レザーフェイス―悪魔のいけにえのネタバレレビュー・内容・結末

レザーフェイス―悪魔のいけにえ2017年製作の映画)

Leatherface

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:89分

あらすじ

5歳の誕生日プレゼントにチェーンソーをプレゼントされた少年。 ソーヤー家の異常な環境で育った少年は、農場近くで起きた少女の変死事件により、青少年の更生施設へ送られる。 -10年後、錯乱した未成年の患者達に強いられて、看護師を誘拐して施設を脱走。道連れにされた彼は、狂気に満ちた警官に執拗に追われ、そして、悲劇のどん底へと追い詰め得られていく。 最恐・殺人鬼誕生の裏に隠された衝撃の真実と戦慄の…

5歳の誕生日プレゼントにチェーンソーをプレゼントされた少年。 ソーヤー家の異常な環境で育った少年は、農場近くで起きた少女の変死事件により、青少年の更生施設へ送られる。 -10年後、錯乱した未成年の患者達に強いられて、看護師を誘拐して施設を脱走。道連れにされた彼は、狂気に満ちた警官に執拗に追われ、そして、悲劇のどん底へと追い詰め得られていく。 最恐・殺人鬼誕生の裏に隠された衝撃の真実と戦慄の過去が、遂に明かされる。

「レザーフェイス―悪魔のいけにえ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

時間が短いので退屈しないが、いろいろと惜しい出来。矯正施設から脱走した3人の少年のうち誰かが後のレザーフェイスということで、それがドラマの重要な要素になっているのに、誰がそうなのか消去法ですぐ分かる。さらに弱いのは、登場人物のキャラクター。先の3少年に加え、誘拐される看護婦、復讐に燃える警官らが登場するけど、強烈なキャラクターであるはずなのにちっとも魅力がない。あともひとつ言えば、レザーフェイスがレザーフェイスになる前のお話なので、オリジナル版のレザーフェイスにキャラ萌えしてる人は物足りなく感じるかも。