(2017年製作の映画)

上映日:2017年05月27日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:102分
    監督
    河瀨直美
    キャスト
    永瀬正敏
    水崎綾女
    藤竜也
    神野三鈴
    白川和子
    大西信満
    大塚千弘
    小市慢太郎
    早織(小出早織)
    堀内正美
    あらすじ
    単調な⽇々を送っていた美佐⼦(⽔崎綾⼥)は、情景を⾔葉で説明する、視覚障碍者向けの映画の⾳声ガイドの仕事をきっかけに、弱視の天才カメラマン・雅哉(永瀬正敏)と出逢う。美佐⼦は雅哉の無愛想な態度に苛⽴ちながらも、彼が撮影した⼣⽇の写真に⼼を突き動かされ、いつかこの場所に連れて⾏って欲しいと願うようになる。命よりも⼤事なカメラを前にしながら、次第に視⼒を奪われてゆく雅哉。彼と過ごすうちに、美佐⼦の中の何かが変わり始めるーー。

    「光」に投稿された感想・レビュー

    coco
    cocoの感想・レビュー
    13時間
    -
    想像以上に素晴らしかった。ちょっと泣いたし。見える女と見えない男のただのラブストーリーではない。見ること、感じること、考えること、映画に対しての敬意を含ませてるところがカンヌ70周年にぴったりだ。
    UDCastのテストも兼ねて観てたら映画内映画、鏡合わせの世界のようで混乱した。殯の森と比べるとだいぶ分かりやすい作風になってきたけど、じゃあこの作品はどんな音声ガイドがつくのか、きっと気になるだろうね。
    chiakia
    chiakiaの感想・レビュー
    1日
    3.0
    永瀬正敏が前作『あん』に優るとも劣らぬ入魂の演技で、写真表現にイノチをかけてきて、病により次第に視力を失っていくカメラマン役を熱演。アブラッ気がきれいに抜け落ちたような藤竜也もすっかり河瀬直美ワールドの一員になっている。だけど、ヒロイン(水崎綾女)がね・・・・・・。

    いったいに河瀬直美監督が造型する女性像は私には肌合いがしっくりこなくて、それは資質や人生経験の違いなどによるものだろうから、遠くから敬愛の念を惜しまないのだけれど、どうして邦画のキスシーンはいつも魅力や説得力に欠けるのだろう? 欧米の映画を真似する必要はさらさらないにしても、美しいキスシーンが成立するためには、日本の女と男の関係にはまだまだ克服するべき課題があるということかな、ひょっとして。
    うさまる
    うさまるの感想・レビュー
    2017/05/18
    3.5
    河瀬直美監督の作品を初めて観た。
    陳腐なラブストーリーではなく、本気で人と向き合う事や自分の大事なものを失う意味を考えさせられた。
    mi
    miの感想・レビュー
    2017/05/12
    3.9
    完成披露試写会にて鑑賞。
    jun18
    jun18の感想・レビュー
    2017/05/10
    4.4
    試写にて。


    この作品を見たものを引き込む光
    誘いの光
    誘惑の光
    混沌の光
    漆黒の光

    中森の眼から光が奪われ、今まで強がっていた瞳から一粒の涙が零れおちる。

    ヒロインの水崎さんはこの映画が出世作になることは間違いないだろう。
    数点、監督の見せ方と理解が及ばない点があったが、通して、ナレーションベースに絵が付いていき、モニターに考えさせる余地を与えてくれたため、見やすかった。

    いまは分かりやすくするために、テレビも映画も小説も執拗にセリフや情景を書き記そうとする。

    なぜ、ここに点字ブロックがあるのだろう。

    話は変わるが、何故多言語の看板が増えたのだろう。

    誰のためにと、五体満足の自分が考えるのには時間がかかる。五体満足の人が不自由を感じるものは自由の中の不自由であり、本当の不自由に失礼なほど満足しているのに。

    一歩引いた目線で世の中を見る事の「きっかけ」を与えてくれそうな、そんな社会的映画だった。
    koshigoemon
    koshigoemonの感想・レビュー
    2017/05/09
    4.0
    観る者の内側に強く、深く語りかけてくる河瀬直美監督の渾身の一本。河瀬作品ではお決まりの奈良のたたずまいが極めて説得力豊かに、これまで以上に胸に沁みて、かつ必然的に物語と溶け合っている。河瀬監督、永瀬正敏、ともに代表作になる予感。水崎綾女も好演。樹木希林の関わり方も大いに納得の静かで美しく、しかも強靱な佳品。音楽も素晴らしい。

    #光
    えみ
    えみの感想・レビュー
    2017/05/08
    4.0
    やはし
    わたし
    河瀬監督の作品がすきだ。
    「光」という作品なだけあって
    全てのシーンにおいて
    光の存在がとても美しく
    ときに残酷に、描かれている。
    目が見えるわたしは
    キラキラと輝くそれを
    ただただ美しいと眺めるだけ。
    それが日常でわたしの普通。
    でもそうじゃない人もいる。
    それになかなか気づけない。
    自分を生きることで
    精一杯だから。

    余白・隙間も
    この作品には欠かせないもの。
    目に見えるものにも、
    ことばにも、こころにも。
    黒白つけることが全てではない。

    贅沢な映画だと思う。
    すき。
    永瀬正敏氏がまた、
    恐ろしや〜〜〜
    うますぎる。、
    なおと
    なおとの感想・レビュー
    2017/05/04
    3.5
    「音声ガイド」というものの理解が深まりました。

    無いと情景が分からないし、有り過ぎると邪魔になってしまうという。

    もし今自分の目が見えなくなって、一番好きな「映画」というものを観れなくなったとしたら、「音声ガイド」というのは物凄く大事だろうなと思います。

    あとは、ラストシーンがここ最近観た作品の中では一番綺麗だった☆
    Filmarks公式
    Filmarks公式の感想・レビュー
    2017/04/29
    -
    【10年に1本の傑作誕生】『あん』河瀬直美✖永瀬正敏の黄金コンビ再び!人生で一番大切なものを失った大人たちが見出す「光」に涙が溢れ出る感動作【カンヌ日本唯一のコンペ】
    あーる
    あーるの感想・レビュー
    2017/04/28
    4.6
    ほんの短い時間ですが、アイマスクをして音声ガイドの体験をしてからの鑑賞。

    全く触れることなく過ごしてきた音声ガイドの世界。言葉の情報だけでは伝えきれない雰囲気を伝えることの難しさ、伝わることの大切さ、人と人とが繋がることの出来るひとつの手段として、言葉の試行錯誤が繰り返されている事実に胸を打たれました。

    当たり前のように聞こえるなんでもない様々な生活音でさえ愛おしく思えます。

    光(ひかり)という言葉に含まれる意味が尊いと感じる内容でした。
    >|