ロスト・イン・パリの作品情報・感想・評価

ロスト・イン・パリ2016年製作の映画)

Paris pieds nus/Lost in Paris

上映日:2017年08月05日

製作国:

上映時間:83分

3.6

あらすじ

カナダの田舎町で図書館司書として働くフィオナのもとに、パリに住むおば・マーサから手紙が届く。 「老人ホームに入れられてしまうわ。助けて!フィオナ!」 数日後、フィオナは大きなバックパックを背負い、生まれて初めてパリの街に降り立った。おばとの久しぶりの再会に心躍らせてアパートを訪ねるが、そこにマーサの姿はない。おまけに橋から落ちて全所持品をセーヌ河に流されてしまう。どうにかバックパックを…

カナダの田舎町で図書館司書として働くフィオナのもとに、パリに住むおば・マーサから手紙が届く。 「老人ホームに入れられてしまうわ。助けて!フィオナ!」 数日後、フィオナは大きなバックパックを背負い、生まれて初めてパリの街に降り立った。おばとの久しぶりの再会に心躍らせてアパートを訪ねるが、そこにマーサの姿はない。おまけに橋から落ちて全所持品をセーヌ河に流されてしまう。どうにかバックパックを取り戻したフィオナは、彼女に恋をしたホームレス・ドムにつきまとわれながら、マーサを探してパリ中をさまようことに。しかし、街での聞き込みの結果、マーサは 2 日前に亡くなったことがわかる。フィオナは悲しみを堪えながらドムとともに葬儀へと向かうが―――。

「ロスト・イン・パリ」に投稿された感想・評価

Sari

Sariの感想・評価

3.7
ジャック・タチのエスプリを継ぐ、冴えない大人たちの夏のパリのドタバタ喜劇。
チャップリンにも通じるような笑いとも言えるかも。
フィオナの緑、アベルの黄色など劇中に出てくるカラフルでPOPな色使いが可愛い映画。
セーヌ川やエッフェル塔etc…パリにまた行きたくなる!私はペールラシェーズ墓地が特に懐かしかった。2017年夏公開映画で再上映だったから、季節外れだったのは仕方ないかな(^^)
なる

なるの感想・評価

-
色合いが綺麗で、ほのぼのしてて、ちょっと笑った

あんな元気な88歳になりたい👵🏼
Mire

Mireの感想・評価

3.2
疲れの抜けない休日の夕方に友人と別れて何となくまだ帰りたい気分ではないから映画館に寄ろうかと渋谷の雑踏を抜けて残席わずかなアップリンクに滑り込んで最前の端っこのお世辞にも座り心地が良いとは言えない椅子(褒めてる)をギシギシ鳴らさないように気を付けながらぼけーっとコーヒー片手にスクリーンを眺めるのにちょうどよかった。
せきね

せきねの感想・評価

3.5
オシャレコメディ。
エッフェル塔のてっぺんから街を眺めたくなった。
ゆりな

ゆりなの感想・評価

3.7
ポスター通りキュートで、ゴンドリー監督の作品みたいに、素朴にわくわくするお話。煌びやかなパリも素敵だけど、こういうほのぼのとしたパリも憧れるな〜!

「裸足でパリ」という原題らしい。納得。
次はどんな冒険が待っているんだろうね。ラストも可愛い。
クセが強そうにみえる系普通の映画 いい意味で分かりやすく笑いどころがあってよかった
jerry

jerryの感想・評価

3.5
話の中心になる2人が監督と脚本もしてたことに驚き。
序盤からパントマイムのような動きで笑いを誘ってきて映画のノリを掴みやすくしてくれて取っ付きやすかった。
ただ、中盤で少し中だるみしちゃったのが残念。でも最後はしっかりパリの綺麗な景色で締めくくるのはフランスを舞台とする上でのこだわりを感じた。
NaitoMami

NaitoMamiの感想・評価

3.2
可愛かったし味わい深さも可笑しみもあったけど、なんとなく全体的にあともうちょっと…という感じ。
ベタなギャグの連続がかえって面白い。但し、途中に居眠りしてしまったので中盤が抜けていて残念。
おとぎ話のような楽しい映画だ。

緑と黄いろのセーター。50年も前の約束。
ミニチュアの街に灯りがともり、家が増え、道ができていくシーンなどミチェル・ゴンドリー作品を思い出す。

時間を戻して人物の行動を重ねる。「パルプ・フィクション」や「バック・トゥ・ゼ・フューチャー」とまではいかないが、すれ違いを楽しむ。

アベルとゴードンの身のこなしに美しさが出る。

ずっと顔が緩んだまま映画を観ていた。
>|