砂の器の作品情報・感想・評価・動画配信

砂の器1974年製作の映画)

上映日:1974年10月19日

製作国:

上映時間:143分

ジャンル:

配給:

3.9

あらすじ

みんなの反応
  • ハンセン病の歴史を学べる
  • 視聴者の想像力を刺激する演出が素晴らしい
  • 人情、正義、愛と優しさに満ち溢れた感じが心に残る
  • 父子の情愛が心に沁みる
  • 美しい風景と音楽の中で、切なく、哀しい物語が展開する
この情報はユーザーの感想を元に自動生成しています

『砂の器』に投稿された感想・評価

KAKIP

KAKIPの感想・評価

4.5

「つくっては壊れを繰り返す砂の器のように人の幸せは儚いもの」という砂の器の宿命がまさにこの映画を表していると言える。

そして中盤に登場人物が奏でる「宿命」という曲をバックに辛く苦しい回想が流れるの…

>>続きを読む
よつ

よつの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

邦画史上屈指の名作とうたわれる割には、かなり穴や矛盾が多いストーリーだった。

例えば、電車から紙吹雪を撒いていた女のくだり。彼女が記者に素性を聞かれて正直に答えるわけがない。重要な証拠を隠滅してい…

>>続きを読む

やっと観れた名作。50年以上も前とは思えないぐらいスっとみれるのは名作たる所以だろうか。前半は刑事の事情聴取のシーンで少し退屈な感じだったが後半のピアノの演奏シーンが始まったあとがとにかく凄まじかっ…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

1974年制作、野村芳太郎監督、橋本忍、山田洋次脚本による人間ドラマの名作である。

 久々に鑑賞したがいよいよ橋本忍の凄さを思い知る。
 橋本忍がその前年自らの「橋本プロダクション」を設立したの…

>>続きを読む
TeraTsune

TeraTsuneの感想・評価

4.3
橋本忍の重厚、かつパワフルな脚本が魅力の作品。犯人が誰でと言うよりも、松本清張の小説を追体験しているような構成、映像展開を見る作品だと思う。

このレビューはネタバレを含みます

僅かな手掛かりを地道に集めて行き、最後には1人の人間の人生が露呈する過程に引き込まれる。

虐げられてきた人間を「救った」側が、「救われた」側に殺される、という構図が面白い。「正しい」干渉が相手にと…

>>続きを読む
カメダ 親子

ややお涙頂戴もの感が。

犯人は近くにいるもんです
中学時代、初めて観たときの、衝撃、感動は今も忘れない。私の中では、邦画不動の1位。
nuu

nuuの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

原作未読なので、その点は御容赦。

【和賀の動機、千代吉の嘘】
解説は野暮かもしれないが、親子が会おうとしなかった事に関して自分なりの解釈を書き記す。
結局最後は和賀も千代吉も、親子の再開は拒否する…

>>続きを読む
ammo

ammoの感想・評価

4.5

きっと彼はどんなに辛くても惨めでもお父さんと旅しているあの瞬間が一番幸せだったのだろう…。彼はあのお父さんと別れた後に一回人生を終了している。息子であった人生を。

常識人からすると、なぜ殺されなけ…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事