アラビアの女王 愛と宿命の日々の作品情報・感想・評価・動画配信

「アラビアの女王 愛と宿命の日々」に投稿された感想・評価

ステキな映画でした。私は、好きです。異国情緒たっぷりで、ニコールキッドマンが、格好良かった。あの時代に女性が、アラビア各地を巡るなんて、勇敢だし無謀で、見ていて楽しかった。実話を元に作られた作品。ガートルードは、恵まれた運の良い人だと思うけど、それだけじゃ実現しない。やっぱり、凄い。
ヘルツォーク監督なんで、一般的な盛り上げ方は無いので、我慢してくだせえ。

ネタは濃いのに、ハナシは薄味。
コアな近代史の一コマを。
BoltsFreak

BoltsFreakの感想・評価

3.3
イラク建国の立役者ガートルード・ベル
がイラクとヨルダン両国の国境線を引く偉業を成し遂げた史実。

永遠と広がる砂漠が優雅で綺麗だった
菜の花

菜の花の感想・評価

2.5
イラク建国に貢献した女性の半生。
砂漠の風景がとっても良かったなあ。
実在の人物らしいですが、ストーリーがよく分からず。
どこかで盛り上がってくるかなと思ってたけど、そうでもなく。
私には今ひとつでした。

ニコール・キッドマンはいいんですけどね。
siena

sienaの感想・評価

3.0
映像はとても綺麗で美しく、価値があると思う。
ストーリーとしては単調にただ彼女の人生をなぞっただけという感じで退屈かな…
演じたのがニコールで、かつ西欧の男性に対して非常に甘ったるい話し方をするので、本人の向こう見ずさと美貌で生き抜いた人では?というように見えてしまったのも少し残念。

あの時代にああいう生き方をした人なので(ケタ違いの財力という後ろ盾があったからとはいえ)知性と胆力ももう少しあったのではないかと思うけど、この辺は個人的解釈の違いなので仕方ないかな。
omochichi

omochichiの感想・評価

3.5
裕福過ぎる家庭に生まれて、親は優しくて、美人で物凄く賢いなんて、神様はいったい幾つ授けたんだろうかって思ったけど

恵まれたその環境を最大限に使って彼女がしたことは、後世に残るおっきなものになったんだから素晴らしいよね。

読み方を学んでるシーンが好きだな
Cohei

Coheiの感想・評価

3.3
特にドラマ的な濃淡があるわけではなく、面白い!というものではないけれど、

異国の民族の世界に、心身を、生涯を捧げた上流階級出身の貴婦人、ガートルードが興味深い。
勇敢な横顔。そして、彼女の紡ぐ言葉が美しい。

ニコール・キッドマン。
『オーストラリア』でも同じような役柄を演じていたことを思い出しつつ。

ジェームズ・フランコ演じるヘンリーが美男!
デイブ・フランコの兄上なのね!

たまには、アラビアの砂の物語を観るのも、粋、、、。
ロバート・パティンソンが見たくて鑑賞
ガートルード・ベルという実在した女性についてのストーリーだとは知らず、前知識ゼロだったから、収穫が多かった
第一次世界大戦の時代は、彼女のように博識があって強い女性にとってはまだまだ生きづらい時代だったんだろうなと想像できる
愛には報われなかったけど、アラブの人々を愛する気持ちが誰よりも強かったのが伝わってきた
才能があって知性があって度胸があって機転が効いて好奇心と探究心と冒険心と独立心が旺盛なイギリスの上流階級のお嬢様の冒険活劇!ではなくて、アラブの複雑怪奇な力関係の中で奮闘する政治劇!でもなくて、あくまでもお嬢様の物見遊山のロードムービーです。フィールドワークしてる描写もさほどないし映画の作りもいわゆるオリエンタリズムの域を出ません。でもこの当時のイギリス人なんてそんな視点しか持たないから、そこは仕方のない部分もあるのかな。

ちょくちょくブリカス仕草炸裂してるんだけど、このことに作り手が自覚的なのか無自覚なのかは不明。

でもお美しいニコマンお嬢様のアラビアン観光ロードムービーだと思って観るとそれなりには楽しめますよ。つまらなくはないです。アラブ特有の事情はほぼ描かれてないけど。

私は「アラビアのロレンス」未見なのでここで出てくるロレンスをそちらと比較して評価できる人間ではないのですが、似たもの同士の(セクシュアリティを抜きにしても)決して恋愛関係にならない戦友というか姉弟みたいなソウルメイトとしての関係は好感持てました。

モデルの激動の人生の激動の部分が描かれてなくすっぽり抜け落ちているので大河ロマンではないですが気楽に観れます。これ観るの気力体力相当持ってかれる覚悟必要だろうなと思ってたのに、それが必要とされる部分すっ飛ばして老境に差し掛かって話畳もうとし始める。その抜け落ちた所を描いた映画も観てみたいものです。
>|