家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。2017年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:115分

3.6

あらすじ

サラリーマンのじゅんが仕事を終えて帰宅すると、玄関で妻のちえが口から血を流して倒れていた!動転するじゅんだが、「ククク……」と笑うちえの傍らにはケチャップ。ちえは死んだふりをしていたのだ。それからというもの、家に帰るとちえは必ず死んだふりをするようになった。ある時はワニに喰われ、ある時は銃で撃たれ、またある時は頭を矢で射抜かれ…次第にエスカレートしてゆく“死んだふり”。最初は呆れるだけのじゅんだ…

サラリーマンのじゅんが仕事を終えて帰宅すると、玄関で妻のちえが口から血を流して倒れていた!動転するじゅんだが、「ククク……」と笑うちえの傍らにはケチャップ。ちえは死んだふりをしていたのだ。それからというもの、家に帰るとちえは必ず死んだふりをするようになった。ある時はワニに喰われ、ある時は銃で撃たれ、またある時は頭を矢で射抜かれ…次第にエスカレートしてゆく“死んだふり”。最初は呆れるだけのじゅんだったが、何を聞いても「月が綺麗ですね」と笑うだけのちえにだんだん不安を覚え始める。寂しいだけなのか、何かのSOSのサインなのか―。ちえの謎の行動には、“秘密”があった。

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」に投稿された感想・評価

ぐりこ

ぐりこの感想・評価

2.6
榮倉奈々演じる妻がとにかく不思議系なんだけど、あの笑顔でコミカルにする前半。
タイトルのとおり、次々と繰り出される妻の死んだふりはけっこうおもしろい。
榮倉奈々のコスプレ祭でもある。

後半は急にトーン変わって、ニセ竹野内カップルも絡めて、なかなか考えさせられた。
回想の入れ込み方が上手ではないけど、悪い気持ちにはさせない。ギリギリで。


とはいえ、お話の鍵になるのはもちろん「妻の死んだふり」、ひいてはその理由。
なのだけど、結論からいうと、その理由は明示されない。
一番大切なところを風でかき消すのだ。まじか、平成も終わるのに。
答えは風の中ってBob Dylanかよ。
The answer is blowin' in the windかよ。
フジロックではボブディラン見ましたか?僕は見ましたよ。

・・・まぁ理由は類推することもできるけど、たぶん理由は重要じゃなかった、てこと。
このレビューがぶれてるのはわかってるけど、そういう作品だったと思う。
フォーカスしていった先はふわっとしていて、そこは重要じゃないと言われた肩透かし感。いい意味でなく裏切られた。


本筋でないけど、所々に名著文学の表現を差し込んでいて、それを伏線にするのはわりと好きだった。
「人生には3つの坂」っていう話をカルテット以来できいたけど、あれ、一般的なネタなの?カルテットのオリジナルだと思ってた。

最後にチャットモンチーのED、えっちゃんの声といいテンポといい、とてもよかった。
間延び感は否めないけど、何でも意味を明確に定義付ける必要なんてないよね
yasu

yasuの感想・評価

3.7
主役の榮倉奈々がとてもハマっていた。さらに、父親とクリーニング店主の二人も秀逸だった。物語の内容は、すごく感動する、という程ではなくインパクトは弱め。
思ったより爆笑した!

結局どういうこと?!というラストだったけど、それは観る人のご想像にお任せしますって感じだったのかな?
妻の死んだフリには実は全く深い意味はなかったのかも知れないけど、妻は一体どうしたんだろう…何かあったのかな…と夫が考えて行動していく過程こそが、夫婦生活においてすごく大事なことのように思えた。
naoco

naocoの感想・評価

3.0
榮倉奈々のコスプレは振り切った!よくやった!
再現もよかった。

やすけんの同僚の夫婦の話はよかった。

後はどんどん間延びしていく気がして、早く終わってくれ…とまで思った。
そしてラストもものすごい感動するわけでもなく…結局何だったの?と思ってしまうところがダメなんだろうなぁ…
とも

ともの感想・評価

4.0
榮倉奈々可愛かった〜♡最終的に観た人に考えさすやつだったのが残念だったけど、私はそこはちゃんと答えを出して欲しい人なので。でも良い映画だったのは確か。好きな部類。
con

conの感想・評価

3.7
夫婦二人、あの可愛さなんだ?!

榮倉奈々と結婚したい!
安田顕と結婚したい!

安田さんは最近渋い役多いけど
こーゆー弱めのおじさんな感じの方が個人的には好み…♡

榮倉さんのスタイルの良さも印象的だった(笑)

ゆるーく観るつもりが結構泣かされた…
ずるいわぁ。。。

死んだふりしてる理由わからなかった…
風で聞こえなくしなくてもいいじゃん!!(八つ当たり)


「月が綺麗ですね」は
海を駆けるでも出てきたけど流行ってるの?(笑)
あんく

あんくの感想・評価

3.5
コメディとして観てたら、急に感動させようとしてくるから、ギャップでつい感動しそうになるズルい映画でした。笑

榮倉奈々ずっと可愛かった。
あんな可愛らしい性格の人と結婚したいと思ってしまう

安田顕さんは、死んだふりに付き合うときのオーバーな演技も好きだけど、前の奥さんと別れた理由を話すときの酔ってる演技が見事だと思う。

最後の死んだふりの理由を風に飛ばすのは、観てる人に委ねるための演出だってのは分かるけど、個人的にはちゃんと感動させて欲しかったところ。
なお

なおの感想・評価

2.3
予告ですごく気になって鑑賞。コメディーかと思いきや感動の涙!みたいなのを見ていざ映画館で鑑賞しましたが、わたし的にはコメディー要素の方が強かったかなと。
でも、お父さんが病院にいるシーンは泣けた、、、男手一つで育てた娘ってずるいですね、、(笑)
肝心のセリフを風に消されたシーン、わたしには難しかったです
観終わったあと難しかったねーっていう感想を一緒に観た人と言い合ってた(笑)
正直しょうもないだろって思って観たけど、普通に泣いた〜〜
やっぱり大切なことって言わないといけないなぁって思わせてくれるような映画
榮倉奈々可愛すぎ、、、
>|