ハロウィンの作品情報・感想・評価

「ハロウィン」に投稿された感想・評価

tomoyoshi

tomoyoshiの感想・評価

4.0
マイケルなんであんな大男になるんだ。 怖すぎるやろ。
みー

みーの感想・評価

3.6
容赦なーし。
今まで見たなかで一番のタフガイ!
Alabama

Alabamaの感想・評価

3.8
マイキーマイヤーズ少年の病み具合がすごい。
ハロウィンに大量虐殺→捕まる→脱走→ブギーマン誕生。妹を探して邪魔するやつ皆殺し→妹に殺される?…続く

マイキーには心がない。とにかくガツガツ殺す。無慈悲に殺す。ジェイソンがかわいく思えてくるほど。あのマスクも不気味。次も期待。
tommy

tommyの感想・評価

3.5
ローリーを狙う目的はなんだったのか、明確にされていないのが視聴者に色々想像させることが出来て味があるな、と思います。

面白かったです。
元のジョン・カーペンター監督のハロウィン、ピエロ的なマスクにする可能性もあったらしいが、結果としてあのいっさい表情を感じさせない無機質な白いマスクが選ばれた。ジェイソンやフレディのような顔面にキャラクター性が明確に現れてしまっている存在と異質の(悪魔のいけにえのレザーフェイスは近いか)、現実にふいに開いた裂け目のような恐怖がある。

途中までピエロ的なマスクを被っているのはそのオマージュなんではないかと思うが、こういう中身がまるで見えてこない殺人鬼のオリジンを描くというのは、悪い意味で説明的になってしまいかねない。でも、この作品は映画が展開するにつれて、暴力と殺人が重ねられていくにしたがって、どんどん「彼」の人間性をそぎ落としていくようなところがあってそこは腑に落ちるところだった。
HIECO

HIECOの感想・評価

3.5
マイケルの幼少期が陰キャすぎて可愛い。次々殺していくけどハロウィンも動機も直接的じゃない…のが狙いなのかな。オリジナルみてみよー
ion

ionの感想・評価

3.0
個人的にはやっぱりカーペンター版が一番なんだけど、こちらはこちらでいい。
マイケルが……喋る!
カーペンター版のマイケルが何の背景もない生まれながらのサイコキラーであるのとは対照的にこちらのマイケルは人間として徐々に狂っていく感じ。
きちんと原作愛も伝わるし、新しいハロウィンとしてあり。
shochan

shochanの感想・評価

5.0
ハロウィンの夜に一家を惨殺する少年マイケル・マイヤーズの生い立ちと、
大人となり精神病院を抜け出した彼が繰り広げる惨劇の模様を描く。
ジョン・カーペンター監督による78年の傑作ホラーをリメイクし、
オリジナルにも匹敵する程の素晴らしい出来でした。
オリジナルと最大の相違点は、
マイケルの少年時代を克明に描いているということ。
ルーミス医師演マルコム・マクダゥエルを筆頭にサブのキャラクター布陣もさる事ながら、
幼少期のマイケル・マイヤーズ演じるダエグ・フェアークが、
何を考えているのかわからない不気味さが実にいい。
BGMは、
ブルー・オイスター・カルト、
キッス、
ピーター・フランプトン、
アリス・クーパーなど70年代を代表するロック・ナンバーで、
ホラー映画にハマる選曲もいい。
惜しみなく映し出されるマイケル・マイヤーズの怪物造形もお見事。
オリジナルのオマージュも多く、
オリジナルへの愛情も感じられる作品でした。
勝沼悠

勝沼悠の感想・評価

4.5
 元祖殺人鬼ブギーマンの「ハロウィン」をロブ・ゾンビがリメイク。

 マイケル・マイヤーズの少年期にスポットを当て、先天的な残酷さと悲惨な環境が彼を殺人鬼にしたことを描く。少年マイケルの何とも言えない怖さと悲しさがいい。
 成人になってからの本編も、ローリーが感情移入できないキャラ設定がされていて、殺人鬼マイケル側で見てしまう。
 ジェイソンやフレディと違ってブギーマンはただの人間であり、「デビルズ・リジェクト」にも見られた異質な殺人鬼の持つ悲哀が描かれている様に感じた。別エンディングでマイケルがドクターの説得に応じるバージョンがあるらしい。それをやってしまったらホラーとして成立しないが、そのバージョンがつくられたのも納得できる。

 ベースはオーソドックスなホラー映画ながら殺人鬼の視点に立たされる意欲作。
面白かった!正直オリジナルより好きです。オリジナルとは異なりマイケルの幼少期を映画の半分で描いています。この幼少期編がマジで凄まじい。容赦ないです。

監督がマイケルをただのモンスターではなく1人のイカれた人間として描いていることがわかります。子役の面構えがこれでもかってくらいぴったりでした。そりゃあんなクソ親父であんなクソ家庭環境だったら頭もどーかなりますわ。先天的にも後天的にもマイケルは異常だったのです。

そして後半はオリジナル通りの展開へ。遠くから不気味にこちらを見つめるブギーマンやイチャイチャしている若者を必ずぶっ殺すとこなど「ハロウィン」のセオリーをちゃんと描いてくれます。

かなり高めなバイオレンス度がgood!ラストの終わり方も良かったです。「悪魔のいけにえ」にも似た美学を感じます。
そしてなによりテンポが良かったです。退屈しなかったって意味でオリジナル版より見やすかった。


ただ一つ言いたいことはローリーがうるさい!笑 殺人鬼に襲われ怖いのはわかりますがさすがに叫びすぎです。
>|