光の作品情報・感想・評価

2017年製作の映画)

上映日:2017年05月27日

製作国:

上映時間:102分

3.8

あらすじ

単調な⽇々を送っていた美佐⼦(⽔崎綾⼥)は、情景を⾔葉で説明する、視覚障碍者向けの映画の⾳声ガイドの仕事をきっかけに、弱視の天才カメラマン・雅哉(永瀬正敏)と出逢う。美佐⼦は雅哉の無愛想な態度に苛⽴ちながらも、彼が撮影した⼣⽇の写真に⼼を突き動かされ、いつかこの場所に連れて⾏って欲しいと願うようになる。命よりも⼤事なカメラを前にしながら、次第に視⼒を奪われてゆく雅哉。彼と過ごすうちに、美佐⼦の中…

単調な⽇々を送っていた美佐⼦(⽔崎綾⼥)は、情景を⾔葉で説明する、視覚障碍者向けの映画の⾳声ガイドの仕事をきっかけに、弱視の天才カメラマン・雅哉(永瀬正敏)と出逢う。美佐⼦は雅哉の無愛想な態度に苛⽴ちながらも、彼が撮影した⼣⽇の写真に⼼を突き動かされ、いつかこの場所に連れて⾏って欲しいと願うようになる。命よりも⼤事なカメラを前にしながら、次第に視⼒を奪われてゆく雅哉。彼と過ごすうちに、美佐⼦の中の何かが変わり始めるーー。

「光」に投稿された感想・評価

『同じ空気を吸って

 同じ音を聞いて

 いろんなものを感じて

 映画を観ています』


映画とはそうなのですね。


ラスト、
観客みんながそうであったように…

映画を観るとはとういうことか

わかったような気がします

ありがとうございました。
みそ

みその感想・評価

4.0
最初、どんな映画が忘れて借りたので、音声ガイドをオフにしたのに、音声ガイドが流れてきたので思わずディスクを取り出して最初から見ることに、、
そしたらそういう映画の始まりかただった。笑

たまたま、視覚障害の方が視覚障害者の映画祭をやってるというドキュメンタリー番組を見たことがあって、
それを思い出す映画だった。

街中に視覚障害者の方を毎日のように見かける。
私は番組を見るまで副音声のことについてほとんど知識がなく、視覚障害の方が映画を楽しむことすら、知らなかった。

そしてこの映画は、副音声を作る人たちがメインの映画。

翻訳家の方や、吹き替えの方なんかも大変なんだろうな…と思っていたが、副音声の方の苦労もこの映画はうつしてた。
映画が見える人たちが、副音声を聞いて映画を《見る》人の気持ちをどこまでわかって寄り添うか…
思いやりという名の同情でなく、同じ立場に立ってみるというのが、どんなに大変かがわかった。

同時に、永瀬正敏さん演じる主人公の葛藤とか変化していく過程とか、素晴らしかった。
永瀬さん好きだー
実際に永瀬さんは写真家としても活動してるみたい。

光が見えた瞬間の映像が忘れられない。
mao

maoの感想・評価

4.0
前半に実家でお母さんに話しかけてる水崎綾女の光の当たり方が、本当に泣きそうなくらい好きだった。
いやぁ良かった
fumi

fumiの感想・評価

5.0
人が生きていける理由のことの映画だった。

名前でものを見ない人の、哲学が嬉しかった。

劇場で見たらずっと泣いてたんだろうと思いました。
ナホ

ナホの感想・評価

3.5
映画館で観たかったなぁ。
音声ガイドについて興味はあったけど、具体的には知らなかったので非常に面白かった。
ただ、ストーリー的に突如過ぎる展開があったりして、もう少し長くなってもいいから、掘り下げればよいのに、と思いました。
アップのシーンを多用して効果的な印象を残していました。
しかし、見えていた目がだんだん見えなくなるのは辛いなぁ。
水崎さんの演技が好感でした。
あと、樹木 希林さんの声は、凄いなあ。
河瀬直美監督作品の中で、一番わかりやすい作品な気がする。
rika

rikaの感想・評価

4.1
何気なく発した言葉が相手を傷付けたり喜ばせたり出来る重要なものであることを改めて実感。

見えない恐怖を少し体験できた気がした。
そのかわり光は見えるそんな気がした。
みどり

みどりの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

感情がいっぱいすぎて1回観ただけでは消化しきれない感
あと2回くらい観る

女優さんがきれい


俺も見たくないものが見えてしまって苛つくことがあったから
yukinko

yukinkoの感想・評価

3.5
言葉で表現することが全てではないが、表現しない事もまた全てではない。
ちゃん

ちゃんの感想・評価

3.1
この芸術性についていけませんでした。水崎綾女は過去1可愛かった、キャストの演技は素敵でしたが、、、
mal

malの感想・評価

3.0
視覚障害をもつカメラマン中森と視覚障害者用音声ガイドをつくる美佐子との出会いを基軸としたヒューマンドラマ。


非常に興味深い題材で、視覚障害者の生活や音声ガイドの仕事について少しでも知ることが出来たのが一番の収穫でした。

主役二人の過去をあえて描きすぎず、観客に解釈を委ねているところも好きです。


客観的に考えればそのとおりだけど、実際言われたらムッと来て、反論してしまう…。

こんな日常のあるあるを、大袈裟でなく、自然に表現しているシーンがいいですね!


しかし、この作品、私にはちょっとダメな部分がありました。

それは美佐子の心情が全然理解できなかったところです。

彼女の、中森に対する距離感がよくわからない。特に前半。


なぜ中森に惹かれていったのかも上手く理解できなかったのですが、自分なりの解釈をすると中森への同情なのかなと。

中森の写真に惹かれるところはわかるんですけど、もしかしたら美佐子が中森に感じたものは愛情ではなくて、可哀想だからそこに感情移入して発露したものなのでは。


一回しか観ていないので、うまく飲み込めていない感はありますが、私の感想としてはこんな風でした。
>|