あゝ、荒野 後篇の作品情報・感想・評価

あゝ、荒野 後篇2017年製作の映画)

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:147分

4.0

あらすじ

荒野ーそこは荒れ果てた地か、希望に満ちた場所なのか。これは、二人の男の運命の物語。 ふとしたきっかけで出会った新次とバリカン。見た目も性格も対照的、だがともに孤独な二人は、ジムのトレーナー・片目とプロボクサーを目指す。おたがいを想う深い絆と友情を育み、それぞれが愛を見つけ、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできないある宿命に直面する。幼い新次を捨てた母、バリカンに捨てられた…

荒野ーそこは荒れ果てた地か、希望に満ちた場所なのか。これは、二人の男の運命の物語。 ふとしたきっかけで出会った新次とバリカン。見た目も性格も対照的、だがともに孤独な二人は、ジムのトレーナー・片目とプロボクサーを目指す。おたがいを想う深い絆と友情を育み、それぞれが愛を見つけ、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできないある宿命に直面する。幼い新次を捨てた母、バリカンに捨てられた父、過去を捨て新次を愛する芳子、社会を救おうとデモを繰り広げる大学生たち・・・2021年、ネオンの荒野・新宿で、もがきながらも心の空白を埋めようと生きる二人の男の絆と、彼らを取り巻く人々との人間模様を描く、せつなくも苛烈な刹那の青春物語。

「あゝ、荒野 後篇」に投稿された感想・評価

hotaka

hotakaの感想・評価

4.0
うーーーーん、、、、、
良かったけどラストがなぁ、、、

それにしても伏線回収があれなのと登場人物が繋がりすぎてる奇跡がちょっとあれかなぁ
PORK

PORKの感想・評価

3.9
前篇の時にいた十数人の観客も僕含めて2人になってた。今野杏南のおっぱいを二人で山分けしてやったぞ。

どちらかといえば自分を投影してくれてるのがバリカン建二だったので、これが見たかったと唸るラスト。あのカウントもダンサーインザダークを想起させて最高やったぜ。

ボクシング映画となると、否が応でもロッキーの下敷きが敷かれているわけでね。でも『100円の恋』然り、和製ロッキーをそのままやっても好きになるってことを考えると、別ベクトルでの快楽をくれたこのラストは偉大よ。

堀口の濡れ場、芳子親子問題の未回収とか後篇でも蛇足が出てしまったのが残念でならないね。
peito

peitoの感想・評価

4.5
ボクシングは特別なスポーツ。生身で殴り合い、勝つことは相手の夢をつぶすこと。相手の夢も背負うこと。
新宿は特別な町。都市計画ではなく、人間の生きる執念が作ってきた町。

「人は不完全な死体として生まれ 何十年かゝって 完全な死体となる。」
片目、ED、吃音、下半身不随、人はどこかに欠陥を抱えている。一番は心の欠陥だろうか。新次と繋がろうとするバリカンに対し、その手には乗らねぇぞという新次。敵が欲しい、闘う場所が欲しい。その先は荒野でも、振り返れば夢ばかりだろうか。

「勝つと皆優しい顔になる」「残った歯磨き粉は一人で使って下さい」ヤンイクチュンがとにかく良かった。
ヤン・イクチュン、そろそろあなたの監督作が観たいよ
回収しない伏線なら撒かずに上映時間短くした方が良いんじゃないか
必要な5時間ではない気がする
mot

motの感想・評価

3.6
前編同様に、前のめりな熱量、伏線も回収せず突き進むストーリーととにかく突っ走ってて面白かった。
ヤンイクチュンが成長するにつれて2人の関係性がどんどん変化していく様が、心苦しくもあり、美しくもあった。2編構成だったけど、全然長尺とも感じないくらい、役者の演技に飲み込まれてしまった。泣ける。本当に泣ける。
前編を見たので後編も見たが、相変わらすの無意味なシ―ンが多い。前編後編ともに、自分には合わない映画だった。期待してただけに残念。
すごいとしか言いようがない。
最後の菅田くんの狂気的な目が忘れられない。こういう役をもっとやって欲しい。
この作品に出ている役者さん全員演技力が高すぎた。
また機会があれば観たい。
きむら

きむらの感想・評価

5.0
心地よく響く乾いた音が印象的だった。
あの乾いた音のためのジム。あるいはボクシング。あの心地いいリズムのため。

だらしなく歩く時の音、二人でランニングしている時の音

低いが響くラスト
Beavis88

Beavis88の感想・評価

4.2
思てたのとちゃうんですけど〜w
全然サクサク観れて内容もありました

前後編? え? ボクシングで?
きっとダラダラと勿体つけて挫けて泣いて出逢って別れて再起して勝つんでしょ?
ってそういうスタンスで借りました
そんなら借りんなよって言われてもフィリップ君は外せないので半ば義務感から観ました
キャッチコピー的に踊る寺山修司原作ってのも、そんなん無理でしょ?どーすんの?ってなってたし

原作は知りません、でも『あ〜きっとこんな話なんだろうな』って視える感じで近現代に重ねてきます
脇を固めるサブキャラ達がことごとく好きな演者で萌えます
ボクシングの試合が幾らかありますが、他のイベントも沢山あるので練習とかも含めてウザさがない
そんで
勝ちそうとか負けそうとか
これは勝つやろとか負けるなとか
ちょっと分からなかったりして
毎試合少しハラハラします

ここは当たり前のことだけど
ボクサーは試合ごとに身体が出来上がっていきます
となると、撮影順は
少なくとも試合については順不同で撮影してるわけで、演者は当たり前としきて、撮る側も大変な労力だったろうな
とか
いやでも
ホントいい意味で裏切ってくれました
僕が好きなキャラはダントツで2代目
難しいポジションだと思うんだけど光ってたなぁ
>|