ビジランテの作品情報・感想・評価

ビジランテ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月09日

製作国:

上映時間:125分

3.7

あらすじ

高校時代に失踪した長男・一郎(大森)。市議会議員の次男・二郎(鈴木)。デリヘル業雇われ店長の三男・三郎(桐谷)。別々の道、世界を生きてきた三兄弟。父親の死をきっかけに、失踪していた一郎が、30年振りに突然帰ってくる。そしてその後、再会した三兄弟の運命は再び交錯し、欲望、野心、プライドがぶつかり合い、事態は凄惨な方向へ向かっていく――。

「ビジランテ」に投稿された感想・評価

色々とっ散らかってて、まとまらないまま終わった感じがした。
二郎の奥さんの演技の下手さが際立ってたような気がします。
自警団のパートだけで撮って欲しかった
kyohei

kyoheiの感想・評価

4.0
いきなり、川を渡る三兄弟が親父らしき人に捕まって、暴力を振るわれる展開だったのでいったい何が始まって行くんだと思いました。

話しは時が流れて、この親父が亡くなって、その遺産の土地を巡る争いに三兄弟が巻き込まれて行く…そんな話しでした。

家出してからいったい何があった?と思わせる長男の一郎…

多分親父の後をただ付いてきて流されるがままに市議会議員になったと思わせる二郎…かなり抑圧されてきたのかなぁと思わせる。

雇われデリヘルの店長の三郎、突き放したいのだけど最後は優しさが印象的。
あの焼き肉屋の手と机もろとも刺される場面は凄かった。

他にも、二郎の奥さん役の篠田麻里子がいいなぁと思いました。
あの若者と市議会の大物に何したんだと思わせる。

嶋田久作の幅を効かせる田舎の権力者的な感じも良かったです。

田舎に漂う結局は逃れらない嫌な磁場加減が最後に残る。

けつもちヤクザのリアル感とか、在日の人や外国人の人達に向けられる自警団の若者達の言動は結構今の社会なのかなぁと思いました。

このレビューはネタバレを含みます

テアトル新宿にて
タイトルの出るタイミングは洒落ててよかった。
痛さも程よく感じやすい
ラストシーンの女4人の車内の画がとてもすきだった
kaorui

kaoruiの感想・評価

4.0
泥のような川の中でもがく。足を取られる。
目を背けても自分の中に居座る父親の血と骨が通奏低音で、暴力と権力と欲情が映像化される。お互いの中に、目を背けても血と骨が透けて見え叶わない兄弟の再開。
出口の見え無い地方都市に政治家がヤクザが弱いモノを喰らう息苦しさとオーバーラップする。入江独特の中央の焦点を外し遠景で捉える不穏なカメラが閉塞させる。
車中のデリヘル嬢達が三郎を待つシーン。
三郎が守ろうとするものがことごとく儚く弱いのが哀しい。
記録
気持ちのいいものではありませんし、ステレオタイプすぎる田舎あるあるが、くどい感じでした。
描き方が極端すぎると思うのですが、こんなものなの?
兄弟の問題があっても大丈夫なところや、外国人に対しての態度 不快です。
川だって、渡らずに橋でも渡って対岸に行けば?って思いました。兄弟の殴り合いは陳腐だし...
そんなに評価が高いのはなぜ?
gonzui

gonzuiの感想・評価

2.0
閉塞感が凄過ぎて嫌。

一郎がただ物語を展開させるためだけの装置になっちゃっている感が否めず。
KP

KPの感想・評価

-
「田舎って暮らすってこういうことだよな」という風景や心情描写に共感する前半。三兄弟の立場や価値観を考えていくと鎖に繋がれたような想いになる。また見直したくなる作品だった。
トマ姫

トマ姫の感想・評価

3.5
後味の悪い映画だ。最初から最後まで救いが一つもない。焼肉屋のシーンがグロすぎて一瞬意識飛んだ。感情移入しやすい人は要注意。

兄貴の言ってることが本心ならば、土地を売りたくない理由にはちょっと胸を打たれた。腐っても兄弟。心の奥にはやはり憎みきれないものがあるんだろう。三兄弟の絡みや心の揺れ動きをもっと見たかったけど、土地の所有権に焦点が当たりすぎてそこまで深くは知れなかったな。話は思ってたよりずっとわかりやすくて見やすかった。

大胆な濡れ場はプラスになる女優さんとマイナスになる女優さんがいると思うけど、篠田麻里子は完全に落ち目感を強調させてしまったなぁ。
YAMASYU

YAMASYUの感想・評価

3.5
大森さんが『さおり~』と叫んだ瞬間笑った!

地方都市の嫌な部分が息苦しくこれでもかと炙り出されていた!!
最後はこうなればもっと面白いのになと思いがあった分、悔しい!
よお

よおの感想・評価

3.0
焼肉屋での桐谷健太の顔の表情が凄かった。

般若の演技初めて見た。
なかなか!


説明が少なくよく分かりませんでしたが、ネットで見た三兄弟はそれぞれ父親に嫌悪感を抱きながらも、血は争えず同じ性質を持っていることとそれぞれ家族を守ろうとしていたと書いてあり感心しました。
>|