容疑者Xの献身の作品情報・感想・評価・動画配信

容疑者Xの献身2008年製作の映画)

上映日:2008年10月04日

製作国:

上映時間:128分

3.8

あらすじ

「容疑者Xの献身」に投稿された感想・評価

あれだけヒットした原作を上手に実写化したと驚きました。
しょぼい雰囲気を作るために髪をすきまくった堤真一の役作りにも脱帽です。
両者の立場から見てるのに、トリックが分かりそうで分からない塩梅がすごい。
堤真一の演技力よ。
当時、ガリレオのテレビ本編が好きすぎて観に行ったのだが、少しテレビ本編とは違う雰囲気に戸惑いを感じたのが懐かしい。今となって見てみるとこの映画の方が湯川学の素顔を見れたような気がする。
Hotaru

Hotaruの感想・評価

3.7
オイオイ福山雅治かっこいいな
そして東野圭吾の中でも一番好きな小説さすがです!
いや、僕ね、この原作を読んだ時、文字で鳥肌立って、怖くなったの後にも先にもこれだけなんですよ、本当にそれほど凄まじいストーリーと悲しい結末で、ワイダニットが完璧すぎて、こんな面白いサスペンス無くて、堤真一も名演で、福山雅治も完璧なんですが、柴咲コウなんですよ。大戦犯が。
そもそも原作には出てこないんですよ、柴咲コウは、なのにいるもんだから、凄い不自然なんすよ、まだ握り拳つくって我慢してたんだけど、多ラスの台詞がさ、柴咲コウの台詞締めなんだけど、めちゃくちゃ要らないのよ。本当に要らなくて。そんで言ったあと柴咲コウが空見上げてエンディングなんだけどさ、俺ダサすぎて気絶したのかと思ったのよ、映画館で、

あと無意味に山行くシーンあるでしょ?あのシーン入れないと監督殺されてた?脅されて無理やり入れた?
かげ

かげの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ミステリーの類はあまり好みではないんだけど、母親の推しなので鑑賞。

まあ退屈せずに楽しめた。まんまと騙された感じだ。(ミステリー素人のアホな感想)

あと、全然ファンではないし男だし、白くて華奢な福山雅治のスキーウェア萌えを感じたのは私だけではないはず!

不満をあげると、原作未読なので、なんともなんだけど、人生の運に恵まれて無かったとはいえ、数学を愛し数学に愛された石神が自殺する動機をもう少し掘り下げて欲しい感じがした。ただ堤真一演技は凄かった。ブラボー。
Tomo

Tomoの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

中身を知らずに、何も考えずに鑑賞。
石神を怖いキモいと思っていたけど、そこにはまた裏があった。愛があった。
石神なりの愛の表現の仕方だったんだな。
ドラマもみずに、予備知識もなしにみたので、普通に推理していくものだと思っていた。けど、最初から犯人がわかっているし、映画自体の話の目的を理解するのに結構時間がかかってしまった。
Ken

Kenの感想・評価

3.0
観ている側に犯人を明かした状態で湯川先生や警察側がどのように真相を探っていくかを楽しめる作品でした
あり

ありの感想・評価

3.8
東野圭吾ブーム
原作読んでないから面白かった!!!!!
堤真一も演技の幅広いですね、、素晴らしい、、エンディングが懐かしい
よしお

よしおの感想・評価

3.8
ドラマシリーズの映画化だけど完成度がすごい高いのと、堤真一がとにかく良かったという記憶
>|