祈りの幕が下りる時の作品情報・感想・評価

祈りの幕が下りる時2017年製作の映画)

上映日:2018年01月27日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

あらすじ

東京都葛飾区小菅のアパートで女性の絞殺死体が発見される。被害者は、ハウスクリーニングの会社で働く滋賀県在住の押谷道子。殺害現場となったアパートの住人・越川睦夫も行方不明になっていた。松宮(溝端淳平)たち警視庁捜査一課の刑事たちが捜査にあたるが。押谷道子と越川睦夫の接点がまったく見つからず、捜査は難航する。滋賀県在住の押谷が何故東京で殺されたのか。 やがて捜査線上に浮かびあがる女性演出家・浅居博…

東京都葛飾区小菅のアパートで女性の絞殺死体が発見される。被害者は、ハウスクリーニングの会社で働く滋賀県在住の押谷道子。殺害現場となったアパートの住人・越川睦夫も行方不明になっていた。松宮(溝端淳平)たち警視庁捜査一課の刑事たちが捜査にあたるが。押谷道子と越川睦夫の接点がまったく見つからず、捜査は難航する。滋賀県在住の押谷が何故東京で殺されたのか。 やがて捜査線上に浮かびあがる女性演出家・浅居博美(松嶋菜々子)。押谷道子は学生時代の同級生である浅居博美を訪ねて東京に来たことが分かるが、浅居博美と越川睦夫の間にも接点がなく、捜査は進展しない。松宮は近くで発見された焼死体との関連を疑い、捜査を進めるうちに遺品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることを発見する。その事実を知った加賀恭一郎(阿部寛)は激しく動揺する。それは孤独死した加賀の母に繋がっていた。

「祈りの幕が下りる時」に投稿された感想・評価

Ren

Renの感想・評価

3.5
開始早々テロップでの状況説明にびっくり。
遺体の発見時の状態なんかも長々とそれだけで説明され、ある意味斬新だけど映画としてどうなの?という感じ。
主人公の心の声をナレーションするのもなんだか…。

あと、これは原作の問題かも知れないけど東京・仙台・滋賀をとにかく行ったり来たりで警察の効率悪すぎ。

過去に遡って明かされる事件の凄絶な真相には確かにうるっとはくるけど、ツッコミどころも多くて共感し難い部分も。

松嶋菜々子を含め"浅居博美"を演じた3人の女優と、小日向文世の演技が印象に残った。
松嶋菜々子さんの子供時代の子役と20代の女優さん、松嶋さんとも泣き方がそっくりで、お父さんの愛おしい姿がとても自然でした。2時間あっという間でした。話も少しずつ解けていくごとに悲しくなりますが、見応えはあります。
新参者シリーズ一度も見たことなかったけど、感動するいい話だった。
これを考える人って…ってなった。
ちゃんと人にオススメできる。
あと役者の人達演技うまいなあ…
まさ

まさの感想・評価

4.0
原作、ドラマ未視聴。それでも十分楽しめた。
親子の深くて切ない絆を描くドラマに、サスペンスの要素が更にその深みを与えているように感じた。
kaze

kazeの感想・評価

4.4
先が読めないストーリーが面白かった。
映画館で観なくてもいいか迷ったけど、音が効果的に使われてて映画館で観てよかった。
人間関係が複雑だったからもう一回見たい


松嶋菜々子綺麗すぎ、理想的な年の取り方
いお

いおの感想・評価

3.0
うん、よくできてる。展開なのか脚本なのか演出なのかわかりませんが、飽きないし、ずーっと見ていられる。
でも、ま、豪華な2時間ドラマとも言える。
映画観ちゃうと寝ちゃうパートナーとかと観に行くのにはおすすめ。

ただ、出てくる役者がみんな全力投球というか、上手いので、役者じゃない人が浮いちゃうのと、そんな中でも松嶋さん、すばらしかったです。ちょっとした目線とか唇の端の動きとかで表現する心情ってあるんだなー。

なのに、、ちょっととあるシーンでサバイバルファミリーを思い出してしまうという、、、嗚呼。
アイコ

アイコの感想・評価

3.8
加賀刑事シリーズというか東野圭吾さんの作品の大ファンで原作が大好きです。
この作品だけを観ても理解は出来るし楽しめるようにはなっていますが
人形焼のシーンとかドラマシリーズを知っている方が楽しめる小ネタがあったりします。


邦画にありがちな全体のテンションを下げる無念な大根役者が居ない(ミスキャストだと思う配役は一部あったけど)のも作品の良さを引き上げていたと思います。
特に松嶋菜々子の子供時代と女優時代を演じて居た女優さんの演技がめちゃくちゃ良くて泣きました。
演技も上手いしどことなく松嶋菜々子に似ていて違和感を感じない事に驚きました。


わりと長い小説を約2時間にまとめるには仕方ないとは理解しつつも導入部分がやや雑でセリフじゃなくて字幕で説明が入るところがマイナスポイント。
カットされている部分も多いけど原作に忠実に作られていて良かったです。
新参者シリーズ好きで、映像化されている物は全て見ています。

小説は、まだ5作品くらいしか読んでいませんが、こちらは1ヶ月前位に読んで本日映画館に見に行きました。

自分は映画は結構見ますが、もっぱらレンタル専門で映画館に行くのは、2年に1回程度ですのでこちらの評価は少々甘めかもしれません。

小説を読んでいて、内容はほとんど覚えていたのですが、こんなに泣いたのはいつぶりだろうか?という位に涙が溢れて止まりませんでした。

役者さんは、皆さん自分のイメージ通りの配役でしたし、その中でも松嶋菜々子さんの過去のシーンを演じていた女優さんは本当に素晴らしかった。

BGMもとても良かったです。
しぃ

しぃの感想・評価

4.0
原作が東野圭吾さん、新参者シリーズということで期待度MAXで行きましたが、やはりとても良かったです。
ストーリーはもちろんとてもしっかりしていて、それを人間が演じて作品にすることでより一層作品としての良さを感じました。
キャストももう文句無しで、人間味の溢れる俳優陣で登場人物が作品でとても活きていました。
松嶋菜々子さんも、役柄的に綺麗所なのかなと思っていたら、見事に役を自分の物に出来ていると思いました。何かを掴んでいる人なんだと思いました。
ストーリーを全部知ると、このタイトルにグッときます。
原作も読みたくなり買って来てしまいました。きっと読んだらもう一度みたくなるのだろうと思います。
号泣…。
好きな音尾さんの役柄が顔にぴったりで嬉しいやら悲しいやら。
>|