今夜、ロマンス劇場での作品情報・感想・評価

今夜、ロマンス劇場で2018年製作の映画)

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:108分

ジャンル:

3.7

あらすじ

モノクロ映画のヒロインと現実世界に生きる青年。出会うはずのなかった2人が出会ったら…それはロマンティックで切ない恋のはじまり。映画監督を夢見る青年・健司(坂口健太郎)は、ある日、通い慣れた映画館のロマンス劇場で1人の女性と出会う。彼女は健司がずっと憧れていた映画のなかのお姫様・美雪(綾瀬はるか)だった!モノクロの映画の世界からカラフルな現実の世界に飛び出した美雪は、色のついた世界を体験していく。…

モノクロ映画のヒロインと現実世界に生きる青年。出会うはずのなかった2人が出会ったら…それはロマンティックで切ない恋のはじまり。映画監督を夢見る青年・健司(坂口健太郎)は、ある日、通い慣れた映画館のロマンス劇場で1人の女性と出会う。彼女は健司がずっと憧れていた映画のなかのお姫様・美雪(綾瀬はるか)だった!モノクロの映画の世界からカラフルな現実の世界に飛び出した美雪は、色のついた世界を体験していく。そして次第に惹かれあう2人。しかし、彼女にはある秘密があった……。 “逢いたい”気持ちが奇跡を起こす、ロマンティックで切ないラブストーリーが誕生。

「今夜、ロマンス劇場で」に投稿された感想・評価

見た。ラストはもうちょっと何とかならなかったかな、と思うし、本田翼ももう少し上手に使えたと思うけど、全体的に流れる空気感は好きでした。ただ、公開初日に見に行ったのにガラガラだったの、映画のテーマとも相まって寂寥感がすごかったです。エンドロール終わってから泣いちゃったの初めて。
muepon

mueponの感想・評価

3.8
モノクロ映画のお姫様がある日突然スクリーンから飛び出して来たら・・・。綾瀬はるか、坂口健太郎主演の純愛ラブロマンス映画、『今夜、ロマンス劇場で 』はとにかく映画”愛”に溢れる作品。

設定そのものが現実では絶対起こりえないファンタジーながらも、随所に鏤められたネタやオマージュ、物語構成や最後のオチに至るまでの流れが素晴らしく、ここ最近のオリジナル作品としてはかなりの完成度。

昭和の古き名作映画(日活のガイシリーズ)を切り取ったようなシーンの数々。純粋で個性的でどこか温かみのあるキャラクター。次々に移り変わってゆく綾瀬はるかの衣装がただただ美しい。

モノクロ世界と現実のカラー世界を対比させるためか、意図的にポップでカラフルな色づけがなされているのが印象的です。

注目すべきは過去の有名作品からのオマージュで、綾瀬はるか演じる美雪はオードリー・ヘップバーンと「ローマの休日」の純愛を連想させ、古い映画館を舞台にしているところは「ニュー・シネマ・パラダイス」。

劇中の『お転婆姫と三銃士』における動物キャラクターとモノクロ世界からカラーへの変化は「オズの魔法使い」。

健司(坂口健太郎)を「しもべ」扱いする美雪(綾瀬はるか)の話し方は、まるでTRICKの山田奈緒子(仲間由紀恵)と上田次郎(阿部寛)コンビ?を見ているよう。

かつての黄金時代から少しずつ斜陽してゆく日本の映画業界と全ての映画史の流れを凝縮したような脚本がお見事。

ナルシストなハンサムガイ=俊藤龍之介演じる北村一輝を一目見るだけでもこの作品は価値があります。

ストーリーそのものはファンタジーですが、恋愛の切なさは現実となんら変わりません。ぬくもりを求める人の心や相手を幸せに出来ない苦しみ、葛藤、二人の生き方の決意は、大切な人と共に生きていく素晴らしさを教えてくれます。

当たり前に出来ると思っていたことが当たり前じゃない切なさにこの作品の魅力を感じました。
ちぃ

ちぃの感想・評価

4.0
2018.2.12 記録
本当に面白かった!泣いた。
純愛っていいな・・・。
Yuhei04

Yuhei04の感想・評価

4.0
美しい話。この2018年で無いと浮かばない企画、作れない映画だったのでは無いか。
ストーリーに関して、色々言う人はいるかもしれないが、劇場で見た時、おばさまが泣いてるのを見て、そんな経験も加味して良い映画だったなぁと思えました。
ぱやし

ぱやしの感想・評価

4.2
誘われて観たけども、正直予告も全く見たことなくポスターだけしか知らずの前知識ほぼゼロであったため、なんとくコメディー色強めの在り来りなラブストーリーなのかななんて構えていたら、とんでもなかったです。
映画館ではズビズビする音が聞こえ、同じ列の人はハンカチで目頭を抑えている人も見受けられました。
心の琴線に触れる感動モノでした。
かのん

かのんの感想・評価

4.0
思ってた以上に泣けました、坂口くんはもちろんかっこいいけど綾瀬はるかの綺麗さに見とれてしまいました、セットや世界観がすごく綺麗でずっとみてたいくらいです!
kazuかず

kazuかずの感想・評価

3.2
ウディ・アレン監督の傑作『カイロの紫のバラ』という作品も映画の主役(男優)がスクリーンから飛び出してきて、薄幸な主婦が彼に恋をする話なんですが、その作品と比べると綺麗な話にしすぎというか。まぁ、ファンタジーとして及第点でしょうか。

前述のカイロ〜はお手本にしたかと思いますが、ニュー・シネマ・パラダイス、怪しい彼女、タイタニック、隠し砦の三悪人、ラ・ラ・ランドやらいろんな映画が思い浮かんだゴッチャ煮のような作品でした。

綾瀬はるかは美しいけど、出過ぎでマンネリ感が。笑。広瀬すずや土屋太鳳も同じくですけどね。笑
3

3の感想・評価

-
地元にあんな渋い映画館あるんだな、行ってみたい
足利フラワーパークは両親が老後のデートみたいな感じで行ってるのでクソ気持ち悪いイメージがどうしてもあってピュアに楽しめなくて辛かった
浩喜だけをピュアに楽しめる私のポテンシャル
そそそ

そそその感想・評価

4.0
綾瀬はるかさんがとにかく綺麗な作品でした。世界観がローマの休日やオズの魔法使いなどに似ている作品だっように思います。綾瀬はるかさんが映るとワンシーンワンシーンが一気に華やかになり、とても魅せられました。

ラストがすごく良かったと思います。
最期がとても切なく、綾瀬はるかさんが好きな人に触れることができた瞬間が、この映画で一番印象に残ってます。
また観たいと思いました。
みーこ

みーこの感想・評価

4.1
全体の3分の2くらい泣いた、とにかく泣いた、すごい感動する
そして綾瀬さんが美しいのよー
あと地味に北村くんがおもしろい笑笑 流石すぎる
こういうホォエバーな愛っていいよね 映画ならではであり、映画の良さかと
>|