クワイエット・プレイスのネタバレレビュー・内容・結末

クワイエット・プレイス2018年製作の映画)

A Quiet Place

上映日:2018年09月28日

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

3.4

あらすじ

「クワイエット・プレイス」に投稿されたネタバレ・内容・結末

設定が斬新。
緊迫感もやばい。
説明なく現状を理解させる冒頭がいい。
こんなに音がない映画はキャストアウェイ以来かも。
装填で終わるラストもすごい好き。
イヤホン視聴で正解!

でも次男と同じ年頃の子供をもつ親としては悲しすぎて辛かった。
悲しすぎて☆−1
本当は☆4.5です。
面白かった!そして主演のエミリー・ブラント良すぎw

『エイリアン』を筆頭に多くの作品へのオマージュを感じた。展開が丸見えのシナリオや恐怖シーンの少なさも、観終わる頃には気にならないくらい満足の作品でした☺︎

イベント後の生活から物語が始まるので多くのモンスターパニック映画と違い、家族関係の描写にシーンを割いてる印象。

量産的なゾンビ映画ブームの潮時を感じさせるとともに、ゾンビに取って代わるモンスター映画ブームの再来を期待したくなる作品。

「これ電池持っていくやつ…」とか「これもし子供できたら…」とか、とにかく展開が予想通りなんだけどそれぞれの見せ方が上手くてすごく楽しめた。

個人的に“水”と“釘”が印象的でした。
クリーチャーは流行りに乗りつつも個性があり、ディティールもしっかりしてて複雑過ぎないのが良かった(色がちょっと…)。

あと、リーガン役の女優が聾者だと知って感銘を受けました。

続編の予告観たけど…フンスー出てる!続編は混乱真っ只中の回想シーンが楽しみ。
あんな状況下で、あんな小さな子供一人で歩かせるものかね。
おとんも危機管理能力高そうに見えてツメがあまい感。
水溢れてるし。

作品的にはまあ面白かった。
あの後、怪物全部滅多ころしがみたかった。
・物を倒したりした音にビクッ ! という、前半の驚ろかしが面白かった。

・でも演出力があるぶん逆に、どのような音に、どのくらいの大きさだと襲われるの ? とか、滝のそばでも大声出せば自然音と聞き分けて旦那襲ってくるのいるんじゃない ? とか音を出したら襲われる設定の基本ルールがあやふやな感じが最後までつきまとったな。

・最初の犠牲者である息子の死後に子作りしたなら、頑丈なシェルター作ること考えないといけないんじゃないの ? こんな状況なんだから。地下室の蓋がベッドのマット一枚ってさ。赤ちゃんが居て、どう生活していくつもりだったのか、あの夫婦。

・音を立てないようあれだけ注意払いながら階段の釘は放置とか、出産無事に終わってましたとか、実は銃でやっつけられますとか「まあいいか」で見過ごせない感じのご都合主義。銃で倒せるなら、あの世界もう少しなんとかなってたんじゃないの ? って気もするし。

・過酷な状況を生き抜く家族をやりたいなら、もっとその世界の状況設定を詰めなよと思ったな。別に父親殺すことなかったじゃん。

・人形のようで印象的なお姉ちゃんの顔。
エミリー・ブラント × ジョン・クラシンスキー
= お姉ちゃん。ま、映画だしな。
音を立てたら未知の生命体に命を狙われる世界で懸命に生きる家族の話。

見やすくてオススメです!沈黙って逆に見入ってしまいますね。時間も長くないしサクッと見てみてください。随所のドキドキ
がたまらない!

ただ、色々ツッコミどころは満載ですが、、、。
(洗濯物絶対乾かない、階段のクギ早く直して、でも母親以外だれも踏まない奇跡、音を立てない子作りとは?)
続編が公開されるのなら、そこそこは面白いと期待し観賞しましたが…設定に乗れませんでした。
皆さんのおっしゃる通り、この状況下で子供を作っちゃダメです。仮に運良く育ったとしても不幸な境遇の子を増やすだけです。親の傲慢です。足音を極力出さないために裸足にしていますが…やっぱり靴は履きましょう。足元に気を取られ注意力が低下しますよ。ダイハードを観て学んでください。いろいろと備えている割には抜かりが多く、危機管理能力が低いと感じてしまいます。そんなんで生存してこれたことが不思議です。クリーチャーも強靭で獰猛なだけで知性はあまり感じられないんで、音を利用したワナを仕掛ければ対処できそうですが…緊張感を煽るための仕掛けが逆にモヤモヤフラストレーションを与えています。
残念ながら作品の詰めの甘さが悪目立ちしています。そういう考える隙を与えないぐらいの勢いでストーリーが展開すれば、もうちょっと評価は違ったかもしれません。
設定としては、異世界生物(?)に条件下で襲われてしまうから、その条件を回避しながら生き延びる話。あまり好きじゃない設定やけどおもしろそうやったし観てみた。映画が始まってからほんとに音がない、ほぼほぼ無音。これ、映画館でみてたら大変よ。ポップコーンなんて食べれへん。ジュースすら飲むの躊躇いそう。それぐらい音がない映画。こんな映画初めてみた。ただ、ずっと音がないだけに、突然の爆音に死ぬほどびっくりする。夫婦がイヤホンで音楽を聴きながら踊るシーン好き。パパが息子と娘のために犠牲になるシーン、つらかったなあ。ただ、あの最後の手話、ぐっときすぎた。もっと話に展開が欲しかったし、映画よりドラマ向きな気がした。あと、あのモンスター、デモゴルゴンやったな、最後。
終始ドキドキハラハラしっぱなしだった。

しかし、怪物の襲うタイミングに差があることや
(父親の時は即襲ってきたが、母親の地下のシーンは遅めだったり)このような事態で妊婦というのも頭を傾げてしまう。それに備えて色々と作ってはいたが、地下の水浸しのシーンにしても色々と無計画すぎやしないか?
そして姉が居ないことに関して気づくことが遅すぎる…。最もらしい事を夫婦で言うが発言と行動が伴っていない…。
最後も姉任せで、見ていてハラハラはしたが色々と納得がいかなかった……。

『音を立てたら、即死』という設定は面白いし、どのような物語になるのか気になるのでなんだかんだ続編も見るだろうけど…なんだか、うーん…。
ホラーとしてはかなりゾクゾクするしお腹痛くなるし面白かった。
耳の聞こえない家族がいて、手話で会話することが身についていたからこそ生き残れていたのはわかるけど、子供は作っちゃダメでしょ!ってそこツッコミだしたら内容全然入ってこない。なんかどういう経緯で作ったのかもわからないし赤ちゃん泣かないとでも思ってるのかなと。

弟が死んだのもお父さんが死んだのも見方によってはお姉ちゃんの所為になるけど、そんなお姉ちゃんがこれから家族を救っていくのかなと思うとワクワク。
音を立てたら即死という世界。
家族で手話を使える等生存能力が高い家族が生き残っている家族が頑張るお話でした。

冒頭5分くらいで現れた化け物のおかげで、ずっとドキドキしながら観てました。電池はやめなさい!と声を出して言いたくなるシーンでした。

ツッコミたくなる所は所々あるけど、1番はなに子供作っちゃってんの!でした。ぼくなら腹パンしてどうにか対応すると思いました。

音だけに反応する化け物は近づいてもどこかわからなかったりして、ドキドキが止まりません。
いざとなったらパチンコ屋に、逃げ込もう。そう思いました。

ポッと出のおじいちゃん、やっちゃいけないと分かってて、大声出すのは背徳感がすごかったと思います。
>|