家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。のネタバレレビュー・内容・結末

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。2017年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:115分

あらすじ

サラリーマンのじゅんが仕事を終えて帰宅すると、玄関で妻のちえが口から血を流して倒れていた!動転するじゅんだが、「ククク……」と笑うちえの傍らにはケチャップ。ちえは死んだふりをしていたのだ。それからというもの、家に帰るとちえは必ず死んだふりをするようになった。ある時はワニに喰われ、ある時は銃で撃たれ、またある時は頭を矢で射抜かれ…次第にエスカレートしてゆく“死んだふり”。最初は呆れるだけのじゅんだ…

サラリーマンのじゅんが仕事を終えて帰宅すると、玄関で妻のちえが口から血を流して倒れていた!動転するじゅんだが、「ククク……」と笑うちえの傍らにはケチャップ。ちえは死んだふりをしていたのだ。それからというもの、家に帰るとちえは必ず死んだふりをするようになった。ある時はワニに喰われ、ある時は銃で撃たれ、またある時は頭を矢で射抜かれ…次第にエスカレートしてゆく“死んだふり”。最初は呆れるだけのじゅんだったが、何を聞いても「月が綺麗ですね」と笑うだけのちえにだんだん不安を覚え始める。寂しいだけなのか、何かのSOSのサインなのか―。ちえの謎の行動には、“秘密”があった。

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」に投稿されたネタバレ・内容・結末

妻がなぜ死んだフリをしていたか、
何を伝えたいか、夫婦とはなにか、
ハッキリとした答えはなくて
それはきっと、何年後、何十年後、
大切な人といろんなことを乗り越えたそのときに
自分たちの中にその答えがあって
この映画は完成するのだと感じた。

そしてその答えに正解や不正解はなくて、
人それぞれで、夫婦それぞれのいろんな形があって、、

いっしょにいることだけが
答えでも正解でもない
いろんなことを乗り越えたとき
絆が深まるとおもった。

その様々なことを乗り越えていけるのが
今隣にいる人なのかは分からないが、
何があるかわからないから
たのしくて、かなしくて、せつなくて、
大切なんだと思わせてくれる作品だった。
ほのぼの映画( ´ー`)


思ってることを言わない言えない系
不器用女子を受け止めてくれる
安田ぱいせんの大きい器✧

全力でつきあってくれて、
最後は気付いてあげれなくてごめん
...なんて、なんて素敵な旦那さん💓

一緒に共感するって
とてつもなく大切〜〜〜。
【あらすじ】帰宅すると死んだふりをしている妻が自分をどう思っているのかということに思い悩む夫が、妻とコミュニケーションを取っていく中で妻は昔から変わらず自分に気持ちを伝え続けていてくれたことがわかり自分からも妻に気持ちを伝えてゆくことを決めた話。

【総評】一言で言えば、相手のボール待つだけじゃなくて自分からもボール投げようぜというお話。しかも相手の好意のボールが死んだふりというそれとわかりづらい形で投げかけられるからさぁ大変。「相手に伝わる形で投げなさい」と言ってあげたくなる。不器用過ぎるぞ妻。そして、鈍感過ぎるだろ夫。しかし、妻の不器用さから車で道に迷うことがあったけど、妻の「道は必ず繋がっている」「時間がかかっても最後には必ず辿り着ける」(←不確か)という台詞は「夫婦」のことを表していたんだね。妻父の「10年経って気づいたら夫婦になってたというのが理想」という台詞を合わせて考えると、夫婦なのだからそういうお互いの不器用さや不出来な部分は受け容れ合ってゆきましょう。そうすればいつの間にかあなたたちは本当の「夫婦」になってるでしょうね、ということなのだろう。ただし、「お互いが目的地を目指すことを諦めなければ」という注意書き付き。

【寸評】安田顕は大いに頑張っていたし榮倉奈々って可愛いんだなとものすごい上から目線な物言いですがそういう部分は満たされました。ただ、ストーリーは「妻の行動の理由」ってなんだろうという謎で引っ張られているだけで素直すぎる作りだったかな。
すごく素敵な作品でした。

"優しい言葉は人を傷つける"
"夫婦はいつもいっしょだから頑張らなくていい"
いい言葉だなと思いました。

そして榮倉奈々さんの笑顔にめちゃくちゃ癒されました(笑)

必ずまた観ようと思います。
結婚して何年もいても相手の分かっていないところがあるんだなあ、と。
私より先に死なないで、っていうのもキーなのかな。

お花買ってきたシーン好き。

普通に良い映画で感動した。
夫が、隣に座る妻の肩を抱き寄せる場面の演出でヒエッてなりましたよ。

その後の、妻の表情で以て二人の距離感を連想させる演出についても、それまでにさんざっぱら榮倉奈々の可愛らしい笑顔をこちとらは見せてもらっている訳ですからしてそれ、切り札にも奥の手にもならないんじゃないかと思いましたよね。

なんかそれっぽい事をやろうとして駄々滑りしている感じですよね、全体。
笑いが起きたり、すすり泣いてる人がいたり、大満足の映画だった
死んだふりの作り込み具合に驚いた
いいお話でした。
死んだフリのレパートリーが想像以上で面白かった。
素敵な安田顕と榮倉奈々を観る映画..
ストーリーは特に感動はなかったが、安田ファンとしては大満足ー!の評価★

夏目漱石のオチはさすがにわかりすぎて


結婚も恋愛も、本当に答えなんてないんだろうな
それを探っていけるような関係でいられるのがいいのかな〜
月が綺麗ですね

死んでもいい

人生は上り坂 下り坂 まさか

限られた時間、人生の中で
どれだけ大切な人を愛せるか、
一緒にいられるか なのかな
>|