グローリー/明日への行進の作品情報・感想・評価

グローリー/明日への行進2014年製作の映画)

Selma

上映日:2015年06月19日

製作国:

上映時間:128分

3.7

あらすじ

1965年3月7日、黒人の選挙権を求める525人が、マーティン・ルーサー・キングJr.牧師と共にアラバマ州セルマで立ち上がった。 彼らは非暴力を貫きデモ行進を行うが、白人知事率いる州警察の暴力的鎮圧に、わずか6ブロックで妨げられてしまう。しかし“血の日曜日事件”として全米のニュースに流れたその映像は、人種をまたぎ、全国の同士たちの心に火をつける。 2週間後、再び抗議のデモ行進が計画される。 …

1965年3月7日、黒人の選挙権を求める525人が、マーティン・ルーサー・キングJr.牧師と共にアラバマ州セルマで立ち上がった。 彼らは非暴力を貫きデモ行進を行うが、白人知事率いる州警察の暴力的鎮圧に、わずか6ブロックで妨げられてしまう。しかし“血の日曜日事件”として全米のニュースに流れたその映像は、人種をまたぎ、全国の同士たちの心に火をつける。 2週間後、再び抗議のデモ行進が計画される。 日々増え続ける参加者数は2.5万人にまで膨れ上がり、やがてその行進は、米国大統領を巻き込み、世論を、そして世界をも突き動かしていく――。

「グローリー/明日への行進」に投稿された感想・評価

mxvrt

mxvrtの感想・評価

5.0
キング牧師の非暴力の戦いがどのようなものだったのか、とてもわかりやすく描かれている。
時代がまた逆行しようとする中、今この物語を伝えなければとの強い意志を感じる。
映画JP

映画JPの感想・評価

3.0
憲法で認められていようとも、暴力による弾圧に負けてしまう。選挙権の正当性を求めてキング牧師率いる黒人達が大行進する。
ウタ

ウタの感想・評価

3.7
キング牧師の事はある程度知っていたのだけど、改めてこうして映像で観ると胸に来るものがあります。

人種差別っていつの時代もなくならないよね…。
消えたようでまだ深いところでは根付いているし。

なにはともあれ、EDが素晴らしかったです!
映像と歌と歌詞と…私の心にも正義の灯が燈される気がしました!(ちょっとグレンラガンの曲を思い出した)。

史実として抑えておきたい1本。
良作。

このレビューはネタバレを含みます

キング牧師の演説の演技、引き込まれるものがある。
キングが行進中に橋を引き返したときは、観るのやめようかなーとすら思った。
世界を動かした行進だが、大統領が自分の名声のために動いたとしか思えず、なにやらモヤモヤ。そこに信念が宿っていれば、もっと感激できただろうけど、まあ仕方ないか。
なぜ黒人に寄り添う白人まで殺さないと気が済まない輩がいるのか、本当に理解に苦しむ。今でも差別は続いている。いつか、なくなる日が来て欲しい。
りたお

りたおの感想・評価

3.0
昔みた気がしなくもない。

よくあるけど、あの価値観が当たり前だったって信じたくない。戦った人達偉大だ。
chr

chrの感想・評価

4.2
セルマ。公民権運動時代。数年前に授業の課題で観たけど、ちゃんと映画として観たいと思ってもう一回鑑賞!
完璧な人間などいない。どんな偉人も完璧ではない。それにしてもいい音楽使ってるなぁ
ロングウォークホーム、大統領の執事の涙、あとドリームも観直したい。
nobu0326

nobu0326の感想・評価

3.8
50数年前のアメりカの開拓時代から続く人種差別の終焉を描いている。宗教の力、キング牧師の人間性、ジョンソン大統領の葛藤、そして当時のテレビの映像には思わず見入ってしまいました。ハリーベラフォンテ、サミーディビスJrが若い。
りーん

りーんの感想・評価

3.7
勝利と自由への行進。
歴史の教科書に小さく書いてあったキング牧師たちの公民権運動には、これほど壮絶なできごとがあったなんて知らなかったです。
ジョンソン大統領も、キング牧師に説得されての決断だったのかな。
振り下ろされる警棒と逃げ惑う人々が現実のものだったなんて。橋の上の惨事を見て集まった人たちにも容赦のない差別の根を恐ろしく感じました。
またひとつ勉強になった。
ティム・ロスさんの存在感…!
非暴力!でもやっぱり映画の中は暴力でいっぱい!
キング牧師は本当にヒーロー!多民族国家アメリカ🗽歴史の1ページを体験です。
優しい映画だった。内容の厳しさから身構えたが、過激な表現を避け憎悪を掻き立てることをしなかったのでほっとした。公民権運動や人種差別に限定することなく、自分の主張を通したいときどのように行動すべきか学ぶところが多いので、戦ってる人に見てほしい。集団をまとめることの難しさ、先を見通すことの難しさなど実生活に照らせる。神に等しい実在の人物を演じきったデヴィッド・オイエロウォもよかったし、ヒール街道まっしぐらのティム・ロスの頑迷なレイシストぶりもよかった。
>|