エクソシストの作品情報・感想・評価・動画配信

「エクソシスト」に投稿された感想・評価

子供の頃めちゃくちゃ怖かった。
夜テレビ放送される度、親に
「観たくなければ寝ろ」と言われるが、寝れないw
結局、鑑賞して寝れない。
日本編でないかなー?w
ベッドじゃなく、布団が浮きます!
みたいな。
それだと怖くないやろ?
ゆーー

ゆーーの感想・評価

3.6
これを子供の頃に見てたなんて、、しかも笑って見てたなんて、、、今の方が怖がって見てるなんて、、、
kp

kpの感想・評価

4.2
英エンパイア誌「史上最高の名作100本」を
1日1本鑑賞中
第88位:エクソシスト
------

つい一年ほど前にも見たのけど、
2回目でも十分楽しめる気持ち悪さ

ホラー映画は苦手だけど、
ここまで現実離れした気持ち悪さなら、
逆に楽しく見られることがわかりました

キリスト教圏の人からすると、
悪魔とか信じてるだろうから
割とリアルに怖いのかな


いずれにしても、
約半世紀経っても十分楽しめるって
やっぱり名作は色褪せない

ーーーーー
(余談)
ディレクターズカット版にしか
あの階段のシーンがないことを知らなくて、
いつ来るかなーとエンディングまで
待ってしまってました…

なんであんな有名シーンを最初の公開時に
入れなかったのか疑問で調べたところ、
映画構成的なちゃんとした理由があった
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1366981473

あのシーンを編集した人が祟られたからとか
そういうの期待しちゃってました…笑
昔観た映画の記録。少女に顔が怖すぎて、ちゃんと見てなかってのでテレビでも見たけど、夜中見るもんじゃないですね。
花花

花花の感想・評価

3.5
過去記録

こう言う映画で子役で出てる子供達って
大丈夫なん?トラウマになんないの?
っていつも心配になる。
ホラーが市民権を明確に獲得した70年代の記念碑的作品。年間興収一位とかアカデミー賞獲得とか当時市井に与えたインパクトの大きさは凄いなと改めて嘆息😆
フリードキン監督のドSというかコンプライアンスお構いなしの演出はあちこちに書かれているが、確かに半端ない感じはリンダブレアの絶叫でよくわかる😨
冒頭のイラクでの発掘シーンから観る者を惹きつける。悪魔の彫像のシーンなど最高😆
ジョージタウンに移ってからの悪魔払いのシーンは今見るとリンダの絶叫も耳にキツイし、既視感がある為、恐怖感はそこそこだが、当時の観客にとってはまさに未知との遭遇☠️気絶者続出も納得の出来。
悪魔払い👿がピーク、寝室が異界と繋がり、凍えるほど寒い凍気に吐く息が真っ白なさまは、「遊星からの物体X」を彷彿とさせる❄️
主役のリンダブレアはこの後パッとせず麻薬所持で逮捕やB級女優一直線だけどこの頃は本当に可愛かったと思います😃
次はイナゴ軍団との戦いのPART2を見てみたいと勝手に思ってます🦗
KH

KHの感想・評価

4.5
スパイダーウォークと音楽で有名な、悪魔祓いホラー。

エクソシストの命懸けの救済に 感動したり、シンプルな悪魔祓いに 信仰の力を感じたりしました。

カラス神父の苦悩は、人生経験ある人が観ると 感じるものが多そう。心の変化からの最後の選択には、生き方について考えさせられる。

悪霊パズズ について 少し知っておくと、理解しやすいと思います。
【ディレクターズカット版】うわあ、これは怖すぎる・・・。夜中に見てたら危なかった。正に強烈。どこか格調高く、単なるホラー映画とは思えなかった。親子の救済に焦点が行きがちだけど、これは神父の心の葛藤との戦いをメインに描いてるのがよく分かるね。でも、この説明不足は意図的なのか。

有名なあのブリッジして階段を駆け降りるシーンってオリジナル版にはなくて、2000年公開のディレクターズカット版で初めて付け加えられたんだね。

そういや大学の教室の壁に『TASUKETE』の文字と、漢字で書かれた紙が飾られてあったけど、あれは何だったのか。日本人が見ると、ちょっと気が抜けるんだけど。せっかくの緊張感が。
Accompany

Accompanyの感想・評価

3.8
中2ぶり2度目の鑑賞。

目の前に闘争がある。
悪魔である意味がちゃんとあるし、だから直接対決にアツくさせられるし目が離せないし息が詰まる。
NAO141

NAO141の感想・評価

4.0
もはやテーマ曲の方が有名過ぎる…笑
悪魔(悪霊)に取り憑かれた少女と神父の壮絶な戦い!!
日本人には馴染みの無い「悪魔」に説得力を持たせる力量も凄い!
意外に知られていないかもしれませんが、原作者が監督した「3」もかなり怖い傑作だったりします…。
>|