光の作品情報・感想・評価

2017年製作の映画)

上映日:2017年05月27日

製作国:

上映時間:102分

3.7

あらすじ

単調な⽇々を送っていた美佐⼦(⽔崎綾⼥)は、情景を⾔葉で説明する、視覚障碍者向けの映画の⾳声ガイドの仕事をきっかけに、弱視の天才カメラマン・雅哉(永瀬正敏)と出逢う。美佐⼦は雅哉の無愛想な態度に苛⽴ちながらも、彼が撮影した⼣⽇の写真に⼼を突き動かされ、いつかこの場所に連れて⾏って欲しいと願うようになる。命よりも⼤事なカメラを前にしながら、次第に視⼒を奪われてゆく雅哉。彼と過ごすうちに、美佐⼦の中…

単調な⽇々を送っていた美佐⼦(⽔崎綾⼥)は、情景を⾔葉で説明する、視覚障碍者向けの映画の⾳声ガイドの仕事をきっかけに、弱視の天才カメラマン・雅哉(永瀬正敏)と出逢う。美佐⼦は雅哉の無愛想な態度に苛⽴ちながらも、彼が撮影した⼣⽇の写真に⼼を突き動かされ、いつかこの場所に連れて⾏って欲しいと願うようになる。命よりも⼤事なカメラを前にしながら、次第に視⼒を奪われてゆく雅哉。彼と過ごすうちに、美佐⼦の中の何かが変わり始めるーー。

「光」に投稿された感想・評価

みやり

みやりの感想・評価

3.2
こういう職業もあるんだなと初めて知ることができた。

台詞が少ない、間が多いので登場人物の心理を想像しきれない部分が多々あった。恋愛や母親のエピソードも、いろんな要素が散らかっていて中途半端な雰囲気映画って感じがした。ピアノ、光、アップとその美しい雰囲気がこれでもかと連続してくどい。

永瀬正敏とこの監督は相性がいいみたいだ。
奏音

奏音の感想・評価

4.3
難しい………難しい映画だった…
印象的だったのは、光の使い方とリアルさ。
題材もあってでしょうか…柔らかい光、サンキャッチャーの光、コントラストの強いシーン、いろいろな種類の光がありました。
また、演技があまりにもリアルでな部分もあり、そういう感情があるのかって感じることができるのはこういう映画の醍醐味だなあ、と。

他人の痛みを全て想像することはできないけど、重なる部分もあって、ちょっと重なるだけでも辛かったり涙することがあったり…そこに目が見えるとかそうでないとか無くて…
上手く言えないけど、そんな感じです

このレビューはネタバレを含みます

水崎綾女、清楚で可愛いけど、武井咲やその他諸々の旬の女優さんの顔をかき集めたような、平均的な顔をしているなと思った。あと歯白っっ。
あんと立て続けに永瀬正敏登場作品を見たが、目が悪いからと言って完璧な性格、優しい性格、弱々しい性格ばかりの人ではないということを表現しており、さらに生活の有り様が(おそらく)リアルで、痛々しかった。きっと脚本以上の味を出している。しかし脚本も、いい天気だなと呟いただけで音声ガイドがいいえと反応するシーンなど、えらく心をえぐるようなシーンを作ってきていて非常に切ない。

“光”が付くタイトルの作品に盲目をテーマにしてるものが多くて、見る前から内容に勘付いてしまうのがなぁ。。盲目の人に光というイメージしか与えないのも頷けない。
映像ですね。いい感じの美しい映像です。雰囲気ものです。カメラマンが目の病気なのはベタすぎませんか。男女が急に仲良くなった。美しい映像が わざとらしく感じました。
綾女さんが河瀬直美の映画でヒロインって聞いた時は大抜擢やな!ウキウキ、ってなったもんですが、マシンボーイは坂本浩一監督の作品の綾女さんのが100億万倍好きだ!

視覚障害者の映画音声ガイドをつくる女と弱視のカメラマンが出会うよ、って話

これ劇場でやってる時はな、観に行こうか迷った末に「聖ゾンビ女学院」観に行ってしまってな、観終わったあとに綾女さんにしたら良かった…と後悔したもんですが、両方観た今となっては、振り切った糞映画を大スクリーンで観れたぶん「聖ゾンビ女学院」でも良かったかな?なんてな

だって本作の綾女さんってば悪党を蹴り飛ばしたり一切しないんですよ…スンスン
昼間は映画に音声ガイドつくる仕事しながら、夜はSMクラブで女王様として働く綾女さんが、うっかり悪の組織の悪事を写真に収めてしまった故に追われる弱視のカメラマンを助けるために、悪党どもを蹴りまくるアクション映画なら良かったのに!

