この自由な世界での作品情報・感想・評価

「この自由な世界で」に投稿された感想・評価

さと

さとの感想・評価

3.5
自分の視野内にいる人以外どうでもよくて矛盾だらけの主人公が無理だった。
全ては子供のためとか言ってたけどあのラストはなんなんだろう。

そもそもあんな勝気で攻撃的な女の人のおしり触る強いメンタル持ったおじさんがいるのかっていうのもあるし、それに対して激怒してた主人公も不法労働者の中でイケメン見つけて誘うとか似たようなことしてるあたりもなんか、、

移民や不法労働者などの現実はなるほどと思ったけど、どうしても主人公のキャラクターが目についてしまって社会問題の方はぼやけてしまったほど不快な人柄だった。
だからこそああいうことが出来ちゃうんだろうな。
rienbow

rienbowの感想・評価

3.9
ケン・ローチ監督作品。移民出稼ぎ労働者の現実。弱者を食い物にする弱者。構造的暴力への、監督の怒りと信念のようなものを感じる映画。ダニエル・ブレイクとは違う角度から描いているけど、労働者問題を炙るというブレてないとこ好き。
ten47

ten47の感想・評価

3.7
世の中の人々が観たくないきつい現実
人間は金のためならなんでもする根底を改めて思い出させられる
シングルマザーの主人公の行動は正当化できるものではないけど息子のために仕方のないグレーな内容
yume

yumeの感想・評価

3.3
生きる為に働く、働く為に道徳に背く、この悪循環の輪にハマった人間は罰せられるべきなのか否か
果たして「自由」とは…
白

白の感想・評価

4.0
新自由主義下に於けるEUという「モノ」「ヒト」「カネ」が自在に行き来する実験の結果、会社は労働者のものではなくなった。設備投資をせず、非正規社員を増やし、内部留保を溜め込む。
正義の葛藤はあれど、結局皆自分を一番可愛がる。しかし一体誰がそれを責めることができるだろうか。
この映画が日本で公開された時、uplinkの社長は日本の近い将来、と言っていた記憶があるけど、実際にそうなってる。
Linus

Linusの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

この自由に儲けられる世界で。

奪われる側から奪う側へ。

主人公みたいに、弱者(生活に余裕のない人)から搾取するくらいなら、やっぱり金持ち相手にビジネスするのが平和なのかなと感じる。

けど、幸せに生きる為に必死な主人公の気持ちも分かるから何とも。むしろ、この社会を理解して弱者に戻りたいって言う人がいるのかって話。良いこと言いたくなるけど、多分いないんじゃないかな。

ケン・ローチは誰かを悪者にしたいわけじゃないし、それは作品をみれば理解できるはず。本当に貴重な監督。
ヮ

ヮの感想・評価

3.8
出稼ぎの人々を搾取する話
ロンドンが舞台。日本でも外国人実習生を酷使する例はある。
本国では日雇いではない職についているのに、その国の不安定さによって海外で奴隷のように搾取されている。
給与支払いを踏み倒す建設会社の黒塗りベンツと、トレーラー住みの移民のコントラスト…

救われたのは、ジェイミーが無事なことと、カロルの好意に漬け込まなかったことだけ。
掬われぬ貧困、難民に煩悶

ああ、この自由な世界で何ができるのか、、、、
鰹

鰹の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

この自由な世界で、息をするには…。
アンジーは考えているようで、結局その場しのぎなだけ。経営者としては全く信用ならない人間な上に、他者を犠牲にすることを見て見ぬ振りしている。
けど、たぶん違う、と分かっている。そしてもう元には戻れない事も。
その先が行き止まりなのだとしても、生きていく事をやめられないのが、つらい。
浮いた人々はどこへ行けばいいのかなぁ。あっちにも、こっちにも、居場所はない。それが他人事でいられるのはいつまでなんだろう。
ずっしり、苦しかった。
>|