グローリー/明日への行進の作品情報・感想・評価

グローリー/明日への行進2014年製作の映画)

Selma

上映日:2015年06月19日

製作国:

上映時間:128分

3.7

あらすじ

1965年3月7日、黒人の選挙権を求める525人が、マーティン・ルーサー・キングJr.牧師と共にアラバマ州セルマで立ち上がった。 彼らは非暴力を貫きデモ行進を行うが、白人知事率いる州警察の暴力的鎮圧に、わずか6ブロックで妨げられてしまう。しかし“血の日曜日事件”として全米のニュースに流れたその映像は、人種をまたぎ、全国の同士たちの心に火をつける。 2週間後、再び抗議のデモ行進が計画される。 日々…

1965年3月7日、黒人の選挙権を求める525人が、マーティン・ルーサー・キングJr.牧師と共にアラバマ州セルマで立ち上がった。 彼らは非暴力を貫きデモ行進を行うが、白人知事率いる州警察の暴力的鎮圧に、わずか6ブロックで妨げられてしまう。しかし“血の日曜日事件”として全米のニュースに流れたその映像は、人種をまたぎ、全国の同士たちの心に火をつける。 2週間後、再び抗議のデモ行進が計画される。 日々増え続ける参加者数は2.5万人にまで膨れ上がり、やがてその行進は、米国大統領を巻き込み、世論を、そして世界をも突き動かしていく――。

「グローリー/明日への行進」に投稿された感想・評価

INFOBAR

INFOBARの感想・評価

3.5
良かった。
ただ「歩く」ことで世界を変えた男の、感動の実話ーー
黒人選挙権を求めるデモ行進の人々を警察隊が暴力で弾圧。
1965年3月7日アメリカ南部アラバマ州セルマ ”血の日曜日”
正直、自分には実感がなく難し~い作品でした
南北戦争から100年たっても無くならない人種差別…
選挙人登録時の質問とか、そうだったんだーとか思った。
キング牧師と正反対のマルコムⅩとか気になってきます。

🎥287本目/17年
デモなんかで行進してるけど
その原点ですね。
行進する事の難しさ
その難しさを突破する集合体の強い意志に強烈に感動しました。
もちろんキング牧師の演説能力も天下一品で心揺さぶられます。

ラストに当時の行進映像が流れ
エンドロールでもグローリー歌い終わってから行進の時に合唱してた当時の音源が流れます。本当にシビれます!


行進、非暴力の重要性はもちろんですが
ジャーナリズムの重要性も強く感じました。差別や賄賂で揺るがない中立の立場で事実を報道する意義を再認識されられましたよ。

そしてこの行進に3割くらいの白人も参加し
それをよく思わない白人たちから一部犠牲にあったのも見逃してはいけない。
この白人たちが参加したからこそ成し得たとも考えられるので。

意志の強さほど人々に共鳴させるものはないしその共鳴が人々を歩かせますね。
黒人と言うだけで、殴られ、殺され続けたアメリカの歴史上
キング牧師の存在がいかに大きなものだったかよく理解出来る映画だと思う。
家族を殺されるかも知れない状態でも無抵抗運動を続けていくキング牧師と
家族の覚悟に心打たれました。
言葉で言うのは簡単だけど実際に行動を起こして闘うって想像を絶することだと思う。
なぜ、人は民族の違い、肌の色の違い、宗教の違いなど様々な違いで
差別し、排除しようとするのか?
自分が排除される側だったらどうするのか?どう思うのか?
アフリカから奴隷として連れて来られ、過酷な労働と環境に耐えてきた
人々の心の叫びが聞こえてくるようです。
maronran

maronranの感想・評価

4.8
今年、世界の選挙制度や選挙権の歴史について勉強する機会があって、初めてキング牧師のこと、デモ行進のこと、演説のことを知りました。こんな勇気ある人々がいたんだなー。

キング牧師のことはもっともっと世の中に知られるべきだし(アメリカでは有名なのかな?)きっとこの映画を作った人は、もっと知ってほしいと思って作ったんじゃないでしょうか!

