恋妻家宮本の作品情報・感想・評価

恋妻家宮本2017年製作の映画)

上映日:2017年01月28日

製作国:

上映時間:117分

3.6

あらすじ

宮本陽平(阿部寛)と美代子(天海祐希)は、学生時代に合コンで知り合い、卒業と同時に、できちゃった婚。そして、ごく平穏な結婚生活27年を経て、子供の独立の時を迎えていた。夫と妻から、父親と母親という風に形を変えた夫婦生活。理想の夫ではないにしても、浮気もせず、教師としてまじめに働き、きちんと給料を入れる、そんな自分に何の問題もないと、陽平は思っていた。 ところが、息子夫婦が福島へ転勤で旅立った日…

宮本陽平(阿部寛)と美代子(天海祐希)は、学生時代に合コンで知り合い、卒業と同時に、できちゃった婚。そして、ごく平穏な結婚生活27年を経て、子供の独立の時を迎えていた。夫と妻から、父親と母親という風に形を変えた夫婦生活。理想の夫ではないにしても、浮気もせず、教師としてまじめに働き、きちんと給料を入れる、そんな自分に何の問題もないと、陽平は思っていた。 ところが、息子夫婦が福島へ転勤で旅立った日、久々27年振りの二人きりの生活に戸惑い、ふたりとも、ついつい飲みすぎてしまい、妻は飲みつぶれてしまう。そんな夜、陽平は、妻の記入欄がすべて書き込まれて捺印された離婚届を本棚で発見する。順風に思えた夫婦生活、美代子はいったい何を考えているのか?陽平は激しく動揺する。かといって、妻に問いただす勇気もない。悶々とする陽平の生活が始まった。耐えられずに陽平は趣味の料理教室仲間に相談するも妻の浮気を示唆されて余計に不安を募らせる。 これまでの人生を、常に何が正しいかを考えながら生きてきた陽平。教師として学校でふれあう生徒とその家族、趣味で通う料理学校で垣間見るよその夫婦の姿、そこには、さまざまな夫婦そして家族の形がある。正しいことって、何だろうか。陽平の惑いは深まるばかり。 そんな時、美代子が家を飛び出してしまう。美代子の真意とは…。そして、陽平の選んだ道とは…。

「恋妻家宮本」に投稿された感想・評価

花子

花子の感想・評価

3.6
エンディングが良い。
菅野美穂と佐藤二朗の夫婦がなんだよ結局なかいいのかよ感が良い。
子育て終わった夫婦の冷戦具合がうちの親の様だったが、うちの親がこの前当然二人で温泉旅行に行ったらしいのはこういう心理なのか?と思いながら見ていた。
しみず

しみずの感想・評価

4.0
わたしが大好きな天海祐希さんと阿部寛さん!!共演😍!

映画館で予告を観てからというもの「絶対観たいっっ」と思っててなかなか観れずで…(泣)

やっとこさ借りれて観れた!!

阿部寛が演じてる宮本は優柔不断でなかなか自分一人では決めれない男なんですけど、、
観ててすっごく「もうちょい早く決めれんの!?!?」とか「えぇ!?そこ怒らんの!?そんな言い方されて!!!」みたいな気持ちに自然となってる自分がいて、、(笑)

逆に天海祐希が演じる宮本の妻みよこはすっごくハキハキしてて本当宮本の逆って感じで、、(笑)
観てて気持ちが良かったし、宮本に対して怒らない所とか意外に可愛らしい所とかにニヤけてる自分もいたりして(笑)

私自身 結婚に対して理想も妄想もないけど、やっぱり結婚してからも幸せになりたいって思ってる自分もいると思うし…
この映画を観てたらまさに『結婚に対して興味とか期待してない方』に是非観て欲しい映画だなあって。

ずーーっと幸せが続くとかはありえない事で嫌なこともやっぱりあるけれど、『今が幸せ』って思えてたらいいよねって思わせてくれる映画。観てすっごく良かった!
Uttie

Uttieの感想・評価

3.2
平和な映画、阿倍寛が中学校の国語科教員を演じて板についている。
Take568

Take568の感想・評価

3.3
何でもない普通の中年夫婦の話。
いつのまにか、『おとうさん』と『おかあさん』になってしまって、不満はないけど不安があって…。
色々あるけど、やっぱりお互い、この人が好きで…。今さら、名前で呼ぶのは照れくさくって…。
良い作品でした。エンディングロールの歌と映像素敵です。
miho

mihoの感想・評価

4.0
いい話、ほっこりする、そしてデニーズに行きたくなる

相手のことを互いに思いやれる人達って本当に素敵。
でも悲しきかなそういう人は少ないんです。

正しいことも大事やけど、優しいことはもっと大事だよね
面白かった(^o^)

ゆるゆるのなかに考えることがたくさんつまってて


正しいことよりも優しいことを優先した方がいいって深い
ものすごく結婚したくなった…

優柔不断でウジウジっとした阿部寛演じる宮本が、妻や生徒との問題を通して成長していく姿がよかった!

あと、正しい≠優しいっていうのは本当にその通りだなって
図書館戦争で、堂上教官が手塚に「正論は正しい、だが正論を武器にする奴は正しくない。」って言ってたのを思い出しました

菅野美穂の夫は、神経質そうな雰囲気イケメンが演じてるのかと思ったら、まさかまさかの人でびっくり笑笑
エンディングも突然阿部寛がカメラ目線で歌い出すからびっくりしたけど、面白かった笑
Kinakosan

Kinakosanの感想・評価

3.6
吉田拓郎の曲がしみる、、、。キャストも好きだし、遊川和彦の脚本が好きなので鑑賞。

結婚の何たるかは私には到底わかりません。結婚している人でもわからない時はあるのだろうし。人生は決断の連続で、正しいのかわからないままに、決断しなければならないこともたくさんある。でもどちらにしても、自分の決断には責任を持って、取り組むしかないのだと思います。

後悔するのも自分次第。

1人も楽しいけれど、ファミレスには誰かと一緒に行きたくなりました、、、。
haru

haruの感想・評価

3.7
国語教師の宮本陽平は、息子が結婚し、夫婦二人きりの生活が始まった途端に、嫁が隠していた離婚届を発見してしまう。

阿部寛の映画って、肩の力を抜いて、すっと入ってくる気がするのって僕だけでしょうか。
なんとなく映画というよりは、連ドラ感も感じました。
阿部寛の連ドラ感+金八感(笑)

夫婦の姿、家族の姿って、近すぎて逆にあんまり見つめていないのかもしれません。
うまく説明できないのですが、テーマとしては映画よりも小説向きなのかなと感じました。
文字からいろいろ想像し、自分を当てはめ想像し、知人を当てはめ想像する。
そんなテーマのように感じました。
うまく説明できないのですが(笑)

エンドロールは良かったですね。
ある意味1番衝撃だったのはエンドロールだったかもしれません。
今日までそして明日から。
モモ子

モモ子の感想・評価

4.0
学ぶことが多かった
正しいより優しいが大切、
人生の中での選択等など…今見てよかった
>|