家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。のネタバレレビュー・内容・結末

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。2017年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:115分

3.6

あらすじ

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」に投稿されたネタバレ・内容・結末

やっぱり眠れない機内で鑑賞
(楽しみでもある)

正直、安田顕さん目当てで、おもしろ映画なのかな、って思ってたら大間違い!
まぁ泣きました(機内なのに)

榮倉奈々さんの何考えてるか分からない役の感じ、可愛いし良かった
何より野々すみ花さん!
某ミステリーハンターのイメージしかなくてごめんなさい
バッティングセンターのシーンからグッと来た
二人が共感し始めるのが、なんか嬉しかった
大人になってから、共感する人と出会えるのってすごくいい

女性が考えることと男性が考えることのズレがとても分かりやすく、面白い
分かろうとすることが、大切なんだと思う


最後の答え合わせは…

あ、観た人と話して共感するべきですよねー
榮倉奈々演じる
奥さんすごく可愛かった。
月が綺麗ですね
のくだりは
自分も分からなかった経験アリなので
おお!と言う感じでした。
ただ完全フィクションだと知った時のがっかり感、、、。
とすればもう少し脚本に捻りが欲しかったかなぁ、、。
私の家で朝の5時まで鑑賞〜邦画第2弾!
コメディかと思ってたら違うかった!
かなり不思議な感覚をもった妻やったけど、可愛いなぁとも思った(*´ `*)
旦那さんが帰ってくるまでに死ぬ準備して、毎日毎日なんか無邪気というかこんな奥さん楽しいじゃないか!と思ったけど旦那さんからしたら疲れるのかな。笑
実際に毎日付き合うの疲れるよと言われてたし...
まぁ急にこんなん毎日しだしたらどうしたどうしたってなるけど!笑
死ぬふりコントに付き合ってる旦那さん見てたらいい夫婦やなぁ〜ってかんじやったけど何が妻をこうさせてるんだとそりゃ思うわな。

何でこんなことするの?
言いたいことあったら言ってほしい。
と旦那さんが聞いているのに、結局妻は答えずにふわぁとしたまま話が流れていく。
それを繰り返すからなんで言わんねん!と妻にツッコミをいれたい衝動がやばかった。
最後は理由わかるんやんな?と見ていたのに結局みてる私たちには知らせないまま...んなアホな(゚ω゚)
そこが1番誰もが知りたいところじゃない?
あと、デートで急にいなくなるのは嫌でしょ!
ケータイ使ったらすぐ分かったんじゃないかもと思ったけど、まずあの状況になるのがおかしい笑
あと家でお呼ばれして、あの場面で旦那さん疲れてるよと同僚の人が妻に言うのはありえへんし、めちゃむかついた!
あなたにそんなこと言われたくないし!ってなる。
あんなん言われたら黙ってられへんしケンカやケンカ!笑

月が綺麗ですね=愛してます
っていうのはしゃれてた〜〜( ˘ ˘ )
最後の「また結婚する気?」に「もちろん!」っていう会話がめっちゃ素敵やったなぁ。
そしてあのクリーニング屋のバイトしたい笑
奇をてらっているのになんと実話!?妻が毎日思考を凝らして死んだふりをする姿が愛らしい。なぜ死んだふりをするのかは明確にされずともこの夫婦の愛のあり方を理解するとしんみりする。心がほっこりするなかなかの迷作!
まさかこれを映画化するとは思わなかった!!!

「Yahoo!知恵袋」投稿実写化?!という目新しさにひかれてしまった(笑)夫婦の形って色々あるんだなぁ~って感じた。

本人達がそれで幸せなら良い事なんでしょうね!
心が温まる良い作品でした。

奥さん約の奈々ちゃんが非常に可愛かった(笑)
榮倉奈々かわいい!
死んだふりのバラエティが豊かである程度楽しんで見ていられたが、それ以降は…
なんで死んだふりをしているのか最後までわからなかった。風でかき消された部分が気になり…最後までもやもやした。

わざわざ映画館で見る必要はなかった作品。
ギャグ映画だと勝手に思って観に行きました。
笑えるところもあるのですが、なんで死んだふりをしているのかがわかりずらかったように感じました。
最後の言葉も結局なんと言ったのかが腑に落ちません。
でも沢山笑えました。
予告編などからの興味で観劇。
死んだふりも笑えるシーンが多かったり所々笑えるシーンがあって良かった。

月が綺麗という台詞がとてもキーワードになっていて夏目漱石のこの訳も良い。

結婚する事、家族がいる事に対してとても考えさせられる映画。
死んだふりをしていた理由はあえて説明がされていないところがもやもやする部分でもあり考えさせられる部分でもあるかな。
これまでテキトーに小ボケ挟んで生きてきた自分は、榮倉さん(役名忘れた)に感情移入して見ていたと思う。

夫が帰る時に死んだふりをし、そのリアクションを楽しむと、じゃあご飯に。そして特に先ほどの死んだふりに触れることもなく1日が終わる。

夫は死んだふりに何の意味があるのかと考えていたが、特に意味はないと思う。自分の小ボケに意味がないように。笑

榮倉さんもおそらくこれまでそんな小ボケ的なことをやってきていたのだと思う。そして、それがたまたま今回は死んだふりだった。

しかし、周り環境から、この死んだふりが結婚に関しての特別な意味があるのではないかと映ってしまう。

ただ、結婚3年目という区切りは夫が勝手に設定したものであるし、同僚の離婚話も、いわばたまたま重なっただけである。

榮倉さんは「好きな人と一緒に楽しく過ごす」といった一貫した感情(価値観)を持っていたと思う。

夫はそんな感情から来る榮倉さんの行動を、素直に受け取って、テキトーにのったりつっこんだり、無視したりして楽しめば良いのに!笑

あくまで小ボケなので気負わずに。笑
夫婦が歩む道はデコボコ道なんだ

だから夫婦は丸みを帯びてなくていいんだよ

結婚した人たちが長く付き合っていってるのは奇跡に近いなと思った。

好きとか言わず、月が綺麗ですね、しか言わない妻はヤスケンじゃなくてもしゃらくせえと思うよ(笑)

結局のところなぜ死んだフリをするのか語るところは風が吹いて、音が消える演出
それはどうなんだろう、知りたかった。
>|