麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜の作品情報・感想・評価・動画配信

麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜2011年製作の映画)

上映日:2012年01月28日

製作国:

上映時間:129分

3.6

「麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜」に投稿された感想・評価

sin

sinの感想・評価

4.8
新参者の劇場版。

日本橋の麒麟像の前で息絶えた男性。その犯人に加賀恭一郎が迫っていくストーリー。

登場するたくさんの人が、麒麟像にそれぞれの思いを抱き、麒麟像から無数に散らばったピースが繋がっていきます。

加賀恭一郎が追う意外な人物と意外な犯人。

事件の背景が緻密に練り上げられていて、圧倒的な満足を味わえる映画です。
ふぅ

ふぅの感想・評価

3.9
本を途中まで読み我慢できなくなり試聴。
面白かった。けど、やはりどうしても本の方が勝つかな。
志龍

志龍の感想・評価

4.1
悲しい真実ではありますが、どんなことであろうと向き合わないといけないんだなと感じる映画でした。
OCHIAI

OCHIAIの感想・評価

3.8
事件の全貌が明らかになった時、なんかスッキリしたし観て良かったと思えた。そして、約10年前の作品だけあって役者も若くて、水泳部の部員が今ではすごく豪華なメンバーだった。
てぃ

てぃの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

改めて見たら水泳部が豪華すぎて驚く…。
ミスリードとキャラ背景のためとはいえ、労災隠しの件は…?ってややモヤる。
Terzaghi

Terzaghiの感想・評価

2.0
原作既読。
小説も東野圭吾の中でも最低評価したけど映画もやっぱりだめ。1点じゃないのは当時ニューフェイスの役者さんが頑張ったので。

いろいろケチをつけると際限ないけど、看護師(田中麗奈)と加賀と父のシーンは全ていらない。無駄に尺が長くなるだけだ。親子の繫がりを匂わせたかったのかもしれないが無駄。演出的に加賀本人が全く興味無いんだもの。看護師の説教じみた話が長く全く頭に入らなかったし不快だった。田中麗奈のせいでは無い。

・青柳の千羽鶴はないでしょ
・青柳父の千羽鶴も無いね(いい年した大人なんだからもう少し考えよう)
・青柳父が麒麟の象まで移動する理由も弱すぎ
・犯人が刺す動機が弱い
・犯人がそこから自殺未遂も弱い
・八島が盗む理由も逃げる理由も弱い(別に前科者でも無いのに)
・青柳の娘とか

東野圭吾ズタボロの作品なので映画の仕上がりも仕方ない。
東野圭吾は実はトリックとか長編推理とか苦手。

このレビューはネタバレを含みます

ドラマシリーズをだいぶ前に視聴
原作(あるのか?)未読


この映画ちゃんとロケして作られているから近年の邦画によくある嘘くさい作り物感が全くなくモブの役者さんも豪華なので棒読みのストレスがほぼ無い
全編通して凄い見やすかったです


親父さんの会社がらみの件かと思いきやまさか息子の水泳部案件だったとは
息子のした事も本当によくないが罪を隠蔽した教師はマジで誰の為にもなっておらず自己保身しか考えてないなあの教師と思って胸糞でした


あの疑われてた人が無実で良かったと思います
にしても親父も麒麟のとこまで歩く元気あるなら救急車呼べよ…などと無粋な事を思いつつ、息子の事を聞いた直後だったので贖罪の気持ちもあったのかなと考えるとちょっと虚しい気持ちになりました


久しぶりに面白い邦画でした◎
aktmovies

aktmoviesの感想・評価

3.4
『麒麟の翼』(2011)
監督:土井裕泰

良くも悪くもテレビドラマの延長。東野圭吾原作なのでストーリーは悪くはないが、これならドラマでも良かったのではないかと思わされた。映画らしさといえば出演者が豪華なところぐらいかな。

本作はやはり動機が弱すぎると感じる。登場人物たちの思考についていけないため、感情移入しづらいのも残念なところ。

溝端淳平がたこ焼きを爪楊枝2本で食べようとして、わざとらしく何度も落とす…なんていう小芝居は必要なの?テレビドラマの枠内だったらまだ見られるかもしれないが、映画だと流石に冷めてしまう。

東野圭吾作品の映画化はガリレオシリーズの方がよくできている印象。
ともか

ともかの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

結構面白かったから好きでした!ただ労災隠しの会社を懲らしめるシーンが見たかったっのも一理あり!
HY

HYの感想・評価

4.0
原作を読んだことがあり内容は知っていたが、初鑑賞。
ネタバレしたくないので内容には触れないが、自分と向き合うことの大切さに気付かされた。
>|

あなたにおすすめの記事