人が日本では差別されるけど、日本国外ではあまり言われない。それと似たような感覚じゃないかな?」と。

そのセリフで、あの映画の問題の本質が少し分かった気がしました。
dsqu23

dsqu23の感想・評価

4.4
当事者にしか分からない。そう言われたらそうかもしれない。
ただそれを知ること、他者について考えることになにかを変える力があると信じてる私は「偽善者」なのか

ボールドウィンの言葉が
全くもって半端じゃない

無知、無関心に疑問をぶつけるその全てが本気であり、アメリカだけの問題ではなく自分たちもその「中」にいることを強く意識した。

兎に角見てほしい
mittsko

mittskoの感想・評価

-
トランプ政権が誕生し、人種問題が再燃するアメリカ…(´・ω・) それを見据える本作は、50年以上も前の公民権運動時代を内側から深くえぐり取ろうとする。もの凄い迫真性にすっかり釘付けになってしまった…

アメリカ黒人文学を代表するジェームズ・ボールドウィンが完成させることができなかった、おそらくは1960年代半ばの30頁の小文が原作。それをサミュエル・L・ジャクソンがずうっと朗読していき、それに合わせて当時の映像が次々と当てこまれていく。そこには現代の映像も差しはさまれていて、彼の国の人種問題がいかに根深く根強いものかが印象づけられる。

商業的な成功が見こめるはずもない本作を、小さくない規模で上映させた興行元と劇場に心よりの敬意を捧げます。公開からしばらく時間は経っているとはいえ、観客は3人だけでした。一人でも多くの方に観ていただきたいです!
記録

難しいというか、分からないことが多すぎるとか、勉強不足でもったいなかった。

空気感がわかってるようで分からない 日本に置き換えると在日みたいな感じなのか?
Tomo

Tomoの感想・評価

4.5
黒人よりも白人側が壁を作って戦っているというセリフに心うたれた。
ボールドウィンと大学教授の討論が、2者のすれ違いを端的に示していた。ガックリする。最近の日本で貧困についての政治家の言い分みたい。見えている世界が違いすぎて。だからこそ声を上げなきゃいけないんだ、ってボールドウィンを見ていて思った。これを機会に積ん読していた「世界と僕のあいだに」を読み始めるか。
>|