祈りの幕が下りる時の作品情報・感想・評価

祈りの幕が下りる時2017年製作の映画)

上映日:2018年01月27日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

4.0

あらすじ

東京都葛飾区小菅のアパートで女性の絞殺死体が発見される。被害者は、ハウスクリーニングの会社で働く滋賀県在住の押谷道子。殺害現場となったアパートの住人・越川睦夫も行方不明になっていた。松宮(溝端淳平)たち警視庁捜査一課の刑事たちが捜査にあたるが。押谷道子と越川睦夫の接点がまったく見つからず、捜査は難航する。滋賀県在住の押谷が何故東京で殺されたのか。 やがて捜査線上に浮かびあがる女性演出家・浅居博…

東京都葛飾区小菅のアパートで女性の絞殺死体が発見される。被害者は、ハウスクリーニングの会社で働く滋賀県在住の押谷道子。殺害現場となったアパートの住人・越川睦夫も行方不明になっていた。松宮(溝端淳平)たち警視庁捜査一課の刑事たちが捜査にあたるが。押谷道子と越川睦夫の接点がまったく見つからず、捜査は難航する。滋賀県在住の押谷が何故東京で殺されたのか。 やがて捜査線上に浮かびあがる女性演出家・浅居博美(松嶋菜々子)。押谷道子は学生時代の同級生である浅居博美を訪ねて東京に来たことが分かるが、浅居博美と越川睦夫の間にも接点がなく、捜査は進展しない。松宮は近くで発見された焼死体との関連を疑い、捜査を進めるうちに遺品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることを発見する。その事実を知った加賀恭一郎(阿部寛)は激しく動揺する。それは孤独死した加賀の母に繋がっていた。

「祈りの幕が下りる時」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

嘘は真実の影
その影になにを見るのか
それはきっと、悲劇だけではない
嘘が映すのは、人の心、そのものだから
リーム

リームの感想・評価

4.2
この映画のことを何も知らないニュートラルな状態で見た。なんだこれは?サスペンスの枠に収まらない、ヒューマンドラマ。子を想う親の気持ちが痛いほど分かり、思わず涙しそうになる。見て損は無い。
shio

shioの感想・評価

4.2
そういえば、新参者シリーズ観てなかった✨

東野圭吾さん原作の物って、
中身がしっかりしてて面白いのもそうなんだけど、家族愛とか、もうヒューマンドラマとしての涙腺にくる部分が強すぎて呼吸困難になる。笑

これはシリーズで見て行った方が、
主人公 加賀の歴史が分かって面白いんだと思いますが、初めてでも充分楽しめました♡

冒頭、字幕での説明から始まり、
こんな事件が起きた!
みんな調べろー!!👮‍♂️
ここまでは、淡々としていて、
ふーん🙂くらいな気持ち。笑

でも、知らぬ間にどんどん引き込まれていって、、、

どんなサスペンスでもそうだけど、徐々にいろんな人が繋がってきて、その人達のなんともいえない気持ちや、事件の真実が分かってくるともう、、、😭
正直、この映画でこんなに涙すると思っていなくて、、、ストーリーあってのことだけど、小日向さんや、子役の女の子、松嶋さんの演技に魅了されました😢💓

うー(;_;)
ネタバレ怖いのであまり話したくない!笑

人の、知りたい!会ってみたい!のような好奇心?欲?が色々繋がっていくんだなー♡って。

兎に角、最強の親子愛映画じゃないかー!!👨‍👧👩‍👦
って思いました💓
きっと、そんな風に思えるんだなって勉強になりました!

強烈マザコンが印象的♡笑
だ

だの感想・評価

3.5
不覚にも泣かされた
松嶋菜々子の子供のときをやっていた桜田ひよりがすごく良かった
ミッチーは結局のところ松嶋菜々子のことをどう思ってたのか気になる
ミ

ミの感想・評価

4.3
悲劇なんかじゃない、これが私の人生 ってかっこよすぎませんか。親子の絆って凄い。
はるな

はるなの感想・評価

4.3
めっちゃ泣けた

トンネルのところが最高

あんなお父さん欲しい
話は泣ける😭さすが東野圭吾さま。
個人的には明治座、日本橋とか職場の近くの馴染みあるとこいっぱい映ってて楽しかった!
コイケ

コイケの感想・評価

4.0
安定の東野圭吾。安定の加賀恭一郎。面白かった。父と娘の別れのシーンが泣けた。凄まじい親子愛を見た気がする。
このストーリーはやばい。

東野圭吾はやっぱり天才。

で、阿部ちゃんカッコええなぁ(笑)




以上。
gri

griの感想・評価

3.6
会ってみたい 見てみたい 知りたい
そういう気持ちが人生を意味のあるものにする
例えそれが身の破滅を招いたとしてもそれが人間なのだと思う
>|