ヴィクトリア女王 最期の秘密の作品情報・感想・評価

「ヴィクトリア女王 最期の秘密」に投稿された感想・評価

ジュディ・デンチは「ラベンダーの咲く庭で」でも、ある日現れた若い男に恋する老女だった。
maverick

maverickの感想・評価

4.5
ヴィクトリア女王には心を許したインド人青年の従者がいた。事実を基にした、壮大で感動的な愛の物語。インド人の従者として英国にやってきたアヴドゥルは、記念式典の場で女王の目に止まる。彼の温かみのある人間性と、知識の豊かさに女王は心を開く。アヴドゥルも、身分の違いに関係なく、寛大に接してくれる女王に心奪われてゆく。この2人の関係性が美しく、観ていて心が洗われる。互いに優しさと敬意をもって接し、お互いから学べ、喜びを共に出来る関係性。これこそ理想とする人と人との関係性なのではないだろうか。ちなみにこれから観る人で、本作を女王とインド人の青年が愛しあって禁断の関係になっちゃう映画と勘違いしている人がいるかもだが、そういうのではない。実に清らかで、淫らな関係を想像する気持ちなど綺麗に洗い流される。こんな相手と出会えたなら本当に幸せだろう。偏見や差別に対してのアンチテーゼも含まれ、観るべき作品でもある。英国とインドの関係性も観ていれば自然と頭に入ってゆく。歴史をすんなり学べるという点でも本作は優れている。女王を演じるのは、威厳と貫禄に満ちた名優ジュディ・デンチ。インド人の従者アヴドゥル役に『きっと、うまくいく』のアリ・ファザル。この2人の上質な演技が作品に魂を注ぐ。出演者も全員が格式高くて非常に優れた人間ドラマだ。それでいてユーモアにも富んでいて心地よく観ることが出来る。実際の場所を使ったリアルな映像美も作品に上質さを与えている。衣装などのこだわりも半端ない。本作に関わった全ての人が素晴らしい働きをしたのが感じられる。いやー、良い映画を見せてもらった。想像以上に素晴らしい出来でした。
akubi

akubiの感想・評価

-
こんなにチャーミングな作品と思わなかった◎

きまぐれな好奇心であったのかもしれないけれど、彼女の心に翼を授けたのは、彼に違いなかったのでしょう。

隠されていた真実。
身勝手だけれどそれはとてもピュアで、美しかった。真実の、愛。
邦題に最期の秘密ってあるだけに120年も経ってから発見されたヴィクトリア女王の召使いだったインド🇮🇳人男性の日記に基く話し。背が高いってだけでイギリス🇬🇧まで連れて来られイケメンだった事で女王の目に止まり、初めから意図していたのか判りづらかったけど孤独な女王の知的好奇心を刺激した結構、懐に入り込み重用される事に。。。
画像の雰囲気から、もっとハートフルでハッピーな内容かと思ってたけど、ちょっと違った。
M:IのM役の印象が強いベテラン女優さんのヴィクトリア女王は嵌まってた。
aya8

aya8の感想・評価

-
好きな映画です^ ^
ビクトリア女王は長生きをされたので、いろんな映画がありますね^ ^
全部制覇したいです^ ^
諒

諒の感想・評価

3.2
とても期待していただけに残念。
もっと純粋に描いていたら良かったと思う。
女性としての女王が見えたりして二人の関係が純粋なものにあまり見えなかったのが残念。
JJsue

JJsueの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ヴィクトリア女王もの好きで、見たかった映画。アブドゥルに出会ってからの女王はかわいくて好き。周りの反応が冷たすぎてかわいそうだった。女王が死んでしまってからの展開が悲しすぎて寂しいラストシーン。

このレビューはネタバレを含みます

ジュディ・ディンチの凄みと魅力に圧倒される秀作‼︎

いや〜、最初ヒヤヒヤしちゃいました(^_^;)💦
ヴィクトリア女王がアブドゥルに恋して大失態を犯すのではないかと、王室の従僕である髭紳士達と同様に狼狽えてしまいました💦

さすがですよね〜( ˘ω˘ )
ジュディ・ディンチでないとこの生々しさ、コケティッシュな笑い、魅力や重みは出ないですよ〜。

そりゃ、魅力的でしょう。

英国王室の陰鬱さはシェイクスピアのリチャード3世でもお馴染みですが、毎日青白い顔をした王室職員と王座を虎視眈々狙う子や親族達に囲まれ、儀式儀式儀式。

歳を重ねて体裁を取り繕うことさえウンザリしているヴィクトリア女王の心情が、食事の食べ方や表情から痛い程観てとれて、さすがジュディ・ディンチです。

そんな日常に、異国情緒溢れる颯爽としたアブドゥルが現れて、目が合ったりひざまづいてつま先にキスされてしまえば、そりゃヴィクトリア女王の氷のハートといえど溶けてしまいかねませんよ。
やはり女王といえど女性ですからね。

しかもアブドゥルは聡明で誠実で、その上天然ときてる!
インドの深淵な詩やコーランの教え、女王が行けるはずのない美しい異国の夢のような景色を語られたら、そりゃなんとしてでも王室に留めたいでしょう。

アブドゥルに妻がいると知った時のヴィクトリア女王の狼狽えようや、ヴェールを被った妻への興味深々の表情。
生々しい‼︎
もう観ててワクワクしました。

でも素晴らしいのは、ヴィクトリア女王とアブドゥルの間に芽生えた感情を、けして断定したりレッテル貼りすることなく、素敵な関係として描けていること。

ヴィクトリア女王とアブドゥルは、女王と従僕であり、生徒と心の師であり、母親と誠実な優しい息子であり、同じ志と友情を持つ白人女性と有色人種の青年であった。

この映画で最もジュディ・ディンチの凄みを味わえるのは、アブドゥルにナイトの称号を与えることに異を唱える息子が、強行するなら女王の精神異常を訴えて王座から引き摺り下ろすと脅迫した時の、ヴィクトリア女王の独白でしょう。

権力の頂点に君臨した1人の女の半世紀が語られるあの台詞と演技は、圧倒されます。

女性というものの性を超越して、異色の魅力をたたえ続ける女優。
なかなか居ません。

まさに女王級の女優による、ヴィクトリア女王の最期を描いた作品。
ジュディ・ディンチの凄みの効いた演技、圧巻でした(//∇//)✨
ちぃ

ちぃの感想・評価

3.7
ジュディ・デンチが晩年のヴィクトリア女王なんてハマり役以外の何物でもないよね。

友情、恋愛、崇拝。どれにも当てまりそうでそのどれとも違う不思議で多面的な女王とアブドゥルの関係性の描き方が良かった。
でも想像してたより悲しいお話だったな…。実際に周りの仕打ちはあんなに酷かったんだろうか。

19-49
栗花落

栗花落の感想・評価

5.0
最高…
イスラムがそもそも好きで、最近インド熱が高まってたからより一層最高…
アブドゥルが教えてくれる事の全てが魅力的で、知識を付けるのは素晴らしい事だなぁと思った。
ウルドゥー語、覚えたい…
書きたい…
>|