スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネットの作品情報・感想・評価

スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット2017年製作の映画)

Starship Troopers: Traitor of Mars

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:100分

3.2

あらすじ

宇宙に進出した人類は恐るべき昆虫型生命体“バグ”と長きにわたる戦いを繰り広げていた。そんな戦争で活躍を見せてきたかつての英雄ジョニー・リコは、“バグ”の地球侵入を阻止出来なかった責任を負わされ前線から離脱。植民地惑星“火星”で、戦場に出たこともない落ちこぼれの「はぐれ小隊」の訓練を行っていた。戦争とは無縁のお気楽な火星で、“自分の居場所”と、“軍人としての生き方”を見失うリコ。しかし、そんな腑抜…

宇宙に進出した人類は恐るべき昆虫型生命体“バグ”と長きにわたる戦いを繰り広げていた。そんな戦争で活躍を見せてきたかつての英雄ジョニー・リコは、“バグ”の地球侵入を阻止出来なかった責任を負わされ前線から離脱。植民地惑星“火星”で、戦場に出たこともない落ちこぼれの「はぐれ小隊」の訓練を行っていた。戦争とは無縁のお気楽な火星で、“自分の居場所”と、“軍人としての生き方”を見失うリコ。しかし、そんな腑抜けた平和は長く続くはずもなく、火星は突如戦場と化す。戦いの最前線へと返り咲いたリコは、はぐれ小隊を率いてバグと戦うも、彼らをかばい最後の脱出に失敗。火星の砂漠にひとり取り残され、絶望的な戦いを強いられることになる。そんな絶体絶命の危機に、彼の目の前に現れたのは死んだはずのディジーだった。

「スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット」に投稿された感想・評価

キャスパーヴァンディーン感の一切無くなったリコ大佐 笑

せっかく声もキャスパーヴァンディーンがしてるのに…笑笑

ただ、インベージョンの時は主に宇宙が舞台でスターシップの良さを減らしてた気がするから
今回は満足✨

スターシップは昆虫型バグが襲ってきて
最新鋭の武器とかアーマーで応戦するクセに歩兵部隊組んで バンバン殺されていくアホさ皮肉さが
初代監督のポールバーホーベンが産み出した
スターシップトゥルーパーズの骨格やと思てます笑

今回は地に足つけて歩兵部隊組んでバンバン殺されていくから
従来のアホさが多少戻ってきたと思う👌笑


スターシップトゥルーパーズ3の安さに笑ったけど
こやってフルCGでシリーズ化されると
あの安さを求めてるオレもおる笑

あ、あとニュース速報的なシーンを入れてくれた事にも拍手👏

超個人的意見やけど…
リコに髭はいらんのよ!笑
眼帯は許す!笑
あの肩幅もリコや笑

…髭!笑笑

前作 インベージョンの CGはゲーム的でちょい平坦 宇宙の奥行きが薄かったけど
今回抜群でした👏
実写版 宇宙戦艦YamatoのCG越えてたね✨

スターシップトゥルーパーズ好きとしては楽しめるし最高やけど
寂しさもあるね😅


吹き替えも小山さんがリコしてるけど(ジャックバウアーの人)
本来の田中実さん亡くなったからなぁ…
声すげぇ好きやったのに…😢
ご冥福をお祈りします。
佑

佑の感想・評価

3.0
面白かった。スターシップ・トゥルーパーズのシリーズ全作観てますが、懐かしのキャラが出ていてシリーズ好きは見る価値ありかな。ストーリーは単純で撃ちまくる。殺しまくる。ただエロシーンは無し。シリーズ変わらずの単純内容なので問題なし。

このレビューはネタバレを含みます

スターシップトゥルーパーズシリーズのCGアニメーション作品二作目

観賞中人物相関図がまったくわからず物語に入り込めないと思ってたらCGアニメ版の二作目と気付き、前作未観賞だったため続編としてのストーリー展開が掴めぬまま終わってしまった😵💧反省


しかしそこを無視したとしても映画としてはかなり微妙な仕上がりであることは変わらない

ゲームムービーの様なキャラクターデザインにCGの仕上がり今一盛り上がりに欠けるストーリー、迫力の無いアクションシーン

登場人物たちの行動原理が希薄でリアリティがなくセリフだけが先行しているような感じで、人間味が無く台本にそって展開が進むだけといった印象

中盤の中弛みシーン(主人公と死んだ過去ヒロイン?が歩きながら話す)の意味も説明もなく必要性や整合性がわからなかった

真の敵と真っ向から闘うクライマックスもなく要のバグも二種類だけで雑魚扱い

何のための映画シリーズなのか理解に苦しむ
宇宙進出した地球は″バグ″と称される昆虫型生命体との終わりなき戦いが続いていた。
そんな折、火星に移民した人々が地球連邦からの独立を表明、それを由としない地球連邦最高司令官エイミー・スナップはバグもろとも火星を″Q爆弾″で破壊しようとするって話☆

