プレイタイムの作品情報・感想・評価

プレイタイム1967年製作の映画)

PLAYTIME

上映日:2014年04月12日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.0

「プレイタイム」に投稿された感想・評価

たくと

たくとの感想・評価

5.0
圧巻!なぜ今まで見ていなかったのか…

「輝く都市」が実現された未来で、ごく自然に生きる人々の一昼夜。
作り込まれた細部、聞き取れない科白に働く想像力、都市をコラージュ的に切り取るカメラ
灰色の世界が、アメリカ人旅行客に触発されたフランス的«bordel»を通して徐々に色を取り返す、そして変わらぬ"パリ"をみせる。

この映画が1967年に作られたということが信じられない。

半年をかけてパリに実際に建造したセット
ささ

ささの感想・評価

5.0
天才!!
何回も観れる映画は少ないけど、これはとてもおもしろかった。何回観ても発見やおかしみが色あせない。日常的な行動の中にあるマヌケな瞬間とか、観察者じゃないと気づけないようなクスッとしてしまうヘンテコな瞬間とか、普通の日々をたのしくするような手が差し伸べられてるかんじ。

今まであまり映画をたくさん観てこなかったけど、こういうのがあるのだったらもっと沢山勉強したくなった。
落ち込む時はこれを観て思い出そう。
美的感覚がすごいねこれ。終盤は絶景の風景を味わえます。嫌みがないのがいいと思う。
お話は、油断していると退屈かも。
aoi

aoiの感想・評価

3.7
遊園地みたいな映画。
モダンな建物とインテリアがめっちゃオシャレで近未来的だけど、1967年製作と知ってびっくり!す、すげー!

青を基調とした、友人のショーウィンドウみたいなお家が素敵すぎる!でもプライバシーはない!笑

会話の少ない上品なコメディで、これでもかという物量で静かに笑わせてくれる。
ながら見ではとても追いつけないほどの情報量で、どのショットも常に人が流れている。渋谷交差点で、行き交う人を面白おかしく眺めてる時のあの感じに近いのかな。
そして字幕があまり仕事をしてくれない!笑
確かにこれ以上情報量が増えたら、いそがしすぎるかもね。

ドアのpushが読めず建物から出られなかったり、ボタン装置の表記が英語で書いててわからん!と適当に押したり、フランス人やイタリア人が英語を邪険に扱うのって本当だったのか…笑

ガラス板を運搬する作業員の様子を、外から見てる人たちがボイスパーカッションでBGMつけちゃうシーンが可愛かった。

# 151/2018
劇場公開を4回逃した宿敵、満を持して近所のツタヤに入荷(ババーン)
これでジャック・タチの長編は全て見てしまったことになります もしかしたらラスボスを前にゲームを投げてしまう心理と同じだったのかもしれません

ユロ伯父さんほど観客を笑顔にし、また愛されてきたキャラクターもいないでしょう
彼の映画の良いところはどの瞬間どの要素を切り取ってもタチが作った虚構だと分かるところだと思います それはすなわち強烈な作家性であり、トリュフォーが絶賛するのはまさにそこだと思うのです
ストーリーなどほぼないに等しいですが、語られる物語の断片やユロをはじめとする人々の仕草、混沌の中に垣間見える統制は私たちの心をじんわりと暖かくします
あらすじの割に長尺だから途中飽きてくるんだけど、最後の20分で見てよかったと心から思える。 朝迎えた時の高揚感やばない?

日曜日の昼前なんかにコーヒー飲みながら見てたらオシャレぶってるって思われそうだけどそれがやりたいんだ。


ブレッソンは人間の動きをクロースアップかつカットを割って見せるのに対して、タチのそれは引きの画でかつ長回しで見せる
映画は色々でおもろいなあ
近未来のパリ。モダニズム建築で溢れる街でユロ氏は右往左往する。。ガラス窓が異常に大きかったりと無機質な近未来の世界観が楽しい。そこに言葉少なく、戸惑い浮いたようなユロ氏をみてるだけで楽しい。映像で切り取るからこそ、おかしく見えるシーンなど、楽しめる。
はや波

はや波の感想・評価

4.1
「タチ・ヴィル」圧巻。ガラス製のモダニズム建築群からなる巨大セットをパリに創り上げ撮影。その熱量の凄まじさたるや。

登場人物みんなポンコツだけどみんな良いやつで和んだ。

後半が趣旨なんだろけど前半の無機質な雰囲気が好きでした。

ジャックタチ 別の作品も見たい
notitle

notitleの感想・評価

3.7
お洒落で、最先端のパリにやってきたユロ氏。慣れない都会であらま、これまな話。前半の無機質でモダンな感じから一転、後半のレストランが同時多発的すぎて、せわしない程。所謂、お洒落な笑いではない。でも、やっぱり面白い。ガラスに映るパリがお洒落。
久しぶりに再観賞
パリにやってきたユロ伯父さん(ジャック・タチ)が慣れない都会で右往左往しながら、アメリカ人観光客や街の人々をユーモラスに描く群像劇。

”ぼくの伯父さん”で名声や富を手に入れたジャック・タチが莫大な製作費と撮影では2年かけたという大作。
あのエキストラの数やセット、描写といい、細かな箇所もかなり拘ってるだろうし、大変だったろうなという印象。
今ならCGが頼りでしょうが。

ユーモアセンス、BGMや画のセンスなど心地よさもあり。
小ネタ満載でクスクス笑いながら、、時には声に出して笑ってしまったりと、技ありな作品!!。
なんですが、、、この手法で約120分は長いなぁ。
中盤は強引にシフトチェンジされてしまったような感じ……また終盤戻すのですが。

結果、興行失敗、、ジャック・タチ破産💸となってしまったようです。

私的には前半の高層ビル、空港が好きですね。後半も所々。
バスでのフロアスタンド、
鍋の取っ手→出口、には笑いすぎて腹がイタイ😂 
>|