光の作品情報・感想・評価

2017年製作の映画)

上映日:2017年05月27日

製作国:

上映時間:102分

3.7

あらすじ

単調な⽇々を送っていた美佐⼦(⽔崎綾⼥)は、情景を⾔葉で説明する、視覚障碍者向けの映画の⾳声ガイドの仕事をきっかけに、弱視の天才カメラマン・雅哉(永瀬正敏)と出逢う。美佐⼦は雅哉の無愛想な態度に苛⽴ちながらも、彼が撮影した⼣⽇の写真に⼼を突き動かされ、いつかこの場所に連れて⾏って欲しいと願うようになる。命よりも⼤事なカメラを前にしながら、次第に視⼒を奪われてゆく雅哉。彼と過ごすうちに、美佐⼦の中…

単調な⽇々を送っていた美佐⼦(⽔崎綾⼥)は、情景を⾔葉で説明する、視覚障碍者向けの映画の⾳声ガイドの仕事をきっかけに、弱視の天才カメラマン・雅哉(永瀬正敏)と出逢う。美佐⼦は雅哉の無愛想な態度に苛⽴ちながらも、彼が撮影した⼣⽇の写真に⼼を突き動かされ、いつかこの場所に連れて⾏って欲しいと願うようになる。命よりも⼤事なカメラを前にしながら、次第に視⼒を奪われてゆく雅哉。彼と過ごすうちに、美佐⼦の中の何かが変わり始めるーー。

「光」に投稿された感想・評価

こえ

こえの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

視力を失いゆく写真家と、視覚障害者向けの映画の音声ガイドを仕事にする女。映画作りの中、その情景を目が不自由な人向けに解説する声の仕事なのだけど、そういう仕事がこうして作られるのだと初めて知った。声を入れる作業の中でのフィードバック?的なセッションでは、実際に彼女がその場で読んでみて、それを視覚障害者が聞いてどう思うかということが議論される。写真家はその一人。ぼくはなぜかはわからないけど、その中の一人が、声をどう感じたかとか、ここがよかったとか言っているのを見ていて涙していた。多分そこは台本とかはないんじゃないかな。実際に視覚障害者がその声をどう感じたかを言ってもらって、カメラがそれを撮るという、その描き方が河瀬直美らしいし、面白い。河瀬の映画には、いつも弱い者とか、老いゆく者とか、死んだ者とか、ともすればその声が消えいき戻ってこないかもしれない人たちの声と姿が描かれている。優しいし、暖かい。その「眼」が涙の理由かもしれない。映画の主題は、春琴抄的な愛がテーマのだろうけど。完成した映画で実際に音声ガイドをしていたのはあの人。ああ…合掌。
mmmmmmmm

mmmmmmmmの感想・評価

4.5
心に何かの感情を与えるのではなく、心そのもの。

見るとは、視覚だけではなく、視覚を超えたもの。
A

Aの感想・評価

4.3
徐々に視力を失っていく描写に息が詰まる。光を失う恐怖と悲しみがひしひしと伝わってきた。さらには相手を理解することや映画そのものについても問う素晴らしい作品。
光を美しく切り取り、繊細に言葉を紡ぐ、上質なつくり。セリフはちょっぴりくさいけど。
ラストの音声ガイドの力は偉大。
Takuo

Takuoの感想・評価

-
メインの2人はとてもいい。
健常者で視覚障がい者の役者がリアリティなさすぎて辛い。
「言葉」の重要性を語って、一番いいシーンで言葉(台詞)で台無しにしている。
河瀬直美はドSだから恋愛経験に乏しいのでは? と感じるほど嘘くさい台詞。折角の役者が台詞言わされてると感じてしまう。
お得意芸の森って記号も他にも凄くいいシーンあるのに、あざとさが目立って感情移入できない。
初期河瀬直美はどこに行ってしまったの?
KentF

KentFの感想・評価

4.0
声と息づかいが優しい。特にモニタリングのシーン。視覚と想像力について、映画を“観”ながら考える。
「言葉」を大切にするこの作品につけられたラブストーリーという陳腐なレッテル。監督はどう思っているのだろう。
上質な恋愛映画をみれた…
とてもよかった

光がこぼれるキスシーン、このポスターみたときに、大好きな「アデル、ブルーは熱い色」の一番好きなあのキスシーン浮かんでこれ絶対良い映画だって思ってた。やっと観れて、良くて、満足。
河瀨直美さん作品、「あん」しか観たことなかったけど、最高続きなので他作品も観たい観ます
makiko

makikoの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

いや、分かるんだけどね、主人公のおこがましくて強気で空気読めない絶妙な感じを上手く表現出来すぎてて…監督の意図なのは分かってるんだけど…
初めてあがった人の部屋のゴミ箱から勝手に結婚式の招待状取り出して「この式場バリアフリーだからあなたでも大丈夫ですよ」って、押し付けがましいにも程がある感じ、上手なんだけど、やっぱり主人公に感情移入できない映画はどんなに良くても好きになれない…

出演料なしの樹木希林のナレーションに百点。光。
aya

ayaの感想・評価

-
美しかった。最初に目をつぶってガイドなしで観てもよかったかもしれない。主演女優は浮いている、なんというか、顔が。存在感も。意図的かな。永瀬正敏は変わらずカッコいい。藤竜也が出るたびなぜだかわからないがポロポロ泣く。邦画特有の観てると脚本と演技が合ってなくて恥ずかしくなる現象がない。感性が合ってる。
わたしの親もわたしに捜索される時が来るのか、わたしも娘に捜索される時が来るのか。そんなの考えても仕方のないことだけど…どうなっても生きなければいけない。心を強く持たなければ。
視覚障害者の為に音声ガイドを付ける仕事を意識した事がなかったので新鮮だった。永瀬さん、濱マイクみたいな役をまたやってくれないかな。
こもえ

こもえの感想・評価

3.9
視覚障害者向けの映画の音声ガイド。その作製現場を観たことはなかった。
まずはこの現場を舞台にした河瀬監督に感謝したいと思います。
ガイドする側は伝える言葉を一つ一つ慎重に選ばなければならない。表現を押しつけてはいけない。
言われてみたら、その通りなんだけど、そこに気づくのは意外と難しいことかも。伝えたい思いが強ければ強いほど。
でも、美佐子がたどり着いた着地点はガイド側もそれを聞く側にも納得のいくものになったのではないか。樹木希林の声とともに。

その作製現場にいた一人が視力を失いつつあるカメラマン中森は美佐子に厳しいことを言い放つ存在。
演じた永瀬正敏は素晴らしく、ドキュメンタリーを見ているかのような迫真の演技だった。
視野の狭さを表現した演出もよかった。

そんな二人のラブストーリーという触れ込みだったけど、主軸はそこじゃなかった気がする。
>|