あゝ、荒野 後篇の作品情報・感想・評価

あゝ、荒野 後篇2017年製作の映画)

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:147分

4.1

あらすじ

荒野ーそこは荒れ果てた地か、希望に満ちた場所なのか。これは、二人の男の運命の物語。 ふとしたきっかけで出会った新次とバリカン。見た目も性格も対照的、だがともに孤独な二人は、ジムのトレーナー・片目とプロボクサーを目指す。おたがいを想う深い絆と友情を育み、それぞれが愛を見つけ、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできないある宿命に直面する。幼い新次を捨てた母、バリカンに捨てられた…

荒野ーそこは荒れ果てた地か、希望に満ちた場所なのか。これは、二人の男の運命の物語。 ふとしたきっかけで出会った新次とバリカン。見た目も性格も対照的、だがともに孤独な二人は、ジムのトレーナー・片目とプロボクサーを目指す。おたがいを想う深い絆と友情を育み、それぞれが愛を見つけ、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできないある宿命に直面する。幼い新次を捨てた母、バリカンに捨てられた父、過去を捨て新次を愛する芳子、社会を救おうとデモを繰り広げる大学生たち・・・2021年、ネオンの荒野・新宿で、もがきながらも心の空白を埋めようと生きる二人の男の絆と、彼らを取り巻く人々との人間模様を描く、せつなくも苛烈な刹那の青春物語。

「あゝ、荒野 後篇」に投稿された感想・評価

yukichi

yukichiの感想・評価

3.8
ラストまじかいって感じだった。

自殺を止める団体みたいなのの話、本筋とどう関係してるのかいまいちわかんなかったけど面白かったからおっけー
生きること、死ぬこと、闘うことの全てがリングという荒野に詰まってた。 人がそれをぶつけ合う場所は全部荒野なんだと思う。父親が戦ってきた砂漠も荒野、母親が新次を捨てて生きた新宿も荒野、人が闘う場所はみんな荒野で殺風景なんだけど、だからこそ美しい。バリカンと新次の試合を観て涙を流した人はみんな荒野に生きてる人だった。俺も荒野に生きよう。
1割ほど
う〜〜ん、
てシーンがあるけど
それでも!
TAKA

TAKAの感想・評価

3.7
2017-185-141-044
2017.11.3 なんばパークスシネマ Scr.11

・アツい!二人の生き様!
・止められぬ戦いの本能
・えっ? (゚д゚)

設定や人物の背景の説明が終わっているので、前編にも増してシンプル(^_^)

新次と建二。
物語は二人の戦う姿、生き様にフォーカスする。

裕二との戦いを乗り越えた新次。
しかし彼の眼前には、より荒れ果てた、更に果てしのない荒野が広がる。

その新次を見つめる羨望の眼差し。
バリカン建二。
それは既に・・・その気持ち、まさしく愛だ!!
(©️ガンダムOO、グラハムf(^_^;)

彼等は戦士。
闘いの本能を止められない。

新宿新次に勝ちたい!

それは自然な想い。

主要人物がみんな親子関係に問題を持ってるよね。
少しだけ、リアルに分かるよ。

だけどそんなの関係ない。
そんなこと関係なく、荒野を歩き続けるのが人間の人生。

役者の熱気が全てを多い尽くす!
テンポだとか、緩急だとか関係ない。
リアルに徹して、二人の熱さをフィルムに叩き付ける!
熱気で魅せる!
( ̄▽ ̄)b!


・・・

・・・って感じで、凄い良かったんですけど・・・
ラス前までは・・・


(゚д゚)

あの結末は有り得ない。

いや映画って分かってるけど。
ドラマ上の演出だろうけど。

それでも有り得ない。
リアルが一挙に崩れた。

(ToT)

ただ・・・
最後に一つ。
ただ一つだけ、希望が残ったかな。
名前の伏線。
それだけが、或いは・・・

それでも・・・
新次の眼前には荒野。

この世そのものが荒野。
そんな世界で生きてきた。
まだ脱け出せない。
脱け出すつもりもない。

生きる。
荒野のなかで。
逃げない。
闘う!

そんな新次の眼差しが、アツかった。

追記。
・何が本作のスコアを下げてしまったか?(笑)
ネタバレなんでコメント欄に(^_^)

・フォローさせて頂いてる方のレビューを拝見してたら、建二の外界との繋がりって暴力なのかもって。確かに。
(oldmanSEEKさん。アザっす(* ̄∇ ̄)ノ)
だから・・・あの時ダメだったのかね。
無いよね、普通。ダメって。
男なら!(*`Д´)ノ!!!
なんつって(笑)
複雑な人格になってしまってたのな。

・あの新次の視線。
全てを拒絶する眼差し。
世の中って、全て荒野なんだ。
自分自身を信じて戦っていくのが生きるってこと。
過去や回りに関係なく。
本作自体、そんなメッセージに思えなくもない(^_^)

・結局あのデモ隊は・・・
原作の設定を残しただけ、って結果に近くなってないかな?
あれも青春で人生。
新次達の生き方も青春で人生。
どちらも荒野・・・ってこと?
この世は、生きるって、みんな荒野の中。

・中盤、少しだけ長く感じたのは、予告編で内容さらしすぎた?(笑)
だけど、そんなの意に介さない自信だと思いたい(^_^)

・建二、息もできない、の人だったのね。全く分からなかったf(^_^;
泣いてしまうほど、不器用で泣いてしまうほど、男臭い

はじめの一歩の千堂戦を思い出した!
彩鐸

彩鐸の感想・評価

3.7
決着はあれで良かったのだろうか…。菅田将暉さん恐るべし。日本にも増えてきたフィジカル俳優❗️
予告でアニキとの対決がメインになるだろうと思ってた。
少し残念な終わり方に感じましたが良かったと思います。

前編共に凄く入り込める映画でした。

観て良かったです!
最高。ブルーレイ買います。
だけど、最後まで自殺サークルの話の必要性に欠けてた。
Kana

Kanaの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

こりゃすげぇの観た

前後編合わせて5時間半弱 か
一気見は出来なかったけど
まったく飽きなかったな

すっさまじい熱量の作品
人間のいろんなカタチのぶつかり合い


新次と建二のぶつかり合う姿が
もうたまらなくカッコいい

ラストシーンのゴングが鳴ったあと
思わず
ため息が出た

このおふたり、
違うカタチでまた共演しないかなぁ
hito

hitoの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

シンジのようになりたいと言ったケンジに対して、なれねぇよと言い放ったシーンが印象的。
どんなに頑張ったって、自分は自分にしかなれない。最後はそれを物語っている気がした。
大きな愛情を持ってるケンジも、芯の強さを持ってるシンジも私にとっては同じくらい魅力的だった。
>|