スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネットの作品情報・感想・評価

「スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット」に投稿された感想・評価

かわせ

かわせの感想・評価

2.5
実写3作は見ていて、CGの前作は未視聴。
1は面白かったけど、シリーズが進むに連れてどんどん訳がわからなくなってしまった。
今回も、あれだけのバグが一切気づかずにいたりと色々とストーリーのご都合主義が目についてしまった。
tsuyo

tsuyoの感想・評価

2.8
楽しめたが、迫力にかけるかな。
リブートして、激しく練ったストーリーにしたらおもろいかも。
WOWOWにて吹替版を視聴。
ジョニー・リコはじめ、1作目からのキャラクターが多数登場するし、雰囲気が1作目に近いこともあってなかなか良かったです。
途中でニュースが挟まる演出なども、1作目をリスペクトしてる感じがあり、続編としての出来はとても良いと思いました。(2が残念なだけに…)
ただ、シリーズ通しての設定などは、詳しい解説がなされるわけではないので、シリーズの他の作品を見ていない人は、あらすじくらい目を通してから見る方が良いかと思います。
Natsumi

Natsumiの感想・評価

2.8
エンドロール見てびっくり。ほとんど日本人、なのに製作はアメリカなのか…あとびっくりするほど何も残らない映画だった。
シリーズCGアニメ第2弾!
今作はジョニー・リコをメインにしたのは良かったが、前作と比べてスケールダウンは否めない
映像的には実写よりもスピード感が増してスリリングな展開が良く楽しめました。
ストーリー的にはイマイチ捻りが足らず薄っぺらく感じた。
フルCGバージョンとしては、前作?のインベイジョンに比べて、余計な演出が少ないので割りと見やすい感じだね。
このシリーズに関しては、若い戦士がケツを叩かれながら無理矢理成長していくってのが良いわけで、そういう意味では実写の1みたいな感じで、個人的には好きかも。
って、スターシップトゥルーパーズを知らない人は、何の事だかわからない映画になってて、予習が必要なのでその辺注意でw
見た目には、相変わらずCGのクオリティーは高く、爆発や煙などはとても良く、データの公開して欲しいな~なんて思ったりして。

後は、このCG質感映画がどのくらい、一般人に受け入れられるのかが気になる。
カットの流れがテンポが良く、モッサリ感が少ないカッコ良い感じになれば成功かな~w
関連作品に関しては、原作小説含め一切知らない状態。
敵も味方もなんか重量感が感じらないなあって思った。
総司令官のキャラクターデザインが好み。
シリーズを追ってみたい、とはならなかった。
「ファイナル・ファンタジー」のフルCG作品の頃と比べると、格段に細部の描写ゃ人&バグの動きもより実写に近づいて違和感なく見れるようになったな🎵

但し、実写でもないアニメでもないこの分野が、映画に於いて確固たる地位を確立するとゎ思えないが、たまの息抜きにゎ十分なエンターテイメントだな🎵

(^^)v
地球防衛軍元将軍のリコは過去の失態のせいで今は火星育ちの落ちこぼれ集団の教官となっていたが、火星にバグがいたことが判明して…

SFアクションのカルト的人気シリーズ
!!スター・シップ・トゥルーパーズ!!
の5作目!監督は『アップルシード』シリーズの
!!荒牧伸志!!
気軽に見れそうだったので鑑賞。


「最高の死に日和だ!!!」


意外と普通に面白い!
普通にSFミリタリーアクションとして優秀なCGアニメ作品となっている。
ただし!!めっちゃわかりずらいけどこれは正史な続編なのだ!
100%楽しみたかったら過去作を見てないとキツイかもしれない。
自分は1作目しか見ていないので主人公のリコが超出世した歴戦の戦士になってること以外設定を拾えなかったが、
正確に追っていくと…

1作目
=リコ主人公名作
2作目
=TV映画超低予算
関連もなく駄作らしい
3作目
=リコまた出てきたけど低予算
4作目
=ここから日本制作アニメ映画
5作目
=4の直接的な続編←イマココ

って感じらしい!1と4は見といた方がよさそうだ!
そんな今作は政治的な薄っぺらいストーリーはさておき、リコが一人でバグと戦いまくるシーンは燃える!
ただ少し残念なのは集団戦になると
ミサイル→マシンガン→弾切れヤバイオワタ!
とワンパターンだったことかしら。

吹き替えcastも豪華
主人公のリコ役はジャックバウ…じゃなく小山力也!
鬼教官として厳しさと優しさを持った最高の主人公でご馳走様でした。
あとはミューズのことりちゃんこと内田彩だったり、すみぺこと上坂すみれちゃんなど女性声優も豪華だった。
あ、一人役名が”カマチョ”だった女いたけど何の意図があったんだ…(笑)

まぁ1作目を結構昔に見た自分でもそれなりに楽しめたのでシリーズファンは結構楽しめるんじゃないだろうか。
ただ劇場で見るほどの迫力は感じないのでB級映画好きで集まって夜に突っ込みを入れながら見ることを勧める(笑)

SFミリタリアクション好き、スターシップトゥルーパーズ好き、そして小山力也教官に怒鳴られたい方々にはオススメの作品。
人間の数に対して、バグが多過ぎないか?多いこと自体は問題じゃないけど、対抗できてて不思議。
>|