今夜、ロマンス劇場での作品情報・感想・評価

今夜、ロマンス劇場で2018年製作の映画)

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:108分

ジャンル:

3.7

あらすじ

モノクロ映画のヒロインと現実世界に生きる青年。出会うはずのなかった2人が出会ったら…それはロマンティックで切ない恋のはじまり。映画監督を夢見る青年・健司(坂口健太郎)は、ある日、通い慣れた映画館のロマンス劇場で1人の女性と出会う。彼女は健司がずっと憧れていた映画のなかのお姫様・美雪(綾瀬はるか)だった!モノクロの映画の世界からカラフルな現実の世界に飛び出した美雪は、色のついた世界を体験していく。…

モノクロ映画のヒロインと現実世界に生きる青年。出会うはずのなかった2人が出会ったら…それはロマンティックで切ない恋のはじまり。映画監督を夢見る青年・健司(坂口健太郎)は、ある日、通い慣れた映画館のロマンス劇場で1人の女性と出会う。彼女は健司がずっと憧れていた映画のなかのお姫様・美雪(綾瀬はるか)だった!モノクロの映画の世界からカラフルな現実の世界に飛び出した美雪は、色のついた世界を体験していく。そして次第に惹かれあう2人。しかし、彼女にはある秘密があった……。 “逢いたい”気持ちが奇跡を起こす、ロマンティックで切ないラブストーリーが誕生。

「今夜、ロマンス劇場で」に投稿された感想・評価

配役もストーリーも大変良く、この作品はネタバレなしで先入観なしで観てほしい名作です。
所々笑わせてくれますが、基本ラブストーリーなので(・∀・)キュンキュン!したい方は是非観てほしいです
ぽー

ぽーの感想・評価

3.0
洋画のパロディがところどころ見られ、わかるとまた面白い。
ドラマ性がもう少しほしかった。
ikumi

ikumiの感想・評価

3.9
ファンタジーが苦手だから入り込めない部分もいくつかあったけど、映画への愛を感じることができて良かったな。

ローマの休日やニューシネマパラダイスに近いものがあり、どちらの作品も好きなので両作品に想いを馳せながら。

(心なしか、ニューシネマパラダイスのBGMに似てた。気のせいかしら…)
koh

kohの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

出会いは偶然ではなく、2人の思いは一緒だった。
モノクロ映画のお姫様と貧乏な助監督。
映画で人を幸せにしたいという思いも一緒だった。

秘密が明かされた瞬間から切ない想いが溢れ出します。

現在放映中の「義母と娘のブルース」が自分にとって「白夜行」以来のアタリな気がする綾瀬はるかと「いつかこの恋を思いだしてきっと泣いてしまう」以来のアタリな気がする坂口健太郎。

これ、映画館で見たら幸せな気分でエンドロール見れただろうなと思います。
ベタだろうと浅かろうと、自分に響けばなんでもないこと。
HRM

HRMの感想・評価

3.4
ファンタジーでロマンチック。

映画中盤まではそこまで引き込まれたわけではないのですが、ラストに向けじわじわ感動。
二人がずっと体を触れずに寄り添って来たんだなと。
もっと早く触れたかっただろうに、でもようやく触れ合うことができて幸せだろうな、とか想像したら最後に一気に涙が、、、

邦画特有の重くゆるいテンポではないので楽しめました◎
ニューシネマパラダイスのような映画愛と
ローマの休日のようなファッション、キャラ設定など、色々な要素がとても上手にまとめられていたと思います。
赤鬼

赤鬼の感想・評価

3.3
ポスターは「ビックフィッシュ」、最初は「ローマの休日」で「オズの魔法使い」からの「カイロの紫のバラ」。キスシーンは「ラマン 愛人」で…と似てる。…オマージュ?オマージュなんだろうかこれは?と考え込んでしまった。
沢山の大人達が綾瀬はるかの為だけに、彼女をどうしたら素敵に見えるかを考えに考えた作品で、お話云々より本当にこの人は幸せ者だなと思った。
K

Kの感想・評価

1.5
モノクロ映画の中の憧れのヒロインと現実の世界に生きる映画監督を目指す青年が出会う、映画をテーマにしたロマンティック純愛・ファンタジー。

とにかくレトロファッションの綾瀬はるかが可愛い。それ以上のものはない。

まず設定の矛盾が受け入れられなかった。

そしてストーリーが浅いし、全然面白くない。私にはこれが幸せには見えなかったし、おじいちゃんが回顧するという設定、若い頃からおじいちゃんになるまでのストーリーをかなりすっ飛ばしている描き方、なんだかもう置いてけぼり。つまらない。

たまに出てきた本田翼の演技も気になり、さらにストーリーも面白くないし、この高得点映画に自分は全くハマれなかった。
ak

akの感想・評価

3.0
綾瀬はるかが本当キレイで何着ても似合う。
坂口健太郎はそのまますぎで眠たくなるし。多分もうちょっとおもしくできたはずの完全配役ミス。ハンサムガイシリーズ気になる。

このレビューはネタバレを含みます

ただただ坂口健太郎がかっこよかった、、

ところどころ現実のおじいちゃんと看護師が出てくるのがうーんって感じだったけどラスト伏線を綺麗に回収してすごく泣いた。
Asami

Asamiの感想・評価

3.7
綺麗な映画。
綺麗なものに憧れているのか、
過去を思い出したのか、
単純に感動したのか、
鑑賞時の精神状態がわかりませんが、

かなり泣いてしまった
>|