レザーフェイス―悪魔のいけにえのネタバレレビュー・内容・結末

レザーフェイス―悪魔のいけにえ2017年製作の映画)

Leatherface

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:89分

3.1

あらすじ

5歳の誕生日プレゼントにチェーンソーをプレゼントされた少年。 ソーヤー家の異常な環境で育った少年は、農場近くで起きた少女の変死事件により、青少年の更生施設へ送られる。 -10年後、錯乱した未成年の患者達に強いられて、看護師を誘拐して施設を脱走。道連れにされた彼は、狂気に満ちた警官に執拗に追われ、そして、悲劇のどん底へと追い詰め得られていく。 最恐・殺人鬼誕生の裏に隠された衝撃の真実と戦慄の…

5歳の誕生日プレゼントにチェーンソーをプレゼントされた少年。 ソーヤー家の異常な環境で育った少年は、農場近くで起きた少女の変死事件により、青少年の更生施設へ送られる。 -10年後、錯乱した未成年の患者達に強いられて、看護師を誘拐して施設を脱走。道連れにされた彼は、狂気に満ちた警官に執拗に追われ、そして、悲劇のどん底へと追い詰め得られていく。 最恐・殺人鬼誕生の裏に隠された衝撃の真実と戦慄の過去が、遂に明かされる。

「レザーフェイス―悪魔のいけにえ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

 レザーフェイス誕生の秘密みたいな話。

 人気キャラクターのレザーフェイスがどうやって誕生したのかを見せてくれますが、それを病院から逃げ出したメインキャラクターの誰なのか? というサスペンスで引っ張る構成は面白かったです。それにプラスして何をするかわからない狂暴な人間に人質にされて、次から次に移動する先で殺人を犯したりする逃亡劇としての作劇の面もありました。そこに復讐に燃える保安官なんかも追いかけてきてという流れもありつつ。

 ですが、人気スプラッタ映画としてはバイオレンスシーンは少なめでビジュアル的に楽しめないのも痛いですし、そもそも話自体があまり面白さを感じられず、誰がレザーフェイスになろうが知ったこっちゃないし、なったところで「そんな理由なのか?」と心変わりが急すぎて意味不明に近いキャラクターの変化っぷりでした。

 似たようなスプラッタ映画が数多く作られていますが、それにどこにも勝てていなくて、せっかくのスティーブン・ドーフVSレザーフェイスという熱い戦いが見られるのかと思いきや、「このファミリーは団体行動をする」と何か対策を考えているのかと思いきや、普通に多勢にやられて捕まるという頭の悪い保安官にしか見えないのが残念な映画でした。
18禁だったけどグロ度は低め。濡れ場が結構ガッツリあるから、年齢制限が上がったのはそのせいなのかな?

善人というか、ある程度良識があった頃の彼が見られる 笑(パラレルワールドのような世界観だけど)
最終的にはヒロインの首をチェーンソーで切断し、ファンが良く知るレザーフェイスの誕生!しかし、このイケメンがあの巨漢の殺人マシーンに…?感はあった。

一番オエッ!となったのはベタベタドロドロの腐りかけた死体と殺人カップルの3Pシーン。
中盤まではサービス精神旺盛で楽しかったんだけど、後半から失速。途中のミスリードは案の定なんだけど、少し無理があるよなぁ。途中から誰の視点で話を追えば良いのかわからなくなるので、終盤で家族が揃った時のテンションがいまいち上がらない。

前作の方が正直良くできていたと思う。
誰がレザーフェイスだ!?の意図に全然気付かず普通に観てたから謎解きしてない……。今回の誕生秘話でレザフェを上手く悲しい怪物にしたなあと思う。結局最後に彼女を信じられなかったのはジェドくんなわけであって、悲しいなあ。でもあのときお母さんだけじゃなくて視聴者もジェドくんが彼女を殺すのを期待しちゃってたよ〜ごめんねジェドくん……彼女殺しとか警官殺しには怒りとか絶望みたいな感情があって、ジェドくんが人間のままの殺人だったから気の毒。早く悪魔のいけにえ時空のただのやべえ怪物になった方が幸せだよね。ラストの他の人間になりたかったジェドくんが彼女の顔皮を被って鏡を割るシーン最高だった。ここを観れただけでこの映画が作られてよかった。
それはそれとして冒頭の被害者カップルの女の子メチャカワ
折角ヒロインが綺麗で最終盤まで引っ張ったのに散り際がちょっとあっさりだったなという印象。もう少し追い詰められていく描写があったり派手な方法でもって退場して欲しかったなぁと。あとミスリードは殆ど機能していないように思えたけそれも含めての様式美だったりするのでしょうか。でも元映画観てみようと思います。
フランス人監督によるテキサスの怪物、レザーフェイス誕生秘話。
やはり他の作品に比べると画面全体がテキサスの砂っぽさを感じない、美しい映像になっている。
内容としては、幼少期と言うよりはその先の青年期がメインになっているので幼いレザーフェイスを期待すると少し肩透かしを喰らう。
初代いけにえファンには嬉しい演出も多いので、悪魔のいけにえ好きな方はあまり期待せずに一度見てもらうと良いかも。
看護師
豚小屋
死骸を隠れみのに

