光の作品情報・感想・評価

2017年製作の映画)

上映日:2017年05月27日

製作国:

上映時間:102分

3.8

あらすじ

単調な⽇々を送っていた美佐⼦(⽔崎綾⼥)は、情景を⾔葉で説明する、視覚障碍者向けの映画の⾳声ガイドの仕事をきっかけに、弱視の天才カメラマン・雅哉(永瀬正敏)と出逢う。美佐⼦は雅哉の無愛想な態度に苛⽴ちながらも、彼が撮影した⼣⽇の写真に⼼を突き動かされ、いつかこの場所に連れて⾏って欲しいと願うようになる。命よりも⼤事なカメラを前にしながら、次第に視⼒を奪われてゆく雅哉。彼と過ごすうちに、美佐⼦の中…

単調な⽇々を送っていた美佐⼦(⽔崎綾⼥)は、情景を⾔葉で説明する、視覚障碍者向けの映画の⾳声ガイドの仕事をきっかけに、弱視の天才カメラマン・雅哉(永瀬正敏)と出逢う。美佐⼦は雅哉の無愛想な態度に苛⽴ちながらも、彼が撮影した⼣⽇の写真に⼼を突き動かされ、いつかこの場所に連れて⾏って欲しいと願うようになる。命よりも⼤事なカメラを前にしながら、次第に視⼒を奪われてゆく雅哉。彼と過ごすうちに、美佐⼦の中の何かが変わり始めるーー。

「光」に投稿された感想・評価

chienuma

chienumaの感想・評価

4.0
健常者は 見てしまう、聞いてしまう、言ってしまう

時にそれはとても必要無かったりする

心で感じる大切さ
すごく透き通ってる世界観。音響がリアルで紙の音とかカメラの音とかが世界観を作り出してる。終わり方が綺麗。
honobon

honobonの感想・評価

3.4
敢えていう。河瀬ちゃんこの作品を見ている人に対して試すもの作っていいのか?
…という程ラストに対してあなたならどうする?と問われるものは早々ない。
冒頭では泣きたくなる程の台詞があり、ラストの心地よい雰囲気にする為のものを創れるのかといういわば苦痛の作品になり得る…しかしこの作品の素晴らしさはその事含めて心に染み入る。
KojiSuzuki

KojiSuzukiの感想・評価

3.3
予想外に物語に引き込まれた
matsubo

matsuboの感想・評価

4.0
シネマ・チュプキ・タバタさんで観てきました。視覚障害者向け音声ガイドを作成する団体シティ・ライツさんがモデルになっているということで、本作は絶対にチュプキさんで観たいと思っていたのでした。

音声ガイド作成の検討会でモニターさんが言った「世界を言葉で小さくしてしまわないで。」という言葉が印象的でした。見えない方がどんな風にイメージを膨らませながら映画を鑑賞するのか、体感できたらいいのになと思いました。でも、今のところ体感はできないので、想像力を働かせるしかないんですよね。

実際にモニターをされているまさこさんがまさこさん役として出演されていたのがよかったです。

劇中映画のラストシーンに当てられた音声ガイドにグッときました。

劇中映画の音声ガイドのナレーションを樹木希林さんがやっているのですが、そこはノイズになりました。朗読と音訳が違うように、音声ガイドのナレーターは演じてはいけない。樹木希林さんの声にはどうしても演じる人のイメージがついているので、本職の音声ガイドナレーターさんを起用して欲しかったです。

河瀬監督の作品は音の演出が豊かなので、聴覚障害がある方には伝わりづらいかもしれません。チュプキさんではもちろん、聴覚障害者用字幕もついてはいましたが。
uco

ucoの感想・評価

3.8
ひ、光の中に吸い込まれるぅ〜って感じの映画。何度も見たい!
岩井俊二監督の逆光映画とはまた違った逆光の見せ方。

音声ガイドで盲目の人に光を与える仕事をする女と、視力を失いながらもフィルムに光を与える写真家の男。
押しつけがましくない光を求めて。

珠玉のラブストーリー?
Saki

Sakiの感想・評価

3.7
雅哉さんは、光を取り込んで瞬間を切り取る器械(要するにカメラ)を武器に仕事をしているのに、自身の目が光を取り込むことを辞めようとしている。
いくら心臓が動いて、お腹が空いても、それは生きているようには思えないような理解し難い辛さだろうなぁ…

美佐子が選ぶ言葉は、弱視や盲目の人にとっての視界となるのだから、言葉選びの難しさや大切さが映画を通してよくよく分かるのだった。
特に、表情や動きを言葉にすること、沈黙の時の情景をどう伝えるか、は主観が入りそうだから難しい。

目の前の事実だけが事実じゃない。
視覚だけじゃなく五体にハンデのある人の方がない人よりも分かっていることもたくさんある。

「映画ってさ、誰かの人生と繋がっていくことだから大切に伝えなきゃいけない」
「大きな世界を言葉が小さくしてしまう」
が私の中で印象的だった言葉。

河瀬さんの顔アップの撮り方はとても印象的。
yucco

yuccoの感想・評価

4.0
ストーリーは好き。
河瀬監督の中では分かりやすいし、ストレートやった。

ただ、視覚障害の話だからやと思うけど、アップが多くて、いつもの河瀬監督の美しい映像を期待してたので、そこは好みではなかった。
とは言え、ドキュメントぽさは出てて、ストーリーには合ってるんやと思う。

百々さんぽい撮り方やなぁ。
だから、今回、百々さんなんかなぁ。

あと、主演の女優さんがキレイ過ぎた。
もっと素朴な人がよかったかな。
>|