あゝ、荒野 後篇の作品情報・感想・評価・動画配信

あゝ、荒野 後篇2017年製作の映画)

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:147分

3.9

あらすじ

「あゝ、荒野 後篇」に投稿された感想・評価

J

Jの感想・評価

2.0
いやあ、やっぱり前編と後編だけの作品なのに色々手を出しすぎてる。
政治に憲法、震災、親子、ボクシング、障害、恋愛?、友情?など重いテーマがありすぎる。
宗教と恋愛が詰まった愛のむき出しですら、約4時間の映画なんだから、これだけ色々広げると無理があるのでは、、、

それなりの評価を得てる映画なので、高評価の理由も聞いてみたい。
Mirei

Mireiの感想・評価

3.6
新次と健二の命を使い果たすスピードが早すぎた。

痛くて、苦しくて、辛い

人生ってみんな荒野を生きていくのかな
カカオ

カカオの感想・評価

3.0
家族環境に恵まれなかった二人は、行き場を失いボクシングジムに辿り着く。

破天荒な性格の新宿シンジ。
吃音症で床屋のバリカンケンジ。






















前編の自殺撲滅的な団体のくだりは、いらないと思っていたけど、全部の話が繋がっていた。とは言え、やっぱり要らない。

2人を対戦させるための、強引な移籍か。

前半は良かったけど、後半になるにつれてありえないボクシングに引いてしまう。互いにパンチドランカー。死ぬやろと思ったら、死んでしまった。

ありえない程、身近の間で深い人間関係が繋がっている。最後の観戦に関係者全員が集まった。最終的に繋がるようで繋がらない。

よくわからない終わり方だ。
ケー

ケーの感想・評価

4.0
男ならばこの映画を見てアツいものを感じずにはいられないと思う
汗、涙、血、涎、この泥臭さは美しいものがありました。

前編後編を通して菅田将暉さんの役作り、体作りに驚きました
役を通して伝えたいものがあるのかなという信念を感じました
たき

たきの感想・評価

3.5
本日2本目。
前後篇の後篇。これまた2時間半弱。
しかしてまったくその長さを感じさせませんでした。

荒野というにはなまぬるい。
親はろくでもなかったり捨ててしまったり。
生まれた愛はいつでも憎しみに変わり。
信じるものには必ず裏切られ。
居場所などどこにもなく、ふるさとはどこだと問われれば、まだありませんと答えるばかり(©中島みゆき)

この世は地獄だ。

最後の試合が始まって以来、目から焼酎が止まらなくなってしまったのは、たとえそれが血と汗と熱と苦しみと痛みと死にまみれていても、なお戦い、生きることをやめないふたりがそこにいたからか。
それともそんなことでしか生を実感できないふたりに底なしのやるせなさを感じたからか。
その両方か。

ラストのダースーの表情が印象的です。

彼の戦う理由は、はたしてあの試合のときには変わっていたのだろうか。
今さらながらにこわくなってしまった。

どうか、どうかそうでありますように。
人生は荒野だよな。サバイバルだよね。
みんなかっこいいし、みんな笑っててほしいし、みんな健康でいてほしい。
どんな環境だってつらいし、いつだって闘いだし、どんな状況だって笑えるよ。
ね〜〜〜〜〜〜。

ってことを認識できる映画でした。
ダイキ

ダイキの感想・評価

3.8
最後痺れた。あれは誰でも見入っちゃう。
シンジとケンジ。あぁいう運命しか辿れなかったのかな。親からの宿命のような。

それにしても菅田将暉のオラオラした演技はすごいな。最後の沈黙のシーンに彼の演技の素晴らしさが出てたと思う。
Daria

Dariaの感想・評価

4.4
最後の試合、感情よりも涙が大量に溢れてなんと感想付けていいのか正直分からない。
誰も幸せにはならなかったけど、辛さとか悲しみとかともまだ別にある、人間の持つ感情の奥の奥にあるものを見せられたような気がした。

菅田将暉の演技をご覧ください!!!
”1番美しい 1番汚ねぇ国で
俺たちは生きている”
”僕は憎めなかった 僕はここにいる”

ラストの新次と健二の戦いは狂気じみていて凄かった

前編と併せて5時間と長いが飽きることなく楽しめた
主人公の二人は抗うことを決め、ボクシングにひたむきに打ち込んでいくわけですが、周囲の人物たちは思うようにはいかず、黙って死を待つ老人たちや、生きていく上で自分に危害を加えたものに縋るしかない現状、血のつながった子を捨ててでも生きていくと決めた者など様々。


生きていくことがこんなに辛いのに、なぜ生きていかなければならないのかという大きなテーマを、登場人物を通じて描いていたように思えます。
両方とも応援したくなる。
>|