あゝ、荒野 後篇の作品情報・感想・評価

あゝ、荒野 後篇2017年製作の映画)

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:147分

4.0

あらすじ

荒野ーそこは荒れ果てた地か、希望に満ちた場所なのか。これは、二人の男の運命の物語。 ふとしたきっかけで出会った新次とバリカン。見た目も性格も対照的、だがともに孤独な二人は、ジムのトレーナー・片目とプロボクサーを目指す。おたがいを想う深い絆と友情を育み、それぞれが愛を見つけ、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできないある宿命に直面する。幼い新次を捨てた母、バリカンに捨てられた…

荒野ーそこは荒れ果てた地か、希望に満ちた場所なのか。これは、二人の男の運命の物語。 ふとしたきっかけで出会った新次とバリカン。見た目も性格も対照的、だがともに孤独な二人は、ジムのトレーナー・片目とプロボクサーを目指す。おたがいを想う深い絆と友情を育み、それぞれが愛を見つけ、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできないある宿命に直面する。幼い新次を捨てた母、バリカンに捨てられた父、過去を捨て新次を愛する芳子、社会を救おうとデモを繰り広げる大学生たち・・・2021年、ネオンの荒野・新宿で、もがきながらも心の空白を埋めようと生きる二人の男の絆と、彼らを取り巻く人々との人間模様を描く、せつなくも苛烈な刹那の青春物語。

「あゝ、荒野 後篇」に投稿された感想・評価

まこと

まことの感想・評価

4.4
「あなたは誰かと繋がったことがあるの」

色んな事、物、人が繋がっていく。
『足どうしたんですか?』
『目どうしたんですか?』
どちらかともなく聞く。

お互いの父に因縁はあれど、良き理解者で良きライバルで良き親友の二人。
『どうやら僕はあなたとグローブを交えたかったようです』
『ボクシングは繋がりをくれた』

そして全ての「繋がり」を持った人が集まる最後のリング。
ラストは最早、二人のラブシーンでありセックスのようだ。

観客もいない二人だけの荒野。
あゝなんて荒野だ。



やや投げっぱなしなとこもあるし、伏線も回収してないとこも結構あるけど(前後編あわせて5時間もある割には)それらをチャラにするほどの役者さんたちの熱量と緊張感。ケンジが手紙書くとこでちょっと貰い泣きしたよ。
多少の粗は込みでも昨年の邦画のベスト3には入れて良いんじゃないかな。
ラストシーンは人によって解釈が分かれると思うので、自分なりの解釈をコメント欄に書き残しておく。






そして何といっても度々現れる浦和競馬場にニヤリ。
mika

mikaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

どういう映画だった、とジャンル分けしちゃうと途端に手からこぼれ落ちていってしまう気がして、
あまり言葉にはしたくない…と感じる映画でした。映画とも言いたくない(笑)


3人で海に行ったところ、楽しそうにしてるシーンが不安定に感じて、これはこの時だけのものだと分かったから
切なくて泣きそうだった。

健二と2代目が韓国料理のお店で腕相撲をしているところ、なぜだか私も笑ってしまい、そして泣きそうになった。

健二が新次を見据えて殴れるようになったところ。


“泣きそう”の感覚も全く別の感じ方をして泣きそうだった訳だけど、人って悲しくて泣くだけじゃないし、全部にきっちりとした理由をつけられるわけでもないし、言葉で説明できてしまっても、多分それは全部の感覚をこぼれ落ちることなく言葉にすることはできなくて、言葉にしたこと以外にも大事な要素はあって、言葉って明確だから言葉にしたこと以外に感じた大事なことを忘れてしまいそう…だから簡単に言葉にしてしまいたくない。んだろうな。


男と女の違いを感じた。


2代目のオネエ感がすごくてちょいちょい笑った。
ninjiro

ninjiroの感想・評価

4.5
あゝ、なんでこんなに人にぶん殴られなきゃいけないんだ。
あゝ、なんでこんなに人をぶん殴らなくちゃならないんだ。

これは未来だけど、未来じゃない。ボコボコにする人、される人、それを眺める構図。こういうの前から知ってるよ。
ずっと昔から俺たちはそうだったし、きっと近い将来、この映画が予言するように、変わらず、変えられず、西暦2021年の荒野に立っているんだろう。
でも、重要なのは、自分がどこに立っていて、どこに向かうべきなのか、その現実に対面して、目を伏せて誤魔化さないことなんだろ。
それだって知ってる。知ってるんだ。
俺たちは知ってる筈なんだよ。

