レザーフェイス―悪魔のいけにえのネタバレレビュー・内容・結末

レザーフェイス―悪魔のいけにえ2017年製作の映画)

Leatherface

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:89分

3.1

あらすじ

5歳の誕生日プレゼントにチェーンソーをプレゼントされた少年。 ソーヤー家の異常な環境で育った少年は、農場近くで起きた少女の変死事件により、青少年の更生施設へ送られる。 -10年後、錯乱した未成年の患者達に強いられて、看護師を誘拐して施設を脱走。道連れにされた彼は、狂気に満ちた警官に執拗に追われ、そして、悲劇のどん底へと追い詰め得られていく。 最恐・殺人鬼誕生の裏に隠された衝撃の真実と戦慄の…

5歳の誕生日プレゼントにチェーンソーをプレゼントされた少年。 ソーヤー家の異常な環境で育った少年は、農場近くで起きた少女の変死事件により、青少年の更生施設へ送られる。 -10年後、錯乱した未成年の患者達に強いられて、看護師を誘拐して施設を脱走。道連れにされた彼は、狂気に満ちた警官に執拗に追われ、そして、悲劇のどん底へと追い詰め得られていく。 最恐・殺人鬼誕生の裏に隠された衝撃の真実と戦慄の過去が、遂に明かされる。

「レザーフェイス―悪魔のいけにえ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

フランス人監督によるテキサスの怪物、レザーフェイス誕生秘話。
やはり他の作品に比べると画面全体がテキサスの砂っぽさを感じない、美しい映像になっている。
内容としては、幼少期と言うよりはその先の青年期がメインになっているので幼いレザーフェイスを期待すると少し肩透かしを喰らう。
初代いけにえファンには嬉しい演出も多いので、悪魔のいけにえ好きな方はあまり期待せずに一度見てもらうと良いかも。
看護師
豚小屋
死骸を隠れみのに

※【悪魔のいけにえ】で予習したのに、そのかいなし。
レザーフェイスのオリジンとして………というか物語として雑過ぎて話は全然面白くない。ただ、悪魔のいけにえを利用して色んなジャンルムービーをぶちこんでくるのは楽しかった。なのでパロディホラーとして観るのが最適かも。

序盤は監獄もの、中盤はマカロニ西部劇、最後は悪魔のいけにえと、ジャンル変遷が一番楽しい。
『飛び出す悪魔のいけにえ』の世界線で描かれる前日譚。
今作も、レザーフェイスは「ジェド」であって「ババ」ではないんだ…と分かって観はしたものの、描かれたキャラクター像がやっぱり自分好みでは無いなと思ってしまった。
イケメンで、知能も普通で、恋愛もして…って、そんなレザーフェイス誰が期待するんだ😓
あの、バド少年がレザーフェイスでも何ら問題なかった。彼がレザーフェイスと見せかけて…みたいな演出不要じゃありませんか?素直にエー!イケメーン!って驚嘆するとでも?
そんなオリジナルのレザーフェイス愛を差し引いても、なんだか妥当すぎる生い立ちがイマイチな印象。
ラストでのジェドの心変わりも急すぎて、まったく感情移入できず…
結局何が彼を変えたの??っていう。
精神病院を出てから行動を共にするカップルはなかなかいいキャラしてました。
それと冒頭のソーヤー一家の晩餐で、初めて現役のグランパがハンマーを振るうシーンがあったところはめちゃくちゃ褒めたいです。
悪魔のいけにえをはこれが初めて!
映画館で見た!思ってたよりグロくなかったよ!

▼ハッピーバースデー!
か ら の ケーキぐしゃぁ!もう少し待てなかったのかね君は。
誕生日プレゼントが個性的すぎる。

▼え…めっちゃ美人…
ハートマンの娘がとにかく美人。可愛さがやばい。短いチェックのスカートが似合いすぎてる。好き…。死に様も美しかった。

▼白衣の天使 リジーちゃん!
かわいいし美人やし小顔やし最高のナースやん。ナース服似合いすぎ。
全体的にキャラとして最高でした。
誘拐されてから、始めは2人のことを考えてたけど、だんだん逃げることに必死になる感じがいい。最後まで可愛そうで良かった。苦しまずに死ねたのが救い。

▼もぐもぐ ブタちゃん
ブタが死体処理に使われるのは知ってたけど、生きたままのやつも綺麗に食べれるんか…(※特別な訓練を受けたブタです。)こういうテロップいるやつね。

▼バド…くん?ちゃん??
最初めっちゃ女の子やと思ってて、最後らへん男の子かな?ってなったけどわからんかった。
アイザックの殺し方どこの極道やねん笑
施設長の窓ガラスアタックは良かった!ナイス!

