ヘヴィ・ドライヴの作品情報・感想・評価・動画配信

「ヘヴィ・ドライヴ」に投稿された感想・評価

随你行

随你行の感想・評価

3.8
いい映画です。しかしこのポスターの宣伝とは全く違って、運び屋エンターテイメントではない。金のために薬物の違法販売に手を添える二人の物語だ。貧乏でメキシコにわたり医療薬物を仕入れ個人でアメリカで転売する二人。貧乏な中でも希望を見出すかなり深いヒューマンドラマ映画です。
たぶん100人中100人が指摘してるだろうけど、パッケージが謳うようなエンタテイメントとは真逆の硬派なヒューマンドラマだった。世の中から見捨てられた、あるいは忘れ去られた社会的弱者が遭遇する困難と、そんな状況でもなんとか生き抜く姉妹の底力と絆をかなりストイックに描く。確かにこの監督にならキャプテン・マーベル2を任せても良いかも。
藍沢

藍沢の感想・評価

4.0
保護観察の元で職探しをしながらも短時間で大金を稼ぐためにドラッグの売人に戻ろうとする姉と、望まない妊娠から中絶を決意する妹。
やりたいことをやれない。
お金が無いから。
子供を産むことも中絶することも簡単には決められない。
お金が無いから。

アメリカでは一般企業に勤めて朝から晩まで労働したとしても保険に入れる保証はないし、それよりもドラッグを売って稼いだほうがずっと楽にお金が稼げるという現実。
ドラッグを売るだけで家を手放す必要もないし、子供を好きな学校に通わせてあげられる。
麻薬を根絶させたいはずなのに矛盾している。
つい先日、麻薬を根絶させるために奮闘する3人の女性のドキュメンタリー映画を観たけど、本当に麻薬を根絶させたいなら地域や組織、支援団体だけじゃなくて、国が取り組まないと本当の意味での根絶はできないんだと思った。
麻薬を売る人、買う人を生み出しているのは一体誰なのか。

貧困層の問題だけでなく、人種問題にも焦点を当てるし、展開的にはどんどん嫌な方向に転がって息が詰まるけど、ラストは凄く良かったな。
映画ではテッサ・トンプソンが姉でリリー・ジェームズが妹というキャスティングなんだけど2人とも本当に素晴らしかった。

それにしても、なんで映画のオーディエンススコアがこんなに評価低いのかわからない。
国がそうさせてくれないから仕方なくヤクの売人に戻って差し押さえられた家を取り戻そうと奮闘し、妊娠を中絶をする選択をする妹を支える姉という見事な女と女の物語。
アメリカの映画って自分が自分らしく生きたくて苦しいのに家族と気軽に縁切れない人達の物語が多くて、この映画でもその点については腑に落ちないけど、それを大きく越える「女の自由」を尊重したこの映画が私は好きだ。
『ROMA/ローマ』もそうだったけど、妊娠中絶を選ぶ権利を行使する女の物語が世の中にはもっと必要だと思う。

そしてこの映画の監督を務めたニア・ダコスタ監督がキャプテン・マーベル2を撮るなんて、信頼しかないな。
今から楽しみにしてる!!!!!
GOaLD

GOaLDの感想・評価

-
辻一弘も真っ青の、特殊メイクなしでデブになりきるリリー・ジェイムズが素晴らしい!←嘘ではないが紛らわしい表現。の様な紛らわしいパッケージ。
作品としてはなかなかの物だと思う。
ただ、パッケージの『天才運び屋、人生をかけた大勝負』とかいううすら寒いコピーや、爆発チェイスを彷彿とさせるデザインから受ける印象と、内容との乖離が前代未聞レベル。

リリー・ジェームズ、テッサ・トンプソンといった旬な女優の共演で、国境を越えるシーンの往復の対比など、美しく印象的な場面も多数ある作品だったのですが、そもそもパッケージでの騙し討ちのような正気を疑うやり方に閉口。作品に対するリスペクトが感じられないのが悲しい。
てつ

てつの感想・評価

1.0
全くのジャケ詐欺。
運び屋エンターテイメントの要素は全くありません。
カーアクションも出てきません。
だまされた~!

これで面白ければええねんけど、これまた面白くない。
テッサトンプソン、リリージェームズ目当てでもあかんな~

皆様、私のようにだまされたらあかんで~
Gonzales

Gonzalesの感想・評価

2.8
思ってたんと違いすぎて。

リリージェームズでてたから見れたようなもん笑
Yucky1018

Yucky1018の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

アメリカの所謂低所得の階級の姉妹の話。
保護観察中の姉は妹の為にまた犯罪に手を染める、本当はもう犯罪などしたくはないのに生きる為には容赦なく金が必要でそれ以外に短期間で稼ぐ方法も無い。
妹が中絶しに行くシーンがとても印象深く、何だかんだ言っても結局は女性の身体に子供は宿り産むのも女性でそれはとても大変な事なんだとあらためて思った。
男もやはり女性がいなければ生きる張り合いが無い、理解し合って助け合って生きていきたいものだね。
元

元の感想・評価

-
貧困層の苦しみ。
クスリを売ることでしか十分に稼げず、出産するにも中絶するにも費用がかかる。

姉しか頼れない妹、そんな妹のために危険を犯す姉。
他からの救いのないつらさの伝わる静かな作品だった。
ジャケ写のような疾走感はない。
どぅさ

どぅさの感想・評価

3.3
邦題とポスターは作品を馬鹿にしていないかい?他の映画でもそうだけどこういう所を考え直して欲しい
>|