ロスト・イン・パリの作品情報・感想・評価

ロスト・イン・パリ2016年製作の映画)

Paris pieds nus/Lost in Paris

上映日:2017年08月05日

製作国:

上映時間:83分

3.6

あらすじ

カナダの田舎町で図書館司書として働くフィオナのもとに、パリに住むおば・マーサから手紙が届く。 「老人ホームに入れられてしまうわ。助けて!フィオナ!」 数日後、フィオナは大きなバックパックを背負い、生まれて初めてパリの街に降り立った。おばとの久しぶりの再会に心躍らせてアパートを訪ねるが、そこにマーサの姿はない。おまけに橋から落ちて全所持品をセーヌ河に流されてしまう。どうにかバックパックを…

カナダの田舎町で図書館司書として働くフィオナのもとに、パリに住むおば・マーサから手紙が届く。 「老人ホームに入れられてしまうわ。助けて!フィオナ!」 数日後、フィオナは大きなバックパックを背負い、生まれて初めてパリの街に降り立った。おばとの久しぶりの再会に心躍らせてアパートを訪ねるが、そこにマーサの姿はない。おまけに橋から落ちて全所持品をセーヌ河に流されてしまう。どうにかバックパックを取り戻したフィオナは、彼女に恋をしたホームレス・ドムにつきまとわれながら、マーサを探してパリ中をさまようことに。しかし、街での聞き込みの結果、マーサは 2 日前に亡くなったことがわかる。フィオナは悲しみを堪えながらドムとともに葬儀へと向かうが―――。

「ロスト・イン・パリ」に投稿された感想・評価

アリサ

アリサの感想・評価

3.6
“世にも楽しい夏のどたばたパリ巡り”
観た後に、なんか良いなって思えた。面白いシーンもいくつかあって。ベンチで足だけで踊ってるシーンが一番好きだった。パリ行ってみたくなる!
雪深い小さなカナダのとある村。ここに住む図書館司書のフィオナは味気ない毎日を送っていた。そこにパリに住むおばから、このままでは老人ホームに入れられてしまうという助けを求める手紙を受け取る。臆病者のフィオナだったが、大好きなおばを助けるために一路パリへとやってくる。ところがアパートにおばの姿はなく、仕方なくセーヌ川付近をさまよっていたフィオナだが、エッフェル塔に感動して写真を撮ろうとした瞬間、川に落ちて所持品を詰めていたリュックをなくしてしまう。そこへホームレスのドムが現れ、フィオナが落としたリュックを拾うのだが。。現役道化師カップルのアベル&ゴードンが監督・脚本・製作・主演を兼任するコメディー。

カナダからやってきた一人の女性がパリでドタバタ劇に巻き込まれるという、パントマイム風なコメディ・フランス映画。予告編を観て、オシャレで面白そうだなと思って鑑賞したのですが、何でしょう、、クスクス以上の笑いが続かない作品になっていました。予告編でも見て取れるように、コントというよりは、役者の動きで笑いを誘う(まぁ、道化師をやっている方の監督作なので)形なんですが、それはそれで面白いというのは各シーンあるんですが、全体的にボケのエッセンスばかりで物語が締まらない感じがするのです。これが同じ行動でボケをとる「Mr.ビーン」的に、ハチャメチャ破天荒まで行くと別の笑いが生まれるのですが、そこまではアクセスを切らないところにボワッとする感じが残ってしまっているように思うのです。例えが悪いかもしれないですが、高木ブーしかいないドリフを見ているようなのです(笑)。

それでも、こうしたボワッとした感じがシャレオツ感を出しているのも事実。冒頭の絵本のようなカナダの村の様子もそうですし、パリの街に移ってからは、もうパリのオシャレどころをスクリーンに感じながら、そこに可愛らしいキャラクターで展開されるコメディ&ちょっとラブロマンスという構成は女性ウケしそうだなとは思います。ただ、僕的にはだいぶ物足りなかったですけどね。。
soyona

soyonaの感想・評価

3.5
何だこのコント映画は。笑
83分しかないし、気軽に、終始くすくす笑いながら観れる映画。

パリに自由の女神があるとは知らなかった!!
morph

morphの感想・評価

3.5
観賞後しばらくしてからじわじわ良い映画だったな…って思えてきた。可笑しいシーンには笑ってたけど、シュールという感想が先だったから。あのカナダよ。原色使いやフレーミングなど思い返すところ多し。エンディングのthe swimming songがぴったりだった。
失せ物は見つかり、待ち人は来たり。男と女、イケてなくてもパリは美しい。
Ryo

Ryoの感想・評価

4.5
夫婦で主演🇫🇷
パリが舞台で繰り広げられるドタバタコメディ。
この映画はほんと見れてよかった!めっちゃ面白くて、出てる人みんな魅力的で。
swimming song筆頭に音楽もグッド。
ノリコ

ノリコの感想・評価

3.7
フランスびいきのわたしに
ぴったりの映画でした。
とても可愛らしくて
ユーモアたっぷりで愛のある作品。

久しぶりに映画館で笑った!


どことなーく
ミシェルゴンドリーっぽさもあって

またフランス行きたいな。

パンフレット片手にロケ地巡りする予定。
大笑いしました。
お隣の外人の方もそのまた隣のフランス人の夫婦も声を出して笑ってました。
Sari

Sariの感想・評価

3.7
ジャック・タチのエスプリを継ぐ、冴えない大人たちの夏のパリのドタバタ喜劇。
チャップリンにも通じるような笑いとも言えるかも。
フィオナの緑、アベルの黄色など劇中に出てくるカラフルでPOPな色使いが可愛い映画。
セーヌ川やエッフェル塔etc…パリにまた行きたくなる!私はペールラシェーズ墓地が特に懐かしかった。2017年夏公開映画で再上映だったから、季節外れだったのは仕方ないかな(^^)
なる

なるの感想・評価

-
色合いが綺麗で、ほのぼのしてて、ちょっと笑った

あんな元気な88歳になりたい👵🏼
Mire

Mireの感想・評価

3.2
疲れの抜けない休日の夕方に友人と別れて何となくまだ帰りたい気分ではないから映画館に寄ろうかと渋谷の雑踏を抜けて残席わずかなアップリンクに滑り込んで最前の端っこのお世辞にも座り心地が良いとは言えない椅子(褒めてる)をギシギシ鳴らさないように気を付けながらぼけーっとコーヒー片手にスクリーンを眺めるのにちょうどよかった。
>|