※【悪魔のいけにえ】で予習したのに、そのかいなし。
レザーフェイスのオリジンとして………というか物語として雑過ぎて話は全然面白くない。ただ、悪魔のいけにえを利用して色んなジャンルムービーをぶちこんでくるのは楽しかった。なのでパロディホラーとして観るのが最適かも。

序盤は監獄もの、中盤はマカロニ西部劇、最後は悪魔のいけにえと、ジャンル変遷が一番楽しい。
『飛び出す悪魔のいけにえ』の世界線で描かれる前日譚。
今作も、レザーフェイスは「ジェド」であって「ババ」ではないんだ…と分かって観はしたものの、描かれたキャラクター像がやっぱり自分好みでは無いなと思ってしまった。
イケメンで、知能も普通で、恋愛もして…って、そんなレザーフェイス誰が期待するんだ😓
あの、バド少年がレザーフェイスでも何ら問題なかった。彼がレザーフェイスと見せかけて…みたいな演出不要じゃありませんか?素直にエー!イケメーン!って驚嘆するとでも?
そんなオリジナルのレザーフェイス愛を差し引いても、なんだか妥当すぎる生い立ちがイマイチな印象。
ラストでのジェドの心変わりも急すぎて、まったく感情移入できず…
結局何が彼を変えたの??っていう。
精神病院を出てから行動を共にするカップルはなかなかいいキャラしてました。
それと冒頭のソーヤー一家の晩餐で、初めて現役のグランパがハンマーを振るうシーンがあったところはめちゃくちゃ褒めたいです。
悪魔のいけにえをはこれが初めて!
映画館で見た!思ってたよりグロくなかったよ!

▼ハッピーバースデー!
か ら の ケーキぐしゃぁ!もう少し待てなかったのかね君は。
誕生日プレゼントが個性的すぎる。

▼え…めっちゃ美人…
ハートマンの娘がとにかく美人。可愛さがやばい。短いチェックのスカートが似合いすぎてる。好き…。死に様も美しかった。

▼白衣の天使 リジーちゃん!
かわいいし美人やし小顔やし最高のナースやん。ナース服似合いすぎ。
全体的にキャラとして最高でした。
誘拐されてから、始めは2人のことを考えてたけど、だんだん逃げることに必死になる感じがいい。最後まで可愛そうで良かった。苦しまずに死ねたのが救い。

▼もぐもぐ ブタちゃん
ブタが死体処理に使われるのは知ってたけど、生きたままのやつも綺麗に食べれるんか…(※特別な訓練を受けたブタです。)こういうテロップいるやつね。

▼バド…くん?ちゃん??
最初めっちゃ女の子やと思ってて、最後らへん男の子かな?ってなったけどわからんかった。
アイザックの殺し方どこの極道やねん笑
施設長の窓ガラスアタックは良かった!ナイス!

▼いじめっ子 クラリス!
なかなか癖強い子。テキサスのダイナーでの殺しの才能は凄かった。
嫌なやつやけど、ハートマンに殴られて、撃たれてってなかなかこの子も不憫やな…
(クラリスとハートマンの過去話とかちょっと欲しかった…かも)

▼レザーフェイスだよ ジャクソンくん!
お母さんにもうちょっと丁寧に顔縫ってって言お!!!ベルト痛いね!
リジーのこと好きやったからこそ、裏切られた感が凄いんやろうな…
レザーフェイスへの覚醒のとこ良かったよ。

▼絶対そういうやつおる アレックス!
バドに消えろって言うた後の立ちションはあかんわー。それくらい。

▼ソーヤー家のおうち バイオリスペクト!
え、、めっちゃバイオやん!!最高にワクワクした…リジー達が閉じ込められた次の部屋とかやばい、骨と人形!てか全部凄い。家の作りもね。
車椅子のおじいちゃんがおばあちゃんやったら、まじでバイオ7…
そんで最後のトラバサミね…!凄くいい!思わずにやけた。


久しぶりに終わり方が好きな映画やった!
リジーのマスク被って鏡みて割る…めっちゃいい!よい…
悪魔のいけにえシリーズ最初から見ようと思います。
>|