苦役列車の作品情報・感想・評価

「苦役列車」に投稿された感想・評価

森山未來と高良健吾の演技力。
特に森山未來は細部までクズ男で一瞬回って気持ちよかった。
あっちゃんかわいい。
森山未來と柄本佑てたしかに似てる。
Mizuki

Mizukiの感想・評価

-
あっちゃんが手をべちゃっと舐められるシーンを映画館のCMで見て、めちゃくちゃ見たかったんだよね。
懐かしの森山未來〜。やっぱ昔からすごい役者さんはずっとすごいを更新してくね。

バカでクズでどうしようもないけど、でも、あんな風にその日暮らしでなーんも考えてない生き方できるのも才能とさえ思えちゃう笑笑
普通はここで反発したら殺られるって分かるのに自分を曲げないところ、傍から見たら馬鹿だな空気読めないなってなるけど、強さだよね。チンピラにも立ち向かう強さ。(結局やられちゃうんだけどね)かっこいいんだけど、かっこ悪い。

本が好きだから純粋に行きつけの本屋さんで出会う恋愛にはめちゃくちゃ憧れる←
主人公がいつも文庫本持ってるのも好き。美味そうに日本酒飲むのも良き。


後半はカップルと飲むとこーなるよね、分かるよ、分かりますよ。って思ってしまった!蚊帳の外すぎて寝ちゃう時と、起きるタイミング見失って寝たフリするやつ(笑)よく言った!ってなったよ〜。ただ最後の下ネタは蛇足というかさすがにビンタものだよね(笑)ヒートアップしすぎて度が過ぎちゃうところがダサいんだよね〜。さじ加減下手かよ。

1番は、やすこちゃんの断り方!大人でかっこよかった。ちょっと女子っぽくか弱く壊れそうに抵抗して見せてから、キスを受けいれて、え?もしやいける?と思わせておいて冷静に冷たく立ち去るところ。かっくいー!!笑


なんも変わってないように見えて、しっかりやりたいこと見つけてたラストと音楽がよかった。
ほんとのことって、きれいじゃない。ひとを好きになることすら、いろんな飾りを剥ぎ取れば、貫太がぶつけるものと同じだ。あ、わたしいま人間という生き物を見てる。何度もそんな気持ちになった。
ちょみ

ちょみの感想・評価

3.8
ドレスコーズがどんぴしゃ
クズっぷりがクズっぷり
少しこんな生活にも憧れる
森山未來よかった
たじま

たじまの感想・評価

3.0
終盤のシーンの意味わからなさで笑った。
ドレスコーズの曲良き。

森山未來のクズ役すごいしっくりくる。すごいこの人。
あと前田敦子を少し見直した。
ak205

ak205の感想・評価

4.0
面白かった!まず森山未來の手鼻に衝撃w
主人公は屈折してて、正直で、友達より人生楽しそうに見えました。
また観たい。
Ron

Ronの感想・評価

4.0
よくわからん、どう捉えていいかわからん、とりあえずナレーション杉崎さん。あべきゅん。
ナカ

ナカの感想・評価

-
2014/8/30

森山未來の醸し出す全て、声まで全てがクズそのもので良かった。
森山未來って胸くそ役ハマりすぎちゃうから怖い。

今日は映画たくさん見たから明日からの合宿がんばろーっと。

このレビューはネタバレを含みます

青春と言われれば綺麗だけれども

貫多はどっからどう見てもクズ。目も当てられない。ただ、人を著しく見下すところとか、女性に対してヤバい接し方してる辺りは自分見てるようでキツかった。その部分だけね!確かに汚いんだけど、貫多を構成してしまったのって両親の影響があったからで、それを知ってると貫多だけが悪いとは思えない。根っこの根っこは良い奴なんだろうけど...見下さないと生きていけない体になってしまったんだろうなぁ...

でも、康子も日下部もいい人すぎる。日下部は金貸してだの、居候させろだの、その他諸々普通だったら「もういいよ」って縁をすぐにでも切ってしまいそうな奴なのに付き合ってやってる。それで最終的に縁切ったのが彼女に悪態ついたから。いやそりゃキレるけど...そのタイミング?康子だってほぼストーカーみたいに付きまとわれてるのに、ギリギリまで貫多に対して親しく接する。優しすぎ。貫多の人柄はクソだなって思うけどだからこの映画は嫌いってことにはならないのに、これがダメってことは“この映画が”ってことより原作が苦手なんでしょうね。
>|