真夏の方程式の作品情報・感想・評価・動画配信

真夏の方程式2013年製作の映画)

上映日:2013年06月29日

製作国:

上映時間:129分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「真夏の方程式」に投稿された感想・評価

沈黙のパレードを見て、過去作の見返しでしたが、劇場版3作の中で1番面白かったと個人的に思うのがこの作品ですね

殺害に至るトリックは目新しさも無く分かりやすい内容でしたが、人間関係の秘密については本作が1番濃度が濃かったと感じましたね

また福山雅治演じる湯川助教授の子供に思う情の掛け方の良かった様に思いましたしね

まぁ、ガリレオシリーズでは1番好きかな。柴咲コウが居ないのが唯一の残念ポイントですがね

2022年9月25日 298作目
日本映画専門チャンネル 録画
ざき

ざきの感想・評価

-
真実を追い求めるのは尊いことだけど真実がいいものとは限らない。真実を受け止める覚悟も同時に必要、と。
真実きつすぎぃ!
maro

maroの感想・評価

3.8
少年がホテルで湯川先生を探し回るシーンが印象的だった。
心の底にあるモヤモヤが何なのか湯川先生なら知っているかもしれない。もしかしたら少年は気付いていたのかもしれない。そう思わせるようなシーンだった。

ひとつの作品として見るなら面白いと思う。夏らしさ全開だったなぁ。
2022-53

久しぶりの新作が公開しているので復習視聴。テレビシリーズとは大分雰囲気が違う印象。湯川先生よりも犯人側の描写を多くしているだけに感情移入しやすく最後は涙無しには見れない。この着地点は辛い…。
サスペンスとしてはそこまで意外性は少ないけどヒューマンドラマとしてはかなり好みだった。

本筋にはあまり関係ないけど少年とペットボトルロケットで実験するシーンは微笑ましくていつまでも見ていたくなった。
夏に見たくなる作品!
小松

小松の感想・評価

3.9
なんか色々ちょうど良くて面白い。推理ものとしてはあっさり系だが、キャストの安定感もあり間が持つ感じ。
Shino

Shinoの感想・評価

3.8
子供の記憶の儚さ

湯川との夏を忘れないでほしい
そして段ボールのことは忘れてほしい

どうか
FN

FNの感想・評価

4.4
ガリレオの定番的な展開は控えめではあるものの、その分普通に映画として良いという印象。
私は容疑者Xの献身よりもこちらが好みなのですが、映画でも原作のように踏み込みすぎたセリフはなく、見る側の解釈に委ねるような作りになっており、少年のその後や、事件の行く末について思考を巡らせることができます。
余白をもたせた、結末は小説のようで好みです。

このレビューはネタバレを含みます

吉高由里子とのコンビも好き
夏らしさ全開
甥っ子の恭平少年を事件に巻き込んで、一生の重荷を背負わせてしまったところ以外はよかった
nmm

nmmの感想・評価

3.8
何で?どうして?から物事を考える楽しさを思い出させてくれる映画。
しかしまぁ甥っ子になんちゅうこと背負わせとんねん。
>|

あなたにおすすめの記事