ロスト・イン・パリの作品情報・感想・評価

ロスト・イン・パリ2016年製作の映画)

Paris pieds nus/Lost in Paris

上映日:2017年08月05日

製作国:

上映時間:83分

3.6

あらすじ

カナダの田舎町で図書館司書として働くフィオナのもとに、パリに住むおば・マーサから手紙が届く。 「老人ホームに入れられてしまうわ。助けて!フィオナ!」 数日後、フィオナは大きなバックパックを背負い、生まれて初めてパリの街に降り立った。おばとの久しぶりの再会に心躍らせてアパートを訪ねるが、そこにマーサの姿はない。おまけに橋から落ちて全所持品をセーヌ河に流されてしまう。どうにかバックパックを…

カナダの田舎町で図書館司書として働くフィオナのもとに、パリに住むおば・マーサから手紙が届く。 「老人ホームに入れられてしまうわ。助けて!フィオナ!」 数日後、フィオナは大きなバックパックを背負い、生まれて初めてパリの街に降り立った。おばとの久しぶりの再会に心躍らせてアパートを訪ねるが、そこにマーサの姿はない。おまけに橋から落ちて全所持品をセーヌ河に流されてしまう。どうにかバックパックを取り戻したフィオナは、彼女に恋をしたホームレス・ドムにつきまとわれながら、マーサを探してパリ中をさまようことに。しかし、街での聞き込みの結果、マーサは 2 日前に亡くなったことがわかる。フィオナは悲しみを堪えながらドムとともに葬儀へと向かうが―――。

「ロスト・イン・パリ」に投稿された感想・評価

愉快で楽しくて平和な世界がそこにはあった…!
色々仕掛けもあっておもちゃ箱の様な作品。
こんなの観てしまったらイライラした気分も吹っ飛ぶね♪

アクシデントでさえも笑いになる楽しさ。
ニヤニヤケラケラしてしまうシーンの連続だから油断していたら後半はちょっぴり切ないシーンもあり、不意打ちにやられた。ふふふ。

夏のパリは魅力がいっぱい。
社会からはみ出してる側の人物達を愛情たっぷりとコミカルに描いてて愛おしい作品だった!
すーきっ!
ryo

ryoの感想・評価

2.8
おしゃれフランス喜劇。結構ベタでコテコテしててココ、笑うところ!って分かりやすい。でもイヤミはないかなー。

靴下×ビルケンは可愛いけど私が真似したら撃沈するやつ…。足元ダンス素敵でした。

意外とフランス語少なめで、英語めっちゃ聞き取りやすい!て思った!
キャラクター達の感情が言葉ではなく、身体表現によって描かれている。でも決してこれはミュージカルではない、新しい肌触りの映画。
各所の笑いも言葉ではなく、身体で表現してるから万国共通でクスッとしてしまうのではないか。
たー

たーの感想・評価

3.4
このコメディの感じ、何となく既視感があると思ってたら...ウォルト・ディズニー。ミッキーマウスの短編をゆるーく実写にしたような雰囲気。細かいところにツッコミたくなったけどそこは気にしてはいけないのだろう...。
Loca

Locaの感想・評価

2.6

このレビューはネタバレを含みます

愉快でかわいいコメディ。色彩がポップで素敵。図書館の3人と教会に行くまでの2人が好き。誰よりも何よりも故エマニュエル・リヴァのキュートさよ。年を取っても気持ちが老いず、ボケてるけど人生を楽しんでいる。木にもエッフェル塔にも登っちゃう。そして夢を叶えて幸せに逝く。かっこいい。あんなおばあちゃんになりたい。
りほ

りほの感想・評価

2.5
この緑いいみどりでした
ビルケン買おうね
た

たの感想・評価

-
レストランも足もダンスのシーンが良かった
みずき

みずきの感想・評価

3.7
登場人物たちのやりとり、行動が面白おかしくて、とても楽しい映画でした!
なおみ

なおみの感想・評価

2.6
セーヌ川にじゃぼん。
バックパックに国旗つけるかなぁー。
K64

K64の感想・評価

3.5
ダサ可愛くて笑えるフランス映画。飛行機で笑いを堪えるの大変だった。
>|