ビジランテの作品情報・感想・評価

ビジランテ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月09日

製作国:

上映時間:125分

3.7

あらすじ

高校時代に失踪した長男・一郎(大森)。市議会議員の次男・二郎(鈴木)。デリヘル業雇われ店長の三男・三郎(桐谷)。別々の道、世界を生きてきた三兄弟。父親の死をきっかけに、失踪していた一郎が、30年振りに突然帰ってくる。そしてその後、再会した三兄弟の運命は再び交錯し、欲望、野心、プライドがぶつかり合い、事態は凄惨な方向へ向かっていく――。

「ビジランテ」に投稿された感想・評価

近所の映画館でやってなくてDVDを買って視聴

大森南朋が観たかったのに、勝手な想像から遠く離れて何か印象がぼやけてた
桐谷健太はハマリ役だった
孤狼の血と比べるのもどうかと思うけど、かなり地味

他の方の感想のように、篠田麻里子がよかったかどうかと言えば、特にそうとも思えなかった記録
兄弟の絆中心かと思っていたら闇社会の話の方が目立っていまた。痛々しいシーンが印象的です。みなさん素晴らしい演技で篠田麻里子がいいあじ出してた気がしたのがこの作品で新しい発見でした。観終わったあとのあーあと思う、なんとも言えない気持ち。こういった映画は基本好きです。ラストシーンが心に残ります。
みんな言ってるけど間延びしてる分、中途半端。
作家性がなくなった感じが、、、

あと今後、共感も娯楽も得るものもない映画は、選ばないようにしようと思った

地方都市で苦しんでいる人を知ってもらう、またはそれを観た人がなにか変えていこうというのを目指す映画にしては、カッコ良く作りすぎかも
とにかくやめてくれ…とずっと顔をペチペチされてるような映画だった。
日本の地方都市で土地をめぐる話とかショッピングモールとかはっきり言ってどうでもいいからもっとみんな幸せに豊かに暮らせないものかとげんなりしました。
でもおそらく今の日本の空気ってこんな感じなんだろうなぁ…とそこはすごかった。
宇多丸さんの表現を借りると入江監督は「おらこんな田舎いやだー」というが本当に嫌だ笑
ただ自分の映画読解力が低いと思うのだが、入江監督のやりたい演出や展開がよく分からないところもあった。
特に何回か繰り返して見る遺骨。
表象的には彼らの因果や血縁を表してるのだとは思うけど、深い意味は繰り返し見ないと気づけないと思う。
また幼少期のある出来事に関しての事実も驚きよりもどういうことなんだろうという感じで、自警団と外国人との争いも空気感はすごく感じだが、そこまで本編に絡んでないような…
桐谷健太は唯一の希望でありおいしい役でもあるが、特に良かったと思います!
あと篠田麻里子の不穏さとか。
トータルで考えると面白いけど、
三郎がなぜアレを掘り出せるのかが謎。
埋めるところ見てないような。

あと新藤家の体罰の仕方が、
江戸時代の拷問のようで、
なんか一周回って笑ってしまった。
2本立てだから観たけど最後まで席を立たなかったのを後悔。勿体ないとセコイ性格が時間を無駄にしてしまった。リアルな田舎の閉塞感だと?こんな無法地帯があるかよ。バイオレンスとエロスって別に嫌いじゃないけど何故か大森南朋が出てるこの手の映画、どれも大嫌い。観た自分が馬鹿だった。映画の評価ではなく嫌いって話ですけど。
Kazu

Kazuの感想・評価

4.0
入江監督ファンで鑑賞。監督の出身の深谷周辺は私の実家にも近いので、映像が知っている雰囲気で不思議な感じです。
三人の主演の大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太がそれぞれ良かった。篠田麻里子も女優として一皮向けた感じ。製作総指揮に江守徹氏。最近はプロデューサー側が多いのかな。
SHIGE

SHIGEの感想・評価

3.0
Filmarksではかなり高い点数だけど
正直それほどかな…という感想

大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太が
三兄弟
この三人の演技力の高さを観れた事が
収穫かな。

ただ、終始暗い
落ちてる時は観ない方がいいかもー
YUM1

YUM1の感想・評価

3.8
ビジランテとは自警団のこと。それを映画を観た後に知ってしっくりきた。
兄弟が守りあったもの。言葉に出した訳じゃないけどわかった気がする。
桐谷健太がすごくカッコよく見えてしまった。

このレビューはネタバレを含みます

5点でよかったけど、なんか入江監督はもっとヤバい作品作る気がしたから、少しだけ引いた。入江監督基準で4.8点。

本当にこれこそが見たい作品だった。
地域とその場所に残った人間たち、地域を支配するのに政治と暴力が密接に絡みつく構図。
源平合戦の映画見てるみたいだった。
地元意識+実際に地元の間の人間たちで構成される組織と、その地域外の人間の間での血で血を洗うバイオレンス描写。
登場人物たちの生活と暴力の距離感がとにかく近い。

なによりもテーマが「土地を巡る争い」だろうと思った。
任侠映画やギャング映画というより「不動産映画」というか。
映画の中で繰り返し出てくる争いはすべて土地を巡っていて、「よそから来たもの」と地元に残った者の間で行われているような。
それが地元意識(裏返しとしての排外意識)と、それが地元で作られる組織を強固にする感じとか。

篠田麻里子と桐谷健太のこと好きになった。
想像以上というか、次の芝居を期待するぐらいに演技がよかった。

入江監督に大河撮ってほしい。平家物語とか、太平記とか。
土地ベッタリの人たちの、自然主義的なリアリズム追求バイオレンス大河ドラマ
>|