プレイタイムの作品情報・感想・評価

プレイタイム1967年製作の映画)

PLAYTIME

上映日:2014年04月12日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.0

「プレイタイム」に投稿された感想・評価

makita

makitaの感想・評価

4.0
ジャック・タチの世界観が好き。個人的にはぼくの伯父さんより今作の方が良かった。見ていて思わずクスッと笑ってしまう、ただ後半のナイトクラブのシーンがちょっと長かった。でも最高に面白かった。
一般人

一般人の感想・評価

5.0
再見。狂気。観るたびに発見があるので今度は友達と一緒に画面を指差しながら観たらまた面白いんじゃないだろうか。
みなみ

みなみの感想・評価

3.8
靴の音とか椅子の音とか、音がすごく目立つな!って思った。
車めっっっちゃカワイイ〜!!!!レトロな感じ本当好き!!
前に見たやつもそうだったけど、建物も独特で不思議で面白いな〜って思った。全面ガラスの家とか落ち着かなくない!?プライバシーなさすぎじゃない!?みたいな笑
空港の受付?の男性が椅子に座って左右に動きまくってるシーンでふふふってなった。足の動きがイイ!っていうかワンオペかよ笑
1番笑ったのは割れたガラスドアのドアノブ持ってエアドアマンやってるシーン!ナチュラルにやってて笑った。
模型の飛行機が元にピシッと戻るところも良かったし、よく転倒する椅子に入れられてるシーンも良かった!
情報量多いし、ストーリーというストーリーはほぼ無いから好き嫌い分かれそうな映画だなって思った。セリフも少ない上に字幕もサボり気味笑
私も好きかって言われたらうーんって感じだけど、不意に観たくなる映画って感じ。
穏やかで不思議でかなり狂った映画。美しい構図と色使いに見とれる。ガラスが異様に目立つ。流し見してるだけでセンスが向上しそう。
へい

へいの感想・評価

-
ジャックタチ の作れ込まれた映画。
同じ動きをしている人が誰一人としていない、細部までこだわりが見られる。
見るたびに発見があり、笑いどころが変わる。ディズニーランドで隠れミッキーを探すように見ないと。。。

音楽もなんだか静かでいい。
ガラスの使い方のバリエーションが多い。
鏡のようにして映る凱旋門やエッフェル塔。
Hiroya

Hiroyaの感想・評価

3.8
不思議で無機質なコメディ。

コンクリート打ちっ放しで
鏡張りのモダンな建物が立ち並ぶ
街中にポツンとある
寂れた感じのお花屋さんが
なんか妙に可愛くて好き。
全部がセットだというからビックリ。

デタラメな家電や家具ばかりの展示会
終始めちゃくちゃなナイトクラブ

正直つまんないなぁ~と
思いながらもなんかダラダラ観れちゃう不思議な感覚。

あまり今までに味わった事のない
不思議な感覚になる作品。

ただラストは秀逸でした。
巨大な作り物の中で演じる役者達

プレイタイムという作品名が
妙に納得のいってしまうラストでした。
dude

dudeの感想・評価

4.3
めちゃくちゃ大規模なアリの巣観察キットを眺めている感覚。ガラスによる音の遮断がそれを強める。基本的に個々の見分けはつかないので誰に肩入れすることもなく、迷路のようなオフィスビルや道を絶えない交通の中に、時折あのドアマンのような愉快な個体を見つけるがそれも流れていく。超完全主義な作品のくせに監督が中心とも言えない微妙な存在感であたふたして最後には姿を消す転倒感もまた面白い。
ザン

ザンの感想・評価

2.8
コメディとしての面白さがあまりわからない。レストランのシーンが長くてくどい。監督自ら主役を演じてしまうことに疑問を抱いた。
No.460
タチが現代にいたなら、クラウドファンディングで完成しそうな作品。最高のその先。
未来の世紀のブラジルではなかった。

「ぼくの伯父さん」は子どもの頃になんとなく見た記憶があるものの、ほぼ、初ジャック・タチ。

もっと「モダンタイムス」「未来世紀ブラジル」なのかなと思ってたら、ぜんぜん違った。

フランス人って、かたくなにフランス語だし、自分たちの文化に誇りを持ってるし、なんとなく日本と共通点あるので、笑いも日本と同じくハイコンテクストな笑いなのかなと思ったら、ベタベタな笑いでそこが意外でした。

団体客の流れに押されてエレベーターに乗せられたり、窓ガラスにぶつかったり、床の段差につまずいたり、壁ドンしたら天井が落ちてきたり。。。つまりチャップリン的な。バスター・キートン的な。ドリフ的な。

ほとんどの人が高評価なので、たぶんいい映画に違いない。今よりもっと目が肥えたら、気が向いたらまた見てみます。

2018.9.22
>|