光の作品情報・感想・評価

2017年製作の映画)

上映日:2017年05月27日

製作国:

上映時間:102分

3.8

あらすじ

単調な⽇々を送っていた美佐⼦(⽔崎綾⼥)は、情景を⾔葉で説明する、視覚障碍者向けの映画の⾳声ガイドの仕事をきっかけに、弱視の天才カメラマン・雅哉(永瀬正敏)と出逢う。美佐⼦は雅哉の無愛想な態度に苛⽴ちながらも、彼が撮影した⼣⽇の写真に⼼を突き動かされ、いつかこの場所に連れて⾏って欲しいと願うようになる。命よりも⼤事なカメラを前にしながら、次第に視⼒を奪われてゆく雅哉。彼と過ごすうちに、美佐⼦の中…

単調な⽇々を送っていた美佐⼦(⽔崎綾⼥)は、情景を⾔葉で説明する、視覚障碍者向けの映画の⾳声ガイドの仕事をきっかけに、弱視の天才カメラマン・雅哉(永瀬正敏)と出逢う。美佐⼦は雅哉の無愛想な態度に苛⽴ちながらも、彼が撮影した⼣⽇の写真に⼼を突き動かされ、いつかこの場所に連れて⾏って欲しいと願うようになる。命よりも⼤事なカメラを前にしながら、次第に視⼒を奪われてゆく雅哉。彼と過ごすうちに、美佐⼦の中の何かが変わり始めるーー。

「光」に投稿された感想・評価

水曜日

水曜日の感想・評価

3.5
ほぼ全盲になった元カメラマン(長瀬正敏)と盲人向け映画ガイドの制作スタッフ(水崎綾女)との交流(恋愛)物語。

永瀬正敏の圧倒的な破壊→再生感覚は『パターソン』やスポ魂『KAMO』でもあるように、この映画でも不変。自暴自棄でも何をしてても滲み出る再生へのキューサインが、この映画でも彼方此方から出てる気がする。いかにやざくれようと「がんばれ」と彼を応援してしまう。

共演の水崎綾女はかわいいし、思い切りよく演技をしているように見える。

不思議な感覚だが、全編奈良ロケだが外国映画を観てる感じがした。リズム感が外国っぽいのか?よく分からないが、画面を支配する自然光のせいかもしれない。あと無駄なシーンがないのも気に入ったポイント。

ちなみにバリアフリー音声ガイド制作の部分は「ライターの基本」みたいな感じで、これから目指す人も見るべきだと思う。
伝える言葉を考える、
自分以外の事を考える、
見えているものを伝える、
見えないものを考える、、、

え、見えていないのはどちらなのか。
見ようとしないのはどちらなのか。

寄り添うのは覚悟がいるものですね。
KTZM

KTZMの感想・評価

3.0
めちゃくちゃ邦画なのにテーマと事の運びが良い意味でそれらしくなく 好きなキャラクターがいないのが致命的
fushimina

fushiminaの感想・評価

3.3
久しぶりに映画館で見るべきだと思えた映画。光の描写やピアノのBGMが良い。

若干台詞が現実感ないけど、全体としてみて良かったなって思いました。

声だけなのに圧倒的な存在感の樹木希林もさすがでした。
希望、向こう側、前から向かってくる。
一番好きなものを捨てる。
次に進む。
夕日の向こう。
すがる思い。
見ているものの見え方を決めるのは自分。
失われるものは常に美しい。
光とは感じるもの。
映画の在り方。
自分という存在のおこがましさ、それを承知で生きていく。
夕暮れ時の陽の光、失われるものの、最期の金色の輝き。



消え行く先に待つ闇。
孤独
恐怖

見えていようが見えまいが、誰かとの記憶が支えてくれる。

独りではない。
誰かから生まれてきた。
だからここにいる。

光はつながって行く。
同じ光を見つめる者とつながって行く。
kaede

kaedeの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

目黒シネマ 河瀬直美×永瀬正敏特集
嘔吐物にすべって転んでしまったシーンではよっぽど苦しみからの解放を願った。苦しみというのは単に視覚障害があるということではない、、障害が苦しみであるのかどうかは視覚が満足にあるわたしにはわからない点だから。だけどそれに付随する様々な生活からの苦しみがあることは映画を見て感じた。それでもしっかりと光が見えているんだ!逆に、私には光が見えているのだろうか。。。
HORI

HORIの感想・評価

3.8
タイトルとラストが秀逸。
映画としての純粋な面白みは前作『あん』に劣るけれど、監督の完成された作家性と俳優たちの熱量が痛いほど伝わってくる。
「ああ、カンヌで評価されるんだろうな」という映画。
めえ

めえの感想・評価

4.1
ラストシーンは鳥肌ものでした。

個人的には水崎綾女さんがちょっと可愛すぎるので、もっと崩れててもいい。笑
メイクとかもっとナチュラルのほうが良かったような。寄りが多いからアイライナーとか気になっちゃって。。

あと、ラブストーリーとなってますが、そこまでラブストーリーには感じなかった。それがまた素敵
水のま

水のまの感想・評価

4.0
視覚障がいを持つ人のための音声ガイドを作る仕事。その作品を愛して、言葉を付け足すべきところ、鑑賞者に想像させるべきところを丁寧に選んでゆく。
それをテーマにすることで河瀬直美監督の映画愛を表現したという。
視力を失いかけている男、記憶を失いかけている母、主人公、それぞれに視覚的にも、物語的にも向けられるまばゆい光に胸がいっぱいになる。
次作はジュリエットビノシュとこれまた永瀬正敏との作品とのことで、期待!
あゆみ

あゆみの感想・評価

3.2
取り上げた題材は素晴らしいのに、そこまで入り込めなかった。期待しすぎたか。
映画の新たな側面を知ったという意味と、ラストの樹木希林の声によって、最低限の納得感は得られたかなと。
>|