▼いじめっ子 クラリス!
なかなか癖強い子。テキサスのダイナーでの殺しの才能は凄かった。
嫌なやつやけど、ハートマンに殴られて、撃たれてってなかなかこの子も不憫やな…
(クラリスとハートマンの過去話とかちょっと欲しかった…かも)

▼レザーフェイスだよ ジャクソンくん!
お母さんにもうちょっと丁寧に顔縫ってって言お!!!ベルト痛いね!
リジーのこと好きやったからこそ、裏切られた感が凄いんやろうな…
レザーフェイスへの覚醒のとこ良かったよ。

▼絶対そういうやつおる アレックス!
バドに消えろって言うた後の立ちションはあかんわー。それくらい。

▼ソーヤー家のおうち バイオリスペクト!
え、、めっちゃバイオやん!!最高にワクワクした…リジー達が閉じ込められた次の部屋とかやばい、骨と人形!てか全部凄い。家の作りもね。
車椅子のおじいちゃんがおばあちゃんやったら、まじでバイオ7…
そんで最後のトラバサミね…!凄くいい!思わずにやけた。


久しぶりに終わり方が好きな映画やった!
リジーのマスク被って鏡みて割る…めっちゃいい!よい…
悪魔のいけにえシリーズ最初から見ようと思います。
ネタバレです。

ジェドくん(ジャクソン)はソーヤー家では、優しく内気な少年で唯一まともな人間。誕生日にチェーンソー貰ったって嬉しくないでしょ笑

親友のバドくんが警官に殺され、今まで信頼していた女性に裏切られたら、人が信用できなくなり、人格が歪んじゃうよ!頼れるのは、狂った母親だけ。
最後の覚醒シーンは切な過ぎ。でも、この覚醒シーンなくして「悪魔のいけにえ」とは言えない。
登場人物がほぼ全員死んだり、最後に特徴的な仮面を作ってたりと、シリーズ物感はあったけど一応一話完結してた。
まぁ純粋にスプラッタでした。
他の脱走者とか、どうなったんだろ?
何考えて行動してんのかよく分かんなかったからサイコパスってか狂人?理由とかの説明は他の作品で言及されてんのかな?
同シリーズの他の作品も気になった。
あれ?兄貴痩せた?
悪魔のいけにえシリーズ最新作
レザーフェイスといっても色んなシリーズが出てるので今回はババなのかトーマスなのかジェドなのか…と考えながら劇場に足を運びました ジェドだけど見た目は全然違うって感じでしたね 誰がジェドなのか分からない仕様が良かった
おじいさまのトンカチや食事会シーンなど悪魔のいけにえのお約束シーンも有り

リジーがあっさり死んでえ!?ってなったけどこのシリーズ結構全滅してるから普通のことでした
バド…良い子だったのに…
キチガイカップルと行動を共にするくだりは結構良かった。特にレストランでジェドが思わず胸のうちを言ってしまうとこは切なかったし、その後のカップルの大暴れ(パルプフィクションみたい?)はスリリングで面白かった。後半に入っても死体を交えた3Pなど2人のガイキチっぷりはノンストップだったが、男の方がバドに殺されてしまう。薄暗い森の中をのっそのっそと死体を引きずりながら歩くバドは異様な雰囲気あり薄気味悪くて素晴らしかった。
しかし一番アガる展開であるはずのレザーフェイス誕生のシーンが微妙だった。親友の死、信頼してた人の裏切りを経て完全に心も体も壊れちゃいましたという理屈は分かるのだが、結局のところ「レザーフェイスになった」という感じがあまりしなかった。リジーの首をチョンパした後チェーンソーを掲げて雄叫びの一つや二つあげてくれたら多少は変わってたかもしれない。こんだけ引っ張った割には…というところは否めないと思う。でもトータルではまぁ楽しめました。
家族みんなで鑑賞。

悪魔のいけにえ、テキサスチェーンソーには勝てないけどこの映画も面白かった。

誕生日プレゼントはチェーンソーよ!から物語は始まります。

良かったよ、幼少期の頃からブーンってチェーンソー振り回したらどうしようかと思ったよ。

レザーフェイスの誕生って事なのでもう少し深掘りして欲しいなとは思った。
まぁ善人でもダークサイドに堕ちるって事ですね。もはや彼の運命ですね。
ジェドが優しくて守ってくれてかっこよかったから余計に。

看護師リジーどんまいすぎる。
誘拐されるは、牛の中に隠れるは、パトカー拘束されるは、最後はポーン…と。

悪魔のいけにえファンにはたまらない要素もありましたよ。
じいさんのトンカチとか、家から逃げて森走るシーンとか、レザーフェイス着けるところとか。
でも家から逃げるシーン、そこはお決まりの窓ガラス突き破らないと!!って思った。
>|