クワイエット・プレイスの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

クワイエット・プレイス2018年製作の映画)

A Quiet Place

上映日:2018年09月28日

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

3.4

あらすじ

「クワイエット・プレイス」に投稿された感想・評価

YY

YYの感想・評価

3.3
音が恐怖になるのが新しい。すごい怖かった。音出しちゃいけないとかずっと緊迫しすぎて疲れる。とんでもなく分かりやすくて怖い伏線を見事に回収するんじゃないよ。怖いよ!
最後の最後はキャラ変わって少し笑えた

こっちまで音出しちゃいけない気がしてジュースの最後の方すすれなかったし、ポップコーン残した
kid

kidの感想・評価

2.8
最後のマミーかっくい〜
🧨🧨🧨

お姉ちゃん頑張った
家族みんな頑張った

クリーチャー脳みそかっ開いて暴れてたね
グロテスクだった、笑った

パパ、、、
かなしいよ
しおん

しおんの感想・評価

3.6
この映画見てる途中に喋りかけてきたら「しっーーーー!!」ってやっちゃう
よしの

よしのの感想・評価

2.5
劇場鑑賞。面白かったけど、もうちょっと、ドント・ブリーズ的な緊張感が欲しかった。
siromochi

siromochiの感想・評価

3.2
なんかこっちまで いき潜めちゃう
そーゆー意味で疲れる。

説明少ないけど
あれはこーゆー事なのでは?
って観た後に話す楽しみもあり。
Kohey

Koheyの感想・評価

2.7
大体予想は付いたが、吹替版でみることに意味はほとんどない。90分ハラハラドキドキだけど説明が少な過ぎて何でこのような状況にいるのか理解できない。どの役者さんもブス。
音を立てると即襲ってくるクリーチャーが最近観た中でも5本の指に入るレベルの可愛さでびっくりした。うーん、かわいい。作中ほとんど音がしないのでちょっとでかい音が出るだけで緊張感がすごい。一番こわいのどう考えても釘のシーンなんだよなあ。どうしてあんなところに釘が。
音を立てたら即殺される、そんな見えない恐怖の中静かに、音を立てずに暮らす家族。
リアルな夫婦、リアルに耳が聞こえない聴覚障害のある子役が演じているのでそこがまたよかった。
最後の結末がこれで終わりではないだろうと思ってしまうので、気になるラストだった。
モンスターホラー。隕石と共に地球に飛来したその得体の知れないクリーチャーは、盲目だけど超敏感な聴覚を持っており、些細な物音を感知して人間を襲いに来ます。
生き物の鳴き声も一切の物音もない静寂な風景になった世界で、アボット家族はサバイバルしていたのです。

音うんぬんじゃなく、釘のシーン痛すぎ……本作で一番目を背けたくなるシーンでした。なんであんなところに上向きの釘打つの。
あとこんな世界で子供産もうとするなんて想像を絶する恐怖。こんな世界だからこそ、なのでしょうか。有事の時こそ出生率が上がるのかも。ただ、赤ちゃんは無音と真反対の世界で生きていますから、それが家族のリスクを高めて緊張感を増やします。

家族のキャスティングにリアルさを意識しているのは個人的には面白いと思いました。
アボット夫婦は実際に本当の夫婦で信頼関係を感じるし、長女のリーガンは本当に聴覚障害を抱えています。音のない世界を知っているからこそ、リーガンの目は視覚で情報を確保しようとするリアルな演技をしています。
マーカス役の子役は『ワンダー 君は太陽』で聡明な親友を演じていたノア・ジュープでした。相変わらず賢そうな顔立ちをしてらっしゃる。なんとなく育ちが良さそうな雰囲気です。

劇中、ほとんどのシーンで音がしません。登場人物たちは手話でコミュニケーションを図り、足音を立てずに歩きます。
物静かな深い夜、音を立てずに一人で見ていると些細な生活音でビクッと反応してしまいそうな五感で感じるホラーでした。
音に反応し人間を襲う謎の生き物恐かった!
最後は女は強しだろうか。
どんなことがあっても、自分の子どもを愛さない、守らないない親はいない。
>|