グローリー/明日への行進の作品情報・感想・評価

グローリー/明日への行進2014年製作の映画)

Selma

上映日:2015年06月19日

製作国:

上映時間:128分

3.7

あらすじ

1965年3月7日、黒人の選挙権を求める525人が、マーティン・ルーサー・キングJr.牧師と共にアラバマ州セルマで立ち上がった。 彼らは非暴力を貫きデモ行進を行うが、白人知事率いる州警察の暴力的鎮圧に、わずか6ブロックで妨げられてしまう。しかし“血の日曜日事件”として全米のニュースに流れたその映像は、人種をまたぎ、全国の同士たちの心に火をつける。 2週間後、再び抗議のデモ行進が計画される。 …

1965年3月7日、黒人の選挙権を求める525人が、マーティン・ルーサー・キングJr.牧師と共にアラバマ州セルマで立ち上がった。 彼らは非暴力を貫きデモ行進を行うが、白人知事率いる州警察の暴力的鎮圧に、わずか6ブロックで妨げられてしまう。しかし“血の日曜日事件”として全米のニュースに流れたその映像は、人種をまたぎ、全国の同士たちの心に火をつける。 2週間後、再び抗議のデモ行進が計画される。 日々増え続ける参加者数は2.5万人にまで膨れ上がり、やがてその行進は、米国大統領を巻き込み、世論を、そして世界をも突き動かしていく――。

「グローリー/明日への行進」に投稿された感想・評価

tomomi

tomomiの感想・評価

3.8
人の心を動かす行動力、正義感に圧倒されました。誰かが声をあげなくては、平和なんて訪れない。キング牧師の勇気ある行動に助けられた人がたくさんいたでしょう。この映画で少しだけ触れられていたマルコムXにも興味がわきました。
原題は『Selma』か。「I HAVE A DREAM」は知っていたけどキング牧師について詳しくは知らなかった。彼がメンフィスで凶弾に倒れたのは1968年の4月4日。39歳だったと知って3つの事に驚いた。ひとつはその若さに。彼らはその歳で世界を変えたんだ。もうひとつには彼が亡くなってまだ50年と言う事。つまりわずか50年前、アメリカはまだ人種差別が当たり前の世の中だったのかと言う事。そしてよく考えたら50年経っても人種差別と言うものがこの世界にまだ横たわり続けていると言う事。人種や民族間の対立を煽る事で政治や経済に利用され続けている現実。キング牧師の「夢」はまだ半ばなのかもしれないなぁ。
imagoo

imagooの感想・評価

4.6
You should definitely see, and never forget this history.

#Selma
#MartinLutherKing.Jr
#AvaDuVernay
#DavidOyelowo
#TomWilkinson
#CarmenEjogo
#AndreHolland
#LorraineToussaint
#Common
#CubaGoodingJr.
#TimRoth
キング牧師の実話に基づく、正統派な歴史もの。
全体的に丁寧なつくりで、キング牧師役のディビッド・オイェロウォの役作りも素晴らしい。演説シーンは特に。
音楽も、ブラックミュージックを所々に挟んでくるのが◎主題歌もラップだし。
アもん

アもんの感想・評価

3.8
ジョン・レジェンドの最後のおらー!感が凄い。
普通に感動する。凄い話だなぁ。
大統領がテレビでスピーチするのを見て、よっしゃーー!みたいな雰囲気でなく、よし。というキングの態度がかっこいい。
けして完璧に力強い人間!というわけでない描写が素敵。
襲われるシーンの残酷さもよく伝わった。
社会科の授業で見せる映画。
amao

amaoの感想・評価

4.0
キング牧師の名前と何したか
うっすら知っていたくらいで
全然詳しくはなかったのでレンタル。

正直、作品を観て世の中何も変わってない気がするなーと思ったけど
それでもきっとこの頃に比べれば
ほんの少しでもまともになっているのかもしれないなあと。

日本であからさまな人種差別に
遭遇したことがないから
現実味を感じない内容だけど
海外ではこういうのは日常茶飯事なんだろうな。

かなしい世界。
たいへん勉強になります。キングは牧師ならではのお説教で、心が動かされます。この間のイギリス王室の結婚式での黒人主教のお説教を思い出しました。ブラッドフォードヤングの映像素晴らしいな。
肌の色が違うだけで、死んでしまうまで殴りつづける気持ちがどうしても理解できない。
ErnieHoyt

ErnieHoytの感想・評価

3.5
2014にリリースの映画。原題は「セルマ」。見る前に多分感情的になるのを覚悟しましたが、やっぱり自分にとって人種差別は許せない。この映画はマーティン・ルーサー・キングが実行した行進を描いたものです。アメリカはベトナム戦争で戦ってる兵士もいればアメリカ国内、特に南部が黒人に対する差別がまだまだ続いてました(いまでもそうですけど)。行進の目的は黒人たちの投票する権利。アメリカ国民全員が見るべき映画です。
観ている間、最近起こった人種差別のニュースが思い出され、今も変わってないんだなぁとなんとも言えない気持ちになりました。
当然の権利を主張してるだけなのに、いじわるな質問をされたり、迫害を受けたりして、唖然とします。
この映画の出来事をよく知らなかったので、あの時代に生きてきた黒人達が一致団結して生きてきたことがよくわかり、命の危険があっても、行進をして変わる保証はなかったけれども、あの行進が、自分達の意思表示として大切なことだったんだなと思いました。
自分がどう思うかというのって大事だなぁと。

キング牧師が、行進の前に、命の危険があるからと行進や演説の中止を求められていたシーンで、「(最後まで見届けられなくても)彼らが光あるところにいたら、僕は満足」というようなセリフを言っていた時、イエスさまのことを思い出し、イエスさまにかぶりました。

イザヤ53.11
「彼は、自分のいのちの激しい苦しみのあとを見て、満足する。…」

また、自分達には良い道に見えるかもしれないけど、神さまに従って立ち止まることも大切っていうね。
キング牧師をはじめ、大勢の橋の上での祈り、印象に残りました。

今も悲劇的な出来事はたくさんありますが、だからといって諦めたり、何もしないのではなくて、それをきっかけに、この映画のように改善される働きが生まれて、私も賛同していけるといいな。
>|