Happy Death Day(原題)の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「Happy Death Day(原題)」に投稿された感想・評価

《ホラー版"オールユーニードイズキル"》

殺されるたびに繰り返す誕生日、襲撃してくる謎の覆面男、犯人はいったい誰なのか。
誕生日の朝に目覚めた主人公はその夜にいきなり殺される。そこから殺されるたびに誕生日の朝に戻ってしまう。

"オールユーニードイズキル"や"トライアングル"あたりの有名なループモノ映画と流れはそれほど変わらない。
謎だらけの序盤からループするたびに謎が解明されていく。
ループするたびに強くなるのが普通だと思うけど、前回のループで負った傷が今回にも残っていて無限にはループできないっていう設定は斬新だった。その設定をもう少し活かしてほしかったかなぁ。
EDMを使った軽快でスタイリッシュなシーンは完全にティーン向け。

ラストの展開は予想してたよりも面白かったし、ヒューマンドラマ的な部分でもちょっと感動できたりする良作ホラーなのではないでしょうか。

今作も製作がジェイソンブラム率いるブラムハウスプロダクション。
最近のホラー映画と言ったらやっぱりジェイソンブラムなんだろうなぁ。すごい。
mkoide

mkoideの感想・評価

3.0
韓国にて鑑賞。
ホラーではないんですね。繰り返される最後の日とは、何度も見たような気がしますが、ハリウッドポップコーンムービーとして楽しめばよいかなと。
B級低予算心理的ホラー映画にしては結構面白かった。
殺されちゃう主人公がひたすら殺されないためにタイムリープして一日やり直して殺されてを繰り返すこの映画。
タイムリープしすぎて途中で飽きそうなんだけど主人公があほすぎて飽きません。
見事な殺されっぷり(笑) 
裸で快走したりしちゃう!! 犯人は仮面をかぶっていて、なんとなくホラー映画の【パージシリーズ】を連想するような不気味さはある。

オチは海外コメディーホラーのような流れなので楽しめます。
ando

andoの感想・評価

3.5
誕生日に何者かに殺される主人公。
殺されるとまた誕生日の朝に目覚め、また殺される。
犯人を突き止めるべく、死を繰り返すというループ物。

主人公のジェシカ・ロースが下品ながらも、かわいかった。
Happy Death Day is a Groundhog Day-esque, Edge of Tomorrow-like rendition to what otherwise considered as a mediocre slasher flick. This film make use of its unique trait to the fullest. Using it as a tool to fully propel the protagonist from unlikable to likable status. It alleviate audiences' fatigue of the genre, bestowing an enjoyable thrill ride from its first loop.
qwert

qwertの感想・評価

3.3
誕生日である同じ日を何度も迎える展開に
若干くどさが感じられつつも
次第にキレキレ!になってゆく主人公の姿が
ミュージックビデオのワンシーンのようで
とってもキュート♡
ホラー映画というよりも明るいポップな印象
部屋にゼイリブのポスターが貼ってあったのが気になったな。
考え得る限りの定番ループネタをガンガンぶっ込んできて、非常に愉快な作品だが、既視感がありすぎで観賞そのものがループ地獄。ジェシカ・ロースが女子大生役というのは無理がある。あと「繰り返しの地獄に堕ちて、自分を見直す事ができました」という説教くせぇノリがイラっとする。
正当防衛にしてはやりすぎじゃないか、と思う
YukiNaruo

YukiNaruoの感想・評価

4.5
ホラーなのに、ストーリーもしっかりしていて、最後の終わり方もスッキリした。
ホラーで1番おすすめの映画。ただ怖いだけの映画ではない。
死ぬループものはなかなかないので楽しめて見れた。
死の真相とかは思ったより軽くて拍子抜けだったけど、展開のテンポが良く、終始飽きることなく楽しんで見れた。