恋妻家宮本の作品情報・感想・評価

恋妻家宮本2017年製作の映画)

上映日:2017年01月28日

製作国:

上映時間:117分

3.6

あらすじ

宮本陽平(阿部寛)と美代子(天海祐希)は、学生時代に合コンで知り合い、卒業と同時に、できちゃった婚。そして、ごく平穏な結婚生活27年を経て、子供の独立の時を迎えていた。夫と妻から、父親と母親という風に形を変えた夫婦生活。理想の夫ではないにしても、浮気もせず、教師としてまじめに働き、きちんと給料を入れる、そんな自分に何の問題もないと、陽平は思っていた。 ところが、息子夫婦が福島へ転勤で旅立った日…

宮本陽平(阿部寛)と美代子(天海祐希)は、学生時代に合コンで知り合い、卒業と同時に、できちゃった婚。そして、ごく平穏な結婚生活27年を経て、子供の独立の時を迎えていた。夫と妻から、父親と母親という風に形を変えた夫婦生活。理想の夫ではないにしても、浮気もせず、教師としてまじめに働き、きちんと給料を入れる、そんな自分に何の問題もないと、陽平は思っていた。 ところが、息子夫婦が福島へ転勤で旅立った日、久々27年振りの二人きりの生活に戸惑い、ふたりとも、ついつい飲みすぎてしまい、妻は飲みつぶれてしまう。そんな夜、陽平は、妻の記入欄がすべて書き込まれて捺印された離婚届を本棚で発見する。順風に思えた夫婦生活、美代子はいったい何を考えているのか?陽平は激しく動揺する。かといって、妻に問いただす勇気もない。悶々とする陽平の生活が始まった。耐えられずに陽平は趣味の料理教室仲間に相談するも妻の浮気を示唆されて余計に不安を募らせる。 これまでの人生を、常に何が正しいかを考えながら生きてきた陽平。教師として学校でふれあう生徒とその家族、趣味で通う料理学校で垣間見るよその夫婦の姿、そこには、さまざまな夫婦そして家族の形がある。正しいことって、何だろうか。陽平の惑いは深まるばかり。 そんな時、美代子が家を飛び出してしまう。美代子の真意とは…。そして、陽平の選んだ道とは…。

「恋妻家宮本」に投稿された感想・評価

阿部寛はやっぱりいい演技するなぁ
み

みの感想・評価

2.5
天海祐希と阿部寛は熟年じゃないわん。

20代になっても精神的には18歳から成長してないように感じるのだけど、それと同じように先生たちもなんでも知っているわけでも、"おとな"なわけでもないんだと思った。

年齢というより人間の深さだよなあ
かつ

かつの感想・評価

3.5
「美代子の作るお味噌汁が飲みたい。」がプロポーズの言葉って本間に独特やなぁ。って思ったけどもお互い歳を重ねてから再び聞いた時なんか凄い涙が溢れた。笑
↑プロポーズの言葉って指輪や婚姻届なんかより1番重要でそこで何を言うかによって決まるんだと思った。
再び初心に戻って恋妻家として新たな人生を歩んでいくお互いの背中が凄い微笑ましくて愛おしかった。
ちょへ

ちょへの感想・評価

3.7
ミタやカホコでおなじみ遊川和彦初映画監督作品。
個人的に当たり外れが大きい気がするけど楽しめた気がする。
偽装の夫婦の世界観が好きだったから出演者が被ってたのもなんか良かった。
ドンいいやつ。
TAP

TAPの感想・評価

3.5
結局、ホッコリできた話だった。
やけに身長が高い夫婦だなとツッコミたくなった。
優柔不断過ぎるのは良くないと思う。
めっちゃ面白かった!
まさに同年代、同じ悩みや思いを抱える世代(笑)
息つく暇もないくらい⁈共感しまくりでした。
最後の夫婦が思いを伝え合うシーンは
「こんなこと絶対言わないわなぁ」なんて思いながらも涙が。(笑)
泣きながら笑える、暖かく楽しい映画でした。
最後の歌うシーンがダサい以外はよかった
Imagawa

Imagawaの感想・評価

3.4
夫婦のマンネリ化ってやつですかね
しゅん

しゅんの感想・評価

3.4
吉田拓郎って本当に素敵。
考えよ
語れ
行え
そして自分を好きになるって大人になればなるほど大事だと思う
>|