あゝ、荒野 後篇の作品情報・感想・評価・動画配信

あゝ、荒野 後篇2017年製作の映画)

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:147分

3.9

あらすじ

「あゝ、荒野 後篇」に投稿された感想・評価

TOTO

TOTOの感想・評価

4.0
昔演劇やっとった時、演出家の人に「役を演じるんじゃなくて、役そのものになりなさい」的なことを言われたの思い出した!

記憶曖昧で、もしかしたらそんなこと言われてないかもしれんけど、菅田将暉はシンジそのものやったなぁと。
あれ、やっぱりそんなこと言われてないわ。でも凄い引き込まれた!

あと個人的には最後の試合は勝敗逆が良かった。
まみず

まみずの感想・評価

4.4
かなり前に前編を試写会でみてから、
ずーっと後編見に行きたい思ってて
上映期間終わってしまって
ようやく!鑑賞できた!

前編と同様、あっというま!
情熱のあまり、家で見る小さい画面でも
目が釘付けになり、まばたきを忘れるほど。
前編で謎だった場面も後編でつながって、よかったな
間違いなく邦画No.1ボクシング映画!
eriko

erikoの感想・評価

3.7
苦しい..
ボクシング素晴らしかった
こんな時代
みんな一人では生きられない
つながり方はみんな自由
バリカンやな❗

この展開と人物相関の妙にグッときました。
新次と建二。新宿とバリカン。未来と過去。夢と現実。希望と挫折。母と女。憎しみと絆。
誰と繋がるか?一人で生き抜くか?。
ノンストップ新宿歌舞伎町青春ノスタルジー。
つん

つんの感想・評価

3.8
後篇観終わったら

荒ぶる菅田くんも素敵…🥺

っていう感想じゃなくなった、、
JOKERぶりに引きずりそうだなぁ……

はぁ、、くだらない映画でも観よ。

このレビューはネタバレを含みます

後半になると話が繋がって見やすくなった。
それにしても長いが…。
そして世間は狭いのに母と娘は出会わない。
butasu

butasuの感想・評価

2.0
いや長かった…やっと終わった…いくらなんでも長すぎるだろ…。

新次の親子関係について、今回初めにあんなトーンで会話させるなら、前回のお弁当持って来るシーンは要らない。キャラクターに一貫性がなくなる気がするのだが。「あたしの人生が欲しかっただけ」って、捨てた息子に対する台詞としては最低の部類。しかも結局仲直りしません!そもそもあそこで再会するのだって相当出来過ぎているが、前編観たときはまぁ映画だし多少のご都合主義は必要だし、と100歩譲っていた。ところが今度は新次と建二の父親同士が同僚だったときた。さすがにないわ。しまいにはいつも行ってる飲み屋で彼女の行方知れずの母親が働き出す。無理。世間狭すぎんだろ。ユースケとこの母親の濡れ場シーンも不要。そして結局この母親は物語に絡まない!じゃあ無駄に出すなよ…。

相変わらず新次と建二の交流の描き方は良い。主演二人の演技が素晴らしいのは勿論。床屋のシーン、「関係ねぇよな」という新次に意味もわからずニコニコ頷く建二、とかは結構ぐっと来た。建二の父親が言う「人違いでしょう」に対する新次の表情も良い。ジムに女の子が訪ねてきたときの二人の雰囲気も青春っぽいし、海での謎のハイテンションもあるある。練習試合が終わった建二がおどおどとガッツポーズしながら新次の元に真っ先に向かっていくのも良い。「勝たないやつが嫌い」と新次に言われたときの表情も良い。「俺は俺、兄貴は兄貴」も良い台詞だし、でもそれを受けて突き放されたように感じてしまう気持ちも、悔しく思う気持ちも、痛いほどわかる。初めて彼が必死に伸ばした手だったのだが、新次はあくまでもフラットに返す。そこが新次の良さでもあり残酷な面でもあるのだ。そこからのスパークリングは完全に胸熱。個人的にはここがクライマックス。
その直後の新次vs裕二の試合には全く興味がわかなかった。そもそもここは構成的にも下手。直後だとさすがに観ている側は建二の涙の余韻を引き摺ってるから、急に切り替えて試合に没頭はしづらい。唐突に出てきた客席の女にも誰コイツってなった。折角ボクシングがそこそこ上手に撮れてるんだから、すごい頻度で客席を挟み込んだりしないで普通に試合を映して欲しかった。気が散る。前編で裕二に嫌悪感を持っていたので、最終ラウンドはスッとした。ただあんなに確執を煽っていた割にはその後が全然描かれなくなって雑だなと思った。裕二嫌いだったから個人的にはありがたかったけど、映画的にはだめじゃね?

建二から新次に宛てた手紙の「僕は何をするにもあなたに従ってきました」については、そうか?としか思えなかった。そんな感じだったっけ?そこから後半の話には全然乗れなかった。

そして相変わらず大学生関連の話はうざい。男子大学生も女子大学生もそれぞれ別のエピソードだがそれぞれ鬱陶しい。テンポ的にも邪魔で要らないと思う。一番心底うざかったのはデモの中会場に向かうシーン。邪魔。あと女もあんなにお腹が大きい状態で脚立登る仕事してんじゃねぇよ。父親と大学生が建二にかるく殴られるシーンはもっとやれとしか思わなかったし、女子大生が建二に近づいてくるくだりはあまりに不自然でリアリティが全く無かった。ただのビッチじゃん。せめてもう少し地味な感じの子にしておけば良いのに、よりにもよってグラビアアイドルとは。脱がせたかっただけか。

逆に木下あかりは体も張ってたし良く頑張ってたけど、メインヒロインとしては力不足だった感が否めない。前編の前半のような、男を引っ掛けて金を盗んでそうな感じは良かったのたが。ただ、タオルを持って追いかける一連のシーンで二人の関係性や感情の変化を示す演出は好き。しかし結局この二人の関係も特に回収されず。

建二に接触してくるオーナーはなんか気持ち悪かった。オネエなのか?中途半端なキャラ付けは要らない。そもそもあれだけを見て引き抜くのはあり得ない。ああいう物語の展開上必要だから役を用意する感じが嫌い。

ラストの試合の頃にはほとんど飽きて惰性で観ていたのだが、気を失ったときに森のシーンになったのは笑った。コントか。その後の展開もあり得なくて苦笑いしか出なかった。裕二戦をテンション的に下回っちゃダメだろう。

色々なテーマに手を出した結果どれも中途半端で描き切れていない。主人公二人の関係性に集中して、普通に2時間でまとめれば良かったのに。5時間て。とっ散らかっただけだった。前編と同じく、好きなところはあるのに嫌いなところが圧倒的にそれを上回ってしまった感。だが前編ひたすら広げていた風呂敷を後編で一切回収しないどころかさらにバラ撒いて終わったという意味で、後編の方がより残念であった。

このレビューはネタバレを含みます

ボクシングシーンで急に森歩いたり人いなくなったり,デモの爆発とか分からなかった。あとケンジのお父さん前編でもう長くないと思いきやなんやかんや結構元気で笑ってしまった。
baskera

baskeraの感想・評価

3.9
ちょっと無理矢理っぽさはあるが、複雑に絡む各々のストーリー。
この映画に出てくる人々はその運命に立ち向かうためにただ真っ直ぐに突き進んでいく。
この映画は、ストレートであった。
小野寺

小野寺の感想・評価

4.9
感情を煽る演出が前編より強度マシマシでキッつい。娯楽映画の悪いとこ全部出ちゃってるわ。つっても原作の時点で傑作確定してるようなもんだし、🆗です。
>|