祈りの幕が下りる時の作品情報・感想・評価

祈りの幕が下りる時2017年製作の映画)

上映日:2018年01月27日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

4.0

あらすじ

東京都葛飾区小菅のアパートで女性の絞殺死体が発見される。被害者は、ハウスクリーニングの会社で働く滋賀県在住の押谷道子。殺害現場となったアパートの住人・越川睦夫も行方不明になっていた。松宮(溝端淳平)たち警視庁捜査一課の刑事たちが捜査にあたるが。押谷道子と越川睦夫の接点がまったく見つからず、捜査は難航する。滋賀県在住の押谷が何故東京で殺されたのか。 やがて捜査線上に浮かびあがる女性演出家・浅居博…

東京都葛飾区小菅のアパートで女性の絞殺死体が発見される。被害者は、ハウスクリーニングの会社で働く滋賀県在住の押谷道子。殺害現場となったアパートの住人・越川睦夫も行方不明になっていた。松宮(溝端淳平)たち警視庁捜査一課の刑事たちが捜査にあたるが。押谷道子と越川睦夫の接点がまったく見つからず、捜査は難航する。滋賀県在住の押谷が何故東京で殺されたのか。 やがて捜査線上に浮かびあがる女性演出家・浅居博美(松嶋菜々子)。押谷道子は学生時代の同級生である浅居博美を訪ねて東京に来たことが分かるが、浅居博美と越川睦夫の間にも接点がなく、捜査は進展しない。松宮は近くで発見された焼死体との関連を疑い、捜査を進めるうちに遺品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることを発見する。その事実を知った加賀恭一郎(阿部寛)は激しく動揺する。それは孤独死した加賀の母に繋がっていた。

「祈りの幕が下りる時」に投稿された感想・評価

みほ

みほの感想・評価

3.6
シンガポール行きの機内で鑑賞。
このシリーズはお気に入りで、原作も読んだ。大体映像化は期待していないけど、この映画はちょっと違った。
子役の女の子の演技力にぐっときた。
Yasuko

Yasukoの感想・評価

5.0
松嶋菜々子の熱演、子役の演技がよかった。特に子役が車に近付いて引き込まれて、一瞬無音になる。観客はみんな想像する。・・おそらくそれは裏切られる。
そのシーンが今でも忘れられない。
はらはらもして、ずっしりもくる、見応えのある映画だった。
sato

satoの感想・評価

-
ちゃんと日本橋の映画館で観ました!
麒麟の翼も近くにあるし、恭一郎の母親に対する想いを感じながら、日本橋をブラブラするのもとても感慨深いです。

恭一郎って結構辛い目に遭う人生ですが、阿部ちゃんの飄々とした明るくて、あの低音ボイスでボソっと語る演技に、やっぱ阿部ちゃんで良かったなー。
最後の幕が閉じるのも阿部ちゃんで良かったなーって思いました。
飛行機の機内鑑賞にて。
実は新参者シリーズ全く観たことなくて初見だったのですが、この作品はめちゃくちゃ良い!
過去の父娘の回想シーンからの最後の松嶋菜々子の「お父ちゃん、、」て言うところは泣きそうでした。
要所要所でわからないところもあったので新参者シリーズ全部観てみようと思います!
Misa

Misaの感想・評価

4.2
飛行機で号泣。新参者シリーズ好きだったので、終わっちゃうのは寂しい!また1から見直してみたいなと思った。
zavike

zavikeの感想・評価

3.5
行きのハワイ便で鑑賞。ドラマの新参者の記憶がほぼ残ってないので???ってシーンもあったけど、最後まで楽しめた。新参者は悲しい物語が多いよね。ウルウル来るよ😢
non

nonの感想・評価

5.0
原作読んで泣いて、映画観て大号泣しました。
「新参者」シリーズは割と原作に忠実に映像化してくださるので東野圭吾フリークとしては大変ありがたいです。
単純なミステリではなく、その背景にもたっぷりドラマがあります。
名優たちに囲まれながらも、子役の桜田ひよりちゃんの演技が圧巻でした。
ひよ

ひよの感想・評価

4.7
わかりやすくてとにかく面白いのと、テンポが良い。特に子役の子の演技に泣きそうになりました、、。ぜひ見て欲しいです。
まつき

まつきの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・新参者すべて未見で鑑賞。

・親子の逃避行と、真実を追い求める刑事。国内各地を舞台としていて、捜査が旅っぽい感じなのも含め、確かに言われてるように『砂の器』っぽい。

・ちなみに日本橋近辺は本当に細かく描かれている。お店とか名物も?

・序盤から中盤のテンポの良さは気持ちがいい。

・相関が複雑なので、丁寧に説明してくれて非常に親切ではあるが、そのせいで没入感を阻害している印象。

・お父さんが小日向さんで、さすがいい演技をなさっているとは思うのだけど、割と終盤に明かされるがために、「あ、お父さん役は小日向さんか!」と小日向さんそのもののインパクトが強くて、これまた没入感を阻害していたと思う。

・松嶋菜々子の追い詰められた時の表情、演技、最高だった。

・愛する人だからこそ遠くで見守る切なさ。愛する人だからこそ殺す切なさ。

・阿部寛の若い頃の写真、てきなやつは、「トリック」でネタにされているのをよく見てきたのでつい笑ってしまう。トリックの罪。

・一応「原発」扱われてた。
カノン

カノンの感想・評価

3.5
小さな巨人の春風亭昇太がそのまま出演してて笑った。TBS大好きスーパー顔面アングルにも注目。麒麟の翼の方が好きでした。
>|