ビジランテの作品情報・感想・評価

ビジランテ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月09日

製作国:

上映時間:125分

あらすじ

高校時代に失踪した長男・一郎(大森)。市議会議員の次男・二郎(鈴木)。デリヘル業雇われ店長の三男・三郎(桐谷)。別々の道、世界を生きてきた三兄弟。父親の死をきっかけに、失踪していた一郎が、30年振りに突然帰ってくる。そしてその後、再会した三兄弟の運命は再び交錯し、欲望、野心、プライドがぶつかり合い、事態は凄惨な方向へ向かっていく――。

「ビジランテ」に投稿された感想・評価

閉塞した地方都市の乾いた空気感と抗えない血縁や地縁はもはや呪いの域やけど、3兄弟が守りたいものは結局そこにあるんやな。こうゆう負の連鎖が連なっていく映画はみててずっと苦しい(褒めてる)。三者三様のツラ構えがひたすらに素晴らしい上に、篠田麻里子の存在感がすごい。ショッピングモールの建設や移民問題に揺れる地方都市やけど、葵つかさがミスで吉高寧々が準ミスて!
Junkei

Junkeiの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

なんだこの話。
観ている途中からずっと奥歯が痛かった。
中盤までは中上健次の小説を読んでるような感じだった。地方の閉鎖的な感じが、風景からも感じられる。奈良の田舎で育ったので、よくわかるぞ、その感覚。

地方都市ならではの土地の問題と切ることができない家族の問題を中心に中国人の移民問題にヤクザもからんでくる。

ストーリーは社会の表と裏を描いていく。裏と表はつながっている。
二郎の妻(篠田麻里子)も裏があり、女を武器にのし上がろうとする。狡猾と言えばいいすぎかもしれないが、野心家である。コートを脱いで扉をノックするシーンは、印象的だった。

映画としてのクライマックスを用意するためか、ちょっと人が死にすぎだと思った。
こんなことがあったら二郎は生きていけないのじゃないか? 議会と妻がもみ消してくれるかな。

音楽の始まり方と終わり方がカッコいい。音楽が止まった瞬間は、何かに気づいた瞬間だ。

3兄弟の名前が「一郎」「二郎」「三郎」というのも安易で、田舎感が出ていた。
家族って何?兄弟って何?時節がら考えさせられるが、暗い、辛い、救いがない。気が伏せる時には、NGです。
17/12/12 シネリ-ブル神戸にて

桐谷健太の 映画でした。

靴は 脱がんと..
みや

みやの感想・評価

3.9
ご長男様信仰、才覚があっても表舞台に出ること厳禁と理解しているからこその嫁の所業、金と権力のある爺様の名誉欲の為に動かざるを得ない人々。
なかなかの息苦しさと居心地の悪さでした。

もっと、大事なことあるって。
TDC

TDCの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ああいう、ちょっと半端な田舎を故郷に持つ人間には親近感のわく映画でした。あんな兄弟、あんなチンピラや政治家がなんだかいそう。

桐谷健太、とってもよかったです。
冒頭、車を運転する横顔のショットだけで「これは彼の映画かも」と思ったのですがその通り。笑わない、感情を押し殺したような演技に釘付けでした。でも誰よりも家族の有り様に傷ついていたっていう。
おかげで帰宅してすぐテレビの某CMの浦島太郎を見て「お前、ほんとにおんなじやつかよ?」ってなりましたよ。

二郎ちゃん、ラストはほんとにあれでよかったのか。でも奥さんの献身を思うと、なんですよね。くるしい。
篠田麻里子の役は、この映画の"裏"である気がします。

さらわれた女の子たちの「三郎ちゃん助けに来たね」なんて賭けがなんとも皮肉。
faster

fasterの感想・評価

3.6
濃い映画だった。役者陣、特に一郎二郎三郎の演技は凄まじかった。この一言に尽きる。真っ青な顔とか汗とか口とか目とか。
内容は複雑なのでもう一回観ないと完全に理解するのは不可能
おすぎ

おすぎの感想・評価

3.5
ドラマを見せる順番とか、ワンカットの使い方とか展開させ方とか映画の学校で教わってることいちいちフラッシュバックしてしまうくらい脚本演出が素晴らしくて映画の教科書かと。
悪役ヤクザが絶え間なく悪役すぎてあたしには気持ち悪かった引いた(笑)
コレ主人公は桐谷健太か(^o^)/

このレビューはネタバレを含みます

メタメタな暴力を期待していたが、そちらは正直抑えめ。

もっと精神的な部分で病んでるというか、訴えてくるものがありました。

派手な感じじゃないけど、中々面白かった。

色々気になるところはあった。

家での刺された後のヤクザ二組が乱闘になる感じとか、めちゃくちゃな兄貴が土地を離さない理由とかう〜ん?となる部分はあれど、やっぱり好み。
nagotake

nagotakeの感想・評価

3.5
ビジランテ。
初めてタイトル聞いた時には、
大方の人が思ったように、
ゴジラと闘ったやつがでるのだな・・とか、
びじらんてぇ? 名古屋弁っぽいがね、
とか、思ったけど、
ちがってました。
「ビジランテ」入江悠監督の新作映画でした。

この「ビジランテ」とは、自警団という意味らしいです。
映画のチラシには、警察や法律が機能してない世界とありました。

まさにその通り、警察も出てこないし、法律なんて知らねぇよ、みたいな映画。(自警団はしっかりでてきます)
東京近郊、地元の名士の父親と息子たちが、過去と今、現実と闇を行ったりきたりしながら、深い沼に沈んでいくような物語です。

とにかく役者の方々がすごい。
主役の三兄弟、大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太がぐいぐいきます。
でも、三人が、やや役にはまりすぎな気もしました。意外性のある、この人がこんな本性を、という配役でもよかったかなとも。
それでも、主役だけでなく、その他の方々もいい味だしていましたね。
篠田麻里子、嶋田久作、吉村界人、岡村いずみ・・とにかく濃厚。

観ていて半ばから後半にかけて物語にぐいぐい引き込まれ、エンドロールの時、
「あれっ、オレ今どこにいるんだっけ・・」ってなった。
こんなのはじめてかも。
>|