グローリー/明日への行進の作品情報・感想・評価

「グローリー/明日への行進」に投稿された感想・評価

本日の作品は、アフリカ系アメリカ人公民権運動の指導者として活動した、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアとその活動について描いた作品をご紹介します。

時代も時代、ようやく人種間の問題や男女間の問題などが、映画界でも話題になるようになってきたここ最近。このように、これまでにその問題にぶつかり、戦ってきた人を描く作品は、これまでもまたこれからもどんどん増えていくでしょう。

我々日本人は、このような世界的なテーマに触れるのが遅い習慣がありますが、オリンピックなどの関係もあり、私たちがこのようなテーマを目にする機会も増えることは間違いないです。

そこで、今作を通してみていくのは、黒人のキャストを映す撮影方法です。

撮影監督が最も重要視する要素として、スキントーンというものがあります。いわゆる肌の色で、この肌の色をどう引き出すのか、またどう隠すのかを工夫することで、そのキャラクターの人間味を視覚的に表現することができるからです。

我々は日常的に生活していて、周りの環境に準じて視覚要素を調整しているので、あまり気にすることはありませんが、照明によって、またカメラのセッティングによってスキントーンは大きく変化しますし、それによってキャラクターにも大きく変化が出てしまうということです。

今作では、主要なキャラクターがアフリカ系アメリカ人で、黒人の方が多かったですね。撮影のテクニックとして、白人の人の照明、黒人の人の照明、アジア人の照明、中東の人の照明、というステレオタイプというのは昔からあります。それは髪の色なんかでもそれぞれ異なったものがありますね。

今作の特徴としては、ストーリーの主軸として、壁に立ち向かう人々の強い意志、というものがあり、それを撮影で表現するということに大きく挑戦していました。

特に印象的だったのは、輪郭を型どるハイライト。

キャラクターの顔全体を照らすのではなく、半分だけ、時には1割だけハードライトで照らすことで、くっきりとした輪郭が浮き上がり、さらには光が当たってない部分はディテールの全くないシャドーが支配します。
これは、黒人の人のスキントーンの特徴を利用し、心に宿る力強さだったり、人と人との絆の強さだったりを、潜在的に感じ取らせるような照明です。
特に室内のシーンは極力シンプルなキーライトだけにするなど、シンプルだからこそなせる真っ直ぐさを画面から見て取ることができます。

このように、撮影監督は大きな枠組みから、小さなディテールまで挑戦を繰り返す生き物です。笑

毎回の作品で新しい撮影監督に出会えること、また別の作品でさらなる躍進や挑戦を大きな画面で見れる事だけでも、映画を映画館で見る楽しさにつながりますよね。
歴史は追えているし、一定レベルの映画ではありますが、この映画を観て興味を持たれた方は、ぜひドキュメンタリーなどでキング牧師の演説を観てそのカリスマに触れてほしい。
以前に観た「大統領の執事」からキング牧師の運動を知りたくて観賞しました。
しかし、大体知っていた知識であったり淡々と描かれていたことあり、眠気との戦いでした。
オバマ大統領時代から50年程前まで公然と差別が行われていたことには改めて考えさせられます。
いつも聴いているビートルズと同じ時代の話なんだと考えると最近のようにも感じます。
tukino

tukinoの感想・評価

5.0
コミック「MARCH」を読み、なんとなく知っているつもりの公民権運動について何も知らないことを痛感。その流れで視聴。家族の危機も交え、キング牧師や周辺の人々の苦悩、奮起など、あますところなく伝える。さらに関連本を探してみよう。
Motiyuki

Motiyukiの感想・評価

4.0
こんな事が数十年前に起こっていたなんて信じられませんね。こういった事をもっと知りたいです。記録として、観られて良かったです。
キング牧師のひととなりが伝わってくる、いい映画だった。クライマックスの演説シーンは、登場人物の後日談とか挟まないで、そのまま見せて欲しかったな。余計な情報が邪魔して尻窄み感が。あと、スローモーションの多様とか鬱陶しく感じるシーンもあり、ちょいちょい残念。
masha

mashaの感想・評価

-
記録
U-NEXT

2018年/100

肌の色が違っても同じ人間なのにね…
未だにアメリカは差別の温床でしかない
世界のリーダーを名乗る資格もないし、キング牧師が本当に居た国なのかと疑問しかない!
アメリカ人だけでなく日本人含め世界中の人が、この映画を見てキング牧師の思いを考えて欲しい!
興味深かった。

パッと変わる展開はなく
こういった実話を基にしたヒューマンドラマ系が黙ってみれない人間はまず見れないだろうね。


キング牧師の公民権運動の話で
(授業で鑑賞)先生曰く、恐らく一番忠実に再現してるのではないかとのこと。

キング牧師の言葉がいつも前向きで
責任と勇気を兼ね備えた言葉だった。

脱げず戦ってる勇姿が素晴らしい。
どんな困難なことにも前向きに
進むキング牧師と運動に参加した人たち


最後の方では、主要な人物たち(黒人が主役)のその後。この人は州の議員にとか
この人はどんな役職などが紹介され

晴れて自由を勝ち取った「証拠」ノンフィクションっていうのがすごく伝わってきた。

グローバル化が進む中
島国日本も人ごとだとは思わないように
しなければいけないと思った。
キング牧師を描いた初めての映画って事らしい。

キング牧師と言えば、黒人の牧師さんで「私には夢がある」ってスピーチで有名ってレベルでしか知らなかった。
アメリカでリンカーン大統領が奴隷制度を撤廃しても
人種差別は無くならなかったという歴史が前提にある。
何よりビックリしたのはキング牧師が39歳で暗殺されたってこと。
有名な演説の時は34歳。若っ!!!
運動の指導者になったのが26歳とのこと…
飛び級して若くして大学に入った優秀な方というのもビックリ。

個人的にはちょっとエンタメ的な過剰な演出が強く感じたけど
エンドクレジットで流れる曲で感動した。
力技。

しかし「マルコムX」って映画のタイトルは知ってたけど
まさかキング牧師と同時代に運動を起こしていた黒人の運動家の事やったとは。
(マルコムXは過激派でキング牧師とは考えの違いで対立してた)
劇中にチョロっと出ててビックリした。

監督は黒人女性ってのもビックリ。
ビックリ続き。
>|