え、マシンボーイが河瀬直美作品観るんが間違ってる?ぐうの音も出ねぇ…
いや、でも「2つ目の窓」はかなり好きなんすよ、まだ初々しい虹郎くんや純子ちゃん可愛らしいかんな、ぺろぺろ

最近、綾女さんがアクション映画出んの少なくて寂しかったけど、間もなく公開のスペース・スクワッドとキュウレンジャーのコラボ映画では久々にエスケイプ様役で出てるから楽しみしかないわ!ぺろぺろ
しかも腑破十臓、バスコ、メレ様とマシンボーイが好きなスーパー戦隊の歴代悪役と肩並べてっからな!ぺろぺろ
しかも安定の坂本浩一監督!ぺろぺろ

さぁ、こんな真面目で真摯な作品にアホなレビューしかしないと叩かれそうなんでちょいとちゃんとした事も書きます
マシンボーイもな映画好きとして視力なくなるとかめちゃ怖い思うんですがね、西村さんの特殊造形が見れなくなるとか悲しみしかないし、井口監督の新作見れなくなるとか考えただけで泣きたくなるし、ふみちゃんや茉優ちゃんや美波ちゃんや葵ちゃんの可愛らしい笑顔見れなくなるとか地獄やし、亜紗美姉さんのアクションや、しゅりちゃんのM男いじめ見れなくなるとか絶望やないですか!
だから本作を観て、視覚障害者が映画を感じれるようにする仕事がほんとに素晴らしい仕事やなぁ!なんて感心したんですがね
それだけに!ラブストーリー要素とか要らんから、ヒロイン綾女さんと視覚障害者の永瀬が音声ガイドの中身を巡ってバチバチにぶつかり合う言葉のプロレス映画みたいなんが観たかったわ、それなら体張ったアクション無くてもなんとなくアクション得意な綾女さんが本作に選ばれた意義もある気がするわ

個人的には本作で綾女さんが映画にあてる音声ガイドの台詞回しよりも、「光と禿」でクリトリック・リスが盲目の岸井さんに向けて歌う「はげしい光の中で」の方が想像力を掻き立てられ、より美しい光が脳内に広がったのだが…それは僕が見えてるからなのか?ぜひ視覚障害者の方に「はげしい光の中で」を聴いていただいて感想を聞いてみたいと思いました

とりあえず「赤×ピンク」と「光と禿」が見たなってきたわ!
映画の音声ガイドなる仕事をしている女子がいる。名前は美佐子。押しつけがましく空気の読めない女子。コヤツと一緒にいると色々とイラつきそう。ごめん、美佐子。

でも、この仕事って、ズケズケと厳しいことを言われ、ストレスが溜まりそう。美佐子の気持ちもわかるかも。

そして、圧巻は夕陽をバックに唐突に訪れるあのシーンに目が奪われる。衝動的に沸き起こる愛情か、視力を失いつつある者への同情か、はっきりしやがれ、みちゃ子!

本作の光は夕陽のまばゆい光、視力が無くなり失われていく光、二人の未来に対する光なのか?永瀬正敏の光を喪失していく絶望感溢れる演技は必見!
みずき

みずきの感想・評価

3.0
むずいーーー
正直細かいセリフまわしのニュアンスがあまり好みじゃなかった(^^;
Pippi

Pippiの感想・評価

4.0
 〈やわらかい〉音とか、〈つやのない〉音とか、〈かわいた〉音といった言い方にも理由がある。
 (モーリス・メルロ=ポンティ)

視覚障害のある人に対し、映画を訳す仕事を受けることになった主人公

視覚で受け取ったものを、言葉にするということの難しさ、
芸術のバリアフリーは可能であるのか?ということを感じた。
Tanabedesu

Tanabedesuの感想・評価

4.4
永瀬、河瀬(逆か!)コンビは、次も見たくなります。
架空なのかもしれないけれど、にもかかわらずドッシリとした実感のある、そして、どこか自分の心のどこかとも繋がっているような。切なくなるけれど、後味は悪くない。
いくつかのテーマが混在していた中で、美佐子の母に関するところは一体何だったんだろうなとはっきりしなくてイライラした。
美佐子は音声ガイドの仕事を通して、雅哉たち視覚障がい者に伝わる表現を探してる。言葉は難しいものだから使い方次第ですぐに主観、思い込み、エゴといった批判的な受け止め方をされてしまう。河瀬監督自身が映画の中で伝えたいことをうまく伝えられないでいて、それをどういう言葉を使って伝えればいいのか悩み苦しんでいる状態をそのまま描いているのかなと思った。
何となくぼんやりとやりたいことはわかるけど、それをもっと具体的にぐいぐい押し込んでくるものが無くて煮え切らなかった。美しい逆光の映像がまさにそれで、綺麗にこじんまりとまとまっちゃったなという印象を受ける。表面的なものよりも本質的なものが観たい。これだとただのそこらへんのエンターテイメント作と大差無い。問題作と言われるくらいのエゴで貫いて欲しいし、自分の考えはこうだと主張して欲しい。
周りと同じだと安心する日本人の悪いところを見ているかのようだった。
>|