追記
キング牧師って有名なんですね。。私が知らなかったのは世界史の時間寝ていたからかな。。
RsK

RsKの感想・評価

3.6
ワシントン大行進ではない、公民権法成立のその後を描いてる作品。

法律が制定しても黒人差別は全然消えていない。演技だと分かってても暴力シーンは見てて辛くなるし当時の白人に対してムカっとしちゃう。

キング牧師の葛藤や家族とのすれ違いも描かれててすごく人間味が溢れてた。
koji420616

koji420616の感想・評価

3.7
肌の色違いで、差別があった時代は、世界みんな映画、音楽を通じて、知るべきだ。
これからも、知見していきたい。
すーも

すーもの感想・評価

5.0
ひたすら涙が止まらなかった。
人間の愚かさと素晴らしさを同時に見た感覚。
差別され続けた人々は、どんなにひどい目にあっても非暴力を貫いた。何度打ちのめされても諦めず立ち上がった。
なんて強いんだろう。
人種差別はなぜなくならないんだろうという根源を考えさせられた。
キング牧師の言葉が胸にささる。

偉大な人ほど自分を平凡だというものだ。
もっとたくさんの人に見られるべき作品。
とり

とりの感想・評価

4.5
正直、これがどれだけ凄い映画かは分からない。ただ、圧倒されて胸打たれることは間違いない。心をかきむしられる。見た目からキング牧師にそっくりなデヴィッド・オイェロウォの演技は圧倒的。演説は感動的。至極全うな抗議・人権を取り戻すための抵抗の50マイルを歩くのか?最後には希望の種が蒔かれる実に意義深い作品。いいエンディング。

全ての教育現場で見せるべき作品。公民権運動の生々しさが詰まっているよう。当時の愚かで傍若無人な白人共の凝り固まったあまりに幼稚な価値観は見ていていつも苛立ちを覚え、歯痒くなるばかり。そして今なおそういう価値観を持って生きる保守と言われる自惚れ上がった人々が平然といるのも胸糞が悪くなるばかり。何故、お前らが声を張り上げ苛立てたるのか。何様のつもりか。見ていて不愉快極まりない卑怯ものたち、お前たちが一番イカれてる。当時の白人の憎悪が全く理解できない、したくもない。肌が白くなかったら生まれてきただけで罪ですか?
「潔白なアメリカ市民などいない」肌の色は関係ない。
またしてもちゃっかりPLAN B。いや、むしろ本作ぐらいから賞レースに絡むような、人種問題に目を向けたドラマを製作するようになったブラピの製作会社。けど、12 Years A Slave『それでも夜は明ける』も『ムーンライト』もどこか賞レース向きな臭いがする。つまりサミュエル・L・ジャクソンが不愉快になるような。ぼくの好きなキース・スタンフィールド君がやはりいい。ティム・ロスのこと嫌いになる。ジョバンニ・リビシの頭のハゲさせ方!
Selmaを『グローリー』とか、Hidden Figuresを『ドリーム』と同じようなタイトルの付け方。確か本作、日本ではビデオスルーだったっけ?だとしても、もうちょっとどうにかできなかったかな。相変わらず安直極まりない日本の宣伝。
勝手に関連作『アラバマ物語』『マルコムX』『ガンジー』『ミシシッピーバーニング』『グレート・ディベーター』『ハリケーン』『フェンス』『ミルク』『パレードへようこそ』
TOMATOMETER99%、TOMATOMETER86%
Fueled by a gripping performance from David Oyelowo, Selma draws inspiration and dramatic power from the life and death of Martin Luther King, Jr. -- but doesn't ignore how far we remain from the ideals his work embodied.
1%の否定的レビューは保守的な連中かな?それか逆に本作から微かに製作における白人の都合を感じ取った鋭く良心的人々??後者であってほしい。
平均評価を8.7/10、批評家の総意を「デヴィッド・オイェロウォの心を掴む演技に勢いを得て、『グローリー/明日への行進』はマーティン・ルーサー・キング・ジュニアの生と死から感動とドラマティックなパワーを引き出している――と同時に、彼の業績の湛えた理想から我々がいかに遠いところにいるかを見落とすことがない」
tommy

tommyの感想・評価

3.5
60年代に黒人の選挙権を求めてデモ行進をしたキング牧師の話。
キング牧師の事は詳しくは知らなかったので興味深かったが、当時の事実が重々しいだけで、映画としては内容が薄いと感じた。
個人的にはスパイクリーのマルコムXのように牧師の幼少期からもっと詳しく知れたら、この映画もより面白く感じられたかもしれない。
michi

michiの感想・評価

3.5
2017-07-14

アメリカ公民権運動の最中、アラバマ州セルマで起こった血の日曜日事件を題材に描いた歴史ドラマ。
「血の日曜日事件」もキング牧師も聞いたことある程度だったので
デモ行進に至るまでの経緯が分かりやすく画かれていて良かった
今なお残る差別や偏見について考えさせられる!!
>|