容疑者Xの献身の作品情報・感想・評価・動画配信

容疑者Xの献身2008年製作の映画)

上映日:2008年10月04日

製作国:

上映時間:128分

3.8

あらすじ

「容疑者Xの献身」に投稿された感想・評価

如水

如水の感想・評価

3.9
非常に高評価の原作は未読だけど、この映画は原作に恥ない出来だと思う。
habi

habiの感想・評価

-
堤真一さんの演技がすごい。
サスペンスなのに最後は人の愛とは…と問い掛けられる作品。サスペンスで泣いたのはこの作品が初めてだった。
mennm

mennmの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

見応え抜群。
記憶から消えてきた頃に見返して泣いて、また消えた頃にみて泣いて。
人生で何度も見返していきたい。

心の底から愛した女性の為に罪のない人間の命を奪う。許されないことだとしてもそこまで好きだったのか…と切なく悲しくなる。
湯川先生さえいなければ完全犯罪も可能だったろうな。
ドラマに比べてかなりシリアスですが、見応えありました


科学をもってしても、「愛」を解明することはやはりできないんです
Yuki

Yukiの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

何だかんだ観てなかったので今更ながら観ました。とても良かったです。2時間という時間にまとめる以上仕方ないのかもしれませんが、原作よりは内容が薄かったようにも思いました。それでもストーリーをしっかりと理解する上で必要なシーンは描かれていましたし、映像化することで伏線がわかりやすくなっている部分もありました。また、アレンジもされているため原作にはないオリジナリティーを出そうとしてるのも伝わりました。

しかし、石神が暗い雰囲気ながらも生徒を想う描写が原作にはありましたが今作にはあまり無かったため、石神の暗さが目立っていたように思えました。それでも堤真一さんは素晴らしい演技でした。最初は「石神の役が堤真一さん?イケメンすぎないか?」と思っていましたが、観終わってからは堤真一さんでないと成り立たなかったなと思うくらい"雰囲気は"原作のイメージ通りでした。

この作品は石神の頭の良さが素晴らしく、初めて小説を読んだ時は凄い衝撃を受けたのを覚えています。数学者に憧れたなぁと思いながら今作を観ていました。記憶を消してもう一度読みたい作品です。

小説には及ばないもののED曲など切ない雰囲気を残して終わる今作も素晴らしかったです。
堤真一と松雪泰子には幸せになってもらいたい気持ちでだいたい容疑者Xの献身見終わったらドラマ「ビギナー」を見ている。
都

都の感想・評価

4.0
元々テレビシリーズが好きで何度か観ているはずだけど全く覚えてなくて観てみた

恐らく小さかった時に観たこともありテレビシリーズとテイストが違いすぎてそこまで受け付けなかったんだろうな

今みかえすと愛に溢れた作品だったことがわかる

ガリレオの世界観で独立した作品を観た感覚

最近何故か映画を観るのが疲れてしまっていたけどこの作品は飽きずにみれて昔好きだったものって大切にすべきだなって思った
ゆ

ゆの感想・評価

4.0
記憶を消してもう一回見たい&読みたい
天才の完璧とも言える数式が、友と愛という未知数によって狂わされたという構成が美しく、悲しく、恐ろしく、あたたかく、見た人の心を揺さぶるんじゃないかなと思った
四色定理のモチーフもとてもいい味を出していたし、いや主題歌もホンマピッタリやで………
堤真一の演技うますぎてビビり倒した 映像も小説もいいので記憶消してもう一回体験させてもらえませんかね?
こういう絶対的な悪の無い作品。好きなんですよねぇ。。。

ドラマの世界観そのまま、ミステリーも福山雅治と柴咲コウの掛け合いもドラマそのまま。

見応えのある映画化になってて好きな作品です!
ここ

ここの感想・評価

3.0
鑑賞2回目、人を深く愛すると人生において生きがいを見い出せるのか
>|

あなたにおすすめの記事