真夏の方程式の作品情報・感想・評価

「真夏の方程式」に投稿された感想・評価

yoko45

yoko45の感想・評価

3.5
かばう、守る、そこに犯罪が絡む、その理由を解き明かしていく、切なくなりましたが「容疑者Xの献身」ほどの衝撃は受けませんでした。観ていて成程と思う説得力ある内容が欲しかったです。(少年を利用してしまうのかと・・)
美しい景色、湯川(福山)と少年の交流が印象に残ります。前田吟と風吹ジュンも持ち前の良い味を出しています。
kazuhiro

kazuhiroの感想・評価

3.8
この町は必要な時に限ってタクシーが来ない
この事件はみんなが秘密を抱えている

悲しすぎやろ
男女の愛なんて家族の愛には決して叶わないんだと知る

家族ってこんなにも自分を捧げられるものなのか、、、
まゆみ

まゆみの感想・評価

3.5
お互いを思いやったからこその全員の秘密。少年のおかげで夏休み感が凄い。
んもれ

んもれの感想・評価

2.7
切ないンデス‼︎
前田吟さんと風吹ジュンさんが出てて間違いナインデス‼︎
ayapikka

ayapikkaの感想・評価

2.0
うーん、悪くはないのだけど、良かった!という感じもない。福山も杏も風吹ジュンも前田吟も子役もみんないい感じだったけど、なぜかインパクトに欠けた。泣けないし。
もとや

もとやの感想・評価

3.7
ガリレオ観てた記憶あるけど容疑者Xみたか忘れた感じで鑑賞。パートナー吉高だっけてなったからコウのやつしか観てなかったっけな。センセイは相変わらずカッコイイ!!

兎に角、杏!!兎にも角にも杏杏あ杏杏。冒頭の水中ヒップラインからのブルー水着もうノックアウト。そんであの褐色の現地感。緑岩荘泊まりいきます。三省×白竜のアウトレイジコンビもいい出汁出してた。

ストーリーは重く苦しく切なく悲しい。それよりも無邪気な恭平と福山の絡み、あの夏休み感。そしてなにヶ浦だっけあの町の雰囲気、空気感、行きたい感を評価してこのスコア。カットが長すぎるとこあった。スローテンポを重要視というか作風的なとこで表現したのはわかるが少し飽きる。

行きたいけど住みたくはないな。映画のせいで寂しさに纒わり付かれそう。でも素晴らしい海!!景色!!町!!
ゆう

ゆうの感想・評価

4.0
ガリレオシリーズほんまおもろい
またやらんかなぁ
「実に面白い!」

2013年6月29日、新宿ピカデリーで鑑賞。(9:10~の回)

待ちに待ったこの作品。非常に面白かった。

ガリレオシリーズは、原作全て読んでおり、テレビシリーズ(1シーズン&2シーズン&スピンオフドラマ(2話))ももれなく見ている。劇場公開作の『容疑者xの献身』も大好きな作品である。必然的にこの映画にも期待がかかるが、期待を裏切らない出来栄えだった。

西谷監督はテレビ1シーズンこそ演出していたが、2シーズンは演出しておらずスピンオフドラマ「内海薫最後の事件」のみの演出であり、この映画に専念していたようだ。

この映画、ストーリー的にも上手い進め方であり、人間ドラマとして感動させられた。
映像描写も美しく、丹念なロケハンの成果であろう。

湯川准教授の口癖「実に面白い!」・「不可能?」などを排除するだけでなく、湯川がひらめいた時に壁や地面に書きなぐる数式場面も無し。また、湯川が眼鏡をおさえる独特の表現も無し。
テレビ的要素を排除した上で、映画として見せた西谷監督の信念が伺える。
tipsy806

tipsy806の感想・評価

3.6
見ている途中で一度観ているな~と気づいたけれどぐいぐい引き込まれていました。さすが原作が東野圭吾の小説だけある。
悲しい二つの事件。誰かを大切に思う気持ちからの行動が悲しい連鎖となりおきた罪、なんともいえない。
悪者はほとんど出てこないのではないか?それでも犯罪は起きてしまい、おきたからには犯人は必ず存在する。
誰も救われないような気がしたけれど、救われていたのかもしれない。
>|