容疑者Xの献身の作品情報・感想・評価・動画配信

容疑者Xの献身2008年製作の映画)

上映日:2008年10月04日

製作国:

上映時間:128分

3.8

あらすじ

「容疑者Xの献身」に投稿された感想・評価

こめこ

こめこの感想・評価

4.1
ドラマとは重みが違った。堤真一の演技力の高さに脱帽。堤真一の映画といっても過言ではない。まさに献身、まさに最愛。松雪泰子も美しい。
すぎ

すぎの感想・評価

4.8
これは、私の時代の一部である。
これ程ハマったドラマは、『トリック』、『踊る大捜査線』以来だった。今でも大好きな作品です。
繊細に作られたストーリー、そして俳優達の極め細かなお芝居、綿密な世界を作り出すスタッフ達、私の素晴らしいと思う映画ベスト10に、今なお、君臨し続けています。
中でも、堤さんのお芝居が、最高です。虜になっちゃいます!

映画だけ観てください、とは絶対に言いません。ドラマから、観てください。

このレビューはネタバレを含みます

とても好きな映画です。ここまで人を愛することって中々できないと思います。こんなにも不器用で、しかしとても論理的な石神さんらしい恋なのかなあ。作中に出てくる四色問題の、隣同士は同じ色にはなれない。石神さんと花岡さんを表しているようでこれもまた切ない、、。でもこれが石神さんにとっては幸せなのかなあ。究極に切ない映画だと思います
堤真一の狂人風けっこうマジにこわい。でもここぞっていう狂気よりも平常時のしがない感とかうだつのあがらない感の表現がすごい。歩き方とか、座り方とか。
ゆ

ゆの感想・評価

3.7
昔小説読んだことあるけど堤真一がイメージしてた石神まんまだった
Rajo

Rajoの感想・評価

4.0
小説で読んでから映画を観たけど、やっぱり小説で読んだ方が面白い。映画も悪くはなかったけど…。
邦画ミステリーの中でもトップで面白い映画

東野圭吾、配役、ストーリー全て良き。
みずき

みずきの感想・評価

4.0
聡く面白い作品。

終盤の、石神さんが泣き崩れるシーンは、初めて人間味のある表情を見ることができ、嬉しい反面、狂気じみてて怖かった。
muuumy

muuumyの感想・評価

4.4
最後の慟哭。



いやこの映画はヤバいよね…

トリックは観てる途中で読めた。
その時点で、謎を解く楽しさは無くなっちゃったんだけど、それでもこれは最後まで良かった。

これはもう完全に堤真一にやられた💣

数学の才能はあれど、不器用で孤独。そんな天才数学者、石神を完璧に堤真一は演じてた。
謎解きと同じ位に、その石神の人間臭さに焦点を当てているから胸にくるものがあったのだと思う。

そして本当に演技が完璧すぎてめっっっちゃくちゃ感情移入してししまう。毎回。
リアルすぎなのよまったく!怒

あまり救いのないラストだけど、何度でも観たくなる。



フジテレビは埋もれた天才数学者を堤真一にさせがち。(やまとなでしこ)
そして大ヒットしがち🤔
観た。
トリックはなるほどなぁという感じだけど、もう物理とか数学とか関係なくなっちゃった、ただの名探偵の推理ショウ
>|