今夜、ロマンス劇場でのネタバレレビュー・内容・結末

今夜、ロマンス劇場で2018年製作の映画)

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:108分

ジャンル:

3.7

あらすじ

モノクロ映画のヒロインと現実世界に生きる青年。出会うはずのなかった2人が出会ったら…それはロマンティックで切ない恋のはじまり。映画監督を夢見る青年・健司(坂口健太郎)は、ある日、通い慣れた映画館のロマンス劇場で1人の女性と出会う。彼女は健司がずっと憧れていた映画のなかのお姫様・美雪(綾瀬はるか)だった!モノクロの映画の世界からカラフルな現実の世界に飛び出した美雪は、色のついた世界を体験していく。…

モノクロ映画のヒロインと現実世界に生きる青年。出会うはずのなかった2人が出会ったら…それはロマンティックで切ない恋のはじまり。映画監督を夢見る青年・健司(坂口健太郎)は、ある日、通い慣れた映画館のロマンス劇場で1人の女性と出会う。彼女は健司がずっと憧れていた映画のなかのお姫様・美雪(綾瀬はるか)だった!モノクロの映画の世界からカラフルな現実の世界に飛び出した美雪は、色のついた世界を体験していく。そして次第に惹かれあう2人。しかし、彼女にはある秘密があった……。 “逢いたい”気持ちが奇跡を起こす、ロマンティックで切ないラブストーリーが誕生。

「今夜、ロマンス劇場で」に投稿されたネタバレ・内容・結末

愛する人を触れられないんだよ?!
触れると消えちゃう。

本当に愛してるから、それをずっと守り通した2人。ビックリした。
彼の最期に自ら彼に触れ、2人は永遠になる...😭
要約
映画監督を夢見る男と映画の世界から出てきたモノクロの自由気ままな女性の物語。坂口が好きになった女性は映画の中の女性だった。しかし、ある事がきっかけでスクリーンの中から出てきて、坂口を下僕と言い、坂口の家で居候する。一緒に過ごす事で互いに惹かれ合っていくがこの女性にはある秘密があった。
感想
坂口君の優しすぎる、心が広すぎる所に対して突っ込みを入れながら見た。

触れられない関係で付き合うことは可能ですか?

映画の中から出て来て、触れたら消えてしまうお姫様との恋。
触れられないことでの儚さや、お互いを想い合うにつれて、ぎこちない対応になってしまう、もどかしさが美しく描かれている感動作品でした。

お姫様のドレスや衣装がどれも素敵で場面が変わる毎に楽しみに映画を観賞することができました。

そして、綾瀬はるかの涙は 反則ですね!
あんなに美しく綺麗な涙は 綾瀬はるかならではですね!!笑

ラストの病院のシーンはどこか
君に読む物語 を感じさせるそんな作品でした!
綾瀬はるか主演ということで期待していたのですが…💦
なにこれ、全然面白くない((((;゚Д゚)))))))
なんか設定に無理がありすぎてストーリーに入り込めない。何故映画から出てきた女優さんがその役のまま出てくる?(笑)なんで触れない?((((;゚Д゚)))))))そして二人の演技もなーんかクサイ💦
そして触れられないのに彼が死ぬまで一緒にいるとか、あり得ないです💦
綾瀬はるかが美しい!世界観が素敵!坂口もいい!最後まで触れなかったという展開が意外だったが、最後の最後で死に際に触れて一緒に消えるのが泣けた!
坂口健太郎かがっこいい!
そして、綾瀬はるかがどこからみても美人。
触れて消えるのかと思いきや、そういう結末なのねってとこが予想外だった!
映像がきれいで、純愛でよかった。
名作とかを観たあとだったからか、薄っぺら!と思ってしまった。飛ばしながら30分くらいで観た、、

最初の方はちぐはぐ感とか、あえてなのかわざとなのか俳優さんたちの妙な演技に観るの辛くなったけど、
中盤からラストまで、持っていかれてしまったよ。くそう。卑怯だ。

2人のまっすぐな愛の結論に、涙。
逃げずに、ブレずに、最後まで貫いて、素敵。

こういう役が似合う女優さんって、綾瀬はるかくらいなんじゃないだろうか。
設定とか口調とかきつい〜と思って観てても、最終的にはこんな風に思ってしまう程の仕上がり。
オードリーヘップバーンみたいと思った。
ひたすら、ただただ美、美、美。

お洋服や背景が本当に美しかった。
特にあの、藤の花のシーンはため息もの。
行ってみたい。
ロマンチック…。
触れたい、触れられない…やっぱり触れたーい!!(笑)
同じように過ごす時間は一緒なのに。
同じようには歳をとれない切なさ。
好きな人が好きになった時のまま変わらずそばにいてくれる夢感。
夢と現実とのバランスが絶妙。
ありえないって頭ではわかってるのに
ジーンとしてしまった。
触れ合えること、一緒に歳を重ねて行けることを大切にしたくなる映画でした。
いろいろな愛の形があっていいし、いろいろな愛の形の中で全人類が幸せになれたらいいなぁと思います。

この作品では「好きな人に触れられない」恋愛に対してどこまでも美しく綺麗に素敵に描いていたけれど、「好きな人に触れたい」という欲望はもっとドロドロとしたグロテスクな感情だと思っています。この映画にドロドロしたものを求めていないのであくまでわたしの主張と噛み合わなかった部分であり、映画の評価を下げる原因というお話ではないのですが。

作品中のお洋服はどれもハチャメチャに可愛く、女の子なら映像を見るだけでときめくことができる作品だと思います。金曜日の夜にチューハイ片手にあたりめをつまみながらの鑑賞でしたが、もう少しかわいいお酒を選べばよかった。
>|