恋妻家宮本の作品情報・感想・評価

恋妻家宮本2017年製作の映画)

上映日:2017年01月28日

製作国:

上映時間:117分

3.6

あらすじ

宮本陽平(阿部寛)と美代子(天海祐希)は、学生時代に合コンで知り合い、卒業と同時に、できちゃった婚。そして、ごく平穏な結婚生活27年を経て、子供の独立の時を迎えていた。夫と妻から、父親と母親という風に形を変えた夫婦生活。理想の夫ではないにしても、浮気もせず、教師としてまじめに働き、きちんと給料を入れる、そんな自分に何の問題もないと、陽平は思っていた。 ところが、息子夫婦が福島へ転勤で旅立った日…

宮本陽平(阿部寛)と美代子(天海祐希)は、学生時代に合コンで知り合い、卒業と同時に、できちゃった婚。そして、ごく平穏な結婚生活27年を経て、子供の独立の時を迎えていた。夫と妻から、父親と母親という風に形を変えた夫婦生活。理想の夫ではないにしても、浮気もせず、教師としてまじめに働き、きちんと給料を入れる、そんな自分に何の問題もないと、陽平は思っていた。 ところが、息子夫婦が福島へ転勤で旅立った日、久々27年振りの二人きりの生活に戸惑い、ふたりとも、ついつい飲みすぎてしまい、妻は飲みつぶれてしまう。そんな夜、陽平は、妻の記入欄がすべて書き込まれて捺印された離婚届を本棚で発見する。順風に思えた夫婦生活、美代子はいったい何を考えているのか?陽平は激しく動揺する。かといって、妻に問いただす勇気もない。悶々とする陽平の生活が始まった。耐えられずに陽平は趣味の料理教室仲間に相談するも妻の浮気を示唆されて余計に不安を募らせる。 これまでの人生を、常に何が正しいかを考えながら生きてきた陽平。教師として学校でふれあう生徒とその家族、趣味で通う料理学校で垣間見るよその夫婦の姿、そこには、さまざまな夫婦そして家族の形がある。正しいことって、何だろうか。陽平の惑いは深まるばかり。 そんな時、美代子が家を飛び出してしまう。美代子の真意とは…。そして、陽平の選んだ道とは…。

「恋妻家宮本」に投稿された感想・評価

あやめ

あやめの感想・評価

4.2
二回目鑑賞
素晴らしい作品です
感動しました!
天海さん素敵すぎで可愛いです
RinaAsada

RinaAsadaの感想・評価

3.5
2017/1/12@TOHOシネマズ梅田 舞台挨拶
1200円
機内で見た。邦画っぽい。子育て終わりの夫婦のあり方って難しいよね、けど、みんな1人の人間だから楽しく優しく生きていきたいねって話。阿部さん、天海さん、素敵だった。
感動。微笑。感動。微笑。感動って感じ。

好き。
阿部寛やっぱ最高!!
結婚してから観たから色々と共感というか、考えさせられた。夫婦とは…
原作重松清なので読みたいと思う。
私は今日まで生きてみました〜♬
阿部寛と天海祐希の夫婦がよく似合う。子が巣立ち、夫婦2人暮らしとなる境遇が良く描かれた映画だ。分かるなぁ…
Maikyo

Maikyoの感想・評価

3.0
まぁ普通。愛されてるとは思うけど、あと一歩自信がない気持ち、わかるなぁ。別にぞんざいな扱いをされているわけでもないし、それなりに仲良くやっているつもりだけど、子供という共通項がなくなったときに、ふと襲われる不安や存在意義の有無。
「正しさと正しさはぶつかるけど、優しさと優しさはぶつからない」って台詞がどかんと来た。普段、どうしても正しいことが最優先にも絶対にもなりがちで、それで喧嘩はあり得るけれど、優しさvs優しさで言い合うことはあっても相手にイライラしたことはないなぁと。。。はっとした。
全体的にはDVDでふわっと観るには良かったかな、という感じ。
天海さん、素の感じがいいなぁ。でも阿部寛はあんまり好きになれないな~
2017年1月22日、一ツ橋ホールでの試写会にて鑑賞。 

ついこないだ話題となっていたTVドラマ「家政婦のミタ」などは見ていなかったが、そうしたドラマを作り続けた脚本家=遊川和彦という人の初監督作品。 

なかなかの現代的センスで描かれた表現が、時代を表している。 
また、楽しい物語展開で笑わせてくれる娯楽作であった。 

結婚27年にして一人息子が結婚して家を出て行き、二人だけの生活になった夫婦(阿部寛、天海祐希)であるが、出会いの回想シーンなども上手く盛り込まれている。 
そんな二人だが、ある晩、夫が「妻が記載した離婚届」を見つけたことから、物語がどんどん進んでいく。 

わきを固める俳優として、菅野美穂・相武紗季・富司純子などが居るが、自分としてはヤッパリ奥貫薫が出てくると嬉しくなる。何故か判らないが、黒沢清監督作品の常連だからであろうか? 


近時、笑える映画が少なくなっている気がするが、この映画は、カップルなどで観るのに最適な気がする(笑) 
オススメ。 

<映倫No.120770>
yui

yuiの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

そんなに期待してなかったけれど、とても良かった。
人のことを心から思うが故に優柔不断でおどおどしてしまう主人公の思いがみんなに届き、優しさの輪が広がってほっこりハッピーエンド。

最後のファミレスの歌のとこがかなり好きです。
理想の夫婦像がもてました。
2時間ドラマとして見ていれば良作だと思う映画としては物足りないかな
>|