ぼくの伯父さんの休暇の作品情報・感想・評価

ぼくの伯父さんの休暇1952年製作の映画)

LES VACANCES DE MONSIEUR HULOT

上映日:2014年04月19日

製作国:

上映時間:87分

ジャンル:

3.9

「ぼくの伯父さんの休暇」に投稿された感想・評価

なまえ

なまえの感想・評価

4.0
チャップリンもキートンもそうやけど、コメディ映画見るたびに、面白いってなるよりも器用さに感心してしまう、もちろん面白いねんけど。
ユロ氏みたいな歩き方のお笑い芸人が吉本新喜劇かなんかにおった気がするけど誰やったっけ、影響受けてるんかな。
テニスのシーンとか見るにこの人は多分エアライドのシティトライアルではルインズスターばっか使うんやろうけど、確かにルインズスターはアイテム集めやすいからきみくんみたいなガチ勢御用達やけど、スタジアムでバトルロイヤルとかハイジャンプとか出た日にはまじで詰むから愚直すぎるのも考えもの。
公開当時は映画館で爆笑が起こってたんだろうな、、観終わった後幸せになれる作品でした
いりー

いりーの感想・評価

4.0
おうちでジャック・タチ映画祭1日目。執拗に流れるテーマが最高に好き。私もバカンス行きたい。ユロ伯父さん、迷惑がられながらもテニスのサーブはすごいし、最後らへん意外とブチ上げ要素もあってよかった
ねこ

ねこの感想・評価

-
海に行きたくなった〜、服装とか可愛いしユロおじさんの立ち回りも可愛い。ぼんやり観てたから点数つけない!
ropi

ropiの感想・評価

4.4
コメディっていうか全部コントみたい。
ユロ氏がリゾートホテルのドア開けるところが気に入った。海風で紳士のちょび髭は引っ張られるし店員さんは髪の毛が海原はるか状態に…この場面だけでもすごい面白い。ユロ氏の直角すぎる動きもツボ。効果音もオモシロイ。
夏、開襟シャツ、リゾート地、ポンコツ車、最高ですね。
アトミ

アトミの感想・評価

4.3
87点

さぁバカンス。
誰もが我先にと避暑地を目指してる。
駅のホームでの列車のアナウンスを聞いて群衆は「団体行動」の様に右往左往。
バスも満車。
そんな中、ユロさんも小さなオンボロ車で軽快にドライブ。
避暑地を目指す他の車にどんどん抜かれて行きます。
犬にも邪魔されます。
変な可愛いクラクション。
そして坂が登れずエンストします。

何とか避暑地に到着。
そこで巻き起こるわちゃわちゃをニヤニヤしながら俯瞰する映画。

ストーリー的なものはない。
会話も大した内容じゃない。
無声映画な動き(パントマイム)がまた愛くるしい。
チャップリン的ではあるが、こちらは何だか「ゆったりのんびり」な感じに思える。

そしてラストシーンには「哀愁」が。
秋の気配もちょっと感じちゃうのがまたいいね。

そういうものをちょこちょこ「味わう」映画。
tomyam

tomyamの感想・評価

3.9
個人的に笑えるシーンはそんなになかったけど、風情のあるところがよかった。

白黒なのに夏の海辺の煌びやかな感じが伝わってきて、すごいなあと思った。
音のギャグもやってるとはいえ限りなくサイレント映画に近いと思いつつ、そもそも「静か」っていう音環境(そこに時々騒音が炸裂する)が無いとこの可笑しさは出ないんだろうな。最初のユロ氏ってこんなにお騒がせな人だったのね
飛鳥

飛鳥の感想・評価

3.9
カットごとに細かいギャグが散りばめられている!
お気に入りは、プラットフォームを行ったり来たりする乗客、バスのハンドルに頭をつっこむ少年、隣の客の口元を袖でふくユロ氏

アイス屋のびろーんて伸びるものは何?
タチさんってすげえなぁ。
笑いの上に更に笑いを重ねるって感じのセンスがとても見事。

ボートが真っ二つになるシーンが印象的
>|