世界を変えなかった不確かな罪の作品情報・感想・評価

世界を変えなかった不確かな罪2017年製作の映画)

上映日:2017年12月09日

製作国:

上映時間:101分

あらすじ

工場が見下ろす町で。 忘れられない罪から逃げてきたピノ(寉岡萌希)と過去の罪と町から逃げ出せないパピコ(紗都希)が出会った。 ふたりの人生が交錯するときSUMMERTIMEの切ないメロディとともに10年前に止まっていた物語が動きはじめた。 町を抜け出したふたりに孤独な少女・菜摘(松永有紗)と謎の男・真島(木村知貴)が加わり、それぞれの想いを抱えた4人の小さな旅が始まる。 現在と過去が交差…

工場が見下ろす町で。 忘れられない罪から逃げてきたピノ(寉岡萌希)と過去の罪と町から逃げ出せないパピコ(紗都希)が出会った。 ふたりの人生が交錯するときSUMMERTIMEの切ないメロディとともに10年前に止まっていた物語が動きはじめた。 町を抜け出したふたりに孤独な少女・菜摘(松永有紗)と謎の男・真島(木村知貴)が加わり、それぞれの想いを抱えた4人の小さな旅が始まる。 現在と過去が交差し、次第に明らかになるピノの罪とパピコの罪。 深い罪を背負った後藤(外波山文明)との出会い。 4人の行方は…。

「世界を変えなかった不確かな罪」に投稿された感想・評価

Wonkavator

Wonkavatorの感想・評価

1.5
さも意味ありげなカッコつけたタイトルの割に内容はショボかった。

女優陣は頑張っているのに、男優陣が終始鬱陶しい。

特に上司

あいつの演技が全てを台無しにしている残念な展開

そしてお祭りのヒヨコは総じて雄ですから...

ていうか、幼児虐待はちゃんと通報しろ

結果イライラさせられるだけの作品

そんなこんなで低評価
よかれと思って行ったことが結果的に他者を傷つけることはよくあります。そして、善意が強い人ほど、大きな罪悪感を抱え込みがちです。本作は、そんな罪悪感と向き合う物語。

商業映画デビューとなる奥田監督は、丁寧に物語を綴りつつも、過剰な説明をしません。現実に転がっている問題を扱っているため、安易に答えを出さないのです。映画は絵空事であってもいいはずですが、現実に誠実な姿勢を貫いているんですね。

「この作品は、不確かなことに寄り添い、常に答えを出さない、ということを徹底し、キャスト、スタッフと手作りでつくりました」(プログラムより、奥田裕介監督の言葉を引用)

そのバランスが絶妙で、私たち観客には考える余白が残されています。

心に十字架を背負った女性2人が企てた贖罪の旅が、どのような未来を築くのか、ぜひとも皆さん自身で目撃し、考えて下さい。

現実に誠実で、かつ、映画芸術にも誠実な奥田裕介監督の未来を、私は追いかけようと思っています。

☆ロケ地となった群馬県安中駅が魅力的です。工場萌え気質の方にも観てもらいたい!

☆ラスト、ジャニス・ジョップリン”SUMMER TIME”のカヴァーにも痺れました!
初日に鑑賞。
不可抗力で傷ついてしまうのは仕方がないことなのだけれど、傷ついた当事者、その周りの人間みんな行き場のない感情を抱えている。あなたは悪くないよという言葉に救われる。