今夜、ロマンス劇場でのネタバレレビュー・内容・結末

今夜、ロマンス劇場で2018年製作の映画)

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:108分

ジャンル:

3.7

あらすじ

モノクロ映画のヒロインと現実世界に生きる青年。出会うはずのなかった2人が出会ったら…それはロマンティックで切ない恋のはじまり。映画監督を夢見る青年・健司(坂口健太郎)は、ある日、通い慣れた映画館のロマンス劇場で1人の女性と出会う。彼女は健司がずっと憧れていた映画のなかのお姫様・美雪(綾瀬はるか)だった!モノクロの映画の世界からカラフルな現実の世界に飛び出した美雪は、色のついた世界を体験していく。…

モノクロ映画のヒロインと現実世界に生きる青年。出会うはずのなかった2人が出会ったら…それはロマンティックで切ない恋のはじまり。映画監督を夢見る青年・健司(坂口健太郎)は、ある日、通い慣れた映画館のロマンス劇場で1人の女性と出会う。彼女は健司がずっと憧れていた映画のなかのお姫様・美雪(綾瀬はるか)だった!モノクロの映画の世界からカラフルな現実の世界に飛び出した美雪は、色のついた世界を体験していく。そして次第に惹かれあう2人。しかし、彼女にはある秘密があった……。 “逢いたい”気持ちが奇跡を起こす、ロマンティックで切ないラブストーリーが誕生。

「今夜、ロマンス劇場で」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ANA飛行機内で鑑賞。
中盤から引き込まれる。

好きな人に触れられないで一生一緒にいられるか問題、そういう結末ね。好きだよ俺そういうの。
綾瀬はるかを見るための映画。現代と昭和30年代がパラレルに進みますが、最後は二つの時代が繋がって、心がジーンとしました。
【映画館MOVIXにて鑑賞】映画のなかから白黒のお姫様が出て来て、恋をする。
今年1番号泣した映画。

単純に時間が経ったら元の世界に戻ってしまうのではなくて、触れなければずっと一緒にいられるという設定がいいなと思った。

最近の恋愛映画(特に少女漫画の実写化)はキスシーンとかが多いイメージだったので、一緒にいるだけで幸せという純粋な所が新鮮で素敵だった。

大まかに映画の世界、過去、現代と3つの場面に分かれていたが、分かりやすく上手くまとまっていた。

ほんとにはじめの方のシーンで、孫がお爺さんに手を貸さなかったというセリフがあったが、そこから伏線が張られていたとは気づかなかった。

主役は坂口健太郎、ヒロインは綾瀬はるかでないとダメだと思うくらい役がはまっていたなと思った。
内容は、予告通りで予想通りに話は進んで行く でも見飽きることはなかった
色のある世界をもう少し綺麗な映像が見たかった感じ

気になったのは、ハンサムガイシリーズ
妖怪ミュージカルは、観に行きたくなる

映画は人を幸せにする為に〜のセリフ良かった
白黒の演出も音が飛んだり、フィルムが保管されてる間の時代の変化を音で表現するとこが個人的に好き。
カラーの映像もとにかく衣装も含めて色彩が綺麗。
心が躍る音楽がさらに世界観を創っている。
美雪の凛とした美しさ綾瀬はるかさんだから。
牧野の繊細さと優しさは坂口健太郎くんだから。
本当に素敵なキャスティング。
*
当たり前に人の体温に触れることができると思っていたことが出来ないと知り、戸惑いながらも受け入れ、一緒に歩むと決めたシーン。
助けたくても介護することが出来ないシーン。
傍から見たら可哀想だと思われていたとしてもそれでも心が通じ合っていて、2人が幸せならそれでいい。
「誰の人生でもなく自分の人生の主人公は自分。」
「周りで支えてくれる人がいるから生きていける。」
最後の登場人物と歩きながら目を合わせて、美雪の元へ向かうシーンで表現されていると感じました。
*
「当たり前とか普通なことなんて本当は何ひとつなくて、人生起こること全てが奇跡。」
エンドロールの写真も素敵でシェネルの奇跡と映画が凄くリンクしていて涙が止まりませんでした。心温まる幅広い世代の人が共感できるとっても素敵な映画でした。
人が人である故に避けられないもの、そして彼女が彼女であるが故に避けられないもの、それぞれに制約のある中で、それでも共に歩いて行きたいという強い信念を作品の中に感じた。
ストーリー展開としては王道に近いが、最後に予想もしてなかった展開があり、涙無しでは見ずにいられなかった。

数年に一度、借りてきて定期的に見たい作品だと自分は感じた。
綾瀬はるかの可愛さで映画は一本作れるを形にした。
とにかくかわいい。可愛い。最高。

坂口健太郎もいい。スクリーンのお姫様に恋しちゃう顔がとてもいい。
そして振り回されちゃう顔もいい。惹き込まれる。
北村一輝のユニークさもいい。



かわいいかわいい御伽噺かと思うと実はけっこう繊密に描かれていて、
何気ない一言、しぐさがあとから見返すと、ああこういうことだったのね、と伏線のようになっていて小気味いい。
看護師さんの序盤の呟いた二人の関係が、後半にきちんと描かれてるところとか好き。

最大の秘密を明かしたときに人はどんな選択をするのか。
二人がつくる御伽噺の行方は。




好きな人に触れる事ができたら、世界はきっと鮮やかに色づく。
綾瀬はるかがひたすら可愛い。衣装がどれも素敵で見ていて楽しい!

物語はおとぎ話のよう。個人的には現実感なくてあまり入り込めず、泣くというのはなかったかな。でもいい映画です。
綺麗なものを隣で見たい人が好きな人なのかも。
それって当たり前で気がつかない。

北村一輝の、下を向いてたら今しか見えない、前を向いて未来を見ないと、というセリフが印象的。
お孫さんきましたって、病室に彼女が現れたとき「アアアーーーーーー!!!!!!😭😭😭」と心の中で叫んだ。変わる変わる衣装がとっても可愛い!
>|