今回の戦いの舞台は火星!
赤い砂漠でバグとの戦闘が繰り広げられます。
もちろんシリーズお馴染みの最強トゥルーパー″ジョニー・リコ″やサイキック将軍″カール・ジェンキンス″、エリートパイロット″カルメン・イヴァネス″ら仲良し3人組も登場し、それぞれの立場から最善を尽くしてバグ戦争を戦います。

そして、拝″支持率″主義のスナップ最高司令官の美しい容姿とはウラハラなクソっぷりがとてもグー☆
(個人的にメチャタイプ♪)

戦闘シーンは、″マローダー″などは登場せず、機動歩兵でパチパチとマシンガンで撃つのみの戦いなので若干単調ですが、ダメっ子達の集まり小隊の成長や、高飛車なスナップ司令官の転落が描かれる、手堅い作りになってます。

リコ、カール、カルメンの活躍をずっと観ていたい、わたくしのような″スターシップ・トゥルーパーズ″ジャンキーな方にはオススメな一本(* ̄ー ̄)☆
琉太

琉太の感想・評価

2.0
勢いで連続で観てしまいました
前作同様にCGアニメが馴染めず違和感を克服出来ず結局エンディング
今回は火星でバグとの戦闘が中心
テレビゲームを見ているみたいで臨場感を感じられず残念な作品
もう続編出ても観ないだろうな
まさかCGアニメとは・・
シリーズ見てなくても大丈夫かな?と思いましたがダメでした。
純粋に映画として見ると本当につまらない!!!!
虫がたくさん来るから撃つ!
安い友情劇、自己犠牲、面白くないジョーク、ありがちな権力者の陰謀。しかもその陰謀も理論的によくわからない。なんでそうなるのか。
だからストーリーがどうしようもない。
登場人物も知ってるありきで出てくるのでキャラ設定とかわからん。

極めつけはやはりCGアニメ。なんでこんなに迫力なくなるんだろ。
ストーリーが子供向けならアクションで楽しめるかと思いきやキレイだなあとか程度で終わった。
CG技術をみせたいだけの映画
シリーズファンがファンアイテム的にみるような映画でした。
CGだからか、あんまグロく感じなかったな( ◠‿◠ )
昔みたのホントずっと前だけど相変わらず俺はこの世界観は好きなようで
普通に楽しかった
このCGのままゲームにしてくれたら売れそう(適当

このレビューはネタバレを含みます

CGも綺麗だし、本職の声優さんなので安定して見られた。
ストーリーは割と王道。
へなちょこ小隊が成長していく様とか陰謀の為に火星を犠牲にしようとする悪い上層部とか。

ラスト、総司令が失脚してたらもっと★が上がったかな。
たくらみがすべて露見して支持率が0になって、上から切り捨てられ描かれてない火星の生き残りに刺殺されるとか。
あんだけボコボコにされたカールが可哀そうすぎる。
sickboy

sickboyの感想・評価

4.0
スターシップ・トゥルーパーズの5作目。

我等のリコ大佐が帰って来たぞ!まさかまたスタシプトパの最新作が見られるとは!今回のリコ大佐も将軍なのに1番最前線で戦うのだけれど落ちこぼれ集団を率いて成長あり笑いありで中々楽しい。前作に引き続き今回もCGなので役者が老けるとかもないのでこの路線で定期的に行って欲しい。今回はマローダー無しでほぼパワードスーツのみでの戦いなのでちょっと寂しい。面白かったので次回作も早く出して下さい!
wahe1zu493

wahe1zu493の感想・評価

2.5
ストーリーは3のオマージュに原作の機動歩兵を合わせた様な感じ。
気になるのは火星の生き残り少すぎること。個人的にはラッツアスとカルメンの扱いが雑すぎるのが残念。
前作よりはスターシップ・トゥルーパーズっぽいけど、見たかったのは連邦とバグの戦争物でアベンジャーズみたいなヒーローものでは無い!3じゃなくて1だよ!死に日よりじゃない!!