悪魔祓い、聖なる儀式の作品情報・感想・評価

悪魔祓い、聖なる儀式2016年製作の映画)

LIBERAMI/Libera Nos/Deliver

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:94分

3.2

あらすじ

十字架と祈祷を武器に敬虔な神父が悪魔の前に立ちはだかる。あの映画『エクソシスト』で悪魔と対決した悪魔祓い師は現代に存在した!これまで外部に閉ざされてきた1200年も続く聖なる儀式にカメラが潜入。現代の悪魔祓い師(=エクソシスト)と悪魔の臨場感溢れるせめぎ合いをリアルに体感できる、禁断のドキュメンタリー。

「悪魔祓い、聖なる儀式」に投稿された感想・評価

Jan/21/18
no.025
@cinémathèque takasaki
meo

meoの感想・評価

3.4
これが真実。映画というより人間の中身のおもしろさに評価した。
きき

ききの感想・評価

3.0
エクソシストが電話で悪魔祓いをしかけてきたりするので、悪魔も時代に対応しなきゃいけないから大変だなあとおもった。そのうちSkypeとかLINEとかでも悪魔祓いできるようになりそう。
妖怪ウォッチ・・・ってちょっとおもいました。
シリチア島の実在のエクソシストであるカタルド神父に密着した悪魔祓いのドキュメンタリー。2018初劇場鑑賞。

ナレーションがなく、淡々と対象を追った内容。オカルト的な興味本位で観るには単調すぎるかも知れない。あとキリスト教について多少知っている方が多分良い。
題材は魅力的で、実在のエクソシストの日常と実際の儀式が垣間見えるのが貴重。大分イメージが覆される。思っていたより日常的だった。

悪魔つき、鬱、ドラッグ中毒まで神父への相談内容は幅広い。
そしてこれらの問題の根元が信仰の薄さなのだ。信心を取り戻すことが鍵となる…いや君それは悪魔じゃな…と思えるケースもあるのだが、キリスト教における信仰について実体験が伴わないこちらはただ目の前の映像に見入るしかない。

悪魔に憑依され咆哮を繰り返す女性に「猫だな、猫」と全く陽気に語るある神父にも驚くし、携帯電話越しに悪魔祓いを行う姿にも驚く。

シチリアの救済を求める全て人達の受け皿として機能しているカタルド神父。
間断なく救いを求める人々の相談に軽くボヤく神父が率直過ぎて思わず笑いがこぼれた。

現在の公式のエクソシストは404名でその半数がイタリアに集中しているそう。
悪魔祓いの依頼が増えすぎて、アメリカでは数年でエクソシストの数も10倍以上になったそうです。「悪魔の仕業」とすることで丸く収まるのかも。悪魔祓いといいつつ、悩み苦しんでる人のセラピーぽくみえました。
Tristan

Tristanの感想・評価

3.0
「貸した金を返してくれない」
って相談には笑いそうになった。
悪魔関係ねーべや。
エクソシストのおっちゃんも面倒くさそうな顔してるし。
神経削られそうな仕事だなぁと思った。
kukemaru6

kukemaru6の感想・評価

3.0
悪魔怖い
観ながら、自分の中の悪魔も払ってもらえないかな、なんて思いました。
yukarainen

yukarainenの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

サタンに取り憑かれたら大変だな!
以下、鑑賞してわかったこと

・悪魔は世界中にいる
・テレフォン悪魔祓いをする神父様もいる
・みんな本当に自分や家族の症状に悩んで、正に神にすがる気持ちで教会に祓いに来ている。
・予約のシステムが曖昧。不満を言う人は問題外
・悪魔祓いジプシーになっている人もいる。いろんな神父様を訪問。
・祓われている時の声が、女性なのに、あり得ない声になってる。
・悪魔祓い養成講座がある。世界中から牧師が学びに来てる。

なんていうか、中には体や精神の疾患だという場合もあるわけで、そのあたり、とても観てて心配になりました。病院は行ったのか?

人々のあらゆる悩みに時には適当だけど耳を傾け、話を聞いて、なんとか力になろうとする神父様には、素直に頭が下がりました、、、。
電話であんな絶叫されたら、嫌ですわ(T_T)

あと、演出なのか、祓われてる時の顔をはっきり映さないのが、とても恐ろしかった。
悪魔祓いの需要が増えてるとか、なんつう世の中なんだろう、、、と、複雑な気持ちになりました。
最強レベルの憑依を受けた女性はその後どうなったんだろう…。
ドキュメントなので淡々と進む為
見入ってる間に終わってしまった。

最後に出てきた
「近年需要が増えており悪魔祓い師が増員されてる」…というのが何とも言えなかった。

世界全体が悪い物に取り憑かれていってる気がするのは気のせいか…と感じた。
Snowkuouks

Snowkuouksの感想・評価

3.5
カトリック教会が認可したエクソシストたちによる悪魔祓いと信者たちの悩みを描く。その仕事は医療と迷信と人生相談の狭間にあるように感じられた。なお、教皇庁の大学には悪魔祓い学科が存在するという豆知識を得られた。
>|