分かり切った事を堂々と言うということは、実は勇気の要る事だ。それでも大事なことは二度三度だけじゃなく、何度でも何度でも繰り返して、自分の血や肉にする必要がある。
それが元は人に教えられたことだって構わない。だってそうだろ、今日日何だって自分で選んでやれないことなんて無いんだから。選んだ自分の責任を忘れるなんてフェアじゃない。だからお前をブチのめす。恨み言なんて聞きたくもない。
運命や、環境や、どうしようもない迷い道。どうしても捨てられないものがある?それがどうした?そこにそのままいるお前自身の有体への言い訳になんて、そんなん到底ならねえよ。

乱暴にぶちまけられる感情。
ぶん殴ってもぶん殴られても一向に構わない8回戦、3×8=24、たった24分間に、何を見に来た?何を期待して今ここにいる?

生まれたくて産まれた訳じゃないけどよ。
暗闇から眼を開ければ見渡す限りの荒野。
響くのはいつか観た映画みたいなセリフじゃないセリフのようなセリフ。
おい、あんた何してるんだよ。こんな暗闇でいつまで待ってたって何も始まらねえよ。誰かの為になんかじゃない、お前の為に闘えよ。
ハリー

ハリーの感想・評価

4.2
寺山修司の長編小説の映画化後篇。

後篇では新次が因縁の相手、裕二と復讐を誓ったバトルに挑む。両者ともに狂気の塊と化した激しい殴り合いは壮絶。新次は復讐を果たし、裕二は涙を浮かべてリングを去る。2人の過去は消せないと思うとなんだかやるせない。

前篇では菅田くんがメインにドラマが描かれてたけど、後篇ではバリカンメインにストーリーは進んでいく。新次と拳を交えたいバリカンは片目のジムを去り、別のジムで猛特訓をする。

クライマックスでついにリングで対峙する新次とバリカン。日本映画史だけどなくボクシング映画史に残る名シーンになっていると思う。魂が震えるとはまさにこのこと。

主演の2人の素晴らしい熱演はもちろん、脇を固める人物たちも皆印象的だった。

青春、愛、葛藤、衝動。様々な要素がガッチリハマった至高の大作ドラマ。

「生きるとはこういうことだ」と教えてくれている気がした。
馬子

馬子の感想・評価

3.5
前編→(翌日)後編、一気に見たのが悪かったのか、疲れが出てテンションが下がってしまいました
前編が良かっただけに期待が高すぎたのかも…
ここの競馬場は何処だろ。とか余計なことばかり考えながら見ていたらそら泣けないかw
見てからしばらく経っているのでスコア低めかもです
nono

nonoの感想・評価

4.3
躍動する2人の肉体から放たれる血が汗が、息遣いが、血眼が、美しすぎて。
ラストゲーム、あの鮮烈な闘いにはあまりにそぐわない、あの柔らかな健二の語りを聞きながら涙を堪えるのは不可能でしかなかった
久しぶりにあっつい映画観ました
菅田将暉が凄いのは言わずもがな、ヤンイクチュン、ほんとにすげえよ
AK

AKの感想・評価

4.7
なんともいえずに切ない。
構成的には少々わかりにくいところがあったが、2人の試合での打ち合いは心に響く。やはり菅田くんがすごいが、モノローグで語られる、ヤンさんのセリフには思はず心が動かされる。すごくよかった。
syu0122

syu0122の感想・評価

3.8
ケンジなりの生きる証がボクシング。
そしてシンジを愛し、近づきたい、そして超えたい!
感謝からの愛情が強すぎる事で打ちのめされても打ちのめされてここまで強くしてくれたシンジにありがとうと語っているようだった!
そしてシンジはその気持ちに返すため、いや、そこ儚く深い感情と愛情で打ち返す事しか出来なかった!
二人の絆話は良かった!
Satoru1968

Satoru1968の感想・評価

4.0
前半に引っ張られて期待大で後編へ。
でも長い!途中でかなりだれた。
自殺サークル?はいらないんじゃないの。後、ベッドシーン多すぎ!
主役2人の演技で大きく加点。
10年後にまた観たい。
O

Oの感想・評価

3.3
広く浅い映画。
例えば「自殺」が主要トピックの一つになっていたが、映画のテーマから考えて、そこには他の死因ではなく「自殺」でなければならなかった理由があったはずだ(当人の孤独、遺族の孤独の観点)。そこが描けていない。表層的な事実にクローズアップして社会問題をいたずらに登場させるだけで、深度を感じない。
ボクシングの試合のシーンは非常に良かった。
>|