ぼくの伯父さんの休暇の作品情報・感想・評価

ぼくの伯父さんの休暇1952年製作の映画)

LES VACANCES DE MONSIEUR HULOT

上映日:2014年04月19日

製作国:

上映時間:87分

ジャンル:

3.9

「ぼくの伯父さんの休暇」に投稿された感想・評価

まいん

まいんの感想・評価

3.9
やっとコメディ界の重鎮ユロ叔父さんに出会えました!!

数少ない台詞は当時の時代背景を感じるところも多々ありですが、そういうのを考えて観る映画ではないでしょうね

終始クスっと笑えるようなエスプリの効いたユロ叔父さんの行動と、それに伴うクセの強いBGM
最後のやらかしちゃった騒動は誰もが爆笑することでしょう(笑)

最後絵ハガキになるところまでセンスを感じる作品でした!
Risa

Risaの感想・評価

3.2
白黒のこちらがあって、そこからの カラーの ぼくの伯父さん、プレイタイム なるほど。この変化はなかなか楽しいです。

さて バカンスを楽しむ愛らしい人々の風景を描いてます。
おっちょこちょいが過ぎるユロ伯父さんやら バカンスで気の緩んだ気の抜けた人達。

そんな 大人達の中、まだヨチヨチ歩きの赤ちゃんが アイスクリーム2つ買って両手に持って スマートに そして自然に彼女に渡すのは小粋です。

おばさんがサスペンダーつける仕草も 愛おしい。
ラジオからは 現実が流れてくるので、バカンスくらいそんなのかき消して レコードを流しましょうと。

ユロ伯父さんは、おっちょこちょいで 迷惑なところも在るのだけれども、ジェントルマンで人が良いのよね。
憎めない、愛され人。

セリフは少ないながら 音と画面は騒がしいという楽しませ方です。

人々の距離感が好きです。
すいか

すいかの感想・評価

3.3
花火。
いたるところにいる犬たちの存在感が話にあっていてよかった
yui

yuiの感想・評価

-
素の姿でいる時こそバカンス。常に子供達の海辺で遊ぶ声が聞こえている。
仮面舞踏会でマスクをする時こそ現実。戦時下の政府の動きを知らせるラジオが流れる。
ヒュロ!
(ちなみに誰のおじさんでもありません。)

主人公ユロとバカンスで海沿いのホテルに集まる旅行者達のほのぼの長編コント。

老夫婦に子どもたち、ホテルの支配人にアイスクリーム何かしらのハプニングが続きます!

ひつまぶし、ユロデビュー!
あれ?僕の叔父さんを見るのが先だったのかな?
このシリーズはやはりクスリと笑えるユーモアが散りばめられている。セリフは無くとも、コメディ要素が伝わってくる。
yadakor

yadakorの感想・評価

3.0
退屈さも含めて50年代のフランス映画っぽい
まだNHKができる前だからな、ほんとに綺麗な映像だと思うよ
トラフィックからのジャック・タチ2作目。
なんてことないひと夏のバカンスが、コミカルながらどこか哀愁漂う雰囲気で味わい深かった。日本で言うと夏休みに賑わってた海の家を片づける時のような感じ。
最後にユロ氏に声をかける老婦人と紳士との交流が、終わりゆく夏を象徴してて好きなシーンだった。

それにしてもユロ氏と踊る女性のドレスがめちゃくちゃ可愛かった。あと絵の具のバケツが波でフラフラ動き回るところ、もしカメラ長回しの無加工だったらすごい画だと思った。ボート真っ二つからのジョーズ的なシーンも好き。
海辺のホテルに長期滞在なんて羨ましい。バカンスしたい。
tomemi

tomemiの感想・評価

4.5
記録

ボート真っ二つのシーンが好き😂🚣‍♀️

終始クスクス🤭

ほっこり映画☺️
いくら

いくらの感想・評価

4.5
単なるドタバタ喜劇にあらず、ソニマージュ的思考が、タチの世界観を形作る。ユロ氏の車のエンジン、ラジオ、レコード、食事を告げる鐘、食堂の扉の開閉、テニス、卓球、花火、動物等々、忘れがたい音に溢れている。音響設計は単に物音や環境音に留まらず、駅員の全然聞き取れない声に始まる台詞もそれに奉仕する。インテリの早口台詞や、ユロ氏をとにかく褒めるお婆ちゃん、食事の注文をする旅行客達。説明台詞はほとんど排され、リズムとして完成された台詞が立ち並ぶ。
>|